2020年12月18日

家族での利用を

コロナウイルス感染拡大により、増毛町の飲食店も苦境に陥っています。
12月1月の忘年会、新年会が中止となっている団体、企業が多いようです。
増毛だけではなく、日本全体の飲食業界が厳しい状況に置かれています。
5人以上の飲食の自粛要請が出されています。
しかし、同居家族での飲食は問題ありません。
DSC09340.jpg
この日は夕食で、幼児を含む同居家族6人で鮨・居酒屋 忠へ。
店内は、アクリル板もおかれ、感染防止対策もとられています。
DSC09339.jpg DSC09342.jpg
タコザンギ、ポテトフライ、枝豆など子どもが喜びます。
DSC09343.jpg
おそらくこの日の利用は、私たちだけだったようです。
テイクアウトの利用もふくめ、同居の家族での利用で飲食店を応援しましょう。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2020年12月17日

しめさば昆布〆

すが宗の大将からしめさば昆布〆の試作品をいただきました。
DSC09305.jpg
料理方法の写真付き。
お刺身もいいですが、おすすめは、カルパッチョ。
DSC09275.jpg
写真のとおり、かみさんが作りました。
タマネギスライス、トマトとブロッコリーで彩り。
ドレッシングは、オリーブオイルと酢、塩、コショー。
粒マスタードの用意。
DSC09279.jpg
まず全体にドレッシングをかけて、粒マスタードを切り身に付け、タマネギスライスと一緒に口の中へ。
すが宗では、しめさばが人気ですが、全く違う料理のよう。
サバの旨み、風味があり、初めての食べる味。
先日、感想を話しに行ったところ、新発売されています。
DSC09303.jpg
しめさばの昆布〆是非食べてみて下さい。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2020年12月16日

港の水鳥

図鑑で調べたらシノリガモのようです。
DSC09198.jpg
白斑が散在し派手に見えるのがオス。白斑が少ないのがメスだと思います。
つがいなのか家族なのかわかりません。
海中に潜り小魚を食べているようです。
散歩の途中の写真ですが、警戒心が強く、離れていきます。
DSC09201.jpg
写真は、増毛港のマリーナの中。
図鑑では、秋から春にかけて岩の多い海岸にいることが多いと書いてあります。
DSC09200.jpg
港は、水鳥の観察が容易です。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2020年12月15日

真鱈

12月に入り、増毛港では、鱈漁が始まりました。
今のところ漁模様は良いようです。
鱈漁の漁業者がもってきてくれた真鱈2本。
魚の写真はありませんが、オスメス1本ずつ。
鱈は、オスのほうが値段がいいと聞いています。
DSC09288.jpg
たらこは、いつも子和え。増毛関山さんのつきこんにゃくとタマネギ。
醤油、砂糖、國稀で味付け。
DSC09290.jpg
年に数回食べています。この日は、鱈鍋も。
次の日は、鱈のフライとタチ汁。
DSC09306.jpg DSC09308.jpg
フライは、タルタルソースで。
タチ汁は、醤油味でネギをはなすだけ。
DSC09311.jpg
シンプルなのでタチのクリーミーな旨みが味わえます。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2020年12月14日

美味しい甘酒の作り方

國稀板粕の裏に書いてある甘酒の作り方で作った甘酒。
DSC09196.jpg DSC09197.jpg
250cの板粕、1.8gの水、砂糖は、250c、塩9c。
説明は、この割合でしたが、砂糖だけ200cとしました。
板粕を小さくちぎり、ぬるま湯に浸しておきます。
DSC09213.jpg DSC09214.jpg
ブレンダーを使用し、かき混ぜたのでクリーミーでなめらか。
沸騰させないよう注意が必要です。
國稀の板粕で甘酒をどうぞ。あたたまります。
DSC09216.jpg DSC09218.jpg
冷凍保存もできます。
牛乳を半分混ぜた甘酒ミルクもおすすめ。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2020年12月13日

