2020年10月21日

冠雪

5合目から上に雪をかぶった暑寒別岳。
今年の初冠雪は、10月6日。昨年は、10月10日でした。
初冠雪の写真は、雲で山がはっきり見えていなかったので、いい状態で写真を撮れませんでした。
これは、朝のウオーキングの途中での写真です。
旧増毛小学校裏のグランドから撮しています。
暑寒別岳の写真は、いつも逆光状態。
老人ホーム明和園の前のナナカマドも赤く色づいてきました。
この日のように穏やかな日が続き、冬がゆっくり来ることを願っています。
DSC08723.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2020年10月20日

増毛の栗

増毛駅で購入した栗とリンゴ。
DSC08701.jpg
どちらも池田果樹園のもので、以前に購入したリンゴが美味しかったのでまた買ってきました。
リンゴの隣にあったのが栗。
増毛でも栗がとれます。
リンゴは、3個で400円。栗は30個ほど入り同じ値段。
栗は、半分を塩ゆでにし、真ん中からカットしてスプーンで食べました。
DSC08711.jpg
あと半分は、私が皮をむき、素揚げにしてもらいました。
DSC08708.jpg
皮をむく手間が大変ですが、食べやすく、美味しいです。
増毛の果樹園に栗が並んでいたら、買い求めて、食べてみて下さい。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2020年10月19日

増毛産米

新しい増毛産米の袋。
DSC08609.jpg
増毛町のゆるキャラ「カモメのマーシーくん」が稲穂を持っている図柄。
潮風が心地よい日本海を見渡す広々とした田園で真心込めて作りましたと説明があります。
裏面には、増毛のお米が美味しい秘密を紹介。
DSC08611.jpg
今年の新米をいただきました。ゆめぴりか5キロ。
農家の奥様が自宅に持ってきてくれました。非常にうれしいです。
札幌のデパートでも販売されているブランド米の生産農家のもの。
増毛産米は、暑寒別岳の麓で作られており、豊かな水がはぐくむ米。
DSC08697.jpg
良食味米の南るもい米の中でも増毛産はとりわけ美味しいと定評があります。
今年の増毛産新米美味しいです。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2020年10月18日

収穫まぢか

増毛暑寒沢地区の果樹園を車で一周。
道路脇に車を止めて果樹畑の中に入らせてもらい、撮影。
赤や黄色のリンゴが収穫まぢか。
今年は、台風や爆弾低気圧の被害はなく、順調に生育。
DSC_0047.JPG DSC_0051.jpg
増毛町で収穫されるリンゴは、きたかみ、つがる、あかね、シナノスイート、スターキング、ひめかみ、こうりん、レットゴールド、ブラムリー、あさひ、紅将軍、ぐんま名月、ジョナゴールド、きたろう、ハックナイン、北斗、ふじ、王林など。
私が食べたことのあるリンゴです。
DSC_0053.JPG DSC_0054.JPG
まだまだ種類があると思います。
収穫は、11月はじめまで続きます。
美味しい増毛のリンゴをどうぞ。
DSC_0056.JPG DSC_0057.JPG
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2020年10月17日

ピアノ

増毛町文化センターにあるピアノ。
昭和52年(1977年)文化センターが建設されたとき、カナダ在住の増毛町出身者から寄付されたヤマハピアノと聞いています。
当時の価格で5百数十万円。10段階で上から2番目のランク。
現在の価格では、1400万円ぐらいするようです。
増毛町にもいいピアノがあります。大切にしなければなりません。
先日、文化センターで開催された音の夕べ。
今まで歴史的建物でコンサートをしていたので電子ピアノでした。
音の夕べでは、ピアニストの前田さんが大きなサイズのコンサートピアノを弾けることは嬉しいとコメント。
増毛のピアノも喜んでいると思います。
20.10 7 (8).jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2020年10月16日

ホタテ稚貝入れ替え作業

ホタテは、5月に産卵。
浮遊している幼生をネトロンという網でとらえ、7月末に5ミリほどのホタテを採りだし、沖合で育てていました。
これを仮分散作業といっています。
10月にザブトンという網に入ったすべてのホタテを入れ替える作業が本分散。
DSC08640.jpg DSC08642.jpg 
午前0時に出港した船が、沖合からホタテの稚貝を積んで入港。
作業が始まるのが午前2時、午前6時頃には終了します。
DSC08615.jpg DSC08635.jpg
アルバイトの主婦らが16段つながったザブトン網にカップ1杯の稚貝を入れていきます。
DSC08633.jpg DSC08639.jpg
稚貝の大きさは12ミリから15ミリ。カップ一杯で約100粒。
これをまた沖合の養殖場で育て、来年4月オホーツク海の漁協に出荷され、海に投入されます。
DSC08621.jpg
ホタテ稚貝生産は、非常に手間のかかる作業です。
本分散作業は、2週間ほど続きます。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2020年10月15日

船積み酒とセット

昨日の北海道新聞の留萌宗谷版。
増毛漁協青年部による増毛の浜からの秋の味覚。
船積み酒「漁師のちからみず」と鮭の半身、味噌のセット。
味噌は、交流している新篠津村農協青年部からのもの。
1セット3500円。販売数は、150セット。
増毛漁協青年部では、今年、コロナ禍の中で漁師のちからみずセットを販売しており、これが第3弾。
2回とも甘えび、ホタテと組み合わせ完売。
申し込みは、甲谷商店(0164−53−1063)。
予約は、10月19日まで。
チャンチャン焼き、石狩鍋にいかがです。
DSC08714.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2020年10月14日

食べ頃

洋梨ブランデーワイン。洋梨は追熟が必要。
黄色くなってからが食べ頃となります。
しかし、このブランデーワインは、緑がかっていても食べ頃なんです。
DSC08651.jpg
食べ頃が一番難しい洋梨かもしれません。
黄色くなりすぎると逃してしまうこともあります。
上の方が少し柔らかくなってナイフがスムーズに入ればOK。
かみさんの増毛で一番好きな洋梨ブランデーワイン。
DSC08653.jpg
1歳の孫も初めて食べたときは顔の表情が緩みました。
なめらかな食感と芳醇な香り。
是非、食べてほしい増毛の洋梨です。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2020年10月13日

さつまいも

数年ぶりにさつまいもを植え付け、収穫しました。
金時は、ホームセンターで苗を購入したのですが、紅アズマは大量にいただいた苗。
DSC08560.jpg
数年前に作ったさつまいもは、甘さが足りなく、家族に不評。
ネットで調べるとキュアリングといって30〜35度、湿度90lで4日間置くとあります。
DSC08529.jpg
ビニールハウスで温めてみました。
以前のさつまいもより糖度が増し、美味しくなっています。
DSC08561.jpg
蒸したさつまいもで作ってもらったのはスイートポテト。
材料はバターと砂糖と牛乳のみ。
DSC08601.jpg
たくさん出来たので、4個ずつ冷凍保存。
解凍して美味しく食べています。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2020年10月12日

増毛元気回復応援券

増毛町内の商店などで使用できる商品券。
増毛元気回復応援券が先週販売されました。
DSC08550.jpg DSC08547.jpg
文化センターなど3カ所で販売されましたが、行列が外まで続き、100人以上並びました。
参加店共通は、500円券が13枚麩づりで5000円と30lのプレミアム。
飲食店限定は、500円券が14枚と40lのプレミアム。
DSC08557.jpg
共通券は、翌日に完売となりましたが、飲食店限定は、残があり商工会で販売。
6セット購入してきました。
令和3年2月末まで使用できます。
元気回復応援券で商工会を応援します。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記