2017年07月07日

オーシャンのランチ

夜は、スナック「ダイニングバー オーシャン」。
増毛町永寿町2丁目。
DSC05599.jpg
月1回ぐらいの割合で、お昼を食べています。
いつも小平牛のハンバーグランチ。
この日の付け合わせは、ナマコの酢の物、イカの足のからしみそ和え。
どちらも増毛産。いい味です。
後からサービスで出てきたのは、タコの刺身。
食後のコーヒーがついて1050円。
おすすめです。(堀)
DSC05601.jpg DSC05604.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2017年07月06日

夕陽荘

増毛町市街地から札幌方面へ20キロほど。
岩老地区にある夕陽荘(せきようそう)。
岩尾温泉あったま〜るの奥にあります。
岩盤浴と宿泊、日帰り入浴もできます。
温泉の浴槽は小さいのですが、景色がよく、家族には十分。
宿泊者の夕食は、炭火での海鮮バーベキューが人気。
私たち家族は、入浴と夕食を兼ねています。醤油ラーメンがなかなか美味。
休日前の宿泊は、予約でいっぱいのようです。
日本海の景色と夕陽がいいと思います。(堀)
DSC05571.jpg DSC05557.jpg
DSC05569.jpg DSC05566.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2017年07月05日

子育ては屋根の上

増毛市街から北へ5キロほどの箸別地区。
国道231号の海側、倉庫の屋根の上。
カモメが子育て中です。
屋根の上の巣作りは初めて見ました。
屋根の勾配が緩やかで落ちることはないと思いますが、強風で飛ばされる恐れも。
カメラで覗くと羽毛のひなが一羽。
カラスの襲撃が心配ですが、親がしっかり守るのでしょう。
カモメは、増毛町の鳥。
巣立ちはまだまだ先のようです。(堀)
DSC05637.jpg DSC05635.jpg
 
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2017年07月04日

タコザンギと甘エビの唐揚げ

この土日に開催されたサッポロビール道産子感謝デイ。
増毛町は、タコザンギと甘エビの唐揚げ。
なんとビールが200円。5杯飲んでも1000円。
カミさんと娘はビールをぐいぐい飲んでいます。
がっつり飲みたかったのですが、運転手なのでノンアルコールビールでガマン。
北海道内の美味しいものが味わえるというので、ものすごい人。
会場に着いたのが日曜日のお昼ごろになったので、増毛のタコザンギは売り切れていました。
甘エビの唐揚げも午後2時ころに完売。
増毛のブースは人気でした。(堀)
DSC05639.jpg DSC05641.jpg
DSC05644.jpg DSC05643.jpg
 
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2017年07月03日

シェフのおまかせコースが人気

オーベルジュましけの宿泊者に人気なのが萬年料理長のおまかせコース料理。
このメニュー表からもれていますが洋風寿司を入れて7品。
DSC05586.jpg DSC05575.jpg
私たちは、料理だけですが、宿泊者と同じコースを注文。
コース料理を写真で紹介します。
DSC05573.jpg
すべてを美味しくいただきました。特に冷製トウモロコシのスープとデザートは絶品。
箸でいただけるところもうれしいところ。
スタッフにお聞きするとお客様に喜んでもらうのが何よりもうれしいとのこと。
一泊二食12,500円でこの料理がいただけます。
オーベルジュましけならではの料理をご堪能ください。(堀)
 DSC05576.jpg DSC05579.jpg
 DSC05588.jpg DSC05589.jpg
 DSC05592.jpg DSC05594.jpg
  
   
 
 
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2017年07月02日

トマトソースパスタ

ふるふるトマトは、国稀酒造の道路を挟んで向かい側。
自家製のトマトソースパスタ。サラダ付き。
平たいルルロッソ麺は、JA南るもい産の小麦を使用。
もちもち麺とトマトソースが絡み、いい味です。
店名の通り、古村農園のトマトを使用したソースは、味に深みがあります。
テーブルの上には、いちごスペシャルクレープの写真。
甘いものはあまりいただきませんが美味しそうです。
店の外には、チョークでさくらんぼソフトクリーム。
これも気になります。(堀)
DSC05523.jpg DSC05524.jpg
DSC05521.jpg DSC05525.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2017年07月01日

増毛駅周辺

昨年12月4日に廃線となった留萌ー増毛間の増毛線。
増毛駅周辺には、土日、多くのお客様が訪れています。
ホームのベンチで休んだり、線路を歩いたり。
写真を撮る姿が目につきます。
私も線路の上を歩いてみましたが、歩きにくいです。
廃線路でなければ線路上に立ち入ることはできません。
今でも線路の向こうから列車が入ってくるような気がします。(堀)
DSC05357.jpg DSC05358.jpg
DSC05359.jpg DSC05475.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2017年06月30日

