2017年11月10日

ダルビッ酒

昨日の北海道新聞で紹介されたダルビッシュ有投手にちなんだ特別純米酒。
増毛町「国稀酒造」が限定製造。
ダルビッシュ投手は、日本ハム時代に札幌のお寿司屋さんで飲んだ「国稀特別純米酒」が一番好きとネットで発信したことがあります。
ラベルは、日本ハム時代の背番号の11。
発売は、11月11日11時11分から。
1111本を発売。
720ml 2500円。
日東商事(0164−42−7211)で販売。(堀)
DSC00257.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2017年11月09日

黒豆

ましけマルシェで買い求めた黒豆。
増毛林川農園のもの。
内容量は、250cで200円。
ネットで調べたレシピでは、黒豆250c、水1g、砂糖は150c〜170c、醤油大さじ2、塩小さじ1。
前の晩一度沸騰させて、一晩置き、次の日、超弱火で3時間ほどで出来上がり。
家では、ポット式の石油ストーブの上で3時間弱。
いつもきれいに出来ており、このやり方で失敗していません。
黒豆の煮方は難しいのでカミさんはやらないといいます。昨年から私の仕事。
体に良い黒豆をどうぞ。(堀)
DSC07284.jpg DSC07321.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2017年11月08日

二三一の数の子

札幌駅前アスティ地下の二三一(ふみいち)。
増毛町公認の居酒屋推奨店。
数の子も美味しい店です。
数の子は、増毛町の北日本水産物(株)のもの。
先ず、お通しの数の子。
KIMG0262.jpg KIMG0307.jpg
数の子の天ぷらも注文。
珍味5点盛りには、私の大好きなオクラ数の子、数の子が入った松前漬け。
KIMG0304.jpg KIMG0273.jpg
地酒は、増毛の銘酒「國稀」。
増毛町でなければ手に入らない地域限定酒も置いています。
この日は、國稀佳撰の熱燗。
二三一で美味しい数の子をどうぞ。(堀)
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2017年11月07日

2017鰊漬け

毎年、11月の第一日曜日がわが家の鰊漬けの日。
増毛の町民は、この時期に鰊漬けをつける家庭が多いようです。
わが家での鰊漬けの作り方は独特。
ブルーシートの上にビニールシート。
そこに材料のすべてを投入。全員で混ぜ合わすんです。
DSC00159.jpg DSC00169.jpg
身欠き鰊の皮はむいており、ザラメ砂糖を使うのが家での特徴。
この方法でいつも美味しくできています。
DSC00196.jpg DSC00197.jpg
3軒分なんですが、作りすぎて余ってしまうので、来年からは減らさなければなりません。
約3週間後に食べ始めます。
今年の出来が楽しみです。(堀)
DSC00209.jpg DSC00210.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(3) | 日記

2017年11月06日

寿し忠の弁当

ダイコン干しの作業や漬物を作るときに頼むのが寿し忠の弁当。
増毛駅に一番近い寿し屋さん。
この日は、一番高いお弁当。
ここの弁当が以前から好きでした。
手作りのものばかり。
刺身、天ぷら、お肉も美味しかったです。
お昼にしたのですが、ボリュームがあり、夜にも残りをいただきました。
タコザンギは、別に注文。
増毛のご当地グルメのタコザンギは、各店舗で特徴があります。(堀)
DSC00103.jpg DSC00104.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2017年11月05日

アップルパイ

ましけマルシェのアップルパイ。
マルシェのスタッフの手作り。
大きいのは、りんごの存在感が大きく、美味しいです。
小さいのは、りんごで花びらをあしらっています。
一口サイズでなかなかの出来。
DSC00145.jpg
マルシェの店内は、果物や野菜が並べられています。
来年の3月までは、ぐるめ食品の直売店も営業しています。
増毛町の特産品が揃う「ましけマルシェ」にどうぞお越しください。(堀)
DSC00048.jpg 
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2017年11月04日

増毛港の朝焼け

日の出が遅くなりました。
増毛港の朝焼けです。
午前6時を過ぎていますが、朝陽は、まだ現れません。
この日は、良い天気の予感がします。
増毛港に朝焼けが写り、金色に輝く水面を映すことができました。
ホタテ岸壁は、朝の仕事が始まっています。
この時期は、このような穏やかな日が少ないのですが、増毛港まで散歩です。
増毛港は、市街から近く美しい港だと思っています。
この港をまちづくりに活かしたいです。(堀)
DSC00021.jpg DSC00025.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2017年11月03日

有楽町どさんこプラザに出店

11月4日(土)〜5日(日)、東京有楽町の北海道どさんこプラザに出店します。
時間は、午前10時から午後8時まで。
KIMG0071.jpg KIMG0067.jpg
増毛町から職員が3名。りんごとジュースの試食、試飲と販売です。
りんごは、紅将軍、こうりん、レッドゴールド、ブラムリー。
ブラムリーは、加工用りんごでジャムに最適。めずらしいと思います。
ジュースは、りんごと洋梨の100%果汁。
洋梨のジュースもあまり出回っていません。
増毛町は、まとまった面積では、日本最北の果樹地域。
今年も美味しいりんごができました。
試飲・試食だけでもどうぞ。
増毛の産地直売にどうぞお立ち寄りください。(堀)
DSC07408 - コピー.jpg  P1090914.jpg 
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2017年11月02日

魚味噌

すが宗の大将が作った魚味噌。
鮭、鱈、えび、ホタテなど増毛で水揚げされた魚介類を味噌で練り上げています。
この味噌だけ食べても美味しく、魚介のつぶつぶを感じます。
DSC00061.jpg
温かいごはんがすすみます。
自家製のダイコンにも合わせました。
おでんにももちろん合いますね。
焼きおにぎり、モロキューまだまだありそうです。
子供の頃、母が作った味噌を思い出しました。(堀)
DSC00147.jpg DSC00065.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2017年11月01日

ひる貝とホタテのカレー

冷凍庫に眠っていたひる貝とホタテ。
これで、久しぶりにカレーをつくりました。
ひる貝とホタテは、半分にカットして、塩コショーをして炒めました。
ジャガイモ、ニンジン、玉ねぎ、にんにくは自家製。
隠し味は、増毛産の細目昆布とハチミツとりんご。
ルーは、固形の市販ものを数種類混ぜています。
スパイスを使い、本格的なカレーも作ってみたいと思っています。
増毛町内の飲食店でも海鮮カレーをメニューに加えてほしいです。(堀)
DSC00045.jpg DSC00063.jpg
続きを読む
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記