2017年12月11日

凛のデザート

そば処「凛」は、建築されてから70年ほどの増毛の古民家を改修。
この日は、私は、大好きなカレーそば。娘は、孫とかけそば。
DSC00583.jpg DSC00573.jpg
カミさんは、とろみ汁を卵でとじたとろつゆそば。(写真)
この日は、このそば処のデザートが目的。
そばDEロールケーキは、そば粉100%のロールケーキ。これが甘さ控えめでとても美味しい。
アイスクリームとフルーツが添えられていますが、フルーツのリンゴが美味しかったです。
DSC00580.jpg DSC00578.jpg
土日限定のそばプリンもおすすめ。
孫は、バニラアイス。そば粉のスプーンサブレがポイント。
そばも美味しいのですが、デザートも超おすすめです。(堀)
DSC00577.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2017年12月10日

増毛のコンブ

今年は、前浜のコンブが目につきました。
夏のウニ漁も好調。あわび漁も昨年より出漁しています。
コンブなどの海藻が多くあると、えさとするウニ、あわびの漁獲量が多くなります。
しかし、まだまだ磯焼けは解消していません。
増毛のコンブは、細目コンブで、商品価値が低いため、増毛の漁業者は、あまり採りません。
市場に出ることはなく、漁業者が自家用に採ったコンブを分けてもらっています。
わが家の料理のだしは、すべて増毛のコンブ。
一回分ずつカットしてタッパーに入れて保存。
良いだしが出る増毛のコンブを活かしてほしいです。(堀)
DSC06584.jpg DSC06667.jpg
posted by mashikejin at 10:43| Comment(0) | 日記

2017年12月09日

ホタテ半成貝出荷

1年6か月ほどのホタテを半成貝と呼んでいます。
直径10センチ程。1キログラム当たり11枚〜13枚。
南三陸へ陸送されます。
午前6時過ぎに船に就業灯が点けられ、6時30分から一斉に作業開始です。
DSC00644.jpg DSC00663.jpg
DSC00649.jpg DSC00669.jpg
20連つながった丸篭が数本、束ねられてクレーンで船の横の海中から引き揚げられます。
丸篭1枚には、16〜18枚ほどのホタテが入っており、選別され、賞味18sが黄色の籠の中へ。
ホタテの上には厚い麻の布と氷。
DSC00656.jpg DSC00667.jpg
生命力が強く、これで生きたまま運ばれます。
午前8時30分過ぎには、保冷車で南三陸へ出発。翌朝には、到着するそうです。
南三陸では、耳釣りにされ養殖されます。
中間育成された増毛産ホタテは、南三陸のホタテ産業に貢献しています。(堀)
DSC00675.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2017年12月08日

オーベルジュましけのブッフェ

第30回国稀倶楽部の定例会。
会員は、712人となりました。
留萌振興局、留萌開発建設部、陸上自衛隊、ホクレンなどから過去最高の122名が参加。
オーベルジュましけでは、ブッフェスタイルでたくさんの料理が並びます。
最近、非常に評判がいいようです。
DSC00631.jpg DSC00625.jpg
DSC00628.jpg DSC00621.jpg
すべてを食べることはできませんでしたが、タコの刺身とタコご飯、ぐるめ食品提供のたらこがお気に入り。
今回の国稀は、20度の原酒が多く、酔いが回るのが早かったです。(堀)
DSC00633.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2017年12月07日

日本ハムファイターズ増毛町後援会

留萌管内で唯一増毛町だけ、ファイターズ後援会がありませんでした。
このほど設立総会が開催され正式に発足。
後援会と認められるのは、20名以上の加入が必要。
現在、増毛町で89名が入会しています。
来シーズンは、留萌管内にファイターズ選手の応援大使が来ませんが、これで、いつ来てもいいです。
ファイターズの応援で増毛町がもっと盛り上ってもらえればうれしいです。
IMG_7059.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2017年12月06日

鰊漬け食べ始めています

11月初めに漬け込んだ鰊漬け。
今月の初めから食べ始めています。
戸外に置いてある樽を、一樽、物置にを移して食べていますが、今年は、気温が低いため発酵もゆっくり。
タッパーに入れて、冷蔵庫で保管。
まだ、少し漬かり方が浅いと感じますが、これからの味の変化も楽しみ。
自分が畑で作ったダイコン、キャベツ、ニンジンなので、味は格別。
このダイコンとキャベツが特に好きです。
毎食、鰊漬けを食べていますが、飽きがきません。
毎日食べても飽きないのは自分だけでしょうか。
増毛の町民もそうだと思っています。(堀)
DSC00550.jpg DSC00553.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2017年12月05日

