2018年08月23日

北海道山道シンポジウム2018

北海道命名150年記念「北海道山道シンポジウム2018」。
増毛町文化センターで開催され、約80名が参加。
このシンポジウムは、北海道の礎を築いた松浦武四郎と武四郎の北海道調査に重要な役割を果たした道内の山道の知見を広めるとともに、増毛山道の利活用や保全の在り方を考えるのが目的。
DSC04418.jpg DSC04420.jpg
基調講演は、北海道博物館学芸主幹の三浦泰之康之氏による「松浦武四郎の蝦夷地探査と北海道の山道」。
続いて、えりも町郷土館長の中岡利泰氏による「猿留山道の保全活動と史跡指定」。
最後に「増毛山道の利活用と保全〜将来への継承を目指して〜」と題してパネルディスカッションが行われました。
DSC04427.jpg
会場では、増毛山道のパネルが掲示され、参加者が興味深く見入っています。
増毛山道は、1857年幕府の命を受け、増毛の場所請負人である伊達林右衛門が開削。
同年、松浦武四郎が歩いています。明治の終わりごろには鉄道の開通等により山道が使用されなくなっていきます。
2008年、増毛山道の会が発足。
翌年から8年の歳月をかけて、216年10月、全27キロに及ぶ増毛山道を復元開削。
山道の会は、年8回に及ぶガイド付きのトレッキング事業を実施。
増毛中学校1年生に対する歴史の出前事業も行っています。
増毛山道の会発足から10年。
会を運営する会員の高齢化等により、山道の保全やトレッキング事業など将来への継承が大きな課題となっています。(堀)
DSC04421.jpg DSC04422.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2018年08月22日

しそみそ巻き

千果園のしそみそ巻き。
家でも作るのですが、この味は出せません。
仙北のお母さんの手造りしそみそ巻きは絶品。
DSC04288.jpg DSC04396.jpg
今年になって数回、ましけマルシェで買い求めています。
3本を爪楊枝で刺して、揚げています。
娘と4歳の孫が大好物。私は、日本酒のあてに。
同時に買い求めたのは、冷凍さくらんぼ。
スイーツづくりにも生かせるのではと思います。
ましけマルシェでどうぞ。(堀)
DSC04287.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年08月21日

ましけラン2018

日曜日開催のましけラン2018。
110名が出場。
暑寒公園をスタートし、道道沿いの果樹園の間を往復するコース。
DSC04428.jpg DSC04440.jpg
以前のあっぷるマラソンのコースに戻りました。
りんごや梨、ぶどうの収穫はまだ先ですが、秋の実りを確認できるマラソン大会。
私は、宣言タイム制の3.2キロの部に出場。
前日のビアパーティのお酒が残っていましたが、何とか歩くことなく完走。
1週間に1〜2回、ウオーキングやゆっくり走っていますが、今後も健康のため続けなければならないと思っています。(堀)
DSC04450.jpg DSC04463.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2018年08月20日

盆踊り

先週、行われた盆踊り。
15日、16日の二日の日程でしたが、雨のため17日に順延。
子ども盆踊りの次には、増毛音頭。
増毛音頭は、20年以上前に港まつりで踊りのパレードがありました。
すぐに覚えて踊ることが難しい踊りです。
盆踊りには、中学生や、ベトナムからの研修生など多数参加。
仮想盆踊り大会も企画されていましたが、子供の部は、2組。
大人の部には、エントリーがありませんでした。
実は、仮装を用意して出かけたのですが、一人では大会になりませんので、来年用に取っておくことにしました。
仮装を各団体や事業所に依頼し、盆踊り大会を盛り上げてほしいと思っています。(堀)
DSC04398.jpg DSC04401.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年08月19日

