2023年01月26日

鱈2本

60センチほどの鱈を2本、鱈網漁の漁業者が持ってきてくれました。
オスとメス1本ずつです。
生の鱈の写真は、ありません。すでにかみさんが調理。
DSC09558.jpg
オスのタチは、タチ汁に。
DSC09557.jpg
メスのたらこは、子和えにしてもらいました。
DSC09556.jpg
鱈の身は、全てフライに。札幌と東京の娘に宅急便で送ります。
DSC09559.jpg
最近フライは、タルタルソースで食べています。
DSC09570.jpg
ハラスは、たら汁に。
全てがとても美味しい。
新鮮な鱈。とてもありがたいです。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2023年01月25日

新年会

1月の中旬に行われた増毛町内の団体の新年会。
寿しのまつくらで開催。
DSC09553.jpg
このような団体の新年会は、3年ぶりが多いようです。
増毛町内では正月明け、成人式後もコロナウイルス感染拡大はありません。
行動制限がなくなり、増毛でも徐々に飲食の伴う会合が開催されるようになっています。
久しぶりのまつくらでの宴会。
DSC09549.jpg DSC09550.jpg
刺身、握り寿し、料理も美味しく、楽しかったですね。
DSC09547.jpg
日本酒好きが3人並んだので、國稀を3人で2升ぐらい空けてしまいました。
完全に飲み過ぎ。
次の日に残らないような飲み方をしなければなりません。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2023年01月24日

最強寒波

1月13日には、増毛の気温が10度を超え、4月中旬のような天気でした。
しかし、このところ冬型の天気が強くなっています。
この日曜日の増毛も時折吹雪。
1月24日から26日までは、10年に一度という最強寒波が入ってくるようです。
東北の日本海側から北陸にかけて特に雪の量が多くなる予報。
DSC09631.jpg
気象レーダーで、線状降水帯のような雪雲が増毛付近にかかり続けています。
これで風が強いとホワイトアウト状態になり、車の運転が危険。
バス停などに車を止め、視界が良くなるのを待たなくてはなりません。
DSC09594.jpg
増毛でも最高気温が、マイナス8度ほどの予報。
大雪にならないことを願っています。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2023年01月23日

北海鬼ころしと佳撰

國稀300CC2本入り。
DSC08507.jpg
北海鬼ころしと佳撰です。
北海鬼ころしは、超辛口。国稀酒造で一番辛口の日本酒。
DSC08552.jpg
裏のラベルを見るとアルコール度も17.5度と佳撰と比べると2度ほど高くなっています。
國稀佳撰は、中口とありますが、辛口の多い國稀では、甘さも感じます。
以前は、北海鬼ころしを好んで飲んでいましたが、最近は、佳撰が主。
年とともに好みも変わってきています。
飲み比べるとはっきりわかります。
國稀の飲み比べを楽しんでいます。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2023年01月22日

クリームチーズとジャム

私は、パン食ではないんですが、食パンが残っていたため、この日の朝食はパン。
右は、トースターで焼いたパンにマヨネーズをぬり、シーチキン1缶をのせたオープンサンド。
これは、ずっと私が食べていて、飽きが来ません。
もう1枚は、自家製りんごジャムとクリームチーズ。
クリームチーズを食パンにぬり、りんごジャムをのせます。
クリームチーズとジャムの相性がとてもいいんです。
DSC09115.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2023年01月21日

オジロワシ2羽

増毛港を見下ろす崖の木の上に止まっているオジロワシ。
もう10年以上このブログで紹介しています。
DSC09429 - コピー.jpg
冬になると毎年やってきます。
2羽止まっていますが、3羽いることも。
車で走っていると明らかにカラスより大きな塊。
注意して走るとすぐに気がつきます。
DSC09433.jpg
高い木の上ですが、北西の風が当たらない場所。
私のカメラだと飛んでいる姿をとらえることができません。
飛んでいる雄飛を撮影してみたいです。
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2023年01月20日

かじかの卵の醤油漬け

すが宗の大将が作ったかじかの卵の醤油漬け。
DSC09455.jpg
冷凍で販売されています。
この製品、遠藤水産のものが増毛では、良く食べられています。
カジカは、本州では、川の小さな魚だと思いますが、北海道では、トゲカジカという魚。
体長は、50センチほどあり、メスは、12月に卵を抱いています。
DSC09456.jpg
その卵の醤油漬けです。
とびっこより卵の大きさが少し小さいでしょうか。
増毛出身のフランス料理家三國シェフの好物でもあります。
DSC09458.jpg
娘と家内は、ご飯の上に乗せて、私は、國稀とともに楽しんでいます。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2023年01月19日

漁師の分け魚

エビこぎ網漁の漁業者からいただいた魚。
ビニール袋に入っています。
DSC09482.jpg
分け魚とは、乗組員等が自宅に持ち帰る魚のこと。
30年前に亡くなった父は、40年近く船頭をしていた腕の良い漁師でした。
父が現役の時は、新鮮な増毛の魚をいつも食べていました。
このビニール袋に入っていたのは、ホッケ、鰊、なめたガレイ、ハタハタ等。
DSC09471.jpg
そして毛ガニが3ハイ。
毛ガニをかみさんが、身をむいています。
DSC09472.jpg
むいてもらった身を食べるのが一番です。
私は、カニ味噌と身をまぜ、日本酒を入れて食べるのが好き。
DSC09476.jpg
國稀がすすみます。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2023年01月18日

魔法のスキー器具

3歳4ヶ月の孫とのスキー。
スキー、ウエア、ヘルメットなど全てが小学3年生の兄のおさがり。
女の子ですが、青いウエアも似合っています。
DSC09516.jpg
この子の兄も私の3人の娘もスキーを始めたのは4歳になってから。
3歳でスキーを始めたのはこの子が初めて。
増毛スキー場の事務所から借りたのは、スキーの先を固定する器具。
数年前に私がスキー場に寄付したもの。
これによりハの字で安全に滑ることができます。
DSC09514.jpg
孫には、魔法の器具と言っています。
あと数回でこの器具をはずせると思います。
無料で借りることができますので、スキー場事務所にお問い合わせ下さい。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2023年01月17日

酒蔵ラーメンと甘海老ラーメン

国稀酒造向かいにある麺屋田中商店。
DSC09494.jpg
この店の主力商品は、酒蔵ラーメンと甘海老ラーメン。
DSC09487.jpg
オープン当初は、國稀の酒粕を使用した酒蔵ラーメンが人気。
その後、増毛の甘エビを使用した甘海老ラーメンが出ています。
どちらもこくのあるスープが特徴。
DSC09492.jpg
私は、酒蔵ラーメンの味噌、かみさんは、甘海老ラーメンの醤油。
DSC09489.jpg 
友人は、甘海老ラーメンの味噌。
DSC09491.jpg
この店は、商店の倉庫を改造した古民家再生の店舗。
DSC09493.jpg
増毛には、このような店舗が似合います。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記