いも餅

釧路の親戚から送ってきたいも餅。
ししゃもと一緒に冷凍状態で届きました。
たくさん作ったものを送ってくれたそうです。
休日のお昼にしました。
弱火でじっくり焼き上げます。
DSC09208.jpg
家族に聞くと、じゃがいもと澱粉の配分が難しいと言います。
食べてみたら、味付けが薄いので、しっかりじゃがいもを感じます。
DSC09210.jpg
じゃがいもと澱粉の配分のバランスが絶妙。
バターでは、物足りないので砂糖醤油につけていただきました。
小学1年生の孫は、初めてで、最初は食べないと。
食べてみて、超美味しいといいます。
DSC09212.jpg
私たちの子どものころのおやつはいも餅。
スナック菓子に慣れた子どもが多いですが、昔からある味も伝えていきたいですね。
私もじゃがいもとカボチャを作っていますので挑戦してみます。
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2020年12月12日

ホタテ養殖作業

午前2時から増毛港で始まっているホタテ養殖作業。
DSC09273.jpg
就業灯をつけて行っています。
今年2回目のホタテの稚貝の入れ替え作業である本分散。
DSC09263.jpg
この作業を経て、来年の4月、オホーツク海等への稚貝出荷となります。
DSC09271.jpg
10月から始まり、例年ですと11月上旬で終了していますが、今年は、時化や人手不足などのため遅れています。
まだ、数軒のホタテ漁業者が終了していません。
本分散が終了した漁家では、10センチ弱の半成貝の出荷が行われています。
DSC09267.jpg DSC09268.jpg
黄色いカゴニ入った半成貝は、生きたまま保冷トラックで運ばれ、海中に耳づりされるといいます。
この日は、宮城県女川に向かいました。
DSC09269.jpg
ホタテ養殖業は、増毛漁協では4割以上の取り扱いをする主力漁業。
安定したホタテ生産を願っています。
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2020年12月11日

歳末謝恩セール

増毛町畠中町1丁目の北日本水産物(株)直営店。
DSC09287.jpg
12月11日から13日の日曜日まで歳末謝恩セールを開催。
今朝の新聞折り込みに入っていました。
北日本といえば、かずのこ。
DSC09280.jpg DSC09238.jpg
味付けかずのこ、オクラかずのこなどをよく購入しています。
先日、作ったかずのこの燻製。1週間、魚干し網に干して、燻煙。
DSC09172.jpg
これがそのままポリポリ食べて美味しい。
日持ちもすると思います。
その他水産加工品が多数。
この店も送料1000円まで無料となる登録店。
週末は、増毛でお買い物をどうぞ。
DSC09285.jpg
posted by mashikejin at 13:00| Comment(0) | 日記

飲み比べ

私がいつも飲んでいる國稀佳撰。
増毛町民が一番親しんでいる旨い日本酒です。
その佳撰を漁船に40日間積み込んだのが「漁師の力酒」。
佳撰がさらにまろやかになります。アルコール度は、15.5度。
香りは、穏やか。味わいは軽快。中口のお酒。
この佳撰の原酒が北酔。名前がいいと思います。
アルコール度は、原酒ですから19度と高め。
この3種を味わえるのが、札幌アスティ地下の「二三一」(ふみいち)。
「漁師の力酒」を取り扱っているのが、増毛町甲谷商店なので、3種類をお取り寄せできるのが同店のみ。
この3本で4200円。
今年は、増毛町で送料を1000円まで補助する事業を実施しており、甲谷商店も登録店。
旨い國稀佳撰の飲み比べを家飲みでどうぞ。組み合わせは、自由です。
お問い合わせは、増毛町甲谷商店(0164-53-1063)へ。
DSC09257.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2020年12月10日

