2020年02月01日

増毛町乾杯条例

増毛町の乾杯条例は、平成26年3月に制定されました。
約6年経過しています。
地元の銘酒國稀やシードルなどのお酒、りんご、洋梨の100l果汁などで乾杯の習慣を広め、地元産品の愛用を促すもの。
1月から2月は、新年会等の行事が続き、國稀で乾杯することが多くなります。
DSC04777.jpg
以前は、ビールで乾杯することが多かったのですが、この条例により國稀を飲む量も増えてきました。
この日は、國稀上撰。
DSC04775.jpg
北海道産吟風使用とありますが、9割ぐらいが増毛産。
ほぼ増毛産と言ってもいいと思います。
國稀と100l果汁で乾杯しましょう。
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2020年01月31日

全国大会出場

このほど札幌市で開催された第65回全道青年女性漁業者交流大会。
留萌地区漁協青年部連絡協議会の代表として増毛漁協青年部長林一了さん(写真右)が発表。
3月3日4日に東京で開催される全国大会に推薦されました。
発表内容は、2009年に企画、商品化した船積み酒「漁師の力水」が地域ブランドに成長し、10周年を迎え、地魚や地域の魅力を伝え、収益を活用して地域の子どもたちに寄贈するなど地域貢献や青年部の活性化が評価されたもの。
10周年を迎えた漁協青年部の活動に敬意を表し、全国大会の入賞を祈念しています。
DSC04756.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2020年01月30日

ホッケのすり身

増毛町彦部地区の猪股鮮魚店。
道道増毛稲田線、JR増毛留萌間の旧信砂駅の近くで信砂川沿いにあります。
この店のホッケのすり身。
DSC04752.jpg
以前買い求めて、冷凍しておりました。
機械ではなく、すり鉢で手作りしているそうです。
夕食にホッケのすり身ですり身汁。
DSC04763.jpg
増毛関山さんの豆腐との相性もよく、あったまりますね。
猪股鮮魚店のすり身をどうぞ。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2020年01月29日

3月のような天気

昨日の増毛町は、3月を思わせる天気。
朝は、全道で凍れましたが、増毛もマイナス9度。
しかし、日中はプラスの気温となりました。
駅前通も雪がありますが、まだ排雪は行っていません。
DSC04754.jpg DSC04747.jpg
いつもの年なら1〜2回行っています。
増毛厳島神社の坂もアスファルトが出ています。
摶ム港からは、この時期珍しく暑寒別岳が見えました。
DSC04749.jpg
海も凪ぎています。
今年の1月は、雪も少なかったですが、荒れた日も少なく、出漁日が多かったようです。
DSC04750.jpg
長期予報でも雪が少なめ。
今年は、雪が少ないまま冬が終わりそうです。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2020年01月28日

身欠きにしんの味噌和え

味噌と身欠きにしん。
相性がとてもいいんです。
増毛町は、大正のはじめからから昭和30年までにしんの水揚げがほぼ全国一でした。
増毛が千石場所と呼ばれた時代です。
やん衆と呼ばれた漁師が、身欠きにしんに味噌をつけて酒の肴にしたそうです。
この身欠きにしんの味噌和えは、増毛町永寿町2丁目のダイニングバーオーシャンのもの。
身欠きにしんを手でむしり、味噌と砂糖と日本酒を混ぜて合わせて冷蔵庫で一晩か二晩。
以前、何度か自分も作ったことがあります。
増毛の地酒國稀がすすむ逸品です。
DSC04160-.jpg DSC04168- (3).jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2020年01月27日

食品ロスを減らしましょう

国では、食品ロス3010運動を推進しています。
宴会時の食べ残しを減らすためのキャンペーン。
最初の30分、料理をしっかり食べ、最後の10分も自分の席で再度料理を食べてもらうという呼びかけ。
北海道でも「美味しく残さず食べきろう」という年末年始のキャンペーンを実施中。
しかし、どうしても食べきれない場合があります。食べすぎも心配。
そこで、増毛町では、夏の季節を除き、自己責任で持ち帰り運動を推進しています。
増毛町で、パックとレジ袋を用意して、飲食店に配布しています。
私も積極的に持ち帰るようにしています。
この日も団体の新年会。残った料理を持ち帰りました。
次の日の朝のおかずになります。
DSC04652.jpg DSC04654.jpg
続きを読む
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2020年01月26日

ファイターズ増毛町後援会

北海道日本ハムファイターズ増毛町後援会。
オーベルジュましけで開催された総会と新年会。
DSC04726.jpg
現在の後援会会員数は、104人。
楽しみは、抽選会。孫は、ファイターズの帽子が当たってご機嫌。
DSC04707.jpg DSC04729.jpg
2019年度増毛町の応援大使は、西川選手と杉浦投手。
応援大使のおかげで増毛町は大いに盛り上がりました。
DSC04712.jpg
昨年は、5位に甘んじてしまいましたが、2012年、2016年オリンピックイヤーのファイターズは、優勝しています。
2020年のチームスローガンは、羽撃く(はたたく)。
DSC04718.jpg
オリンピックの今年は、やってくれるでしょう。
今年もファイターズの応援で、増毛町も盛り上がりましょう。
posted by mashikejin at 08:48| Comment(0) | 日記

2020年01月25日

冬の暑寒別川

道道暑寒別公園線の冬期交通止めのゲートの前に車を止めて、歩くスキーで暑寒別川沿いを毎年歩いています。
昨年より、砂防ダムの工事をしていて、いつものコースは歩けません。
DSC_0063.jpg DSC_0060.jpg
道路上を歩き、工事をしていない川沿いに出て写真を撮りました。
川沿いでは、まだ、笹が出ており、雪が少なく、水の流れの面積も大きく感じます。
DSC_0062.jpg DSC_0059.jpg
いつもは、もっと雪に覆われています。
途中、見つけたのがウサギとキツネの足跡。
DSC_0052.jpg DSC_0054.jpg
新雪の上にはっきり残っています。
暑寒別川沿いのこのような景色を大切にしたいです。
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2020年01月24日

国稀ワンカップ

国稀のワンカップ。佳撰と上撰の2種類。
キャップの色が佳撰は、青。上撰は、赤。
このワンカップは、上撰。
DSC04168- (10).jpg
国稀ワンカップの特徴は、リンゴとサクランボの図柄。
増毛が果物の産地なので。
これがかわいいと手に取る女性客も。
ガラスが厚いので、自宅でも水飲みコップとして活用。
増毛町内の店舗やスキー場でもお冷や用として利用されています。
国稀酒造でもらったワンカップ用のふた。
DSC04168- (11).jpg DSC04168- (12).jpg
JRやバスの中ではいいかも。
国稀ワンカップをどうぞ。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2020年01月23日

鮨IZAKAYA忠の大皿料理

増毛山岳会の総会と新年会。
鮨IZAKAYA忠で開催。
DSC04651.jpg DSC04643.jpg
増毛山岳会の新年会は、いつも忠の大皿料理。
DSC04644.jpg DSC04641.jpg
増毛で水揚げされている魚の料理もたくさん出てきました。
DSC04647.jpg DSC04635.jpg
ハタハタの唐揚げ、鱈のフライと子和え、カスベの煮付け。
このほかに刺身、ローストビーフ、イカリング揚げ、巻物など。
気に入ったのは、かずのこチーズサーモン巻き。
かずのことチーズの相性がいいですね。
差し入れは、國稀大吟醸一升瓶。旨いです。
DSC04646.jpg
毎年、ここで大吟醸いただくのが楽しみです。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記