2018年11月06日

週末の国稀酒造

この週末も国稀酒造にたくさんのお客様。
天気が良いと増毛に来てくれますね。
DSC07726.jpg
札幌の娘が購入したのは、限定酒のファーストムーン。
娘は、国稀の大ファン。
外の伏流水もこの日曜日で冬期閉鎖となりますが、水は、蔵の中で味わえます。
DSC07725.jpg
国稀の店に入り、左側には、スカンピンパンと千果園が休日に営業。
スカンピンは、酒粕本食「高嶺の華」を販売。札幌の娘に持たせました。
千果園のりんごの種類も多くなりました。
お酒とともにスカンピンのパンと千果園の果物もどうぞ。(堀)
DSC07731.jpg DSC07733.jpg
続きを読む
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2018年11月05日

2018鰊漬け

先週、収穫した大根とキャベツ。
この1週間の増毛町は、天気が悪く、大根の干せ具合はいまいち。
DSC07646.jpg DSC07650.jpg
DSC07652.jpg DSC07675.jpg
札幌から娘たちが手伝いにやってきました。初めてです。
わが家の鰊漬けは、約樽8個分の鰊漬けの材料をシートの上で混ぜ一気に作る方法。
DSC07661.jpg DSC07668.jpg
昨年、レシピをコメントで聞かれたのですが、答えられませんでした。
今年は、材料を分けてもらい、量って、樽1個分を作ってみました。
材料は、鰊500c、大根4.5キロ、キャベツ2.5キロ、塩、ザラメ砂糖、麹がそれぞれ200c、人参、生姜、鷹の爪が少々。
大根が、大量なので多く使用しています。
今年は、いつもの鰊漬けと食べ比べるのが楽しみ。
食べ始めるのは、3週間後となります。(堀)
DSC07672.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年11月04日

甘エビの塩辛とエビわさ

増毛丸万水産の製品。
増毛産の甘えびを使用。
ましけマルシェで販売しています。
特にいいと思うのは、どちらも塩分控えめなところ。
増毛港で水揚げされた甘エビをすぐに加工しているので、どちらも食感は、プリプリ。
しかし、甘エビの塩辛というネーミングは、いかにもしょっぱいという感覚があります。
甘エビの一夜漬けなど製品名を検討する余地はありそう。
高血圧の高齢者が多いところから、塩分を控えて増毛の水産加工品を研究開発してほしいと思っています。(堀)
DSC07514.jpg
posted by mashikejin at 07:48| Comment(0) | 日記

2018年11月03日

北海道遺産

11月1日に増毛山道と濃昼山道が北海道遺産に選定されました。
北海道遺産は、第1回が2001年、第2回が2004年。
今年は、北海道命名150年にあわせ64件の申請があり、15件が選定されました。
選定書を受け取ったのは増毛山道の会前会長の伊達東氏。
増毛町には、第1回の2001年に北海道遺産に選定された「増毛小学校と増毛歴史的建物群」があります。
この頃から増毛の駅前通りを歩く観光客が増えてきました。
今年は、3月に増毛厳島神社が北海道文化財に指定され、増毛駅舎も大正開業当時の姿に再生されています。
北海道の名付け親であります松浦武四郎も歩いたという増毛山道の北海道遺産指定は、意義深いものがあります。
増毛山道の会のこれまでの活動に敬意を表し、心よりお祝い申し上げます。(堀)
KIMG0579.JPG
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年11月02日

増毛の旭りんご

旭りんご。
今では、北海道にしかない幻のりんごと言われています。
古い品種で、その作付面積は、0.1パーセント以下。
なかなか手に入らないといいますが、増毛には比較的多くあるんです。
もう、10年以上になりますが、千果園(仙北剛久果樹園)から毎年、10キロ箱買い。
1個150cほどの小さなリンゴをお願いしています。ですから10キロで60個強。
半分をジャムに、半分を毎朝1個丸かじり。
カミさんは、旭りんごの酸味が苦手。
しかし私は、このリンゴが一番好きかもしれません。
さわやかな酸味と香り、真っ白な柔らかな果肉。
増毛には、旭りんごあります。(堀)
DSC07612.jpg DSC07623.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2018年11月01日

