2020年04月17日

シュプール

堅く締まった雪の上に10センチほどの新雪。
7合目の下の炭釜や9合目の大斜面にシュプール。
DSC05794.jpg DSC05805.jpg
この時期に新雪はうれしいです。
気温も低く、マイナス。7合目の手前の枝には、エビの尻尾。
DSC05798.jpg
雪が軽く滑りやすかったですね。
登りの時には見えなかったのですが、登山道右の正面の急斜面にシュプールが確認できました。
右下に小さく人が写っていますが、このスキーヤーのシュプールなのでしょう。
DSC05832.jpg DSC05834.jpg
8合目と9合目の間まで登り返しています。
よほどスキーに自信のある方だと思いますが、転倒すると滑落の恐れがあり、非常に危険です。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2020年04月16日

暑寒別岳春山スキー

天気予報は、晴れ。前日から山行の準備をしていました。
午前6時、自宅を出発。15分ほどで暑寒別岳登山口。
午前6時30分、山スキーにシールを付けて登山開始。
気温が低く、雪が締まっており、つぼ足の登山者が追い越していきます。
DSC05780.jpg DSC05792.jpg
3合目の手前の尾根に出るのに約1時間。夏山と同じ時間。まずますのペース。
尾根に出ると暑寒別岳や日本海がきれいに見えます。
しかし、ここからがペースダウン。
DSC05800.jpg DSC05825.jpg
昨年は、風が強く、4合目で戻ったので、今年は、7合目の滝見台までと思っていました。
2.3日前に降った雪が10センチほど、堅く締まったバーンの上に乗っていて、新雪を楽しめそうです。
9合目の大斜面を滑りたいと思い、何とか山頂に立ちました。
DSC05810.jpg   DSC05818.jpg
のぼりに要した時間は、5時間。
6年ぶりの春山の山頂です。風もなくすばらしい天気です。
山頂からは奥徳富岳、群別岳、浜益岳、雄冬山。
DSC05815.jpg   DSC05816.jpg 
30分ほど休んで、スキーで下山開始。
山頂から3合目までは、この時期には珍しく新雪を楽しめました。
下りは、約1時間。慎重に降りてきましたが、腿と膝はがたがた。
すばらしい天気に恵まれました。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2020年04月15日

ぐるめ食品の詰め合わせ

お祝いのお返しにいただいたのは、増毛駅に店舗を構えるぐるめ食品の詰め合わせ。
ぐるめ食品の主力商品です。
DSC05739.jpg
まず、食べたのは、タラコと甘エビ塩辛。
ここのタラコは、是非、食べていただきたいと思います。
DSC05741.jpg
甘エビ塩辛、いくら醤油漬けもおすすめ。
DSC05549.jpg
たこ親爺は、たこの柔らか煮。お墨付きです。
鮭トバ、氷下魚は、ビール・お酒のおつまみに。
スモークサーモンは、タマネギとパプリカと一緒にマリネに。
もらってうれしいお返しです。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2020年04月14日

コンポスト

増毛町では、コンポストの購入に補助をしてます。
家のコンポストも10年以上使用。
雪の下にしてしまうと割れてしまうので、冬は別に保管しています。
2週間以上早く、家の隣の畑の雪が融けたので、4月初めから使用開始。
これから11月の雪が降るまで使用します。
以前は、発酵促進剤を使用していましたが、今は、林道から拾ってきた腐葉土を投入。
コンポストを使い、生ゴミの減量を図りましょう。
DSC05726.jpg DSC05727.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2020年04月13日

ムール貝カレー

冷凍していた大きなひる貝。
子どものころは、肉よりカレーにひる貝が入ることが多かった気がします。
増毛では、ひる貝カレー。
DSC05629.jpg
正式名称は、いがい。
どちらもネーミングがいまいち。
ひる貝カレーだと美味しそうに感じません。
増毛ムール貝カレーがいいですね。
余市では、余市ムール貝で養殖を始めたそうです。
DSC04269.jpg
このひる貝は、大きいですが、2〜3年ものの貝で名物になればいいと思っています。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2020年04月12日

林道の腐葉土

増毛市街から車で10分ほどの場所。
箸別登山口までの箸別林道。
いつもは4月下旬でしたが、今年は雪が少ないので行ってみました。
目的は、林道の脇の腐葉土。
DSC05711.jpg
そのままでは使用しませんが、堆肥と混ぜ、寝かせて使っています。
コンポストの中にも生ゴミとともに発酵促進剤として投入。
通りがかった車の人に道路をきれいしているボランティアですかと聞かれました。
腐葉土は、肥料袋で20袋ほど。
しかし、林道は50メートルぐらいきれいになっただけ。
林道掃除で、腐葉土を持って行ってもらえませんか。
DSC05714.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2020年04月11日

暑寒荘まで開通

昨年の10月から冬期通行止めの道道暑寒別公園線。
DSC05744.jpg
4月10日午前10時、暑寒別岳の登山口の暑寒荘まで開通。
増毛町役場商工観光課の職員が雪を掘り、駐車場から暑寒荘まで階段をつけました。
DSC05749.jpg
今年は、例年より1メートルほど雪が少なく、山スキーも5月の連休までは無理だと思います。
週末は、スキーヤーで混み合います。
駐車できる車の台数も限りがありますので、乗り合いでお願いします。
山小屋「暑寒荘」は、増毛町が無料で開放しておりますので、紳士的な利用をお願いいたします。
DSC05747.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2020年04月10日

増毛醤油

國稀酒造でも販売している増毛醤油。
1000㎖と200㎖の2種類。
DSC05651.jpg
結構売れ行きが良いそうです。
DSC05648.jpg
私も毎食200㎖のボトルを使っています。
35l減塩ですが甘く感じません。
特に、刺身を食べるときにわさびのききが非常にいいようです。
この醤油の上手な使い方は、普通の醤油と半分半分で使うこと。
DSC05732.jpg
それでも約20lの減塩となります。
増毛中央スーパーと甲谷商店、小田商店でも販売。
國稀とともに減塩増毛醤油をどうぞ。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2020年04月09日

庄内麩

今年、91歳になった母は、太平洋戦争が始まった年に、12歳で山形県遊佐町から増毛町別苅に親の漁業のため移住。
毎年、山形県の親戚から送ってくるのが庄内麩。
DSC05736.jpg
全国的にも珍しい板状の麩です。
味噌汁には、増毛関山豆腐店の豆腐とわかめと庄内麩。
DSC05703.jpg
同居している孫の大好物。
庄内麩と一緒に送ってくれるのが、干し柿。
DSC05735.jpg
これも増毛にはありません。
私が子どものころから親しんでいる母のふるさと庄内の味覚です。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2020年04月08日

あったま〜る

冬期休業していた「岩尾温泉あったま〜る」が4月1日オープン。
国道231号、増毛から札幌に向かい20分ほど。
DSC05696.jpg
家族で行ってきました。
風呂は、露天風呂と内風呂。
DSC05690.jpg DSC05692.jpg
特に、露天風呂は気持ちがいいですね。
日本海が見渡せ、観音崎とカクキの島。
DSC05694.jpg DSC05695.jpg
カクキの島は、今は、岩老漁港でつながっています。
この温泉は、湯冷めがしないのが特徴で、家に帰ってからもポカポカ。
岩尾温泉あったま〜るに寄っていって下さい。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(2) | 日記