2017年03月16日

煮タコ

漁業者からもらった煮タコ。小ぶりな蛸です。
大きな蛸より小さめのほうが好み。
漁師の煮た蛸の味は格別。
DSC03797.jpg DSC03792.jpg
足も小さなほうが美味しいと思います。
頭は、増毛町ではよく食されています。
トンビコと増毛で呼ばれている口。
DSC03791.jpg
家では、小さく切ってから玉ねぎと一緒に炒めます。
ササメは、蛸の肺と聞きました。
これは、醤油をかけて。
内臓は、なかなか手に入りません。(堀)
DSC03788.jpg
 
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2017年03月15日

網外し作業

朝、カミさんに魚の網外しの依頼。
鰊でもかかったのかと思って、増毛港に行ってみました。
黒ガレイが大漁のようです。
このところ良い天気が続いており、海も穏やか。
岸壁の上で網から魚を外す作業。
DSC03862.jpg DSC03864.jpg
天気は良いのですが、風はまだ冷たく、カイロが必需品。
この網外しは、何回か経験がありますが、私には、不得手。
黒ガレイや宗八カレイをもらってきました。
新鮮な黒ガレイの煮つけ。旬の美味しさです。
DSC03865.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2017年03月14日

ジャイアントスラローム大会

暑寒別岳ジャイアントスラローム大会。
3月12日に増毛のスキー場で行われました。
幼児から65歳以上の部まで男女18のカテゴリーに全道各地から196人が出場。
地方の大会で出場者が一番の大会ともいわれるようになりました。
理由それは、入賞の副賞のようです。
1位が甘えび、2位がホタテ、3位がリンゴとジャム、4位がぐるめ食品の加工品、5位が果樹100lのジュースセット、6位が中村屋の菓子セット。
これはすごいと思います。これが目当てというのもわかります。
これだけではありません。大抽選会でも出場選手以上の本数。増毛町の特産品が並びます。
増毛町役場の青年部も甘酒サービスなど実施。
スキー大会というよりお祭り的大会です。(堀)
DSC03824.jpg DSC03825.jpg
DSC03828.jpg DSC03823.jpg
 
 
 
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2017年03月13日

増毛中学校卒業式

母校の増毛中学校の卒業式。33人が卒業です。
この日は、抜けるような青空。素晴らしい天候に恵まれました。
まさに晴れの門出を祝うかのようです。
卒業式は、いつも感動します。
自分の卒業式は、50年近く前になります。
赤レンガの素敵な校舎でした。
建て替えの時、レンガを再利用したかったです。
校歌を生徒と一緒に歌ってきました。(堀)
DSC03819.jpg DSC03816.jpg
 
 
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2017年03月12日

健康づくり教室

増毛町では、生涯現役の町の実現を目指しています。
地方創生推進交付金事業で進めているストレッチヨガや体引き締め体操。
この日は、増毛町文化センターでの事業。
回を重ねるたびに参加者が増えています。
4月からは、オーベルジュましけに健康器具を設置。
私も体を引き締めなければなりません。(堀)
DSC03708.jpg DSC03704.jpg
 
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2017年03月11日

大別苅金毘羅山祭典

毎年、3月10日は、大別苅金毘羅山祭典。
この地区の漁業者が浜に打ち上げられていた金毘羅山、嘉永3年と彫られた石を祀っています。
毘沙門丸と謎の三千両という増毛の民話になっています。
この地区で50年以上続いている漁業の豊漁と海上安全を願う祭り。
海音寺住職による祈祷の後の直会でお酒をごちそうになりました。
15年ほど前までは、余興で沖揚げ音頭をステージで披露していましたが、現在では、歌える漁師がいません。
とても絵になるので復活を期待したいです。
これからも大事にしたい祭りです。(堀)
DSC03766.jpg DSC03773.jpg
DSC03770.jpg DSC03780.jpg
posted by mashikejin at 11:13| Comment(0) | 日記

