2020年02月27日

手作り燻製

郷土の味覚を楽しむ会で購入していた手作り燻製。
趣味で釣り上げた鮭を使ったもの。
鮭と白子の燻製が真空パックされ、どちらも100円。
燻製ですから家に持ち帰って、冷蔵庫の中で保管していました。
まず、香りがとてもいいんです。
味も最高。
白子は、おそるおそる食べてみましたが、これも美味。
商売が出来るような出来えです。
DSC04975.jpg DSC05021.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2020年02月26日

飲食コーナー

駅まつりの飲食コーナー。
外のテントでは、焼き鳥、タコ焼き、豚汁、お汁粉、ホットチョコレート、焼きそばなど。
DSC05282.jpg
私は、たこマンとコーンポタージュ。
DSC05239.jpg DSC05266.jpg
たこマンは、オバキュウのような姿で蛸の柔らか煮が入っています。
DSC05247.jpg
甘酒もセルフで無料。
増毛駅舎の中では、ぐるめ食品のたらこ茶漬け。
DSC05250.jpg
焼きたらこと生たらこが入って200円。
塩分が気になりましたが、祭り価格。
家に持って帰ってきたのは、カボチャのタルト、いも餅、タコ焼き。
DSC05286.jpg DSC05284.jpg
この日のお昼は、飲食コーナーで済ませました。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2020年02月25日

駅☆祭

第2回増毛駅 駅☆祭。
日曜日、増毛駅で開催。
DSC05227.jpg
平成28年12月4日で廃線となった増毛線。
あれから3年余りが経過しました。
よみがえった増毛駅を舞台に増毛町商工会が主催。
DSC05226.jpg DSC05270.jpg
雪の滑り台では、チューブ滑り。
DSC05234.jpg DSC05235.jpg
雪中パークゴルフ、的入れゲームでは、全部入ると商工会商品券5000円分。
DSC05260.jpg DSC05273.jpg
大人の部と子供の部の宝引き大会。
DSC05283.jpg
増毛駅の中には、多くの町民。
運営の増毛町商工会会員の皆様お疲れさまでした。
まずますの天候に恵まれ、楽しめました。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2020年02月24日

ルピナスの留々菜

留萌市内JA南るもいのスーパー「ルピナス」。
留々菜は、組合員直売コーナー。
DSC04980.jpg
増毛のりんごがたくさん並んでいます。
DSC04981.jpg
留萌市民がここで増毛のりんごを購入してくれています。
横の棚には、増毛松山さんのハチミツ。
DSC05128.jpg
昨年は、天候に恵まれ、品質も良く、多く採取できたようです。
100%増毛国産ハチミツ。いつもの年なら売切れています。
冷蔵庫の中には、増毛シードルも並んでいます。
DSC05130.jpg
ルピナスで増毛の特産品をどうぞ。
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2020年02月23日

ゆうゆうマーシー

増毛町保健センターで開催のゆうゆうマーシーフェスティバル。
ゆうゆうマーシーは、地域通貨も活用するボランティア団体。
DSC05201.jpg
フリーマーケット、喫茶コーナー、茶道体験、手作り出品コーナー。
DSC05200.jpg
昼食は、みんなで豚汁、おにぎり、漬物。
漬物は、会員の持ち寄り。
カミさんが、喫茶コーナーで毎回、コーヒーをボランティアで出しているので顔を出してきました。
コーヒーは、1杯100円か地域通貨1000マーシー。
DSC05198.jpg
売れたコーヒー代金3600円と9000マーシーを寄付。
ポップコーンとしそみそ、草餅を購入してきました。
DSC05209.jpg DSC05210.jpg
しそみそは、懐かしい味。さっそくご飯の上にのせていただきました。
冬期間の外出機会が少ないこの時期の開催がいいと思っています。
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2020年02月22日

コース料理

団体の懇親会。オーベルジュましけの國稀ルームで開催。
DSC05176.jpg
とても美味しく、美しいコース料理を紹介します。
DSC05164.jpg
増毛産赤ガレイと甘エビのカルパッチョ。
DSC05166.jpg
きのこのポタージュカプチーノ仕立て。
DSC05168.jpg
増毛産つぶ貝とホタテのドリア。
DSC05169.jpg
留萌産小麦ルルロッソのパスタ。
DSC05173.jpg
本日の魚料理は、増毛産鱈とたち。
DSC05175.jpg
肉料理は、アンガスロース肉のロティ。
DSC05180.jpg
スイーツは、洗練されています。美しいガトーフレーズ。
増毛産の食材が多く使用され、大満足。
料理が美味しいと会話に花が咲きます。
ご家族、ご友人同士におすすめ。予約(0164-53-2222)でどうぞ。
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2020年02月21日

甘酒用の板粕

國稀酒造で買い求めた甘酒用の板粕。
DSC05111.jpg DSC05112.jpg
バラが600c入って、500cと同じ値段。
600c入りを購入。
半分を使用し、甘酒を作りました。
酒粕がなかなかとけません。
DSC05135.jpg
ミキサーがあればなめらかにクリーミーになると聞いていますが、家にはありません。
300cで2g分を作ったのですが、砂糖は250c。
砂糖をこれだけ入れなければ、美味しくなりません。
このペットボトル1本に60c強の砂糖。
DSC05162.jpg
私は、甘酒と牛乳を半分ずつ入れ、沸かして甘酒ミルクで飲んでいます。
おすすめの飲み方です。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2020年02月20日

野鳥

歩くスキーでの暑寒別川沿い。
ナナカマドの木に鳥がたくさんとまっています。
コンパクトデジカメで写るかどうか心配でした。
図鑑で調べるとキレンジャクです。
DSC05106.jpg DSC05107.jpg
一方、信砂川河口。
冬にオジロワシを観察出来るポイント。
コハクチョウだと思うのですが、カモの間を泳いでいます。
1羽だけですので、はぐれたのかもしれません。
野鳥に詳しくなりたいですね。
DSC05131.jpg DSC05134.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2020年02月19日

ベビーホタテ

知人が持ってきてくれたのは、、ハネ品のホタテ。
直径10センチ弱のベビーホタテ。
大きなレジ袋一杯に入っています。
かみさんは、半分を生でむき身に。
DSC05117.jpg DSC05115.jpg
半分を貝のまま蒸しホタテに。
生は、ベビーホタテの刺身。
一口ホタテ刺身です。味は、濃厚。
DSC05120.jpg 
蒸しホタテは、塩コショーをしてフライパンでバター焼き。
DSC05122.jpg
料理に使うのであれば、このサイズがいいと思います。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2020年02月18日

國稀のチョコ

バレンタインの期間限定品。
DSC05138.jpg
メリーチョコレートから販売された國稀のチョコ。
札幌の妹の娘が、大丸デパートで購入。
中には、2種類の國稀のチョコレート。
「純米吟醸國稀」華やかな吟醸香とガナッシュチョコレートのまろやかさが絶妙なマリアージュ。
「國稀純米吟醸北のきらめき」とろりとした甘みと純米ならではの厚みのある味わいほのかな吟醸香のバランスのとれたスイートガナッシュ。
DSC05141.jpg
との説明。
説明を読んで食べるとそのような味わいですが?
とにかく國稀のチョコいいと思います。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記