高倉健追悼特別展

北海道近代美術館で開催されている高倉健追悼特別展。
生涯出演した205本の映画が年代順に数秒から数十秒のダイジェストで見ることができます。
すべて見ると2時間ぐらいかかります。
増毛に関連する作品は、1969年「新網走番外地さいはての流れ者」(149本目)。
この映画ですが、増毛町で撮影されたことは、あまり知られていません。
私が中学3年生で、初めて映画スターを見たときです。
1969年は、11本の映画に主演をしています。
もう一本は、1981年の「駅・STATION」(191本目)。
居酒屋桐子の名場面のシーンが印象的。
KIMG0348.jpg KIMG0350.jpg
KIMG0349.jpg KIMG0352.jpg
1976年に東映を退社してから出演作は少ないようです。
2階のレストランで追悼高倉健スペシャルランチを注文。
10月の毎日新聞の特集で「駅・STATION」の増毛町の撮影地を紹介しています。
これも記念にとってあります。(堀)
DSC00505.jpg DSC00508.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2017年12月04日

子ども物づくり体験

ふれあい広場2017ましけで開催された物づくり体験。
KIMG0429.jpg
文化センター2階中ホールが会場。
増毛町技能士会が主催。
金づちで釘を打つ体験や、左官の体験も。
本たてや写真入れなどを手作り。
KIMG0424.jpg KIMG0428.jpg
技能士会のメンバーがフォローしていますので安全に作ることができます。
数年前から実施されていますが、子どもたちの参加が多くなっていました。
左官や大工さんの後継者不足が叫ばれています。
このような試みで、子どもたちに少しでも興味を持ってもらえたらいいと思っています。(堀)
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2017年12月03日

ふれあい広場2017ましけ

12月2日、文化センターで開催されたふれあい広場。
増毛町社会福祉協議会が主催。
大勢の町民でにぎわいました。
KIMG0411.jpg KIMG0431.jpg
KIMG0413.jpg KIMG0407.jpg
オープニングは、あっぷる保育所園児の遊戯。
体験の広場は、餅つき大会、絵手紙、リースづくり、輪投げ、型抜きなど。
祭事コーナーでは、茶道体験、フリーマーケット。
くいだおれ横丁では、おでん、ぶた汁、焼きそば、おしるこなど安価で。
KIMG0409.jpg KIMG0435.jpg
増毛中学校の生徒もボランティアで活躍。
世代を超えたふれあいがいいと思っています。(堀)
KIMG0433.jpg 
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2017年12月02日

国稀限定販売

国稀酒造で販売している限定酒。
この時期に多くなります。
限定には、かなり弱い私ですが、この時期はすべてに対応できません。
DSC00523.jpg
雪雅は、山田錦吟醸原酒です。名前がいいですね。
山田錦純米大吟醸原酒は、国稀酒造では一番高価。4合瓶で5143円。
吟風純米大吟醸は限定250本。
しかし、この日は、純米吟醸「蔵」を購入してきました。
一升瓶で5000円で、高価ですが、夏と冬に出るこのお酒が好きです。
考え方を変え、1合500円でこんな美味しい酒を飲むことができるのは幸せ。
国稀限定酒を自分好みで購入し、増毛町の地酒を飲んでほしいと思っています。(堀)
DSC00521.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2017年12月01日

毛ガニ

漁業者から頂いた毛ガニ。
水揚げは多くありませんが、増毛でも毛ガニが獲れます。
もう四半世紀以上前になりますが、亡くなった父がえびこぎ網漁の船頭をしていた頃、分け魚の中に入っていました。
分け魚とは、乗組員の賄い分。
いろいろな魚が入っていた記憶があります。
その中でも毛ガニやズワイガニはごちそう。
さっそくカニみそとカミさんがむいた身で一杯。
最後はみそと身を混ぜ、国稀を少し。
これが最高なんです。(堀)
DSC00414.jpg DSC00420.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2017年11月30日

土日に販売

国稀酒造入口入ってすぐの左手。
土日に販売しているスカンピンのパン。
DSC00538.jpg
酒粕本食は、留萌産小麦ルルロッソを使用したパン。
国稀酒粕の香りと柔らかもちもちの本食。
この日は、旭りんごのジャムを塗りお昼。
DSC00547.jpg DSC00548.jpg
一緒に購入したアップルパイは、ブラムリーを使用。
さわやかな酸味がいいです。
隣は、千果園の無人販売。
国稀のお酒といっしょにどうぞ。(堀)
DSC00542.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2017年11月29日

鮨・居酒屋忠で

忘年会は、まだですが、会合が多くなってきました。
団体の懇親会の会場は、鮨・居酒屋忠。
DSC00462.jpg DSC00466.jpg
刺身は、蛸、ヒラメ、マグロ。蝦夷あわびには、うろも。
焼きボタンエビと増毛のご当地グルメのタコザンギ。
この店のタコザンギは、30年以上前からの元祖と言っていいと思います。
DSC00468.jpg DSC00469.jpg
帆立とあわびの煮付けも美味。
地酒国稀は、限定の吟風純米大吟醸あお葉。
とてもフルーティ。
酒も肴も美味しい増毛町でどうぞ。(堀)
DSC00459.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2017年11月28日

