2020年10月11日

プルーン

私の子どものころは、プルーンはありませんでした。
生のプルーンを食べるようになったのは30年ほど前からでしょうか。
このプルーンにも多くの種類がありますが、なかなか一般的ではありません。
大きなプルーンのほうは、パープルアイという品種。
小さな方は、シュガーという品種です。
シュガーのほうが甘いと思います。
DSC08602.jpg DSC08604.jpg
プルーンは、甘過ぎず、優しい甘さがいいと思っています。
食べ頃は、柔らかくなり、上の方に少しシワがよったころ。
美味しい増毛のプルーンをどうぞ。
DSC08655.jpg 
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2020年10月10日

室内楽コンサート

増毛町文化センターでのアンサンブルグループ「奏楽」(そら)のコンサート。
20.10 7 (26).jpg
会場の大ホールは、90名の聴衆。
座席の間隔をとり、検温、手指消毒、氏名連絡先の記載などコロナ対策がとられました。
主催は、木・音・人ふれあいコンサート実行委員会。
20.10 7 (23).jpg
旧増毛小学校体育館、重要文化財「旧商家丸一本間家」國稀酒造千石蔵で20年以上開催されています。
今回は、コロナ禍で密を避けるため、初めて文化センターで開催。
オーボエ、ヴァイオリン、ピアノ、ソプラノの4名。
第1部は、クラシックが中心ですが聞き覚えのある曲ばかり。
第2部はポピュラー、童謡、演歌など。
20.10 7 (3).jpg
舟歌が演奏され、映画「駅・STATION」のシーンが思い出されました。
聴衆は、20代、30代は数えるほどで60歳代が一番多かったようです。
たくさんの方々に聞いてほしいですね。
豊かな時間を過ごすことが出来ました。
posted by mashikejin at 07:00| Comment(4) | 日記

2020年10月09日

たらこパスタ

増毛ぐるめ食品のほぐしたらこ。
DSC08401.jpg
冷蔵庫のチルドルームに入っていましたが、そろそろ食べきらなければなりません。
たらこは、全部絞り、明太子は少しだけ使用。
牛乳とバターとほんだしを入れ、フライパンでパスタとからめました。
DSC08403.jpg
他のパスタは良く作るのですが、たらこパスタを作ったのは、初めて。
まずますの出来。しかし、娘は、もっとつゆだくのほうがいいと。
増毛ぐるめのほぐしたらこでパスタをどうぞ。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2020年10月08日

平日ランチ

土日祝日は、行列の福よし。
國稀酒造の向かいの通りにあります。
KIMG0944.jpg
平日のお昼時も車が何台も駐車しているのですが、この日は1台のみ。
久しぶりに福よしの平日ランチメニューの日替わり定食。
しかし、注文したとたんに次から次へとお客様。
日替わり定食は、15食限定。
KIMG0941.jpg
刺身は、甘エビ、たこ、ヒラメ、マグロ。
マグロ以外は、増毛産。
他は、サンマの煮付け、いかげその揚げ物、ホッキの酢味噌和え、増毛関山豆腐店の寄せ豆腐。
味噌汁は、甘エビの頭。優しい味で美味しかったですね。
KIMG0943.jpg
福よしの平日ランチおすすめです。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2020年10月07日

増毛町内一周(その2)

長い坂を登り切るとポルクの看板。コーヒーと食事の店。
DSC08314.jpg
国道では、広い歩道を走りました。
増毛町役場の看板を右折。国道を横切るので注意。
DSC08315.jpg
昨年と違うコース。目的は、旧増毛小学校。
DSC08318.jpg DSC08320.jpg
増毛厳島神社を左折、元陣屋の前を通り、暑寒沢の果樹園地区へ。
墓地の手前から果樹園の農道を走ります。坂口果樹園の看板が目印。
リンゴ、プルーン、ぶどう畑の中を走ります。
DSC08324.jpg DSC08328.jpg
暑寒沢東公園でトイレ休憩。
道道暑寒公園線に出て、市街地に向かい、セイコーマートで左折。
DSC08336.jpg
増毛中学校を過ぎ、赤い吊り橋を渡り、リバーサイドパークへ。
リバーサイドパークからは、別苅地区の田んぼの中を走り抜けます。
DSC08341.jpg
田んぼの面積を広げる区画整理事業が行われています。
農道から国道231号へ。暑寒別川の鮭遡上を見学。
セブンイレブンで右折して、潤澄寺を左折。
関山豆腐店、スカンピンパン屋さんがあります。
DSC08346.jpg
郵便局を左折し、駅前通へ。
全行程は35キロ。2時間30分弱。
その2の増毛町内でも1時間と15分ほど。
増毛町内のサイクリングいかがです。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2020年10月06日