2017年03月10日

追悼・琴若展続き

1993年、広報ましけ1000号。
ふるさとへのメッセージというコーナーで取材したことがあります。
留萌市で「ちゃんこ琴若」という店を開いていました。
「新十両に上がった時が一番うれしかった」というコメントが印象的でした。
DSC03751.jpg DSC03752.jpg
実は、琴若こと香島さんとは、同級生。
彼は雄冬で、私は、増毛で同じ学校に通ったことがありませんが、中学校の時に、一度並んだことがあります。
彼は、190cm近かったと思いますが、背の低かった私は、彼のわきの下にすっぽり入りました。
大相撲のスカウトが来て、一度東京に遊びに行こうと誘われたそうです。
気が弱いほうだと聞いていましたが、頑張りました。
琴若の勝敗に一喜一憂したことを覚えています。(堀)
DSC03763.jpg DSC03764.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2017年03月09日

追悼・琴若展

1970年代から80年代に大相撲で活躍した琴若。増毛町雄冬の出身。
琴がついているので佐渡ケ嶽部屋とわかる人も多いと思います。
DSC03749.jpg DSC03760.jpg
本名は、香島春男さん。1977年に幕下で全勝優勝して十両に昇進。
増毛町内をパレードした写真。ジープには、当時の本間町長が同乗。
DSC03750.jpg DSC03757.jpg
78年に入幕。最高位は東前頭2枚目。
星取表では4勝11敗で負け越し。
懐かしい力士の名前がたくさんありましたが、横綱になる前の千代の富士に勝っています。
DSC03755.jpg
けがに悩まされ、85年に引退。
昨年3月に61歳で亡くなっています。
増毛町にも大相撲の力士がいたことを覚えておいてほしいと思います。
琴若展は、増毛町元陣屋で3月21日まで。(堀)
 
 
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2017年03月08日

たらこと明太子

孝子屋ぐるめ食品のたらこと明太子。
増毛町のふるさと納税の返礼品で1.2を争う人気商品。
DSC03216.jpg DSC03219.jpg
たらこは、ぐるめ食品の主力商品のひとつ。
私は、箱入りでなく、もっぱら袋入りの徳用品。
味は保証します。本場以上でしょう。
増毛駅で営業を続けているぐるめ食品でどうぞ。(堀)
DSC03221.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2017年03月07日

カブのかぼちゃ漬け

鰊漬けを食べ終えてから開けるのがカブの漬物。
11月に自家製のかぼちゃを煮て、つぶし糠と塩を混ぜた餡にカブを漬けこんだもの。
DSC02011.jpg
市販されているのを見たことがありません。
あまり一般的でないかもしれません。
樽から出したばかりの時は、きれいな黄色なんですが、一日経つと色がくすんできます。
酸化するのでしょう。
今シーズン、家の冬用の漬物は、鰊漬けとカブのかぼちゃ漬けの2種類。
あとは、うまくいかないそうです。(堀)
DSC03625.jpg
 
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2017年03月06日

ホテルノースキング

週末、遠軽町生田原で開催された国稀新酒まつりに出席してきました。
会場は、ホテルノースキング。料理と温泉が人気のホテル。
昨年に続き2回目の参加です。
当ホテルの伊藤料理長がオーベルジュましけにいたのが縁。
DSC03733.jpg DSC03722.jpg
國稀の新酒は3種類。
増毛町や、遠軽町の隣の湧別町や佐呂間町の特産品を使った料理が並びます。
増毛の関山さんの豆腐やがんもが使われ、美味しかったですね。
鰊の三平汁をオホーツクではあまり食べないようです。
北海道内でも食文化が違います。(堀)
DSC03732.jpg DSC03727.jpg
DSC03721.jpg DSC03728.jpg
 
 
posted by mashikejin at 06:58| Comment(0) | 日記

2017年03月05日

雪の迷路

今年の増毛は、雪が少なく、この数日は暖気で雪解けが進んでいます。
自宅横に孫用に雪の迷路を造りました。
都会では無理でしょうが、増毛だからできるんですね。
1時間ほどで案外簡単にできました。
1か月ほどたっておりますが、迷路の除雪が結構大変。
大雪があると、迷路の維持は難しいと思います。
写真に残しておかなければ、記憶に残りません。(堀)
DSC03683.jpg DSC03666.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2017年03月04日

鶯餅と桜餅

ひな祭りなので鶯餅と桜餅を購入。
増毛中村屋さんのもの。
3個づつ6個こ入れを作ってもらったそうです。
DSC03711.jpg
餡を見せたくて、包丁でカットしましたが、いつもはそのままガブリです。
餡が手作り、こしていますので、色が薄いのが特徴。
中村屋さんはこれが売り。
地元のお菓子屋さんを大切にしたいです。(堀)
DSC03713.jpg DSC03716.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2017年03月03日

