2018年11月22日

新日本風土記

NHKBSプレミアムで11月23日(金)21:00〜22:00「そこに健さんがいた」が放映されます。
町内にそのポスターが貼られています。
DSC07756.jpg
ポスターは、健さんのシルエットの奥に増毛観光案内所にある「桐子の店」の写真。
その中で、カウンターに健さんのように座っているのは、増毛の団体職員のT氏ではありませんか。
高倉健さんは、生涯出演した映画205本のうち北海道が舞台なのは、34本。
DSC_0016.jpg
増毛町では、1969年公開の新網走番外地「さいはての流れ者」と1981年公開の「駅・STATION」の2本。
健さんのゆかりの地を巡るとありますので、増毛も放映されると思います。
見逃さないように録画しておかなければなりません。
DSC_0018.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年11月21日

初雪

札幌では、11月20日が初雪。
128年ぶりの遅い記録と報道されています。
増毛町でも昨日が初雪だと思います。
今朝も愛車の軽自動車に雪が乗っています。
道路は白くなっていませんが、景色はうっすら雪化粧です。
今年は、雪が遅いせいか、10月11月も荒れる日が少ないような気がします。
穏やかに冬に向かう方がいいですね。
これも温暖化が進んでいるからでしょうか。
とうとう摶ムにも冬がやってきました。
DSC07927.jpg DSC07928.jpg
posted by mashikejin at 09:36| Comment(0) | 日記

2018年11月20日

増毛町特産品特別販売会

土日は、東京へ行っていました。
日曜日に立ち寄った横浜の京急百貨店で開催の増毛町特産品特別販売会。
増毛町からは、りんご、ぶどう、鮭トバ、燻製、トマト、ジュース、山崎さんの菓子など。
KIMG0611.jpg KIMG0614.jpg
りんごは、ゴールデンメロン、北斗、スターキング、こうりん。
ゴールデンメロンは、初めて見ましたが、甘く、昔あったインド系と聞きました。
りんごもぶどうも試食してもらうと買ってくれます。
私は、古村さんのトマトジュースを飲んで、鯖の燻製を買ってきました。
北海道の北限の果樹地域の増毛町。
美味しい果物をもっとPRする必要があると思っています。
KIMG0615.jpg KIMG0617.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2018年11月19日

料理長のおまかせコース

オーベルジュましけの萬年総料理長のお任せコース料理。
この度の団体の会合での料理を紹介します。
DSC07846.jpg
旬のお造り盛り合わせ。
DSC07850.jpg
パテ アンクルート。
DSC07853.jpg
ホタテと北寄のポアレ。
DSC07856.jpg
鮮魚のポアレは、赤ガレイ。プールノワゼットソース
DSC07858.jpg
十勝産彩美牛のロティ 季節野菜盛り合わせ。
DSC07861.jpg
洋風茶漬け。
DSC07863.jpg
本日のデザート。
和洋折衷ですが、和のお造りも洋風茶漬けも素晴らしいです。
どの料理も美しく、もちろん味も最高です。
予算は5000円からとリーズナブル。
記念日やお祝いにどうぞ。3日前の予約が必用です。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年11月18日

二三一の刺身御膳

増毛町居酒屋推奨店札幌アスティ地下の二三一(ふみいち)。
KIMG0585.jpg
先週のお昼です。
おすすめランチは、ちょっと贅沢に刺身御膳。
刺身は、ホタテ、甘えび、タコ、ヒラメにマグロ。
小鉢には、タコの柔らか煮。
吸い物は、三平汁。茶碗蒸しにサラダ。
KIMG0586.jpg KIMG0590.jpg
気になったのは、とうべつカジカの子の醤油漬け丼。
鮭のいくらと比較して二回りほど小さく、色が黄色。
ご飯の上にどっさりかかっています。
KIMG0592.jpg KIMG0595.jpg
月火水とその他の曜日では、ランチの内容が変わります。
刺身御膳おすすめです。
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2018年11月17日