増毛町内一周(その1)

増毛町内を自転車でサイクリング。
私の愛車は、1994年製だったと思うのですが、マウンテンバイク。
まだまだ走ります。昨年は春と秋に走っています。
DSC08348.jpg
増毛駅がスタートゴール。
DSC08349.jpg DSC08294.jpg
増毛港、マリーナ、国道231号に出て、日本海を左手にみながら走ります。
DSC08297.jpg 
箸別川では、鮭の釣り人。
DSC08299.jpg 
舎熊地区のセイコーマートを右折。
信砂地区へ。カーブの手前で新信砂地区へ。
このときは、稲刈りがまだ行われていませんでした。
DSC08308.jpg 
笹沼地区では、途中コスモスが両サイドに。
ここから国道231号までは、気持ちの良い下り。
国道に出るまでは、1時間。ここから海を右手にみながら走ります。
箸別地区の国道の坂が最大の難所。
DSC08313.jpg
やっとの思いで登り切り、増毛市街へ向かいます。
この町内一周は、2日間に分けて紹介します。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2020年10月05日

コロッケ

今年豊作だったジャガイモの男爵を使いコロッケづくり。
中に入るタマネギコーンも自家製。
ひき肉だけ購入しました。
DSC08292.jpg DSC08265.jpg
かみさんと娘がコロッケを大量に作っています。
70個以上あります。コーンがたくさん入り美味しくできあがりました。
札幌の娘たちにも送ります。
この時期必ずリクエストされるのは増毛の果物。
DSC08286.jpg DSC08287.jpg
今回は、国道沿いの佐藤健一果樹園の洋梨オーロラとプルーン。
DSC08284.jpg
洋梨は黄色くなってから。
プルーンは柔らかくなり、シワが少し寄ったころが食べ頃です。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2020年10月04日

音の夕べ

10月7日(水)午後6時30分開演の音の夕べ
文化センター大ホールで開催。
アンサンブルグループ「奏楽」(そら)のメンバーによる室内楽コンサート。
DSC08473.jpg
ここ数年は、國稀酒造千石蔵において、飲食可のコンサートを実施。
今年は、コロナ禍もあり飲食なしのコンサートとなりました。
クラッシックからポピュラーソングまで、バラエティに富んだプログラム。
毎年、すばらしい演奏や歌を聴かせてくれています。
増毛町では、なかなか生の音楽に触れる機会はありません。
DSC_0059.jpg
写真は、昨年のコンサートです。
コロナウイルスの感染防止対策でマスクの着用、検温、手指消毒、記名などに協力をお願いします。
私も実行委員としてお手伝いしています。
奏楽のコンサートにどうぞお越し下さい。
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2020年10月03日

國稀純米ひやおろし

國稀純米ひやおろし。
すでに1本購入し、飲みきってしまったので、この日は2本購入。
毎年、ひやおろしを楽しみにしています。
ひやおろしは、春に絞った酒を秋になってから出荷するお酒。
ラベルも秋色模様。
道産の酒造好適米は、吟風、彗星、きたしずく。
きたしずくは、一番新しい道産の酒米。
このきたしずくを使用した國稀は少ないと思います。
限定酒の國稀純米ひやおろしをどうぞ。
DSC08453.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2020年10月02日

