2018年06月07日

ゆでタケノコ

ましけマルシェでカミさんが購入したゆでたタケノコ。
タケノコは、根まがりだけ。
増毛では、タケノコと言ったらこれ。
フキもゆでてあったものを購入。
タケノコの皮をむき、フキはそのままカット。
天ぷらかまぼこと油でいためるわが家の定番。
下処理してあるので簡単にできるようです。
たくさん作って、数日食べるという常備菜。
あと、数回、食卓にのりそうです。(堀)
DSC03310.jpg DSC03329.jpg
DSC03332.jpg DSC03337.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年06月06日

ゆうゆうマーシー

ゆうゆうマーシーは、地域通貨も活用するボランティア団体。
メモリアルパークで開催されたゆうゆうマーシー市。
毎回、ホタテご飯、焼き鳥、おでんを購入。
DSC03307.jpg DSC03304.jpg
初夏のこの時期には、山菜や花の苗もあります。
私は、50円の芝桜を1000円分購入。
今年は、ましけマルシェの前でもテント。
町民がお昼ご飯を食べています。
ましけマルシェで、このような催しをいろいろ企画してほしいと思っています。(堀)
DSC03301.jpg DSC03302.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2018年06月05日

ベンチの色

増毛町商工青年部が周年記念で製作し、町内各地に設置した木製ベンチ。
観光のお客様や町民が利用。
街中にベンチがあるといいですね。
重要文化財「旧商家丸一本間家」の中庭に3脚。
DSC03242.jpg DSC03243.jpg
しかし、ベンチの色がカーキ色でした。
駅前にも同じものが置かれています。
旧商家丸一本間家の雰囲気と合いませんでしたので黒っぽく塗り直しされました。
これでしっくりいきます。
このカーキ色のベンチは、公園には合います。
設置場所の雰囲気と調和を考える必要もありますね。(堀)
DSC03241.jpg DSC03246.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2018年06月04日

テルミヌスへの願い

駅は、出会いと別れ、喜びと悲しみ、地域の人たちをはじめ、多くの人々の人生の断片と様々な記憶が刻まれてきた場所。
駅を守る神様「テルミヌス」に思いを託し、製作した「テルミヌスへの願い」。
DSC03287.jpg  
札幌駅南口の星の大時計をデザインした著名な彫刻家五十嵐威暢氏の作。
氏は、今後このような彫刻をシリーズで手掛けたいと話しておられましたので今後の展開が楽しみ。
DSC03284.jpg
過去、現在、未来を繋ぐ「テルミヌスへの願い」。
増毛町の財産になりました。
駅とともにホームでご覧ください。(堀)
DSC03282.jpg DSC03279.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年06月03日

エゾシカ

増毛市街地区から留萌側の湯の沢地区。自家用車で5分程。
田んぼの奥で動くものを発見。
エゾシカです。若い鹿のようです。
車を止めて写真を撮っていたのですが、警戒してこちらを見ています。
距離は、70〜80メートルぐらいでしょうか。
しかし、鹿よけ電柵の中にいます、
電柵のない道路側から侵入したのでしょう。
田んぼの中に入ってきました。
田植えをしたばかりの稲が踏まれます。
増毛町でもエゾシカが確実に増えています。(堀)
DSC03254.jpg DSC03251.jpg
DSC03250.jpg DSC03253.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2018年06月02日

ひなぎく

増毛厳島神社のひなぎくが見ごろ。
数年前まで毎年写真に納めていましたが、ここ数年咲きませんでした。
境内のひなぎくと神社。狛犬の下にも。
DSC03260.jpg DSC03262.jpg
ひなぎくの花の首飾り〜という歌を口ずさんでしまいました。
神社の一角には、スズラン。
ひなぎくの原産地は、ヨーロッパ。
夏の暑い本州では、夏越できず、冷涼な北海道を中心に定着しているそうです。
スズランとともにひなぎくも北海道らしい花なんですね。(堀)
DSC03264.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(2) | 日記

2018年06月01日

増毛パークゴルフ場

増毛町のパークゴルフ場。
暑寒別川河川敷にあり、川の流れの音を聞きながら、暑寒別岳や日本海を望む気持ちの良いコース。
リバーサイドパークへ架かる赤いつり橋「清流橋」も絵になります。
平成28年度に9ホールを増設。全部で27ホールとなりました。
私は、職場のレクでしかしませんが、毎日楽しんでいる町民も多くいます。
元の18ホールも今年と来年で手直しされるようです。
27ホールで1時間弱。
芝生の上を歩くわけですから、ひざにも腰にも優しいです。
健康づくりにパークゴルフをどうぞ。(堀)
DSC02977.jpg DSC02982.jpg
DSC02980.jpg DSC02984.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年05月31日