冬の大感謝祭

増毛駅に店舗を構えるぐるめ食品。
DSC09132.jpg
12月20日の日曜日まで冬の大感謝祭展開中です。
DSC09234.jpg
ぐるめ食品の主力商品は、たらこ、鮭トバ、たこの柔らか煮など。
たらこは、増毛町のふるさと納税の一番人気。
鮭トバの美味しさも定評。
DSC09225.jpg DSC09229.jpg
よく購入してお酒のおつまみになっています。
DSC09130.jpg
増毛町の特産品でもあるたこの柔らか煮はたこ親爺という商品名でお墨みつきとあります。
その他、水産加工品も数多く販売。
今年は、店舗での購入分を発送する場合、増毛町の事業により送料が1000円まで無料。
年末のお買い物を増毛でどうぞ。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2020年12月09日

うっすら雪化粧

うっすら雪化粧した増毛駅前通。
DSC09148.jpg DSC09149.jpg
増毛駅から見える白い灯台もかすんで見えます。
DSC09152.jpg
11月末から増毛では、2度、積雪状態となり、除雪車も出動しました。
しかし、2度とも融けています。
暦の上での大雪も過ぎ、増毛町ではそろそろ根雪となります。
私のウオーキングコースは、港周辺が多くなります。
11月から季節風が強くなり、時化が多く、漁船は、港につながれたまま。
今年は、コロナ禍で漁価もさがり、不漁も重なり、厳しい年です。
DSC09203.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(2) | 日記

2020年12月08日

当選品

2020ましけTOWNスタンプラリーの当選品が届きました。
スタンプラリーは、増毛町での買い物で登録店からスタンプをもらい、違う店のスタンプ5個で1枚分を応募。
当選品は、家族が15枚分を応募して当たったもの。
箱の中身は、國稀純米ひやおろし、國稀佳撰の1合瓶、國稀の板粕が2つ。
國稀ひやおろしは、酒造好適米きたしずくを使用した地域限定酒。
好きなお酒で毎年、数本購入しています。
國稀板粕は、甘酒を造ろうと思います。
家族の中で日本酒を好むのは私だけ。
私が飲むしかありませんね。
DSC09195.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2020年12月07日

白干

増毛漁協の前の遠藤水産の白干という製品。
以前からある製品です。
DSC09154.jpg
スケソウダラを味付けして乾燥させ、ローラーに通し、柔らかくしたもの。
軒先にスケソウダラを干して、乾いたものを金づちでたたいて柔らかくして食べた記憶。
子どものころのおやつです。
この製品の内容量は、400cと徳用サイズ。
これを初めて購入するのは、勇気がいると思います。
DSC09162.jpg
私は、いつも購入。
カットしてマヨネーズを付けて食べるのが好き。
お酒のつまみには最高。
100c入りも販売してくれるといいと思うのですが。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2020年12月06日

ダイコンのキムチ

にしん漬け用ダイコン。
切り方は、乱切り。
そのダイコンが余ったので、キムチの素を使用して作ってみました。
DSC08924.jpg
鰊漬け用のダイコンは、1週間干しているので、水分が抜けすぎていて辛く感じます。
今度は、生のダイコンを長方形にカットし、塩でもみ、1時間後に塩分を取り除いてから漬けてみました。
DSC09187.jpg
キムチの素にすりごま、砂糖、増毛の松山さんのハチミツ。
あえてから2〜3日で食べ頃に。
DSC09190.jpg
増毛のハチミツが味のきめて。
コロナ禍でダイコンなどの価格が下がっているそうです。
ダイコンのキムチ、簡単に作れます。
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2020年12月05日

1万歩

今年は、雪が少なかったので3月中旬からウオーキングしています。
毎日、1万歩を目標にしていましたが、天候の悪い日や飲み会などもあり難しいので、月平均で1日当たり1万歩としました。
歩数を毎日記録。
DSC09191.jpg
3月は、1日平均7,200歩。4月は、9,200歩。5月は、9,100歩。
6月から11月までは1万歩をクリア。
今年一番歩いた月は、6月で328,000歩。
しかし、12月からは、積雪で歩道を歩くことができず、凍結により転倒も心配。
私の冬と夏の体重差は、最大で5s。
増毛町の運動施設「ら・さんて」の利用と歩くスキーで運動不足を解消する予定です。
posted by mashikejin at 07:00| Comment(2) | 日記