漁師の力酒

漁師の力酒(ちからみず)と読みます。
先日、団体の会合でお土産としていただきました。
旨口と辛口の2本セット。
旨口は、国稀佳撰、辛口は国稀鬼ころしがベース。
漁船に40日間積んでお酒を揺らせるとまろやかになります。
留萌地区漁協青年部連絡協議会が発売。漁協青年部の集まりです。
取り扱いは、増毛町の甲谷商店。電話0164−53−1063です。
国稀酒造にはありません。
ベースになったお酒と飲み比べるとわかります。
ぜひ、お試しください。(堀)
DSC05354.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2017年06月29日

別苅漁港

増毛町内の港は、地方港湾「増毛港」のほかに4つの漁港があります。
南から雄冬漁港、岩老漁港、別苅漁港、阿分漁港。
この中で、一番活気があるのは、別苅漁港。
若い後継者が多く、港が漁船で狭く感じます。
蛸空釣り縄(たこからつりなわ)漁をしている若い漁業者に話を聞きました。
この漁法は、海底に沈めて置いた針のついた延縄に、蛸が移動したときに針にかかる仕組み。
1日で2トン近い水揚げを記録したときもあったそうです。
今年の増毛の蛸漁は、好調のようです。(堀)
DSC05337.jpg DSC05340.jpg
 
 
 
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2017年06月28日

銘菓「暑寒別岳」

私の大好きな暑寒別岳というお菓子。
増毛町稲葉町2丁目の山崎菓子舗のもの。
DSC05507.jpg
山の残雪をイメージしたホワイトチョコ。
緑色の餡が薄皮に浮き出ていて山麓の緑を表現しているのでしょう。
味は、甘さが控えめ。
ましけマルシェで取り扱っております。
暑寒別岳への登山者にもお土産としておすすめ。
山に登らない人もどうぞ。(堀)
DSC05509.jpg DSC05514.jpg
 
 
 
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2017年06月27日

家庭菜園のいちご

自宅横の畑のいちご「けんたろう」。
毎年、ランナーの2個目から苗をとっていて、今年のいちごの株は、60余り。
数日前から、収穫をしています。
DSC05517.jpg DSC05519.jpg
毎朝、10個ぐらい畑からとってきます。
今年は、いちごの成りも良く、味もまずます。
天候がいいと、もっと美味しくなるような気がします。
6月の増毛町は、20度超えた日が少しだけ。
もっと暖かくなってほしいです。(堀)
DSC05528.jpg
 
 
 
 
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2017年06月26日

國稀酒造の伏流水

地酒国稀の仕込み水。暑寒別岳の伏流水。
國稀酒造の横で汲んで帰ることができます。
お酒を買ったついでに、ペットボトルに水を入れて持ち帰ることをお勧めします。
日本酒を飲むときは、和らぎ水といって、水を一緒に飲むのがいいそうです。
國稀には、この水が一番。
近所に住む町民は、毎日、汲みに来ているそうです。
ごはんもコーヒーも料理にも。味が違うといいます。
私も増毛町に住んでいますが、なかなかできません。
習慣にするといいのかもしれませんね。(堀)
DSC05318.jpg DSC05314.jpg
 
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2017年06月25日

増毛町インドアグランド

ここ1か月間、土日の天気に恵まれていません。
先週の山開きが晴れただけ。
今日の日曜日も雨。
増毛町あっぷる保育所の運動会は3年前からインドアグランドで開催。
DSC05550.jpg DSC05530.jpg
天候に左右されず、人工芝なので転んでも安心。
保育所の運動場より広くゆったり。
運動会は、外でやりたいという保護者がいるそうですが、幼児もいる保育所では、風雨、暑さもしのげるこの施設での実施は、賛成。
あっぷる保育所では、月曜日を振替休日としないために、今年から運動会と発表会を土曜日開催とするようです。
保護者にとっては、いいと思っています。
DSC05535.jpg DSC05542.jpg
posted by mashikejin at 05:55| Comment(0) | 日記

2017年06月24日

北海道増毛町魚鮮水産

増毛町の居酒屋推奨店「北海道増毛町魚鮮水産」。
すすきの交番の通り第3グリーンビル1階。
看板が目印。増毛町の大きな宣伝になっています。
DSC05479.jpg DSC05480.jpg
先日、職場の3人で入店。
個室でゆっくりできるのもいいところ。
手書きのメニューからも注文。
DSC05483.jpg DSC05489.jpg
DSC05491.jpg DSC05492.jpg
生蛸の刺身、タコザンギのほか甘海老階段ぶっかけ寿司は、暑寒別岳の標高と同じ1492円に設定。
迫力があります。エビの頭は、あとから唐揚げサービス。
増毛の銘酒國稀も多くのラインナップ。
数人で入って、料理をシェアして食べるのがいいです。
魚鮮水産で増毛町の食をご堪能ください。(堀)
 