飯寿司

わが家の鮭の飯寿司の漬け込み。
今年は、鮭が小さく8本。切り身にしたら7キロほど。
昨年は、切り身で10キロあったといいますから少なめです。
ハラスは、使用しません。
カミさんに漬け方を確認。
塩をしておいた冷凍鮭を融かし、切り身にして塩抜き。
その鮭を一晩、酢につけ、網に入れ、鮭の水分を重し乗せ、取り除く。
これで鮭のほうは、準備OK。
ご飯のほうは、麹、ご飯、ダイコン、ニンジン、生姜、ナンバン、砂糖、塩、日本酒は、国稀佳撰。
DSC07866.jpg
鮭とご飯を交互に重ねて専用の容器に漬け込んでいきます。
昨年から娘も手伝うようになり飯寿司の漬け方が伝わりそう。
DSC07885.jpg DSC07892.jpg
私の仕事は漬け込んでから1週間後に20キロの重し、2週間後にまた20キロ乗せること。
家の飯寿司の特徴は、固く締まっているところ。
40日後のクリスマスの頃に食べごろとなります。
DSC07867.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年11月16日

湯豆腐と佳撰

初雪は、まだですが、寒くなりました。
湯豆腐が美味しい季節となりましたね。
増毛の関山さんの豆腐が主役ですが、白菜、キノコのほかにわが家では、鱈が入ります。
大きな鍋での湯豆腐ですが、増毛の昆布でだしをとるだけ。
ポン酢でいただきますが、関山豆腐店の豆腐は、鍋に最適。
缶ビールを一本明けてから国稀佳撰の熱燗。
どちらも温まります。
湯豆腐と佳撰いかがです。
DSC07607.jpg DSC07610.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2018年11月15日

カスベの煮付け

増毛の魚の煮付けの中で一番好きなのはカスベ。
カスベとは、エイの仲間。
減塩の増毛醤油で煮付けたのですが、物足りません。
増毛醤油は、つけたり、かけたりするのは、問題ありませんが、煮付けにすると違います。
少し、物足りなく、甘くできてしまいます。
それから家では、半分を市販の醤油と混ぜています。
私も血圧の薬を飲んでいますが、塩分の摂取量が多いと薬は効かないそうです。
物足りませんけれども、健康のためには、塩分を控えることは必要です。
塩分を控える習慣を勧めなければならないと思っています。
DSC07521.jpg
続きを読む
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年11月14日

誕生日のお祝い

孫と娘の誕生日が近いので一緒にお祝い。
孫は、5歳になりました。
ケーキは、増毛山崎菓子舗の誕生ケーキ。
ここのホールケーキ美味しいです。おすすめです。
DSC07685.jpg
弁当は、増毛駅前寿司忠の豪華お弁当。
手作り感があってここの弁当が好きです。
DSC07682.jpg
毎年、外せないのは、寿司IZAkAYA忠のタコザンギとポテトフライ。
タコザンギは、ここが増毛の元祖と言っていいでしょう。
DSC07679.jpg DSC07680.jpg
天ぷら風で私の好きな増毛のご当地グルメ。
わが家では、豪華で美味しい誕生日のお祝いです。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年11月13日

増毛町フォトコンテスト2018

毎年、増毛町が主催しているフォトコンテスト。
結果が増毛町役場や文化センターで展示されています。
今年の最優秀賞は、増築再生された夜の増毛駅。
今にも列車が入ってきそうな写真。
優秀賞は、港祭りの花火大会と増毛厳島神社と桜のソメイヨシノ。
入選作の鮭の遡上とオジロワシもいい写真です。
もっとたくさんの応募があればと思っています。
来年は、私もフォトコンテスト参加を検討します。(堀)
DSC07774.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2018年11月12日

林川さんの黒豆

家でストーブを焚くようになると煮る黒豆。
今シーズン初めての黒豆煮豆。
レシピがすぐに出てきません。
林川さんの黒豆は、ましけマルシェで250c200円。
DSC07713.jpg
黒豆250cに対し、水1g、砂糖が150c、醤油大さじ2、塩小さじ1。
夜に一度、煮たてて一晩。朝に一度、沸騰させてから超弱火で3時間半。
この3時間半がストーブの上。
DSC07743.jpg
難しいと言われる黒豆が簡単にきれいにできます。
栄養も満点。作り置きのおかずとしてもいいです。
ましけマルシェで数袋を買い求めておこうと思っています。(堀)
DSC07741.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年11月11日

