2020年09月21日

鮭そ上

暑寒別川に鮭が戻ってきています。
前日に40ミリほどの雨が降ったので川が増水しています。
鮭捕獲のウライ付近に大量の鮭。
国道231号増毛市街に入る暑寒別橋のすぐ上流。
DSC_0079.jpg DSC_0087.jpg
今年は、昨年より多くの鮭が戻ってきているようです。
暑寒別川の鮭のそ上をご覧ください。
続きを読む
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2020年09月20日

フウセンカズラ

20年ほど前に知人から種をもらったフウセンカズラ。
それから毎年、種を取り育てています。
ポットに種植えをし、苗を育て、プランターに植え込み、家の窓の軒先から糸で誘引。
DSC08171.jpg
糸にからんでツルが伸びてきます。
白い小さな花から風船のような実がたくさんつきます。
DSC08172.jpg
このフウセンカズラの名前の由来なのでしょう。
風船の中には2〜3個の種。
DSC08175.jpg
直径は5ミリほど。白いハートの模様があるかわいい種です。
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2020年09月19日

ビールの後のお酒

晩酌は、まず、ビール。その次はいろいろ。
増毛の銘酒國稀、焼酎、ワイン、ハイボール、梅酒など様々。
つまみによって変わりますが、國稀を飲むことが多いと思います。
この日は、まず酒粕焼酎。
DSC07039.jpg
素焼甕壺長期熟成「古酒泰蔵」(10年貯蔵)アルコール度は30度。
香りが好きです。オンザロックで飲んでいます。
その次は、増毛の青梅の自家製の梅酒。
DSC07043.jpg
2018年に仕込んだもの。氷砂糖を少なめにしています。
35度の焼酎に漬け込んでいるので、古酒泰蔵より高いアルコール度。
増毛の美味しい食べ物に合わせて、いろいろなお酒を楽しめるのがいいと思っています。
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2020年09月18日

ブラムリーと栗

暑寒沢東公園の隣のヤマセン仙北果樹園のブラムリーリンゴの畑。
DSC08162.jpg
ご主人がいたので今年の出来を聞くといいようです。
ブラムリーを持って行ってといいます。
DSC08163.jpg
ブラムリーの畑の一角に大きな栗の木。
増毛の栗は小粒ですが、揚げて食べると濃厚と東京の日本料理の女将さんから聞いています。
公園の駐車場に落ちていた栗を飾りように拾ってきました。
DSC08203.jpg
ブラムリーは、ホクレン収穫祭などで人気の商品なのですが、今年は開催中止なので増毛まで足を伸ばしていただければと思います。
DSC08191.jpg DSC08187.jpg
ヤマセン仙北果樹園の直売所では、ブラムリーを使ったジャムを販売。
秋の果物とともにお求め下さい。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2020年09月17日

醤油いくらの作り方

増毛港では、昨年より多く、秋鮭が水揚げされているようです。
しかし、型が少し小さいと報告されています。
我が家の醤油いくらの作り方。
メスの小ぶりの秋鮭が二本。
まず、網にいくらをこすりつけ、袋から出します。いくらは、つぶれません。
DSC08148.jpg
大事なのは、塩小さじ一杯を入れた塩水で何度も洗うこと。
これを塩水が透き通るまで続けます。
DSC08145.jpg DSC08146.jpg
これで生臭さがなくなります。
きれいになったいくらを水切り。量ったら1キログラム。
DSC08150.jpg
後は、いくらの10分の1の醤油と國稀佳撰を入れるだけ。
DSC08151.jpg DSC08153.jpg
1キロだったので100CCずつ。
いくらの重さが500グラムだったら50CCずつになります。
冷蔵庫で一晩。いくらの出来上がりです。
DSC08156.jpg
小瓶に分けて冷凍保存。一冬食べることが出来ます。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2020年09月16日