国道に花の植栽

増毛町花いっぱい運動。
国道231号の増毛市街地区にことしも花の植栽。
花は、オレンジと黄色のマリーゴールド。
植え込んでいるのは、増毛町生きがい活動事業団。
植え込みも3年目なので手際よく作業が進みます。
昨年も一昨年も花が見事でした。
1か月後が楽しみ。
車で通ると私も気分がいいのですから、実際に植え込んだ人の思いは格別だと思います。
街中を花いっぱいにしたいですね。(堀)
DSC02987.jpg DSC02988.jpg
posted by mashikejin at 07:17| Comment(0) | 日記

2018年05月30日

けんたろう

けんたろうは、苺の銘柄。
増毛秋香園のいちごです。
増毛春の味まつりの秋香園直営店で購入。
今年初めて食べた増毛のいちごです。
DSC03094.jpg DSC03136.jpg
出始めで、高価ですが、これは食べなくてはなりません。本当に美味しいんです。
今は、ハウス栽培ものですが、路地ものも出てくると少しは、値段が下がると思います。
6月下旬まで出回ると思います。
店内には、増毛の果物のジャムとリンゴとぶどうのジュースも販売。
増毛のけんたろう苺おすすめです。(堀)
DSC03137.jpg DSC03138.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年05月29日

マーシーが大人気

増毛町のマスコットキャラクターかもめのマーシー。
増毛春の味まつりで大人気。
誕生から20年以上経過していますのでもう大人。
DSC03170.jpg DSC03188.jpg
留萌管内では、一番先にできたキャラクター。
子どもから大人までマーシーとの写真は、順番待ち。
かぶり物のマーシーで記念写真。
インスタ映えするのではないでしょうか。
イベントで見かけたら、マーシーと写真をどうぞ。
DSC03211.jpg DSC03212.jpg
DSC03213.jpg DSC03235.jpg
posted by mashikejin at 08:00| Comment(0) | 日記

神輿と阿波踊り

増毛春の味まつり恒例の神輿渡御。
増毛飛龍が祭りに花を添えます。
全道各地の神輿会の応援ありがとうございました。
ステージでは、最後に餅まき。
増毛飛龍は、春と秋のイベントで甘エビ唐揚げとエビ汁を20年以上販売。
甘エビ唐揚げの増毛の元祖です。
DSC03182.jpg DSC03203.jpg
DSC03209.jpg DSC03184.jpg
一方、阿波踊りは、さっぽろ五郎連。ステージ前では、男踊りと女踊り。
今年初めて増毛の祭りに来てくれました。
歴史通りでの踊りは、観光客から盛んな拍手。
神輿も阿波踊りも祭りによく似合います。
増毛春の味祭りを盛り上げていただきありがとうございました。(堀)
DSC03173.jpg DSC03176.jpg
DSC03228.jpg DSC03231.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年05月28日

大盛況

日曜日の二日目の増毛春の味まつりは、天気に恵まれました。
駐車場が次々と満杯になります。
結局、街中の路駐が多くなりました。
大変、申し訳ありません。駐車場が足りなくてご迷惑をおかけしました。
えび地酒まつりを春の味まつりに名称を変更して、心配しましたが、5月の最終土日は、増毛へというお客様が多いようです。
増毛町の人口の数倍のお客様にご来場頂きました。
増毛のイベントが定着したと思っています。
美味しいものがたくさんある増毛を今後ともよろしくお願いします。(堀)
DSC03116.jpg DSC03160.jpg
DSC03164.jpg DSC03186.jpg
DSC03189.jpg DSC03202.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年05月27日

増毛えびカレーと増毛バッテラ

國稀千石蔵ステージがある会場。
増毛えびカレー、三國風。950円で販売。
DSC03081.jpg DSC03078.jpg
甘エビの唐揚げが4尾。
この日は、日帰りで増毛出身の三國シェフもステージでスピーチ。
DSC03047.jpg
増毛バッテラは、鰊を使用したバッテラ。
中に数の子が入っているのが特徴。
このバッテラは、石狩道の駅あいろーど厚田でも人気。
どちらも、その場で食べることもできますし、お土産で持ち帰ることもできます。(堀)
DSC03023.jpg DSC03050.jpg
posted by mashikejin at 06:40| Comment(0) | 日記

漁師の直売所

増毛春の味まつりの漁業者の直売所のコーナー。
煮だこは、ゆでたて。焼きたこも人気。
味が違います。是非、試食を。
DSC03014.jpg DSC03002.jpg
DSC03001.jpg DSC02999.jpg
干しガレイ、ホッケの開き。
焼きボタンエビは、豪華。
焼きホタテは、200円。
人気のホタテの稚貝の詰め放題。
威勢の良い掛け声が響きます。(堀)
DSC03013.jpg DSC03012.jpg
DSC03011.jpg DSC03010.jpg
posted by mashikejin at 06:18| Comment(0) | 日記

