2022年12月27日

最高気温はプラス

九州、四国でも大雪。日本列島は、クリスマス寒波。
北海道では、オホーツク地方の紋別市と周辺町村が長い間停電となりました。
厳冬期の停電は、北海道では、ストーブが使用できないので死活問題。
石油ストーブのファンが電気でまわるので、停電だと使用できません。
もしもの時に備えて、発電機を用意しようと思っているのですが、踏ん切りがつきません。
DSC09306.jpg
このところの増毛町は、最高気温がプラス。
DSC09307.jpg
道路の雪も融けて、アスファルトが見えています。
DSC09347.jpg
増毛町役場の前も雪がありません。3月のようです。
先日、降った雪は、増毛では珍しく、湿って重く、苦労しました。
本州の日本海側の雪の重さを体験。
これも温暖化の影響でしょうか。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2022年12月26日

黒豆煮る

今年、私が作った黒豆は、豊作。
収穫し、乾燥させてから豆を取りだし、ハッポウの箱で保存。
黒豆を煮るのは、私の役目。
DSC09152.jpg
まず、黒豆を選別、水洗い。
毎年、作り方を紹介していますが、300cの黒豆、1.2gの水、砂糖は、200c、塩小さじ1、醤油大さじ2。
一度沸騰させてから火を止め、6時間ほど放置。
DSC09289.jpg
その後もう一度沸騰後、弱火でコトコト1時間から2時間。
DSC09174.jpg
数年前にネットで見た方法で、失敗はありません。
ポット式石油ストーブの上でコトコトしています。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2022年12月25日

訳ありりんご

るもい農協スーパー「ルピナス」。
DSC09069.jpg
入ってすぐに生産者のコーナー留々菜に増毛のりんごが並んでいます。
増毛に住んでいますが少量を買い求めやすいので、時々立ち寄って購入。
特によく買うのは、訳ありりんご。
DSC09244.jpg
このたびは、ハックナインやぐんま名月など3種類6個を購入。
DSC09277.jpg
訳ありと言っても小さな傷など。味には問題ありません。
訳ありでも1個ずつクッション材でくるまれています。
DSC09278.jpg
写真は、ぐんま名月。蜜が入っています。
今年の増毛のりんごは、とても美味しいと感じてます。
家では、家族で朝晩1個食べています。
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2022年12月24日

三流シェフ

2022年12月15日に幻冬舎から発売された増毛出身三國清三著書の「三流シェフ」。
都内の有名書店で一番の人気でした。
私も購入し、一気に読んでしましました。
表紙の三國シェフの写真は、30代前半と現在。
KIMG1219.jpg
若い三國シェフは精悍。
現在は、本の中でも触れていましたが性格も体型も丸くなりました。
本の内容は、15歳で増毛を離れてから31歳で東京四谷にオテル・ドウ・ミクニをオープンするまでが主。
2015年フランス政府から料理家ではじめてレジオンドヌール勲章を受章。
2020年にユーチューブを始め、登録者は37万人。
子どもの食育推進やスローフード推進にも尽力。
KIMG1218.jpg
増毛愛の強い三國シェフのこのたびの著書の出版に対しお祝いを申し上げます。
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2022年12月23日

岩手からの贈りもの

岩手の親戚から届いたりんごと地酒。
りんごは、8個入り。はるかというシールが貼られています。
DSC09254.jpg
ネットで調べてみると、2002年に岩手県滝沢市で生まれたりんご。
レモンイエローのつるりとした肌。
豊かな香りとシャキシャキの食感。蜜が入り衝撃的な甘さ。との説明です。
確かに食べてみるとサクサクとした食感で、甘い品種。
栽培も難しく、超稀少品種なので高価なりんご。
増毛には、ない品種だと思います。
もう1品は、岩手の地酒めぐり。300㎖の瓶が5本。
DSC09288.jpg
純米酒、吟醸酒、原酒など南部岩手の蔵元の一押し。
増毛の国稀酒造の杜氏は、代々南部杜氏。
國稀佳撰と飲み比べていますが、どれも美味しい。
日本酒を愛する私にはうれしい贈りものです。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2022年12月22日

感動増毛漬け

先週末開催されていた北日本水産物(株)直営店の歳末謝恩セール。
DSC09263.jpg
チラシを見て気になったのが「感動増毛漬け」という商品。
DSC09261.jpg
食べてみると松前漬け。
DSC09268.jpg
中には、増毛の甘エビやたこが入っています。
DSC09273.jpg
甘い松前漬けが多いのですが、この製品は、ちょうどいい甘さ、旨さ。
DSC09265.jpg
一緒に購入したのは、「にしんソーラン巻き」という昆布巻き。
これもとても美味しい。
12月28日には、毎年、購入している小田原の板かま、伊達巻きが販売されます。
DSC09264.jpg
カズノコなど正月用の買い物は、北日本直営店へどうぞ。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2022年12月21日

雪の下キャベツ

和寒町の雪の下キャベツが有名です。
雪の下の保存すると甘みが増すと言われています。
キャベツは、鰊漬け用に作っている札幌大球。
DSC09118.jpg
今年は全て漬物には使用しないで、畑に残していました。
DSC09119.jpg
雪が積もってから、雪の中に入れて保存。
一個ずつ掘り出して食べようと思っています。
DSC08928.jpg
農家からいただいた立派なネギ。
DSC08926.jpg
これも1本ずつ新聞紙でくるみ、保存します。
ダイコンも雪の下で保存できると聞いているので、来年挑戦します。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2022年12月20日

旧増毛小学校模型

増毛町文化センターロビーに展示されている旧増毛小学校の200分の1の模型。
制作寄贈したのは、札幌市在住の佐々木泰之氏。
DSC09215.jpg
1936年(昭和11年)建築の旧増毛小学校は、2012年(平成24年)に現役の小学校ではなくなっていますが、現存する木造校舎では、道内最大。
2001年に増毛駅前の歴的建造物とともに増毛小学校が北海道遺産に選定されています。
今年で86年。このままの姿で残したいです。
DSC09216.jpg
作者の佐々木さんのコメントに「今の建物にはない繊細で美しい校舎、すばらしい作りに感動」とあります。
ありがとうございます。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2022年12月19日

ますます繁盛

ある会社の周年記念品で國稀の酒ますをいただきました。
國稀佳撰とおつまみの鮭トバも入っています。
以前、酒ますで國稀を飲んでみたくなり、探したところ、かみさんが処分していました。
今後は、取っておいてもらおうと思っています。
DSC09214.jpg
國稀の酒ますが2個。
「ますます繁盛」と言うことなのでしょう。
さっそく國稀を飲んでみました。
DSC09212.jpg
新しいので木の香りが強すぎます。
もう少し使いこなさなければなりません。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2022年12月18日

にしんと味噌

留萌市の直売店から購入してきた素干し鰊という製品。
DSC09074.jpg
どのようにして食べたらいいのか店の人に聞いたところ、そのままむしって食べると言います。
身欠きにしんより少し柔らか。
DSC09078.jpg
このにしんを手でむしり、甘味噌和えにしました。
DSC09080.jpg
甘味噌は、國稀佳撰と砂糖を入れて作ります。
いつもは、身欠きにしんで作っています。
冷蔵庫に二日ほど置き、鰊が柔らかくなったら出来上がり。
DSC09104.jpg
久しぶりに作ったので、少ししょっぱい出来。
お酒と砂糖を追加。
DSC09106.jpg
味噌と鰊の相性がとても良く、地酒國稀がすすみます。
冷凍保存もできます。
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記