posted by mashikejin at 06:51| Comment(0) | 日記

2017年06月23日

タケノコ採りの遭難

先日の北海道新聞で、6月15日までに今年の山菜採りに伴う遭難が83件となり、すでに昨年1年間の79件を上回ったとの報道。
DSC05478.jpg
今年は、増毛町でも暑寒ルート1合目と箸別ルート、信砂で3件のタケノコ採りの遭難が発生。
暑寒1合目での遭難事案は、捜索に当たった増毛山岳会会員が発見。
その他は、道警のヘリに救助されています。
先週の日曜日、山開きの時も登山道で複数のリュック。
登山道から見えませんが数人がささやぶの中に入っているようです。
リュックの中には、タケノコがずっしり。
DSC05394.jpg DSC05395.jpg
携帯電話を持っているので110番通報が早くなり、比較的、早く救助されています。
しかし、沢筋だと携帯電話は、不通。
地図や磁石、GPS機器などしっかりした準備が必要だと思います。
増毛町では、捜索にかかる費用は実費弁償となります。
登山道などから深く入らないでほしいです。
今回の遭難者は、増毛町民でなく他の町のかたなんですが、増毛の警察、消防、役場、増毛山岳会などが捜索に当たっています。
すぐに見つからなければ、自衛隊も要請します。
遭難者が住所登録している役所などの機関も心配してほしいです。(堀)
 
 
 
 
 
 
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

ホタテ稚貝の佃煮

4月にオホーツク海の漁協に出荷したころからだいぶ大きくなり、殻の直径は6cm以上となった稚貝。
カゴに一杯、ホタテ漁業者が持ってきてくれました。
家では、恒例の佃煮づくり。まず、貝ごと蒸しホタテにします。
大きな鍋で、4回。
DSC05283.jpg DSC05286.jpg
蒸すことで貝柱がそのままの大きさを保ちます。貝柱は、1.5cmほど。
その後、貝からはがし、うろを取り除いてから佃煮づくりです。
その前にクラムチャウダーも。
DSC05292.jpg DSC05293.jpg
佃煮は、味を薄くしてもらいました。
そのまま食べるのと、カレーやパスタ、サラダにも入れています。
小分けにして冷凍保存。
市販されていませんが、このホタテの稚貝を活用したいです。(堀)
 
 
 
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2017年06月22日

ましけ町民スクール

先日行われた第1回町民スクール。年4回ほど実施しています。
受講料は、年間3,000円ですが、家族会員は、2人で5,000円。
この日の講師は、コンサドーレ札幌の管理栄養士の小松信隆氏。
講演テーマは、健康は食事がつくる、正しいごはんのススメ。
お話が軽快で楽しく、食の勉強になりました。
濃縮還元100%ジュースや野菜ジュース、清涼飲料水は非常に砂糖が多いのを改めて学習。
あまり飲まないようにしていますが、控えなければなりません。
体を動かすためには「炭水化物」をしっかりとり、脂質を控え、午後7時前には夕食をとり、早く就寝。
低糖質ダイエットは、筋肉を減少させ、良くない。しっかり食べて運動が大切。
増毛特産のホタテ、秋鮭が体にいいと聞いてきました。タコもいいようです。
増毛の美味しいごはんを食べて、体を動かそうと思っています。(堀)
DSC05501.jpg
 
 
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2017年06月21日

生ダコルイベのカルパッチョ

國稀酒造の並びの古民家改造のそばカフェ「凛」。
DSC05360.jpg DSC05371.jpg
私は、いつも鰊そば。この日、カミさんは天ぷらそば。
DSC05370.jpg DSC05369.jpg
ちょっとおつまみ一品の中にあったのは、生ダコルイベのカルパッチョ。
気になったので注文してみました。
増毛産の冷凍した生だこを使用しています。
なかなかイケます。美味しいのでノンアルコールビールを頼んでしまいました。
デザートは、土日限定のそばプリンとそばのクッキーが添えられたバニラアイス。
これもおすすめです。
DSC05367.jpg DSC05375.jpg
 
 
 
 
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2017年06月20日

登山道の植物

暑寒別岳の話題が続きます。
山頂の高山植物は、まだ種類が多くありませんが、登山道の沿いの植物が楽しみ。
DSC05465.jpg DSC05409.jpg
1合目から2合目では、マイヅルソウの群落。
4合目5合目付近に多いシラネアオイ。
DSC05410.jpg DSC05413.jpg  
5合目の上には、白のツバメオモトとサンカヨウ。
DSC05461.jpg DSC05426.jpg
8合目手前には、ミヤマハンショウヅル。
9合目の上では、ミヤマスミレは心が癒される青。
花を楽しみながら歩くのが好きです。(堀)
 
 
posted by mashikejin at 06:00| Comment(2) | 日記

2017年06月19日

暑寒別岳山頂の高山植物

山開き18日の山頂の高山植物。
今年は、雪が少なかったのですが、寒い日が続き、花は例年より遅れているような気がします。
キバナ.jpg
山開き時はキバナシャクナゲは終わっていることが多いんです。
DSC05439.jpg
ハクサンイチゲは、比較的長く見ることができます。
イワウメ.jpg ショウジョウバカマ.jpg
DSC05451.jpg
イワウメ、ショウジョウバカマ、ミヤマキンバイなど早く咲きだす花がまだ多いと感じました。
マシケゲンゲは、あと10日から2週間後でしょうか。
これから7月いっぱい山頂は、次々と高山植物が咲き始めます。(堀)
 
posted by mashikejin at 13:00| Comment(0) | 日記