2019年01月12日

新年会の帰り道

昨日一日で20センチ近くの降雪。
今朝は、新しく雪が積もっていません。
連休の天気予報も雪の予報ではありません。
DSC08830.jpg
新年会が多くありますが、帰りに歩くようにしています。
この日も足元が悪いですが、自宅まで歩きました。
20分ほどで歩数は、2000歩。
道路わきに雪がたまっています。
増毛駅も雪が降り積もっています。
DSC08833.jpg DSC08838.jpg
線路を守っているよう壁の上の積雪は、60cmほど。
積雪量が一目でわかります。
それでも今年は、雪が少なく感じています。
DSC08841.jpg
posted by mashikejin at 07:33| Comment(0) | 日記

2019年01月11日

絵手紙

増毛町立明和園は、特別養護老人ホームと養護老人ホーム。
養護老人ホームの廊下の壁に所狭しと飾られている絵手紙。
季節ごとに描かれていています。
DSC08812.jpg DSC08810.jpg
DSC08814.jpg DSC08811.jpg
職員と入所者の方の作品といいますが、レベルが高いものばかり。
先日、お世話になった方々に絵手紙を実際に出したそうです。
もらった方は嬉しいでしょう。
この日は、鏡開きでお餅もいただいてきました。
お汁粉です。カボチャ団子のお汁粉もあります。
どちらも美味しかったですね。
今年一年ご健勝で過ごされることをご祈念しています。
DSC08816.jpg DSC08817.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2019年01月10日

減塩たらこと明太子

増毛ぐるめ食品のたらこと明太子。
減塩の製品です。
増毛町では、高血圧対策で昨年、減塩増毛醤油を開発しました。
減塩の水産加工品が生産されるのは嬉しいことです。
食べてみましたが、私にはたらこの塩分がちょうどよく感じました。
たらこも明太子も塩分を気にせず食べることが出来ます。
ぐるめ食品のたらこと明太子は主力商品。
減塩のたらこと明太子をどうぞ。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2019年01月09日

鱈の粕漬け

国稀の吟醸酒粕で鱈の粕漬けを作ってみました。
DSC08303.jpg
ネットでレシピを確認し、酒粕に、酒、みりん、砂糖、塩などを混ぜ、床をつくりました。
ガーゼで挟むようにして、酒粕の床と鱈を置きます。
タッパーに入れ、冷蔵庫で3日間そのまま寝かせました。
グリルで焼いてもらって食べましたが、あまりにも粕の香りが強すぎると言います。
DSC08382.jpg
私は、大丈夫ですが、カミさんたちは受け入れません。
3日でなく、1日ぐらいがいいかもしれません。
国稀の吟醸粕を使用した魚の粕漬け、いろいろと試してみようと思っています。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2019年01月08日

出初式

日本水難救済会増毛救難所の新春出初式。
増毛港で行われました。
この日は、所員35名が参加。
DSC08765.jpg
エビこぎ網漁、タラ網漁が出漁していたため、10名ほどが欠席。
観閲式の後、放水訓練、投光器訓練、もやい銃などの訓練が行われた後、投げ縄訓練。
DSC08768.jpg DSC08775.jpg
DSC08781.jpg DSC08783.jpg
投げ縄訓練は、所員による投げた距離の競争。8名あまりがチャレンジ。
所員は、全員が漁業者。
漁業の傍ら、捜索活動、海難防止啓発活動をボランティアで実施していることに対し、敬意を表します。
今年は、海難事故のない安全操業を祈念しています。
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2019年01月07日

鮭の手作り燻製

釣りが趣味の知人が作った鮭の燻製。
2018年11月27日、300cのメモがありましたので、燻製を作った日だと思います。
鮭は、9月に増毛の海岸で吊り上げたものなのでしょう。
DSC08693.jpg DSC08695.jpg
柔らかで美味しい燻製です。
増毛のりんごの木のチップを使用し、冷燻で作ったと聞きました。
味にうるさいカミさんも絶賛。
この燻製に合わせたのが、国稀「千石場所」。
酒米は、五百万石。日本酒度は、+6〜+8と辛口。
増毛の海の幸や水産加工品と相性が抜群のお酒です。
DSC08699.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2019年01月06日

いくら醤油漬

増毛町北日本水産物(株)の製品。
いくらの醤油漬「さかなのこばこ」。
200cのパックが2つ入り、おしゃれな箱です。
裏面には、美味しい食べ方。
いくら丼とおろし和え。
DSC08572.jpg DSC08682.jpg
一方、すが宗の製品は、寿司屋の大将の手作り。
この日は、焼いた鮭のほぐした身といくらで親子丼。
増毛のいくらの醤油漬おすすめです。
DSC08684.jpg
posted by mashikejin at 10:44| Comment(0) | 日記

2019年01月05日

増毛漁協初セリ

増毛漁協の初セリ式。
DSC08706.jpg DSC08711.jpg
毎年、1月4日、8時から執り行われます。
1月3日には、タラ網漁、エビこぎ網漁などの漁船が出漁。
漁協市場内には、タラやアンコウ、甘えび、ホッケ、黒ガレイ、赤ガレイ、カスベ等の魚が並びました。
DSC08700.jpg DSC08702.jpg
タラは、10キロを超える大きいものがあり、アンコウは、1箱2万円とご祝儀相場。
DSC08714.jpg DSC08722.jpg
3キロ入れの発砲箱に入った甘えびも漁があります。
比較的穏やかだった新年、幸先の良いスタートです。
今年の豊漁と安全操業を祈念いたします。
DSC08716.jpg DSC08718.jpg
posted by mashikejin at 10:46| Comment(0) | 日記

2019年01月04日

古酒泰蔵

酒粕焼酎古酒泰蔵。
前から気になっていました。
10年貯蔵の蔵元限定。2200円。
DSC08604.jpg
まず、オンザロック。それから水割り。
札幌から帰ってきていた長女が古酒の泡盛のようと絶賛。
口の中で芳醇な香りが広がります。
アルコール度は、30度ときついのですが、甘みと旨みを感じます。
焼酎は、時が経過すると美味しくなるのでしょう。
お酒好きにおすすめです。
蔵元限定なので増毛国稀酒造でお求めください。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2019年01月03日

増毛シードル

増毛フルーツワイナリーのりんご100%のシードル。
DSC_0232.jpg
左から辛口、中口、甘口の3種類。
辛口は、アルコール分6.5%、中口は、4.5%、甘口は、3.0%。
辛口は、私が、カミさんや娘は、中口、甘口。
飲み比べましたが、どれも美味しい。
DSC08579.jpg
増毛のりんごを皮ごとつぶして作る100%のスパークリングワイン。
香料、着色料、砂糖など一切使っていません。
炭酸は、自然発生したもの。アルコールの弱い方にもおすすめ。
洋なし100%ジュースも増毛フルーツワイナリー。
ジュースやサイダーも作り始めました。
DSC08574.jpg
増毛シードルをどうぞ。
posted by mashikejin at 06:49| Comment(0) | 日記