秋鮭漁

朝8時、増毛港。
秋鮭定置網漁の船が港に横付け。
DSC08475.jpg DSC08485.jpg
氷の入った船倉には、たくさんの鮭が見えます。
クレーンで鮭を陸揚げ。
DSC08489.jpg DSC08480.jpg
乗組員の家族や増毛漁協職員が鮭のオス、メスを分けていきます。
今年は、昨年に比べ、増毛港での鮭の水揚げは好調のようです。
DSC08477.jpg DSC08476.jpg
コロナ禍で漁価が全般的に下がっていますが、秋鮭は下がっていません。
全道的に不漁のため、価格が下がらないのかもしれません。
久々に増毛港に活気です。
豊漁続いてほしいです。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2020年10月01日

落葉キノコ

増毛のキノコの代表的なハナイグチ。落葉キノコです。
DSC08462.jpg
昨年は、9月11日にこのコラムで紹介していましたが、近所の方が持ってきてくれたのは9月末。
今年初めての落葉です。
家では、いつも同じ食べ方。
DSC08468.jpg
大きなキノコは、味噌汁に。
DSC08466.jpg
小さなキノコは、大根おろしと一緒に酢の物。
キノコを持ってきてくれた家では、いつも醤油漬けにして食べるそうです。
今度作ってみなければなりません。
この季節に食べたい旬の味覚です。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2020年09月30日

秋の実りを楽しむ会

日曜日に開催された秋の実りを楽しむ会。
松ノ倉とすが宗の間の小さなスペースで開催。
DSC08450.jpg DSC08445.jpg
バルーンアートや綿飴作り体験などのイベント。
サックス4重奏などの音楽パフォーマンス。
石狩鍋、鮭親子丼、キノコご飯などの味覚。
野菜、果物、米、花などの即売。
DSC08459.jpg DSC08463.jpg
会場では、石狩鍋を食べ、鮭の親子丼、キノコご飯おにぎり、カボチャ団子、ソーセージ、國稀酒々饅頭などをテイクアウト。
その日の夕飯になりました。
DSC08456.jpg DSC08454.jpg
手作りのイベントが楽しいですね。
DSC08398.jpg
このような小さな催しが増毛町内のいろいろなところで開催されるといいと思っています。
続きを読む
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2020年09月29日

洋梨パートレット

小ぶりな洋梨パートレット。
果樹園の奥の方の仙北昌洋観光園で購入。
DSC08195.jpg DSC08192.jpg
ここの果樹園は、一山500円、1000円売りが特徴。
このパートレットも一箱1000円ほど。
DSC08384.jpg
小さなパートレットは、安いです。
全部黄色になって、食べ頃になるのを待っていました。
目的は、洋梨のジャム。ナイフがすうーと入れば食べ頃。
DSC08387.jpg
かみさんに皮むきと細かくカットするのを手伝ってもらいました。
ブランデーワイン、マルゲリットマリーラなど洋梨もジャムにしてみましたが、パートレットが適度の酸味もありジャムにむいているようです。
何よりも安価なのがいいと思います。
DSC08393.JPG
砂糖は、果物の重さの15lほど。
レモン汁で味を整えています。
DSC08391.JPG
毎朝、ヨーグルトに入れ食べています。
洋梨パートレットのジャムおすすめです。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2020年09月28日

旭川の歴史的建物の保存を考える会

旭川の歴史的建物の保存を考える会の増毛町見学会。
旧増毛小学校、増毛厳島神社、國稀酒造などを見学。
23名が来町。
毎年実施しているそうですが、コロナ感染防止のため人数は例年の半分と聞きました。
旧増毛小学校は、私が案内、説明しました。
DSC08409.jpg DSC08404.jpg
築84年の大きな木造校舎、特に体育館のトラス構造に見入っていました。
増毛厳島神社では、小林宮司からの説明。
DSC08439.jpg DSC08413.jpg
北海道文化財に指定された絵馬7点と彫刻の本殿に感心していました。
歴史的建物に興味のある方々ばかりですので、真剣なまなざし。
説明にも力が入ります。
また、増毛町にお越しくださることを期待しております。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2020年09月27日

