2018年05月01日

連休前半の増毛

増毛の28日からの連休前半は、天気に恵まれました。
特に、29日の日曜日は、大勢の観光客。
増毛駅の駐車帯には、100台近い車。
増毛駅に車を止めて、駅前通りを散策。
DSC02667.jpg DSC02668.jpg
國稀の袋を下げている人も多く見かけます。
國稀酒造も観光客であふれています。
國稀酒造の周りは、アップルパイや、ソフトクリームに行列。
5月3日からの連休後半の天気予報が良くありません。
良いほうに外れてくれるといいのですが。(堀)
DSC02671.jpg DSC02695.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2018年04月30日

山スキー

朝、暑寒別岳の登山口「暑寒荘」まで車を走らせました。
暑寒別岳は、かすんでいましたが、風もなく絶好の山スキー日和。
暑寒荘周辺でもまだ1メートル以上の積雪。
DSC_0017.jpg DSC_0016.jpg
駐車場は、約30台で満車。
道路沿いにまで駐車しています。
お話を聞いたのは、茨城県からのお二人。
道外のスキーヤーも多くなってきました。
私は、連休後半、山スキーに行こうと思っています。(堀)
DSC_0023.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(2) | 日記

2018年04月29日

福よしのコース料理

増毛町永寿町2丁目の福よし。
國稀酒造(株)からも近く、お昼時も込み合います。
職場の懇親会のおまかせコース料理は、豪華。
DSC02586.jpg DSC02588.jpg
DSC02589.jpg DSC02590.jpg
お造りは、ボタンエビ、アワビ、ヒラメ。
関山さんの豆腐の上にはヤリイカとウニ。
本鱒には、トマトソース。
揚げ物は、ボタンエビ、カニ甲羅はパイ包み。
肉料理も2品。お寿司は、持ち帰りました。
すべて満足。
全8品の料理をご覧ください。(堀)
DSC02591.jpg DSC02593.jpg
DSC02596.jpg DSC02597.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2018年04月28日

ギョウジャニンニク

知人からアイヌネギ(ギョウジャニンニク)要らないかと聞かれ、根がついたものが欲しいとお願い。
スコップをもってもらいに行きました。
DSC02444.jpg DSC02446.jpg
知人の庭には、ギョウジャニンニクがたくさん。
掘って来たのは100株ほど。
家の横の畑に植えました。
ギョウジャニンニクは、いつもめんみ付け。天ぷらもいけます。
酒の肴にいいのですが、食べすぎると翌日の匂いが心配。
増毛の春の山の味覚もおすすめです。(堀)
DSC02454.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2018年04月27日

ぐるめ食品

増毛駅の中で営業しているぐるめ食品。
駅の改修により、ましけマルシェの仮店舗でしばらく営業していました。
DSC02488.jpg
増毛駅のリニューアルオープンと同時に営業再開。
多くの観光客等が来店しています。
ぐるめ食品の主力商品は、たらこ、、鮭トバ、タコの柔らか煮など。
タコの柔らか煮を使用したタコザンギも売れています。(堀)
DSC02493.jpg DSC02492.jpg
DSC02490.jpg DSC02505.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年04月26日

ホタテ稚貝出荷

増毛港でのホタテ稚貝の出荷作業が佳境。
4月1日から始まり、すでに12回ほど実施。
DSC02551.jpg DSC02543.jpg
出荷作業は、早朝4時前から始まり、1時間30分ほどで終了。
ザブトンと呼ばれる青いカゴが17〜18連、20本ほどがクレーンでつるされ、カゴの中に入っている稚貝を手作業で取り出していきます。
1枚のザブトンには、100枚ほどの稚貝。大きさは、3.5cm〜4cmほど。昨年の5月に採苗したもの。
20キロ入りのカゴがパレットでトラックに積み込まれます。
増毛港のホタテ船は、12隻。1隻当たり25名ほど。
総勢300人を超えて働く姿は壮観。
この日は、オホーツク海の猿払漁協にトラック12台が出発。
その日のうちに海に投入されます。
稚貝出荷作業もあと6回ほど。順調です。(堀)
 
DSC02568.jpg DSC02539.jpg
DSC02555.jpg DSC02561.jpg 
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2018年04月25日

元陣屋の桜開花

道北で一番早く開花するという増毛元陣屋のエゾヤマザクラ。
4月24日開花です。
ここ数年、勝手に開花宣言をしています。
昨年も一昨年も4月24日。
過去10年で一番遅かったのは、2013年の5月10日。一番早かったのは、2015年の4月22日。
4月に開花することが多くなりました。
4月23日、今年は雪が多かったので、まだだろうと思って見に行ったところ、つぼみがふくらみ今にも咲きそうでした。
元陣屋の屋根に近いところの枝先の花が咲いています。
ここのエゾヤマザクラは、ピンクの色が濃いのが特徴。
今度の週末が満開になると思います。
増毛に桜の季節が到来です。(堀)
DSC02572.jpg DSC02574.jpg
DSC02579.jpg DSC02584.jpg
posted by mashikejin at 06:39| Comment(0) | 日記

