2019年02月07日

スモークサーモンのマリネ

増毛ぐるめ食品のスモークサーモン。
マリネにしようと思い購入。
このサーモンは、皮がついていました。
取り除くのにちょっと苦労。
黄色のカラーピーマンと自家製の玉ねぎを合わせます。
黄色と白と赤の彩がいいと思っています。
市販のマリネの素を入れるだけ。
素材がいいと美味しいマリネができます。
このブログで紹介している料理は、ほとんどカミさんが作っています。
いつも私が作っているように紹介していると批判されています。
しかし、これは、簡単ですので私の作品です。
DSC08214.jpg DSC08584.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2019年02月06日

ホタテの料理

生まれて1年半くらいのホタテ。半成貝と呼ばれています。
割れたりして出荷できない貝をよくもらいます。
貝の大きさは、8センチぐらい、貝柱は、2〜3センチほど。
バター焼き、佃煮、フライ。
DSC08977.jpg DSC08976.jpg
パスタは、私がつくりました。なかなかいけます。
料理に使いやすく、たくさん食べることが出来るのがいいです。
DSC09098.jpg DSC08557.jpg
写真にありませんが、家では、クラムチャウダー、カレーやシチューにも使います。
小さなホタテですから様々な食材と合わせることができそうです。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2019年02月05日

スノーモービル

暑寒荘の雪降ろしに毎年お願いしているスノーモービル。
この日も3台で増毛山岳会員らをピストンで暑寒荘まで運んでいただきました。
私は、集合時間の1時間以上前に行って、歩くスキーで向かう予定でした。
DSC_0005.jpg DSC_0026.jpg
しかし、遅れて、スノーモービルのそりに乗せてもらうことに。
スノーモービルの後ろのそりは、はねあげる雪で雪まみれ。
山スキーやスノーボードだとロープで引いてもらえるので快適。
冬期不通区間は、6キロ弱。歩くスキーでも1時間15分ほど。
ツボ足だともっとかかり、スノーモービルのありがたさがわかります。
20年以上お世話になっています。
DSC_0065.jpg DSC_0070.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2019年02月04日

山小屋「暑寒荘」の雪降ろし

増毛山岳会が例年、今の時期に行っている暑寒荘の雪降ろし。
昨年までは、土曜日の午後から作業をし、宿泊して翌朝に帰ってきていました。
今年は、日曜日に日帰りです。
めずらしく、天候に恵まれました。
スノーモービル3台がピストン輸送で会員らを運びます。
DSC_0007.jpg DSC_0021.jpg
この日は、留萌山岳会員5人の協力を得て、参加人数は、全員で15人。
積雪量は、暑寒荘周辺が2メートルほどで、屋根の上には、1.5メートルほど。
例年より50センチ以上少ないでしょうか。
1メートル以上出ている雪庇は、危険なので、有刺鉄線で切り落とします。
DSC_0033.jpg DSC_0035.jpg
別棟のトイレも雪降ろし。
作業は、約2時間で終了。
日帰りのほうが体にも楽でいいと思います。
DSC_0039.jpg DSC_0044.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2019年02月03日

宗八カレイ

宗八カレイの一夜干し。
すが宗で購入。冷凍で販売されています。
カレイの焼魚と言えば、宗八が一番好き。
DSC09161.jpg DSC08737.jpg
すが宗の大将が作った宗八カレイは、塩味が絶妙。
以前は、一夜干しにした宗八カレイに醤油をかけて食べていました。
くせなんでしょう。
今は、血圧が高くならないようにそのまま食べています。
DSC09162.jpg
八角もすが宗のもの。一緒に焼いてもらいました。
小さな八角でしたがこれも美味しい。
すが宗の一夜干しもおすすめです。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2019年02月02日

スキー体験

「北海道移住まるごと体験モニター」で大阪から増毛町に訪れた家族。
家族は、両親と小学生の女子。
1週間滞在して、増毛町の暮らしを体験します。
1年生と5年生の女の子のスキー体験。
スキーの指導を急遽引き受けることになりました。
二人ともスキーは、初めて。
DSC09207.jpg DSC09210.jpg
10分ほどスキーで歩いたのち、リフトで上に。
スキーの前を止める器具を付けると安全に滑ることが出来ます。
二人とも楽しんでくれた様子。
厳しい冬の体験が貴重です。
DSC09208.jpg
posted by mashikejin at 08:03| Comment(0) | 日記

2019年02月01日

国稀ルームでコース料理

オーベルジュましけのコース料理。約3か月ぶりです。
DSC09200.jpg DSC09189.jpg
旬のお造りは、タコ、ホタテ、甘エビ。盛り付けがきれい。
帆立と北寄のソテー。
DSC09188.jpg DSC09190.jpg
本日の鮮魚のプロヴァンス。魚は、アイナメ、菜の花と舞茸。
この日の一番のお気に入り。とても美味。
肉料理は、知床産の豚ロース肉のロティ。
DSC09193.jpg DSC09194.jpg
定番の洋風茶漬けは、私の一押し。
デザートは、苺のタルト。
DSC09196.jpg DSC09198.jpg
この日は、11名。国稀ルームは、25人ぐらいまで入ります。
コース料理は、5000円からとリーズナブル。3日前までの予約。
ご家族、友人同志におすすめです。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2019年01月31日