2020年12月04日

ビールのあとのお酒

晩酌は、まず缶ビールを1本。
かみさんは、ビールしか飲みませんが、私は、日本酒は國稀、ウイスキー、焼酎、梅酒、ワインなど何でも飲みます。
その後、何にするかは、だいたいつまみで決まります。
DSC09080.jpg DSC09083.jpg
この日は、冷凍保存していた甘エビの一夜漬けとたこの頭の燻製。
國稀佳撰にしました。
DSC09089.jpg
國稀の限定酒や佳撰を飲むことが多いと感じています。
甘エビの一夜漬けは、解凍しても身が透き通っています。
どちらの自家製ですが、これが最後なのでまた作らなければなりません。
コロナ禍で家飲みが多くなり、國稀とウイスキーの消費スピードが早くなっています。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2020年12月03日

じゃがいもの塩煮

休日のお昼。
じゃがいもの塩煮を食べたいと言ったら、あなたがやってと。
今年、秋に収穫したきたあかり。
もう芽が出てきています。洗って、芽を取り、皮のまま塩煮。
DSC09146.jpg
塩は、小さじで5つほど。塩味は薄め。
DSC09145.jpg
まず、自家製の三升漬け。これは、私の定番。
この日は、増毛ぐるめ食品のほぐしたらこと北日本水産物のオクラかずの子。
DSC09143.jpg
たらこは、マヨネーズで和えます。
じゃがいもの塩煮に合う食べ方を増毛の加工品でいろいろ試してみたいと思ってます。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2020年12月02日

梅酒と梅ジャム

國稀鬼ころしがベースの梅酒。
口当たりがいいので、すぐに飲んでしまいました。
2本を再度購入。
國稀酒造に並んでいたのは梅ジャム。
DSC09076.jpg
梅酒の中の梅を利用したジャムと聞きました。
鬼の梅ジャムとして販売されています。
内容量は、140c。
私も梅酒を作っており、以前、梅酒の梅を使いジャムを作ってみましたがうまくいきませんでした。
しかし、國稀の梅ジャムは、濃厚で美味しい。
國稀酒造の梅酒と梅ジャムおすすめです。
DSC09086.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(3) | 日記

2020年12月01日

ましけ健康ポイント

10個ポイントを押してもらうと増毛町商工会商品券500円分と交換できるましけ健康ポイント事業。
DSC09005.jpg
毎日の血圧測定、体重測定、運動習慣で月1ポイント。
スポーツ団体や文化団体に加入して活動していると年5ポイント。
町民スクール、歩こう会、マラソン大会、健康診断など町の指定行事に参加すると1ポイント。
増毛減塩醤油や減塩食品の購入でもポイントがもらえます。
DSC09068.jpg DSC09070.jpg
私は、1年間で4枚が満点。
増毛町商工会商品券と交換します。
健康作りにましけ健康ポイント事業をどうぞ。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2020年11月30日

ルルロッソ

休日のお昼、私がパスタを作って家族に食べてもらうことが良くあります。
クリームパスタ、和風パスタ、ナポリタンなど増毛の海の食材も使います。
DSC09120.jpg
この日のパスタは、ルルロッソの干しパスタ麺で鰊の三升漬けとキャベツのパスタ。
DSC09091.jpg
麺は、生産から加工まで留萌管内100lるもいメイド。
製造者は、(株)フタバ製麺。
DSC09123.jpg
鰊の三升漬けは、鰊の切り身とかずのこを三升漬けで和えた製品で、隣町の留萌市の加工品。
そのまま食べたのですが、塩分が多いのでパスタに。
出来上がりは濃厚な味。
かずのこの食感も良くまずまずの出来上がりです。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記