2018年04月24日

ロングテープカット

増毛駅リ・ボーンオープンセレモニーの目玉は、100人で行うロングテープカット。
来賓のほかにもたくさんの増毛町民が参加。
増毛駅で戦前の1942年から1971年までの約30年勤務した留萌市在住の渡邊正美さん(90)も招待されました。
1982年比布駅長を最後に退職、当時の制服で参加。
おそらく増毛駅で一番長く勤務した人だと思います。
生まれ変わった増毛駅に感慨もひとしおのようでした。(堀)
IMG_3993.jpg DSC02473.jpg 
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2018年04月23日

新たな門出

増毛駅の記憶を繋ぎ新たな門出をみんなで祝う会。
4月22日は、天気に恵まれました。
増毛町内の青年部の協働隊が企画。
DSC02469.jpg DSC02467.jpg
駅★祭では、トロッコ試乗会・紅白餅配布・テント屋台・抽選会。
セレモニーでは、主催者のあいさつの後、モニュメント「テルミヌスへの願い」の紹介。
約100人でロングテープカットイベント。
ハサミは、全員が記念に持ち帰り。
DSC02468.jpg DSC02481.jpg
増毛駅の中では、留萌本線増毛ー留萌間の鉄道写真展。
鉄道が廃線になっても増毛駅は、増毛の玄関口です。
この駅で、大勢のお客様をお迎えしたいと思います。
増毛駅と「テルミヌスへの願い」を見に来てください。(堀)
DSC02478.jpg DSC02509.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年04月22日

三國シェフ記念館

オーベルジュましけのレストランの入り口にある三國シェフ記念館。
DSC04698.jpg
増毛出身の三國シェフの業績や数々の賞状などを展示。
帝国ホテルの恩師故村上信夫氏との写真は精悍。
20代後半か30代前半でしょうか。
DSC02258.jpg
三國シェフは、食育活動にも熱心。
オーベルジュましけには、三國シェフから新しい展示品が送られてきているそうです。
展示内容も入れ替えていく予定とのこと。
オーベルジュましけの三國シェフ記念館でご覧ください。(堀)
DSC02257.jpg DSC02253.jpg
DSC04693.jpg DSC00442.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2018年04月21日

増毛駅リ・ボーンセレモニー

4月22日(日)増築改修された増毛駅のオープンセレモニーが開催されます。
増毛駅の記憶を繋ぎ新たな門出を祝うもの。
増毛駅とともに彫刻家五十嵐威暢氏製作による「テルミヌスへの願い」の設置のお祝いも。
増毛町の青年団体の皆さんが企画。
DSC02442.jpg
100人で行うロングテープカットが目玉。
1921年建築の増毛駅は、1984年無人化となった時に半分に減築。
2016年12月には、増毛ー留萌間の鉄道が廃線となりましたが、このたび残っていた建物を生かし増毛駅を増築再生。
交流拠点施設としてスタートするものです。
生まれ変わった増毛駅とモニュメント彫刻「テルミヌスへの願い」を見に来てください。(堀)
DSC02435.jpg DSC02438.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年04月20日

コンポスト設置

家の横の家庭菜園の雪が融けました。
今年は、雪が多かったのですが、融けるのも早く、例年と比べても少し遅れ。
コンポストを設置しました。10年近く使用しています。
4月から11月までは、生ごみをコンポストに投入。
このコンポストは、増毛町で補助があります。
定価は、7,200円ほどですが、増毛町で3,200ほどを補助。
町民は、4,000円の負担で購入できます。
しかも、玄関先まで町職員が配達してくれるんです。
コンポストを使用して生ごみを減らしましょう。(堀)
DSC02432.jpg DSC02431.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2018年04月19日

揚げ物

丸十井とうで夕食。
この日は、札幌から妹が来ていたので彼女の誕生日祝いも兼ねて。
彼女は、揚げ物が大好き。唐揚げに目がありません。
DSC02347.jpg
まず、鶏のから揚げ。サクサクで中はジューシー。
次は、タコザンギ。増毛のご当地B級ぐるめ。
DSC02352.jpg
この店のものは、タレがかかっているのが特徴。
甘エビの唐揚げは、大きめの甘えびがカラッと揚がっており、頭からすべて食べることができます。
これはおすすめ。
DSC02353.jpg
いつも註文するのは、餃子。餃子は、この店で外せません。
DSC02349.jpg
増毛町畠中町3丁目の丸十井とうでどうぞ。(堀)
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年04月18日

女優のサイン

倍賞千恵子講演会の会場入り口のポスターやスチール写真。
個人のものですが、倍賞千恵子さんがサイン。
宝物になりますね。
DSC02399.jpg
講演会は、午後3時からでしたので、午前中に増毛町内を散策。
増築になった増毛駅を見て感心してくれたそうです。
観光案内所の映画のセット「桐子の店」もお気に入り。
スチール写真等にもサイン。
國稀酒造でも日本酒をたくさん買い物。
そこのポスターや写真にもサイン。
倍賞千恵子さんのサインも見てください。(堀)
DSC02397.jpg DSC02398.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2018年04月17日