高橋明雄資料目録

1937年、現在の新潟県新発田市に生まれた高橋明雄氏は、1960年東京農大を卒業後、北海道に渡り十勝管内の豊頃中学校に赴任。
1963年、26歳の時に増毛高校に転任。以来、この地方の歴史をはじめ民俗、文学、言語、民話、自然など幅広い分野の研究をなされました。
増毛町内にも先生の教え子がたくさんおります。
増毛町史編さんにも尽力し、地元新聞、文芸雑誌、郷土雑誌、広報増毛など多岐にわたって発表しております。
特に口語詩人鳴海要吉研究では全国的に高い評価を受け、1994年に北海道文化奨励賞を受賞しています。
氏は、2015年札幌市で他界。
高橋明雄氏が残した膨大な資料や書籍を増毛厳島神社小林千秋宮司が約2年半かけて編集、資料目録として朔北詩話会から出版されました。
資料目録は、259ページに及びます。
口語詩人鳴海要吉関係資料は、青森県近代文学館に、原敬内閣書記官長高橋光威の生涯に関する資料は、新発田市立歴史図書館に寄贈。
留萌市図書館と増毛町教育委員会にも関係資料が寄贈されました。
増毛町分は増毛町の鰊漁、果樹、動植物、民話、方言などの図書、資料、カセットなど788点。
この資料目録は、高橋明雄氏の業績の検索のみならず郷土の歴史を知る重要な資料であると考えます。
DSC07879.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(2) | 日記

2020年09月15日

パスタ

休日のお昼に家族に私が良く作るパスタ。
増毛の海の幸と自家製の野菜の組み合わせが多いと思っています。
一品目は、ホタテとほうれん草のクリームパスタ。
DSC07277.jpg
ホタテは、大きな玉ですがカットしています。ベビーホタテがいいと思います。
ほうれん草は、畑から抜いてきました。
二品目は、甘エビと夏野菜の和風パスタ。
DSC07491.jpg
甘エビは冷凍保存していたもの。
夏野菜は、ズッキーニ、なす、ピーマン。これも自家製。
三品目は、ナポリタン。ベーコンとタマネギとピーマン。
DSC08008.JPG
ソースは、トマトから作りました。
計算したら一食一人分100円以下。
褒められると調子に乗って作ります。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2020年09月14日

バッファローぶどうゼリー

増毛産の種なしぶどうバッファロー。
DSC07990.jpg
ぶどうジュースを沸かし、ゼラチンを溶かします。
DSC07995.jpg
ぶどうは、房から外し、皮を取り除き、容器に。
DSC07993.jpg
あら熱を取ってから、一晩冷蔵庫に入れ、出来上がり。
家族は、ジュースもぶどうも高級なのでもったいないといいます。
DSC07997.jpg
洋なしの時と同様なのですが、ジュースの部分の甘さが物足りません。
市販のゼリーは、砂糖が多く入っているのでしょう。
もっと研究の余地がありそうですが、何も加えない自然の甘さがいいのかもしれません。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2020年09月13日

にしん漬け用

国道沿いの大きい方の畑。
お盆に種まきした大根とカブ。
種を4粒蒔き、2本にしてから1本立ちにしました。
カブは、大根より一週間早く蒔いたので、一回り大きくなっています。
DSC08096.jpg
大根とキャベツの札幌大球は、にしん漬け用。
大根は、種をまいてから約2ヶ月半で収穫。
10月末の日曜日に収穫し、洗って一週間干します。
DSC08102.jpg
畑をやっている最大の理由は、にしん漬け用の大根とキャベツを作ること。
大根やキャベツの出来がにしん漬けの旨さを左右します。
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2020年09月12日

雄冬海岸

昨日より空気が変わりました。夏から秋の気候です。
国道231号、札幌から増毛町へ。
増毛の南の玄関口は、雄冬。
最後の陸の孤島と呼ばれたところ。
P1010889.jpg 
雄冬から増毛への最初のトンネルが赤岩岬。
雄冬と岩老の間にある観音崎。
DSC08074.jpg DSC08077.jpg
観音様の顔に見えます。手前は平磯。磯遊びしたことがあります。
岩尾温泉のある岩老。
DSC08079.jpg
漁港とつながっているのがカクキの島。
かつては、個人所有の島だったそうです。
DSC08080.jpg
岩老地区から最初のトンネルが五剣崎。
剣が五つあったのですが右から二つ目が崩れました。
トンネルがなかったときに地元の人が歩いた道があります。
DSC08082.jpg
そのトンエルを抜けると日和山。鰊が来たかどうか日和を見た山。
DSC08085.jpg
硫黄のにおいのする湯泊トンネルを抜けると海に浮かぶ烏帽子岩。
銀鱗の滝.jpg
黒岩トンネルの入り口山側の銀輪の滝。
これからトンネルが続きます。
青い海と景色を安全運転でお楽しみ下さい。
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記