新穀感謝祭

このほど増毛厳島神社で行われた新穀感謝祭。
今年一年の大地の恵みに感謝するお祭り。
DSC00510.jpg DSC00475.jpg
厳島神社最後の神事。
今年の増毛は、6月の天候不順、9月の台風など心配しましたが、漁業も農業も平年より豊漁豊作。
お米や野菜などが奉納されていました。
DSC00480.jpg
伊達林右衛門が奉納した鯛の額や寿、増、勢の額は見事なもの。
明治以前のものでしょう。道内随一の彫刻本殿と絵馬等も多数。
増毛厳島神社は、貴重な増毛の文化財です。(堀)
DSC00481.jpg DSC00482.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2017年11月27日

鱈の粕漬け

増毛駅が改装中のため、ましけマルシェの仮店舗で営業しているぐるめ食品。
真鱈の粕漬けです。国稀の酒粕使用。
DSC00050.jpg DSC00223.jpg
5切れ入りで500円。
中身が一緒でないので、選んで買ってと言います。
グリルで焼いていただきましたが、酒粕の香が良く、とても美味しい製品。
ましけマルシェは、営業を終了しましたが、代わってぐるめ食品が来年3月まで営業。
年末年始の水産加工品もどうぞ。(堀)
DSC00055.jpg DSC00053.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2017年11月26日

おまかせコース料理

オーベルジュましけの萬年料理長のコース料理。
久しぶりにいただきました。
DSC00429.jpg DSC00431.jpg
旬のお造り盛り合わせ。鮪のグリル青海苔リゾット添え。
DSC00433.jpg DSC00436.jpg
真鱈のポアレ真だちのフリット添えソース パルマンティエ。
帆立と北寄のソティ。
DSC00437.jpg DSC00439.jpg
彩美牛のロティ季節野菜付け合わせ。
洋風茶漬け。
DSC00440.jpg
増毛産雪化粧南瓜のモンブラン。
どれも大満足。予約でどうぞ。(堀)
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2017年11月25日

少年の主張大会

増毛町の小学生と中学生の主張大会。
毎年、勤労感謝の日に開催されています。
いつも発表を聞きに行っています。
今年は、小学生の5,6年生が全員女子。
中学生は、各学年から1人。
DSC_0025.jpg DSC_0006.jpg
家族に対する感謝の思いを発表した児童生徒が多かったと思います。
子どもの発表を聞いて目頭を押さえる姿もありました。
小学生の部の最優秀は、金内亜優奈さん、中学生の最優秀は原田瑠美音さん。
大勢の人の前で自分の思いを発表することは、素晴らしい経験。
将来、必ずこの経験が生きてくると思います。(堀)
DSC_0021.jpg DSC_0024.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2017年11月24日

最高金賞獲得

札幌市内で開催された全道大会「ゆめぴりかコンテスト2017」において留萌地区のゆめぴりかが最高金賞を獲得。
新聞、ラジオ等で報道されました。
DSC00450.jpg DSC00486.jpg
このコンテストは、ゆめぴりかの生産技術の向上やブランド力の強化が狙い。
留萌地区では、増毛、留萌、小平、苫前、羽幌で作付けされています。
留萌管内の中でも増毛の米は、特に美味しいと言われています。
私も増毛の農家から直接ゆめぴりかを購入しています。
新鮮な卵が手に入ったので、卵かけご飯でお祝い。
美味しい留萌産米をどうぞ食べてみてください。
本当に嬉しいニュースです。(堀)
DSC00427.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2017年11月23日

海鮮唐揚げ丼

増毛まるじゅう井とうの海鮮唐揚げ丼。
札幌の妹が大の唐揚げ好き。
唐揚げが大好きですので、この店の唐揚げ丼を勧めたところ、絶賛です。
甘エビ、ホタテ、タコの上にハタハタの唐揚げの存在感。
私たちは、海鮮唐揚げ丼でしたが、一緒に行った娘は、この店のもう一つの一押しの豚丼。
以前も紹介しましたが豚が二重で、これもおすすめ。
食べ比べがいいと思います。(堀)
DSC00308.jpg DSC00306.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2017年11月22日

りんごと洋梨のコンポート

増毛の果物を使ったジャム作りが趣味ですが、コンポートも作ります。
旭りんごのコンポートを初めて作ってみました。
果肉が柔らかいので、崩れてしまいましたが、いい味です。
小さなブランデーワインは、皮をむき、丸ごとコンポート。
白ワインを入れると味が引き立ちます。
ジャムと比較して、タッパーや冷凍バックで保存するので簡単。
コンポートもヨーグルトとともに朝食べています。(堀)
DSC00251.jpg DSC00259.jpg
DSC00278.jpg DSC00294.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記