にしんの千石漬

しばらく売切れていました千石漬。
すが宗をのぞいたらありました。私の大好物なんです。
DSC02290.jpg DSC02293.jpg
さっそく購入。冷凍で販売されていますが、食べる分だけ取り分けて解凍。
直ぐに解けます。小さく一口大にカットしているのでので食べやすく、一押しです。
そのまま皮まで食べることができます。
地酒國稀と鰊の加工品の相性がいいですね。
DSC02229.jpg
その他にもこの春まで仕込んだ大将の逸品が冷凍庫の中に並んでいます。
レンジでチンして食べることができるタコ飯弁当。蛸の柔らか煮も絶品。
人気のしめさば。鰊は、石狩前浜産。
どれもが美味しくお勧めです。(堀)
DSC02215.jpg DSC02213.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年04月16日

倍賞千恵子講演会

増毛町文化センターで開催された倍賞千恵子講演会。
当初300人の予定でしたが、380人の満員。
札幌市や稚内市など町外からも多数来町。
DSC02379.jpg
倍賞さんは、増毛が舞台になった、1981年の東宝映画「駅・STATION」のヒロイン。
37年前となりますが、2001年にもテレビの番組で来町していたそうです。
増築された増毛駅や観光案内所の桐子の店のセット気に入ったそうです。
講演会では、生い立ちや寅さんとの映画、高倉健さんとの思い出話。
歌も数曲。アカペラでの歌が一番似合う女優さんだと感じました。
小さな体ですが、声量があり感動しました。
最後に歌ったのは、映画で流れた舟唄。
涙が出ました。(堀)
DSC02408.jpg DSC02407.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年04月15日

オーベルジュましけの料理がおすすめ

オーベルジュましけで懇親会。
この日は、テーブルでの大皿料理。
お刺身は、個々に付いたのですがその他は、大皿。
DSC02152.jpg DSC02150.jpg
一部を紹介します。
オーベルジュましけの料理が評判がとてもいいんです。
和洋折衷ですがどれもとても美味しい。
DSC02154.jpg DSC02155.jpg
見た目も美しく、味もいいです。
スイーツもグッド。
増毛町では、食品ロス対策で持ち帰り運動を実施していますが、この日は、ほとんど残り物は、ありませんでした。(堀)
DSC02161.jpg
posted by mashikejin at 09:00| Comment(0) | 日記

2018年04月14日

二三一(ふみいち)の國稀

二三一の日本酒は、増毛の地酒國稀のみ。
DSC02336.jpg 
DSC02308.jpg
増毛町乾杯条例の特別メニュー。
最初の一杯佳撰(80ml)が100円。
DSC02316.jpg DSC02325.jpg
まず注文。その後のお酒は、國稀上撰。
10年ほど前から國稀上撰は、道産酒造好適米「吟風」を使用。
昨年は、国稀酒造での道産酒米のうち増毛町産酒米の使用率は8割以上。
ほとんど増毛産と言っていいと思います。
良質の増毛産米と美味しい水、伝統の技で作った國稀上撰が一押しです。(堀)
DSC02329.jpg DSC02314.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2018年04月13日

二三一(ふみいち)

札幌での結婚式の後、アスティ地下の二三一へ。
土曜日で午後8時ですが、カウンターはいっぱい。
DSC02309.jpg DSC02305.jpg
二三一は、増毛町の居酒屋推奨店。
居酒屋というより日本料理の店と言ったほうがいいかも。高級感があります。
増毛町の食材が多く使用されています。
通しは、数の子。
DSC02311.jpg DSC02321.jpg
私が必ず注文するのは、珍味五点盛。
増毛町の北日本水産物(株)オクラ数の子、甘海老の塩辛など珍味。
鰊の甘露煮は、2枚ありボリューム満点。
カスベの煮付けとタコの柔らか煮もおすすめ。
DSC02324.jpg DSC02313.jpg
日本酒は、増毛の地酒國稀のみ。
旨い酒とうまい肴を二三一でどうぞ。(堀)
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年04月12日

雪解け後のゴミ

家の近くの道路には、ごみが捨てられていませんが、家が途切れると目立つのがペットボトルや空き缶。
雪解けとともにゴミが顔を出します。
DSC02192.jpg
職場の帰りに歩かせてもらっているので、春に2〜3回ゴミを拾いながらウォーキング。
飛んできたものなのでしょうか、漁業の発泡スチロールもあります。
運転席から道路際にほおり投げるのでしょうか。
たばこの吸い殻も多くあります。
一握りのドライバーなのでしょうが、心無い人がいますね。
現場を押さえて注意したいです。(堀)
DSC02193.jpg DSC02364.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記