岩海苔

知人からいただいたのは、岩海苔。
雄冬地区の岩海苔が手に入らなくなりました。
浜益産とありますが、増毛の南側で海つながり。
DSC09044.jpg
味は、同じですが、少し寂しいですね。
この岩海苔、市販の海苔と違い風味が数倍あるんです。
私は、ガスのコンロで軽く焼いて、5センチほどの大きさにカットして、タッパーに保存。
DSC09103.jpg DSC09107.jpg
醤油を少しつけてご飯の上に。
おにぎりも絶品なんです。
増毛産の岩海苔を流通させてほしいと思っています。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2019年01月30日

洋梨ジュース

増毛町は、洋梨の作付面積が多いまち。
仙北要果樹園の洋梨ジュース。
ラベルもなかなかいいです。
DSC09071.jpg
製造は、増毛シードルを作っている果樹園の中の(有)ホリタック。
洋梨の味がとてもいいと思っています。
オーベルジュましけの売店に並んでいたのは、りんご果汁と洋梨果汁。
りんご果汁の瓶とラベルは、変わっていませんが洋梨果汁の瓶とラベルがおしゃれに変わりました。
DSC09118.jpg DSC09117.jpg 
増毛の洋梨のジュースは、珍しいと思いますのでぜひ飲んでほしいです。
ジュースやジャムが果樹園からたくさん出てきてほしいと思っています。
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2019年01月29日

シーフードカレー

数年前までは、カレー作りにはまっていたのですが、最近は作らなくなりました。
カミさんが作ったのは、シーフードカレー。
シードフードは、甘エビ、ホタテ、タコ、ひる貝。
すべて増毛産。
甘エビは、むき身。ホタテは、ベビーホタテ。タコとひる貝は、食感がいいんです。
ひる貝は、ムール貝と言ったほうが聞こえがいいですね。
一緒に煮込んでいるので、この写真では、シーフードがわかりません。
カレーの上にシーフードがのっていると、写真映えがすると思います。
味はとてもいいんですが。
DSC09063.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2019年01月28日

雄冬まで

1月にしては、素晴らしい天気です。
雄冬地区は、増毛町から札幌に向かい25キロほど。
用事があり、車を走らせました。
雄冬岬の上に太陽があり、海が輝いて見えます。
DSC08949.jpg DSC08945.jpg
地元の人が軍艦島という岩。
雄冬港からの景色もきれい。
雄冬から増毛市街への帰り、最初のトンネルが赤岩岬。
こんな素晴らしい天気が続けばいいのですが。
DSC08952.jpg DSC08957.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2019年01月27日

北海道日本ハムファイターズ増毛町後援会新年会

オーベルジュましけで開催された平成31年の増毛町後援会総会と新年会。
現在の会員数95名中52名が参加。
DSC09152.jpg
増毛町後援会は、2017年12月に発足。
留萌管内では、一番最後でした。
昨年11月に増毛町応援大使に決定した、西川選手と杉浦投手。
DSC09156.jpg DSC09157.jpg
等身大の二人のパネルの前では、記念写真が人気。
新年会でいちばん盛り上がったのが、サイン色紙やファイターズグッツの当たる抽選会。
全員に当たりました。
DSC09130.jpg DSC09132.jpg
北海道日本ハムファイターズの今年のキャッチフレーズが、驀進(ばくしん)。
ファイターズを応援して、増毛町も大いに盛り上がりましょう。
DSC09143.jpg
posted by mashikejin at 10:05| Comment(0) | 日記

2019年01月26日

ビンゴゲームの景品

増毛町内での団体等の新年会。
余興で行われるのがビンゴゲーム。
DSC09088.jpg DSC09094.jpg
2回のビンゴゲームで、私が当たったものが二つ。
1回目は、中村屋の焼き菓子の詰め合わせ。
DSC09091.jpg DSC09096.jpg
人気の中花まんどら焼きの他、マドレーヌ、パウンドケーキ、最中など。
嬉しい景品です。
もう1品は、国稀。私の好きな千石場所。
発砲の箱に入っているのは、ホタテ。
増毛町の特産品を使用した景品がいいと思っています。
DSC09090.jpg DSC09109.jpg
posted by mashikejin at 07:46| Comment(0) | 日記

