2017年07月15日

ほたてラーメン

増毛市街地から港の前を通って国道に抜ける中歌地区にある海栄。
土日ラーメンとほたてラーメンののぼりが気になっていました。
DSC05789.jpg DSC05786.jpg
カミさんは、どうせホタテは稚貝が5〜6個でしょうと言っていましたが、大間違い。
ホタテ貝柱が2個。さっぱりとした塩味のラーメンに存在感。
ホタテ焼きも200円。
古材を活用した手作り感たっぷりの店舗とテラス。
海からの風が心地よく感じます。
ライダーの宿泊も雨やどりで800円とあります。
ほたてラーメンいかがです。(堀)
DSC05792.jpg DSC05799.jpg
 
 
 
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2017年07月14日

ヒラメの一枚唐揚げ

頭からしっぽまで計ったら40aのヒラメ。
このヒラメは、増毛漁協青年部の海祭りで1枚500円で販売していたもの。
刺身ではなく、一枚そのまま唐揚げに。
頭と尾を切り落とすと大きめのフライパンに入りました。
カミさんが増毛の漁師の奥さんから教わった調理方法。
皮がカリカリで、身がはがれやすく、とても美味しかったです。
特にえんがわの部分が特別。
箸で取り分けることになりますが、家族やグループにはいいと思います。
ソースがあるともっといいと思うのですが、そこまでは頼めません。
小さめのヒラメが手に入ったらお試しください。(堀)
DSC05807.jpg DSC05767.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2017年07月13日

いちごジャム

3年ぶりで作ったでけんたろういちごジャム。今年度最初のジャムづくり。
昨年は不作で手に入りませんでした。後藤果樹園に2キロ注文。
夕方まで取っておいてくれるといいます。
DSC05806.jpg DSC05810.jpg
もう露地ものも最後で、ぎりぎりで間に合いました。
へたを取り、4分の1にカットして煮詰めるだけ。
砂糖はいちごの重さの15パーセント強。
レモン汁を加えて出来上がり。
いちごの形を残したジャムが150gの瓶に10個ほど。
DSC05825.jpg DSC05828.jpg
なぜか密封しても数か月で色が悪くなります。
早めに食べきります。(堀)
 
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2017年07月12日

麺屋田中商店

國稀酒造の真向い「麺屋田中商店」。
倉庫を改修しています。
前の倉庫がどんなものだったのかわからないほどうまく再利用。
梁や柱をそのまま使い、外観は見事に歴史ある増毛町にマッチしています。
DSC05664.jpg DSC05669.jpg
この日は、甘海老ラーメンの味噌を注文。
甘エビのだしが効いたスープが絶品。
國稀の酒粕を使用した酒蔵ラーメンと甘海老ラーメンが人気。
沼田夜高あんどん祭りや旭川食べマルシェなどのイベントにも参加しています。
増毛は、ラーメンも美味しい町なんです。(堀)
DSC05666.jpg DSC05665.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2017年07月11日

花の名山「暑寒別岳」

1995年、田中澄江が発表したエッセイ集「新・花の百名山」に暑寒別岳が選定されています。
7月の暑寒別岳は、その名に恥じない高山植物の群落です。
7月7日の登山でも多くの高山植物を確認。
登山道上では、フギレオオバキスミレ、ゴゼンタチバナ、コケモモ、サマニヨモギ。
DSC05694.jpg DSC05750.jpg
山頂台地では、黄色のミヤマオグルマ、アオノツガザクラ、シナノキンバイ、ミヤマダイコンソウなど。
DSC05709.jpg DSC05727.jpg
白色は、チングルマ、ハクサンイチゲ、イワイチョウなど。
赤紫系では、ハクサンチドリ、マシケゲンゲ、チシマフウロなど。
DSC05724.jpg DSC05716.jpg
山頂から100bほど雨竜側の地点では、お花畑が広がっています。
7月の箸別ルートでは7合目から高山植物のお花畑が現れます。
暑寒ルートから箸別9合目ぐらいまで降りて花の観察も可能です。
花の百名山「暑寒別岳」にどうぞ。(堀)
DSC05729.jpg DSC05715.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2017年07月10日