出港

増毛のエビ籠船。
3月1日午前0時には、時化のため出漁できませんでした。
出港したのは、2日の正午。
36時間遅れ。港には、もう一回分のカゴが残されています
船尾に赤い籠をいっぱい積んで出港です。
漁場にカゴ入れしてから、2回目のカゴ入れのため折り返し。
漁船の出港風景がいいと思っています。
DSC03688.jpg DSC03691.jpg
DSC03696.jpg DSC03699.jpg
 
posted by mashikejin at 07:28| Comment(0) | 日記

2017年03月02日

プラチナチケット

2017年國稀新酒まつりは、3月18日。
オーベルジュましけで開催。
1月下旬に発売後、すぐに売り切れるプラチナチケット。
限定180名。増毛町民より町外からのお客様が多いと思います。
自分は、10年以上連続して参加しています。
今年は、長女と次女を連れていきます。
二人とも國稀の大ファン。
国稀の特徴の淡麗辛口は、女性ファンが多いようです。(堀)
DSC03617.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2017年03月01日

ホタテとカニ

ホタテは、稚貝を蒸してから貝柱だけにして冷凍しておいたもの。
カニは、正月から冷凍となっていた毛ガニ。
冷凍したら安心してしまい、そのまま忘れてしまうんです。
1か月ぐらいで食べてしまえばいいのでしょうが。
カミさんがホタテは、クラムチャウダーに。
カニは、むき身とネギとでカニ炒り卵。
どちらも私の大好きな料理。
クラムチャウダーのホタテは、稚貝がいいですね。
他の食材も冷凍庫の中から発掘しなければなりません。(堀)
DSC03596.jpg DSC03595.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2017年02月28日

エビ籠漁出漁へ

増毛エビ籠漁が3月1日の出漁を前に準備。
赤いエビ籠が岸壁に並べられ、漁船の後方に積み込まれていきます。
一週間前に増毛港の排雪。ロープも積み込まれました。
DSC03584.jpg DSC03587.jpg
昨年は、エビの水揚げ量が前年と比較して30パーセント以上落ち込みました。
今年は、豊漁を期待したいです。
3月1日午前0時。一斉に出漁します。
安全操業と豊漁を祈っています。(堀)
DSC03641.jpg DSC03659.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2017年02月27日

スキー場パラレルの鐘

増毛のスキー場。市街地から10分です。
一日券がシニアだと1500円。
リフトに11回。これが限界です。
DSC03634.jpg DSC03628.jpg
1986年12月25日設置の鐘。
31年前のクリスマスの日。
リフト降り場のトドマツの木に取り付けられています。
大工さんに板を作ってもらい、職員が彫刻刀で彫り、色を塗った記憶があります。
鐘は、消防自動車についていたもの。
だいぶくたびれてきました。
新しくしたいですね。(堀)
DSC03640.jpg DSC02789.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2017年02月26日

甘海老の明太子漬け

増毛町稲葉町1丁目国稀酒造の通りにある「すが宗」。
大将が作る甘海老の明太子漬け。
すごく辛いのかなと思って口に入れましたが、辛さは後から少し。
甘海老の甘さ、旨さが生きています。
もう一品は、鰊のもろみ漬け。
身欠き鰊の堅い本乾ではなく、柔らかな鰊を使用しているようです。
ご飯の友とありますが、私には、お酒のつまみ。
大事に飲んでいた、国稀「蔵」を空けてしまいました。
DSC03600.jpg DSC03602.jpg
DSC03605.jpg DSC03607.jpg
posted by mashikejin at 10:16| Comment(0) | 日記

2017年02月25日

そばカフェ「凛」の小物

國稀酒造の並びのそばカフェ「凛」。
そばを注文して待っている間、カミさんが小物の品定め。
手作り小物が店内に置いてあります。
今回は、竹のペーパーナイフを購入。
以前、がま口やティッシュケースなどを買っているそうですが、既製品よりきれいに仕上がっているといいます。
この店のスタッフの手作りと聞きました。
そばは、鰊そばとカレー南蛮そば。
いつも同じものを食べているような気がします。(堀)
DSC03210.jpg DSC03209.jpg
DSC03204.jpg DSC03206.jpg
 
 
posted by mashikejin at 11:48| Comment(0) | 日記