2017年12月01日

毛ガニ

漁業者から頂いた毛ガニ。
水揚げは多くありませんが、増毛でも毛ガニが獲れます。
もう四半世紀以上前になりますが、亡くなった父がえびこぎ網漁の船頭をしていた頃、分け魚の中に入っていました。
分け魚とは、乗組員の賄い分。
いろいろな魚が入っていた記憶があります。
その中でも毛ガニやズワイガニはごちそう。
さっそくカニみそとカミさんがむいた身で一杯。
最後はみそと身を混ぜ、国稀を少し。
これが最高なんです。(堀)
DSC00414.jpg DSC00420.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2017年11月30日

土日に販売

国稀酒造入口入ってすぐの左手。
土日に販売しているスカンピンのパン。
DSC00538.jpg
酒粕本食は、留萌産小麦ルルロッソを使用したパン。
国稀酒粕の香りと柔らかもちもちの本食。
この日は、旭りんごのジャムを塗りお昼。
DSC00547.jpg DSC00548.jpg
一緒に購入したアップルパイは、ブラムリーを使用。
さわやかな酸味がいいです。
隣は、千果園の無人販売。
国稀のお酒といっしょにどうぞ。(堀)
DSC00542.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2017年11月29日

鮨・居酒屋忠で

忘年会は、まだですが、会合が多くなってきました。
団体の懇親会の会場は、鮨・居酒屋忠。
DSC00462.jpg DSC00466.jpg
刺身は、蛸、ヒラメ、マグロ。蝦夷あわびには、うろも。
焼きボタンエビと増毛のご当地グルメのタコザンギ。
この店のタコザンギは、30年以上前からの元祖と言っていいと思います。
DSC00468.jpg DSC00469.jpg
帆立とあわびの煮付けも美味。
地酒国稀は、限定の吟風純米大吟醸あお葉。
とてもフルーティ。
酒も肴も美味しい増毛町でどうぞ。(堀)
DSC00459.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2017年11月28日

新穀感謝祭

このほど増毛厳島神社で行われた新穀感謝祭。
今年一年の大地の恵みに感謝するお祭り。
DSC00510.jpg DSC00475.jpg
厳島神社最後の神事。
今年の増毛は、6月の天候不順、9月の台風など心配しましたが、漁業も農業も平年より豊漁豊作。
お米や野菜などが奉納されていました。
DSC00480.jpg
伊達林右衛門が奉納した鯛の額や寿、増、勢の額は見事なもの。
明治以前のものでしょう。道内随一の彫刻本殿と絵馬等も多数。
増毛厳島神社は、貴重な増毛の文化財です。(堀)
DSC00481.jpg DSC00482.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2017年11月27日

鱈の粕漬け

増毛駅が改装中のため、ましけマルシェの仮店舗で営業しているぐるめ食品。
真鱈の粕漬けです。国稀の酒粕使用。
DSC00050.jpg DSC00223.jpg
5切れ入りで500円。
中身が一緒でないので、選んで買ってと言います。
グリルで焼いていただきましたが、酒粕の香が良く、とても美味しい製品。
ましけマルシェは、営業を終了しましたが、代わってぐるめ食品が来年3月まで営業。
年末年始の水産加工品もどうぞ。(堀)
DSC00055.jpg DSC00053.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2017年11月26日

おまかせコース料理

オーベルジュましけの萬年料理長のコース料理。
久しぶりにいただきました。
DSC00429.jpg DSC00431.jpg
旬のお造り盛り合わせ。鮪のグリル青海苔リゾット添え。
DSC00433.jpg DSC00436.jpg
真鱈のポアレ真だちのフリット添えソース パルマンティエ。
帆立と北寄のソティ。
DSC00437.jpg DSC00439.jpg
彩美牛のロティ季節野菜付け合わせ。
洋風茶漬け。
DSC00440.jpg
増毛産雪化粧南瓜のモンブラン。
どれも大満足。予約でどうぞ。(堀)
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2017年11月25日

少年の主張大会

増毛町の小学生と中学生の主張大会。
毎年、勤労感謝の日に開催されています。
いつも発表を聞きに行っています。
今年は、小学生の5,6年生が全員女子。
中学生は、各学年から1人。
DSC_0025.jpg DSC_0006.jpg
家族に対する感謝の思いを発表した児童生徒が多かったと思います。
子どもの発表を聞いて目頭を押さえる姿もありました。
小学生の部の最優秀は、金内亜優奈さん、中学生の最優秀は原田瑠美音さん。
大勢の人の前で自分の思いを発表することは、素晴らしい経験。
将来、必ずこの経験が生きてくると思います。(堀)
DSC_0021.jpg DSC_0024.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2017年11月24日

最高金賞獲得

札幌市内で開催された全道大会「ゆめぴりかコンテスト2017」において留萌地区のゆめぴりかが最高金賞を獲得。
新聞、ラジオ等で報道されました。
DSC00450.jpg DSC00486.jpg
このコンテストは、ゆめぴりかの生産技術の向上やブランド力の強化が狙い。
留萌地区では、増毛、留萌、小平、苫前、羽幌で作付けされています。
留萌管内の中でも増毛の米は、特に美味しいと言われています。
私も増毛の農家から直接ゆめぴりかを購入しています。
新鮮な卵が手に入ったので、卵かけご飯でお祝い。
美味しい留萌産米をどうぞ食べてみてください。
本当に嬉しいニュースです。(堀)
DSC00427.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2017年11月23日

海鮮唐揚げ丼

増毛まるじゅう井とうの海鮮唐揚げ丼。
札幌の妹が大の唐揚げ好き。
唐揚げが大好きですので、この店の唐揚げ丼を勧めたところ、絶賛です。
甘エビ、ホタテ、タコの上にハタハタの唐揚げの存在感。
私たちは、海鮮唐揚げ丼でしたが、一緒に行った娘は、この店のもう一つの一押しの豚丼。
以前も紹介しましたが豚が二重で、これもおすすめ。
食べ比べがいいと思います。(堀)
DSC00308.jpg DSC00306.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2017年11月22日

りんごと洋梨のコンポート

増毛の果物を使ったジャム作りが趣味ですが、コンポートも作ります。
旭りんごのコンポートを初めて作ってみました。
果肉が柔らかいので、崩れてしまいましたが、いい味です。
小さなブランデーワインは、皮をむき、丸ごとコンポート。
白ワインを入れると味が引き立ちます。
ジャムと比較して、タッパーや冷凍バックで保存するので簡単。
コンポートもヨーグルトとともに朝食べています。(堀)
DSC00251.jpg DSC00259.jpg
DSC00278.jpg DSC00294.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記