定期演奏会

増毛町文化センターで開催された暑寒ウィンドアンサンブルの定期演奏会。
暑寒ウィンドアンサンブルは、結成11年目。今回が10回目の演奏会。
DSC07800.jpg DSC07809.jpg
会場には、用意したプログラムが足りなくなるほど200名を超える聴衆。
オープニングの後は、団員による紅白歌合戦スタイル。
DSC07787.jpg DSC07792.jpg
表と裏が赤白の折り紙で、会場全員による判定は、赤の勝ち。
10回を記念した美女と野獣のミュージカルも。
歌あり踊りありの楽しいステージ。
毎年、趣向を凝らし、子どもも楽しむことが出来、家族連れも目立ちました。
団員も楽しんでいるのが良かったですね。
DSC07806.jpg
この演奏会から元気をいただきました。
増毛町を元気にしてくれる暑寒ウィンドアンサンブルの益々のご発展をお祈りします。(堀)
posted by mashikejin at 07:47| Comment(0) | 日記

2018年11月10日

丸十井とうで昼ご飯

娘たちが札幌から帰ってきたので、彼女らが一度も入ったことがないという丸十井とうでお昼。
住所は、増毛町畠中町3丁目ですが、駐車場は、裏側で2丁目。
DSC07712.jpg
娘たちは、おすすめの海鮮唐揚げ丼、999円なのでサンキュー丼とも。
甘エビ、ハタハタ、タコ、ホタテの唐揚げ。
DSC07706.jpg
カラッと上がっており、タレも美味しく絶賛です。
私は、初めて豚丼にしました。
上だけでなく、中間にも肉が挟んであります。
DSC07710.jpg
あとは、単品で餃子。
豚丼と餃子も超おすすめです。
DSC07707.jpg
車では、裏口からお入りください。(堀)
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年11月09日

旭りんごのジャム

私のジャム作りの原点。
今から10年ほど前になるでしょうか。
初めてジャムを作ったのが旭りんご。毎年、作っています。
ジャム専用の大きなフライパンで150cほどのリンゴ15個で140グラム入りジャム瓶で12個。
砂糖は、リンゴの重さの15%。
DSC07640.jpg DSC07641.jpg
りんごの皮むき器を使用し、カットはカミさんに手伝ってもらいました。
りんごの皮は、だし袋に入れて、いっしよに煮詰め、後から搾ると、赤い色が出ます。
旭の酸味だけでは少し足りないので、レモン汁を少し。
歩留まりが良く、香りも色も良い、私の好きなジャムです。(堀)
DSC07644.jpg DSC07701.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2018年11月08日

増毛産新米大試食会

2018年増毛産新米大試食会。
文化センター大ホールで開催。今年で4回目となります。
DSC07771.jpg DSC07768.jpg
新米は、ななつぼしがJA南るもいから。
成澤貫農園からゆめぴりかが提供されました。
今年は、9年ぶりに作況指数が90と不作でしたが、美味しい米が出来上がりました。
米を炊いたのは、すが宗の大将から指南を受けた町職員。
DSC07767.jpg DSC07754.jpg
会場では、いくら醤油漬け、甘えび塩辛、オクラ数の子、たらこ、糠鰊焼き、えび汁などご飯のお供も無料。
DSC07745.jpg DSC07752.jpg
リンゴケーキのデザートも。
300人の町民らが新米を味わいました。
増毛を含む南るもい米は、全道的にも美味しい米と定評があります。
地元産の米を食べている町民が多くなりました。(堀)
DSC07748.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年11月07日