山崎のショートケーキ

新米食べよう会の時に増毛マルシェで販売されていた山崎のケーキ。
このようなイベントの時にマルシェに出てます。
この日は、ショートケーキ、チョコレートケーキ、ミルフィーユ、シュークリーム。
すべて2個ずつ購入。
私は、チョコレートケーキが好きなのですが、4歳の孫は、ここのショートケーキが大好き。
ミルフィーユも人気があります。
私は辛党なのですが、増毛の山崎さんのケーキは、いけます。
スポンジもクリームも絶妙な美味しさ。
他の増毛町内のイベントなどにも販売してほしいです。(堀)
DSC07546.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年10月31日

増毛町文化祭

平成30年度の増毛町文化祭。
舞台発表部門は、10月28日の日曜日、文化センター大ホールで行われました。
DSC07586.jpg DSC07589.jpg
暑寒コーラス、カラオケは、2団体、ひょっとこ踊りや安来節の舞踊、最後は、暑寒ウインドアンサンブル。
暑寒ウインドアンサンブルは、増毛町民ではないメンバーも入っており、親子で演奏している姿もあり、いいと思いました。
DSC07596.jpg
一方の展示部門は、元陣屋で開催。
生け花、革工芸、陶芸、籐工芸のほか、暑寒大学やさくらコミュニティ学級の陶芸作品の特別展示。
カミさんが籐工芸サークルに入っているので作品を見学。
DSC07561.jpg DSC07564.jpg
増毛町文化協会の活動に若い町民も積極的に加入、活躍してほしいです。
展示部門は、11月4日(日)まで。
DSC07566.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2018年10月30日

ダイコン収穫

鰊漬け用のダイコンとカボチャ漬け用のカブを収穫。
10月の最終土日は、ダイコンを収穫し、洗って干す作業。
ダイコンは、100本ほど。カブは40個。3軒分の量。
今年のダイコンとカブの出来は平年並み。
枝豆、ジャガイモ、カボチャなど不作だったのでいいほうだと思っています。
しかし、キャベツの札幌大球は大きくなりませんでした。
先週は、いい天気が続いたのですが、今週の予報は雨が多くダイコンが干せるか心配。
次の週末に鰊漬けを漬けこみます。
増毛町では、だいたいこの時期に鰊漬けを漬ける家庭が多いようです。(堀)
DSC07522.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年10月29日

増毛マルシェの新米試食会

昨日の増毛マルシェで行われたイベント。新米食べよう会。
新米のななつぼしは、食べ放題で無料。
DSC07531.jpg DSC07533.jpg
大きな釜で米が炊かれていましたが、少し柔らかめ。新米ですからいいでしょう。
私は、ちょうどよかったと思っています。
DSC07536.jpg DSC07537.jpg
すり身汁が200円。おかずセットが300円。どちらも頼めば400円。
すり身汁は減塩ですが、とてもいい味です。
おかずの8品が、とても良かったです。マルシェ特製が、卵焼きと竹の子の炒め物。
その他は、糠鰊、オクラ数の子、タコキムチ、塩たらこなどマルシェで取り扱っている商品。
私は、ご飯半分だったのですが、向かいに座った若者は、ご飯大盛二杯。
食べられるっていいと思いますし、うらやましいですね。
町民も観光のお客さまも、気楽に立ち寄ることのできる、このような催しがいいと思っています。(堀)
DSC07542.jpg DSC07544.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年10月28日

トマトソース

ナポリタンを自家製トマトソースで作ってみました。
ナポリタンは、ネットで調べたら、日本の正統派スパゲティとありました。
今年は、トマトをたくさん植えたので、皮をむいてソースを作り、冷凍バックで保存。
DSC_0011.jpg DSC_0012.jpg
このトマトソースと市販のトマトケチャップを混ぜて作ったパスタはなかなかの出来。
自家製玉ねぎ、ピーマンそしてキノコにベーコン。
子どもの頃、母親が作ったスパゲティは、これでした。
4歳の孫も絶賛。
これに気を良くして今度は、ベーコンの代わりに、増毛の海の食材を使用して作ってみようと思います。(堀)
DSC07167.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記