塩ウニ

知人が作った塩ウニ。
サランラップに包んであり、パックに入っています。
DSC08136.jpg
少し甘く出来たといいますが、私には、まだ塩分が多いと感じます。
昔は、冷凍保存が出来なかったので、塩ウニとして製品になっていましたが、今は余り手に入りません。
DSC08091.jpg
箸にウニを少しとって、舌の上に乗せ、増毛の銘酒國稀佳撰を口に含みます。
冷やでも熱燗でもいいと思います。
DSC08093.jpg
塩ウニと佳撰の甘さが混ざり合い、絶妙。
血圧を考え、食べる量を注意しなければなりません。
しかし、國稀はすすみます。
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2020年09月26日

増毛米初出荷

9月25日、増毛町農業倉庫前で行われた令和2年増毛米初出荷。
この日は、町内信砂地区の稲作農家のゆめぴりか。
南るもい農協組合長より記念品が贈られました。
DSC08368.jpg DSC08370.jpg
全量一等米。タンパクも6.5lと基準の7.9l以下の低タンパク米。
低いタンパク値が美味しい米。
増毛町産米は、食味が良いと定評があります。
DSC08373.jpg DSC08374.jpg
あと2週間ほど稲刈りが続きます。
事故なく、安全に稲刈りが終了することを願っています。
美味しい増毛町産の新米楽しみです。
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2020年09月25日

暑寒別川河口

午前7時過ぎの暑寒別川河口。
今年は、多くの鮭が、暑寒別川に戻ってきています。
2020 .9 (6).jpg 2020 .9 (7).jpg
国道231号の橋の上から見ると鮭の姿を見ることが出来ます。
2020 .9 (5).jpg
すでに息絶えて、川の底に沈んでいる鮭も。
河口付近にもたくさんの鮭。
2020 .9 (1).jpg 2020 .9 (4).jpg
この日は、川の水量も多く、波もあまりなく、条件は良くなかったのですが、波のスクリーンに写る鮭をとらえることが出来ました。
100枚以上撮影してこの1枚。
2020 .9 (3).jpg
沖に別苅漁港に戻る鮭漁の船。
2017年10月7日、ましけコラムで紹介した波のスクリーンの鮭ほどの迫力はありませんが、ラッキーです。
川には、大量に戻ってきていますが、後は、増毛の前浜で鮭漁が大漁となることを願っています。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2020年09月24日

赤飯

彼岸にいつもいただいているおはぎ。
自分の畑で小豆を育て、それを餡にしている本格派。
甘さが控えめで上品な味。
いつも楽しみにしています。
DSC08220.jpg
今年は、赤飯もいただきました。
この赤飯に入っているのは小豆。
先日、田んぼが多くある地区のお祭りにいただいた赤飯。
これには、小豆の代わりに大粒の甘納豆。
DSC08116.jpg
これもまた美味しい。
職場で聞くと小豆派と甘納豆派は、増毛町内では半々。
どちらの赤飯も好きです。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2020年09月23日

テイクアウトオードブル

内祝いで鮨IZAKAYA忠にオードブルを注文。
時間を決めて取りに行ってきました。
8000円のオードブル大皿一枚ですが、大人6人子供1人で十分な量。
DSC08208.jpg
アワビ、タコザンギ、鳥串、豚串、エビとホタテのフライ、イカ、シュウマイ、手羽先など。
DSC08214.jpg
ご飯は、自家製のイクラご飯にしましたが、娘は、鮭の親子丼。
汁ものは、秋味鍋。
DSC08209.jpg
増毛の細目コンブで出汁をとっているので、孫が絶賛。
この美味しさがわかる6歳の舌、肥えています。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2020年09月22日

4連休

9月の4連休。
まずますの天候に恵まれました。
増毛駅前通りに多くのお客様。
DSC08227.jpg DSC08224.jpg
増毛駅に車を止めて、駅前通りを散策する観光客が多いのですが、駅の駐車場は満杯状態。
駅舎内では、タコザンギが売れています。
DSC08232.jpg
国稀酒造には、大型バスも入ってきました。
DSC08240.jpg DSC08234.jpg
寿しのまつくらや麺屋田中商店、アップルパイのフルーツラボ、鈴木かまぼこ店などは、行列です。
DSC08233.jpg
暑寒沢地区の果樹園では、果物狩りのお客様でにぎわっています。
暑寒別川では、鮭遡上を見学できます。
DSC08243.jpg
美味しい秋の増毛にどうぞお越しください。
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記