2019年01月25日

居酒屋「忠」の大皿料理

寿司・居酒屋「忠」の大皿料理。新年会の料理です。
ここの店の定番は、タコザンギ。
イカリング揚げと一緒にいつも出てきます。
タコザンギは、今の増毛町のご当地グルメですが、この店が元祖。
天ぷら風ですが、増毛町では、唐揚げ風などザンギと言えばタコです。
DSC08994.jpg DSC08997.jpg
ホタテで私が、一番好きなフライが出てきました。
ハタハタの唐揚げや握り寿しでは、数の子が大きさといい味といいおすすめ。
DSC09001.jpg DSC08990.jpg
肉は、ローストビーフ。お肉も必要ですね。
1月でも数回、新年会でいただいていますが、飽きが来ません。
DSC08986.jpg DSC08991.jpg
またまた、国稀大吟醸の差し入れです。
正月でなければ飲むことが出来ないお酒。
当然、大吟醸がなくなるまでいただきました。
DSC08998.jpg DSC08987.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2019年01月24日

増毛ホームシトロン 

5歳の孫が、幼稚園でもらってきたサイダー。
裏の説明書きを見ると「かつて、増毛町民が喉を潤した増毛エビス飲料。その人気商品であったホームシトロンを復刻いたしました。」変わらぬ思い出とともにお楽しみくださいとあります。
もう一本は、北海道の赤肉メロンをイメージしためろんサイダー。
製造は、増毛ーシードルを作っている果樹園の中の有限会社ホリタック。
そういえば、子供の頃、エビス飲料のジュースやサイダーを箱買いして飲んでいました。
増毛の水が決め手なのでしょう。
DSC08577.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(4) | 日記

2019年01月23日

雄冬海岸の滝

この日は天気が良く、雄冬の滝が氷におおわれてきれいでした。
白銀の滝(しらがねの滝)と読みます。
高さは、正確にはわかりませんが、20メートル以上はあると思います。
正確に調べておく必要ありますね。
季節によって表情を変えるんですが、新緑の頃の雪解け水が多い時期と、厳寒のこの時期が好きです。
DSC08946.jpg DSC08948.jpg
増毛側から見て、手前にもう一つの滝がありますが、凍っています。
雄冬に住んでいる人は以前、あっちの滝が白銀の滝、手前をこっちの滝といっていたそうです。
黒岩トンネルの出口にあるのが、銀鱗の滝。
看板は、10年ほど前に私が立て替えたものです。
ただ、通り過ぎないで滝の表情もご覧ください。
DSC08960.jpg DSC08961.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2019年01月22日

ナンバンエビ

増毛では、ナンバンエビというのが漁師。
正確にはホッコクアカエビですが、甘エビが一般的。
会合にエビこぎ網漁の船頭さんが持って来てくれました。
ハネものだといいますが、先ほど水揚げされたもの。
殻をむきながらいただきましたが、新鮮なのでむきづらいんです。
DSC09045.jpg DSC09049.jpg
それでも20尾は食べたでしょう。
甘エビがあるせいかオードブルがすすみません。
残ったエビをもらって帰りました。
家では、国稀佳撰を入れて塩を振って酒蒸しに。
蓋は、最初からいらないと思います。
エビに火が通ればOK。エビの頭の味噌がお酒と混ざり絶品。
おすすめの甘エビの食べ方です。
DSC09051.jpg DSC09056.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2019年01月21日

酢だこ

丸万水産の酢だこ。
赤く着色した酢だこではなく、無着色です。
冷凍で販売されてています
DSC08569.jpg DSC08978.jpg
酢だこですから、酢が効いており、カミさんが袋を開けたときはむせていました。
一口大にカットしてあると書いてありますが、少し大きいので、小さめにカット。
まずそのまま食べてから、キュウリとわかめで酢のものを作ってもらいました。
入っていた酢が効いたたれを捨て、かんたん酢を入れたといいます。
これも美味しくいただけます。
体にいいと思います。
DSC09041.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2019年01月20日

料理を残しません

新年会が多い1月。
女性が多いと料理が残りませんが、男性が多いと残ることが多いんです。
この日は、団体の新年会。
男性ばかりでしたが、テーブルの上の料理は空。
結構食べました。
残った料理もパックに入れて持ち帰ります。
2年前から増毛町で奨励しています。
生ごみの減量化になりますし、料飲店も助かるでしょう。
空のお皿を見ると気持ちがいいです。
料理は、残さず、持ち帰りましょう。
DSC08824.jpg DSC08827.jpg 
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2019年01月19日

増毛歩くスキー愛好会

先週の土曜日が今年の練習開始日でした、
私は、今日が初めて。午前10時から1時間ほど歩きます。
DSC09010.jpg DSC09015.jpg
練習場所は、増毛町の暑寒別川の河川敷。
パークゴルフのコースを歩いて1周約2キロ。
それぞれのペースで25分から30分。
2周から3周します。
増毛歩くスキー愛好会は、25名ほど。
この日は、9名が参加。
DSC09020.jpg DSC09032.jpg
最高年齢は、92歳。この日の平均年齢は、75歳ぐらいでしょうか。
皆さん元気です。
歩くスキーは、転倒したら危ないと思うでしょうが、雪道を歩くより安全。
冬は、歩くスキーで運動不足解消です。
posted by mashikejin at 11:49| Comment(0) | 日記