2018年11月02日

増毛の旭りんご

旭りんご。
今では、北海道にしかない幻のりんごと言われています。
古い品種で、その作付面積は、0.1パーセント以下。
なかなか手に入らないといいますが、増毛には比較的多くあるんです。
もう、10年以上になりますが、千果園(仙北剛久果樹園)から毎年、10キロ箱買い。
1個150cほどの小さなリンゴをお願いしています。ですから10キロで60個強。
半分をジャムに、半分を毎朝1個丸かじり。
カミさんは、旭りんごの酸味が苦手。
しかし私は、このリンゴが一番好きかもしれません。
さわやかな酸味と香り、真っ白な柔らかな果肉。
増毛には、旭りんごあります。(堀)
DSC07612.jpg DSC07623.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2018年11月01日

山崎のショートケーキ

新米食べよう会の時に増毛マルシェで販売されていた山崎のケーキ。
このようなイベントの時にマルシェに出てます。
この日は、ショートケーキ、チョコレートケーキ、ミルフィーユ、シュークリーム。
すべて2個ずつ購入。
私は、チョコレートケーキが好きなのですが、4歳の孫は、ここのショートケーキが大好き。
ミルフィーユも人気があります。
私は辛党なのですが、増毛の山崎さんのケーキは、いけます。
スポンジもクリームも絶妙な美味しさ。
他の増毛町内のイベントなどにも販売してほしいです。(堀)
DSC07546.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年10月31日

増毛町文化祭

平成30年度の増毛町文化祭。
舞台発表部門は、10月28日の日曜日、文化センター大ホールで行われました。
DSC07586.jpg DSC07589.jpg
暑寒コーラス、カラオケは、2団体、ひょっとこ踊りや安来節の舞踊、最後は、暑寒ウインドアンサンブル。
暑寒ウインドアンサンブルは、増毛町民ではないメンバーも入っており、親子で演奏している姿もあり、いいと思いました。
DSC07596.jpg
一方の展示部門は、元陣屋で開催。
生け花、革工芸、陶芸、籐工芸のほか、暑寒大学やさくらコミュニティ学級の陶芸作品の特別展示。
カミさんが籐工芸サークルに入っているので作品を見学。
DSC07561.jpg DSC07564.jpg
増毛町文化協会の活動に若い町民も積極的に加入、活躍してほしいです。
展示部門は、11月4日(日)まで。
DSC07566.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2018年10月30日

ダイコン収穫

鰊漬け用のダイコンとカボチャ漬け用のカブを収穫。
10月の最終土日は、ダイコンを収穫し、洗って干す作業。
ダイコンは、100本ほど。カブは40個。3軒分の量。
今年のダイコンとカブの出来は平年並み。
枝豆、ジャガイモ、カボチャなど不作だったのでいいほうだと思っています。
しかし、キャベツの札幌大球は大きくなりませんでした。
先週は、いい天気が続いたのですが、今週の予報は雨が多くダイコンが干せるか心配。
次の週末に鰊漬けを漬けこみます。
増毛町では、だいたいこの時期に鰊漬けを漬ける家庭が多いようです。(堀)
DSC07522.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年10月29日

増毛マルシェの新米試食会

昨日の増毛マルシェで行われたイベント。新米食べよう会。
新米のななつぼしは、食べ放題で無料。
DSC07531.jpg DSC07533.jpg
大きな釜で米が炊かれていましたが、少し柔らかめ。新米ですからいいでしょう。
私は、ちょうどよかったと思っています。
DSC07536.jpg DSC07537.jpg
すり身汁が200円。おかずセットが300円。どちらも頼めば400円。
すり身汁は減塩ですが、とてもいい味です。
おかずの8品が、とても良かったです。マルシェ特製が、卵焼きと竹の子の炒め物。
その他は、糠鰊、オクラ数の子、タコキムチ、塩たらこなどマルシェで取り扱っている商品。
私は、ご飯半分だったのですが、向かいに座った若者は、ご飯大盛二杯。
食べられるっていいと思いますし、うらやましいですね。
町民も観光のお客さまも、気楽に立ち寄ることのできる、このような催しがいいと思っています。(堀)
DSC07542.jpg DSC07544.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年10月28日