ひぐまに注意

増毛中学校の登山会で暑寒ルートの3合目から9合目までの間に9か所のひぐまの糞を確認。
2〜3か所ぐらいなら今までもありましたが、これだけ多くは初めて。
糞の中身が同じものなので、個体は一頭かもしれませんが注意が必要です。
私たちがひぐまの生息域に入って行っているので仕方ありません。
鈴や笛で人間のいる場所を知らせて、ひぐまに出会わないようにするのが一番です。(堀)
DSC05685.jpg DSC05686.jpg
posted by mashikejin at 19:00| Comment(0) | 日記

マシケゲンゲ

増毛中学校2年生の学年登山の楽しみは、高山植物。
マシケゲンゲがちょうどいい頃だと思っていました。
暑寒ルートの9合目のロープの厳しい登りを過ぎて台地に出た瞬間にマシケゲンゲが迎えてくれます。
箸別ルートでは、9合目を過ぎてからマシケゲンゲが現れます。
DSC05739.jpg DSC05741.jpg
濃い紫が登りの疲れを癒してくれます。
私が見たかったもう一つの花は、エゾツツジ。
濃いピンクの可憐な花。
DSC05713.jpg DSC05711.jpg
エゾツツジは、マシケゲンゲより期間が短いので、なかなか出会うことができませんがきれいでしたね。
暑寒別岳の固有種マシケゲンゲは、暑寒、箸別ルートの増毛側でなければ見ることができません。(堀)
DSC05706.jpg
 
 
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2017年07月09日

ましけマルシェ

土曜日のましけマルシェ。
外では、テントで増毛漁協青年部による海祭り。
ホタテ、つぶ貝、ひらめ、煮だこ販売。
ホタテやつぶを焼いて食べられるところがうれしいです。
DSC05770.jpg DSC05783.jpg
町民も多数来場。
中では、丹保旅館のギョウジャニンニク入りの餃子の実演販売。
この実演販売は賑やかしでいいと思います。
DSC05773.jpg DSC05775.jpg
私たちは、ケーキといちごのスムージーなどいただいてきました。
土日には、何かこのような催しがあればいいですね。(堀)
DSC05778.jpg DSC05779.jpg
 
 
 
 
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2017年07月08日

中学生登山

増毛中学校2年生の学年登山に同行。
アメダスの最高気温は23度ほどだったのですが、非常に暑く感じました。
流れ落ちる汗に体調が悪いのかと思ったほどです。
今まで、低い気温が続いたので体が慣れていないのでしょう。
DSC05679.jpg DSC05682.jpg
天気が良く眺望にも恵まれました。
高山植物のお花畑も見事でした。
増毛中学校の学年登山は、1984年から続いている伝統行事。
体育系の部活に入っている男子は元気ですが、運動をしていない女子には片道10キロの道のりの登山は厳しかったようです。
暑寒別岳のすばらしさを感じてもらえたでしょうか。(堀)
DSC05691.jpg DSC05696.jpg
DSC05719.jpg DSC05736.jpg
 
 
 
 
 
posted by mashikejin at 23:19| Comment(0) | 日記

ぶどうとりんごのジュース

佐藤果樹園のぶどうジュースは、バッファローぶどうを使用。
美味しいぶどうをそのままジュースに絞った感じ。
濃厚な味です。値段も1640円と高価ですが、味わってみる価値は十分あります。
DSC05203.jpg
今年、新発売されたのは、りんごジュース。
酸味と甘みのバランスが良く、美味しいジュースに仕上がっています。
ラベルもおしゃれ。2本セットもおすすめ。
贈答用にいいと思います。
ましけマルシェで取り扱っています。(堀)
DSC05204.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記