旬の味覚ハタハタ

今頃がちょうど旬。増毛のハタハタ一箱です。
漁師からいただきました。
DSC07676.jpg
なぜ今が一番というと、ハタハタの子が入っているから。
しかし、ハタハタの子の醤油漬けは、卵を包んでいる皮を取り除くのが一苦労。
しっかり洗ってから卵の重さの10%の醤油と国稀佳撰。
いくらの作り方と同じ。わが家の黄金比率。
DSC07699.jpg
漬け始めは、こんな感じなのですが、一晩置くとプリプリになります。
DSC07735.jpg
魚卵の中で一番好き。
魚体のほうは、煮付に。一夜干しを焼くのも唐揚げもいいですね。
ハタハタに子が入っているのは今だけです。(堀)
DSC07697.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(2) | 日記

2018年11月06日

週末の国稀酒造

この週末も国稀酒造にたくさんのお客様。
天気が良いと増毛に来てくれますね。
DSC07726.jpg
札幌の娘が購入したのは、限定酒のファーストムーン。
娘は、国稀の大ファン。
外の伏流水もこの日曜日で冬期閉鎖となりますが、水は、蔵の中で味わえます。
DSC07725.jpg
国稀の店に入り、左側には、スカンピンパンと千果園が休日に営業。
スカンピンは、酒粕本食「高嶺の華」を販売。札幌の娘に持たせました。
千果園のりんごの種類も多くなりました。
お酒とともにスカンピンのパンと千果園の果物もどうぞ。(堀)
DSC07731.jpg DSC07733.jpg
続きを読む
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2018年11月05日

2018鰊漬け

先週、収穫した大根とキャベツ。
この1週間の増毛町は、天気が悪く、大根の干せ具合はいまいち。
DSC07646.jpg DSC07650.jpg
DSC07652.jpg DSC07675.jpg
札幌から娘たちが手伝いにやってきました。初めてです。
わが家の鰊漬けは、約樽8個分の鰊漬けの材料をシートの上で混ぜ一気に作る方法。
DSC07661.jpg DSC07668.jpg
昨年、レシピをコメントで聞かれたのですが、答えられませんでした。
今年は、材料を分けてもらい、量って、樽1個分を作ってみました。
材料は、鰊500c、大根4.5キロ、キャベツ2.5キロ、塩、ザラメ砂糖、麹がそれぞれ200c、人参、生姜、鷹の爪が少々。
大根が、大量なので多く使用しています。
今年は、いつもの鰊漬けと食べ比べるのが楽しみ。
食べ始めるのは、3週間後となります。(堀)
DSC07672.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年11月04日

甘エビの塩辛とエビわさ

増毛丸万水産の製品。
増毛産の甘えびを使用。
ましけマルシェで販売しています。
特にいいと思うのは、どちらも塩分控えめなところ。
増毛港で水揚げされた甘エビをすぐに加工しているので、どちらも食感は、プリプリ。
しかし、甘エビの塩辛というネーミングは、いかにもしょっぱいという感覚があります。
甘エビの一夜漬けなど製品名を検討する余地はありそう。
高血圧の高齢者が多いところから、塩分を控えて増毛の水産加工品を研究開発してほしいと思っています。(堀)
DSC07514.jpg
posted by mashikejin at 07:48| Comment(0) | 日記

2018年11月03日

北海道遺産

11月1日に増毛山道と濃昼山道が北海道遺産に選定されました。
北海道遺産は、第1回が2001年、第2回が2004年。
今年は、北海道命名150年にあわせ64件の申請があり、15件が選定されました。
選定書を受け取ったのは増毛山道の会前会長の伊達東氏。
増毛町には、第1回の2001年に北海道遺産に選定された「増毛小学校と増毛歴史的建物群」があります。
この頃から増毛の駅前通りを歩く観光客が増えてきました。
今年は、3月に増毛厳島神社が北海道文化財に指定され、増毛駅舎も大正開業当時の姿に再生されています。
北海道の名付け親であります松浦武四郎も歩いたという増毛山道の北海道遺産指定は、意義深いものがあります。
増毛山道の会のこれまでの活動に敬意を表し、心よりお祝い申し上げます。(堀)
KIMG0579.JPG
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記