トマトソース

ナポリタンを自家製トマトソースで作ってみました。
ナポリタンは、ネットで調べたら、日本の正統派スパゲティとありました。
今年は、トマトをたくさん植えたので、皮をむいてソースを作り、冷凍バックで保存。
DSC_0011.jpg DSC_0012.jpg
このトマトソースと市販のトマトケチャップを混ぜて作ったパスタはなかなかの出来。
自家製玉ねぎ、ピーマンそしてキノコにベーコン。
子どもの頃、母親が作ったスパゲティは、これでした。
4歳の孫も絶賛。
これに気を良くして今度は、ベーコンの代わりに、増毛の海の食材を使用して作ってみようと思います。(堀)
DSC07167.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2018年10月27日

ラーメン「こころ」

今年、秋に増毛駅前通りにオープンしたラーメン「こころ」。
駐車場は、ありませんので駅に車を止めてください。
すぐ近くです。
駅前通りにラーメン店が3店になりました。
私が小さな時から親しんでいる志満川、酒蔵ラーメンと甘えびラーメンの麺屋田中商店。
そして「こころ」。
DSC07126.jpg DSC07128.jpg
ホタテ塩ラーメン(900円)がおすすめ。
増毛産ホタテ2個が入り、あっさり塩味。
隣のお客さんのエビみそラーメンの写真を撮らせていただきました。
「こころ」のラーメンをどうぞ。(堀)
DSC07130.jpg DSC07133.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(2) | 日記

2018年10月26日

おみくじ

先日、増毛厳島神社にお客様を案内。
宮司さんにお願いし、拝観料をお支払いして、説明をしていただく正式参拝がいいのですが、時間がありませんでした。
DSC07383.jpg DSC07379.jpg
障子を開けてお参りくださいとあります。
神社の軒先には、鶴の彫刻。
小さいころからこれを見て彫刻の神社と理解していました。
DSC07384.jpg DSC07380.jpg
障子を開けてお参りしました。
奥が1900年に建造された彫刻の本殿。
小さな神社ですが、春に指定された北海道指定文化財を垣間見ることが出来ます。
おみくじは、2種類。鯛のおみくじと三角おみくじ。
鯛を吊り上げるおみくじは、子どもと楽しめると思います。
増毛厳島神社にお参りください。(堀)
DSC07372.jpg DSC07374.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年10月25日

秋晴れ

天気の良い日が続きました。
彫刻の森美術館に行った時も天気が良く、増毛町の雄冬地区の札幌寄りにある白銀(しらがね)の滝も秋の装い。
この滝の位置、正式には石狩市浜益区雄冬。
記念碑は、昭和56年開通の時のもの。幻の国道と呼ばれていました。
DSC07470.jpg
石狩湾の向かい側に海面数十mに薄く横に霞がかかっています。
なんだろうと思って車を止めて写真を撮りました。
山並みが上に見えており美しい光景。
石狩湾新港の大きなガスタンクでしょうかかすんで見えます。
このような穏やかな天候がつづくと嬉しいです。(堀)
DSC07474.jpg DSC07478.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2018年10月24日

五十嵐威暢展

北海道彫刻の森美術館で10月6日から開催されている五十嵐威暢の世界を見に行ってきました。
増毛からだと札幌を北から南に縦断するので3時間近くかかりました。
DSC07481.jpg DSC07487.jpg
増毛駅にこの春、設置の「テルミヌスへの願い」は先生の作品。
五十嵐威暢氏を理解するには、作品展を見に行くのが一番だと思ったから。
入り口の渡り廊下からころころとふわふわという作品。
DSC07486.jpg DSC07492.jpg
ライオンやサイ、ゾウなどのイラストは子供に連想させても面白い思いました。
企業のシンボルマークやロゴも手掛けており、手書きのサマージャズやポスターカレンダー。
DSC07494.jpg DSC07496.jpg
平面から立体へ。生活もデザイン。
最後の作品年表には、しばらく見入ってしまいました。
「ぼくが彫刻家としてやっていることは、…子どものころの遊びと一緒です。…素材に白紙でのぞみ、無心で挑戦し、自らの手で作る感動と出会うことなんです」という説明が印象的でした。
DSC07507.jpg DSC07499.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記