清流橋

1983年設置の清流橋。
リバーサイドパークと暑寒公園を結ぶ歩行者専用の橋。
もう35年経過しています。
DSC_0001.jpg DSC_0003.jpg
全長が98メートルで、二級河川暑寒別川に架けられています。
暑寒別川は、流れが速く、清流。この橋の名前の由来。
この日は、数日前に、まとまった雨が降ったため、この時期にしては、水量が多いようです。
DSC_0002.jpg
この橋からは、二年前に整備したパークゴルフ場が美しく見えます。
リバーサイドパークは、オートキャンプ、テニス、サッカーなどのスポーツのほかセンターハウスでバーベキューなども楽しめます。
赤いつり橋を渡って、増毛リバーサイドパークへどうぞ。(堀)
DSC02985.jpg
続きを読む
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年08月18日

ウニの一夜漬け

殺菌された塩水に入っている生ウニ。
DSC04376.jpg
生ウニをそのまま食べるのは、1年に数えるほど。
ウニの一夜漬けが大好きです。
いつもは、カミさんが漬けるのですが、私が初めて挑戦。
水分を受けるボールの上にザル。
DSC04379.jpg
その上にガーゼを敷き生ウニをのせ、塩を振ります。
冷蔵庫に入れ、翌朝、食べてみたところ塩分が足りません。
塩を振りもう一晩。二夜漬けになりました。
DSC04384.jpg
ウニから水分が少し抜け、ウニの味が凝縮。たまりません。
このウニに合わせたのが国稀「千石場所」。
増毛の海産物にとても合う、辛口のキレのいいお酒。
塩水ウニで一夜漬けをどうぞ。(堀)
DSC03787.jpg
posted by mashikejin at 09:48| Comment(0) | 日記

2018年08月17日

彫刻額

お盆は、全国的にも天気に恵まれませんでしたが、増毛も雨模様。
駅前通りは、お盆の時期はたくさんの観光客でにぎわうのですが、閑散としていました。
オートキャンプ場もキャンセルが多かったと聞きました。
増毛厳島神社社殿に掲げられている1816年(文化13年)初代伊達林右衛門奉納の彫刻額。
寿・増・勢と鯛の彫刻額。
寿・増・勢は、増毛がめでたく、勢いがあるという縁起の良い額。
鯛の彫刻額は、見事です。
今年3月に彫刻の本殿と絵馬7点が北海道文化財に指定されましたが、この二つの額は指定されていません。
増毛厳島神社には、貴重な文化財が残されています。(堀)
DSC02927.jpg DSC02926.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2018年08月16日

ナンバンエビ

一箱3キロ入りのナンバンエビ。
ナンバン(とうがらし)のような赤色。
DSC03826.jpg DSC03827.jpg
発泡スチロールの箱のふたを開けたところエビが跳ねました。
甘エビとして食されていますが、正式名称はホッコクアカエビ。
新鮮な甘エビは、身が透き通っていてぷりぷり。
ホタテとヒラメが添えられていますが、刺身の主役は甘エビ。
DSC03886.jpg
国稀佳撰を使用したエビの酒蒸し。
DSC03832.jpg 
これも簡単ですので是非お勧めの食べ方。
増毛のナンバンエビをどうぞ。(堀)
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年08月15日

2018梅酒

増毛町千果園でいつも買い求めている青梅。
先週のことですが、註文するのを忘れていました。
電話をかけると冷蔵庫にとってあるとのこと。
毎年、購入するのは3キロですが、同じくらいの梅をサービスでいただきました。
梅酒は、いつもより多い4瓶。
1瓶あたり、青梅1キロ、35度焼酎1.8g、氷砂糖300c。
この分量で毎年作っています。
冷暗所に置き、半年で梅を取り出し、小瓶に移します。
2018年の梅酒の出来が楽しみです。(堀)
DSC04306.jpg DSC04310.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年08月14日

トマトジュース

ふるふるトマトのトマトジュース。
トマトジュースが苦手な方にも大丈夫かもしれません。
市販のものとは全く違います。
DSC_0095.jpg DSC_0097.jpg
一方、今年も手作りトマトジュースいただきました。
瓶からコップに入れるとき、なかなかジュースが出てきません。
トマトまるごと絞った感じ。
血圧にもいいようですね。
夏は、トマトジュースで乗り切ります。(堀)
DSC04282.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記