増毛春の味まつり

今年から名称を変更。
えび地酒祭りから増毛春の味まつりに変わりました。
地酒に甘えび、たこ、ほたて。
他に水産加工品、山菜など美味しいものがたくさん。
会場は、増毛港から歴史通り。
土曜日も歩行者天国となり、安全に楽しむことができました。
本日、日曜日の天気はいいようです。
増毛春の味まつりへどうぞ。(堀)
DSC03021.jpg DSC03043.jpg
DSC03071.jpg DSC03064.jpg
posted by mashikejin at 06:05| Comment(0) | 日記

2018年05月26日

グリーンとパープル

ましけマルシェで購入した紫アスパラ。
林川さんのアスパラです。
太く柔らかで甘味が強いんです。
抗酸化作用を持つアントシアニンも豊富に含む健康野菜。
グリーンアスパラは、わが家の家庭菜園のもの。
林川さんのものと太さが全く違います。
それでもとれたては、甘く美味しいですね。
アスパラは、湯がいてマヨネーズで食べています。
アスパラベーコンもいいですね。
朝食のとれたて野菜の味は、各別です。(堀)
DSC02972.jpg DSC02974.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年05月25日

海だよりで

増毛町の居酒屋推奨店の「海だより」。
札幌市北23条西3丁目のダイヤパレス北23条の1Fで営業している人気店。
海だよりには、10年近く、増毛町を応援してもらっています。
KIMG0228.jpg 025.jpg
024.jpg 027.jpg
増毛の地酒國稀、海産物、果樹、米にもこだわり。
メニューに増毛の名がついたものが多く、どれも美味しい。
この日は、札幌にいる娘二人と待ち合わせ。
増毛の名前がついた料理がおすすめです。(堀)
026.jpg 029.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2018年05月24日

増毛厳島神社見学会

先週の土日に行われた増毛厳島神社見学会。
今年、3月30日に北海道指定有形文化財に指定されたのを記念して町民対象に開催。
建物は、措定第30号。30番目ということなのでしょう。
DSC02941.jpg DSC02936.jpg
DSC02944.jpg DSC02946.jpg
厳島神社本殿が1901年建築。総欅造りで88か所の彫刻が施されている見事な造り。
道内随一の彫刻神社と言われています。
建築されてからすぐに上屋がかけられているので、保存状態はすこぶる良いとされています。
絵画は、絵馬が7点。江戸時代のものが6点と、明治時代のものが1点。
これだけ揃っているのは珍しいといいます。絵馬もガラスがかけられていたので保存状態は良いようです。
絵馬の中でも専門家の間で一番評価が高かったのがガラス絵。
江戸時代にこれだけ大きなガラスに書いた絵馬は珍しいといいます。
何回も見学していますが、道指定後の小林宮司の説明は格別。
増毛厳島神社は、増毛町の宝だと思っています。(堀)
DSC02925.jpg DSC02929.jpg
DSC02930.jpg DSC02928.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年05月23日

じゃがいも植え付け

自宅から車で5分の国道沿いの畑。200坪ほどあると思います。
一番先に植えるのがじゃがいも。1畝に30個ほど。
それが8畝分。植え付けを家族に手伝ってもらいました。
じゃがいもの種類は、男爵、きたあかり、とうや。
DSC02887.jpg DSC02889.jpg
この畑で作付けする野菜は、決まっており、じゃがいものほかにとうもろこし、枝豆、カボチャと漬物用のダイコン、カブ、キャベツ。
連作障害にならないよう毎年、場所を変えて植え付けるのが楽しいと思っています。
1週間ほど前から自宅横で枝豆、とうもろこし、カボチャの苗づくりの最中。
これからが私の本格的な畑の季節。明るくなると寝ていられません。
昨年、手に入らなかったたい肥も届きました。
トラック1台で5000円、安いでしょう。
増毛では畑ものが良く育ちます。(堀)
DSC02885.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2018年05月22日

梨と桃の花

暑寒沢の果樹園では、サクランボの花が終わり、梨と桃の花が満開となりました。
リンゴの花は、咲き始め。
梨は、木全体が白っぽく見えるほどたくさんの花をつけています。
DSC02892.jpg DSC02901.jpg
暑寒別岳と梨の花や梨の花のトンネルがきれい。
梨の花の見分け方は、葉が光沢だということ。
DSC02905.jpg
一方の桃の花。ピンクが鮮やか。
赤い木製の梯子にのぼり、女性が桃の花を摘んでいます。
大きな桃にするための作業。
DSC02909.jpg DSC02914.jpg
果樹園の中では、ピンクの桃の花が目立ちます。
今年の豊作の秋を祈っています。(堀)
DSC02913.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記