2017年04月03日

歩くスキー楽しんでます

2週間ぶりに暑寒別川上流を歩くスキーで歩きました。
川の中の雪の割合が小さくなっています。
流れの音が大きくなっていました。
川面すれすれを飛んででいくのはカワガラス。
数羽を確認。活発に活動しています。
前には確認できなかったネコヤナギ。
触ってみるとビロードのよう。
日頃のストレスを歩くスキーで解消しているかもしれません。
川の上流にも春が確実に近づいています。(堀)
17.4.1 (5).jpg 17.4.1 (4).jpg
17.4.1 (2).jpg 17.4.1 (1).jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2017年04月02日

増毛漁港

天気の良い穏やかな日が続いています。
増毛港の小型船溜まり。
刺し網漁船が漁から戻り、岸壁の上で魚の網外しをしています。
2週間前よりだいぶ暖かくなってきました。
DSC04108.jpg DSC04109.jpg
この一か月は、海が荒れた日がほとんどありませんでした。
増毛漁協の前の遠藤水産には前浜で獲れた魚が並んでいます。
甘エビ、タコ、カスベ、ハタハタ、真ガレイなど。
新鮮な魚は、増毛でどうぞ。(堀)
DSC04110.jpg DSC04101.jpg
DSC04102.jpg DSC04104.jpg
posted by mashikejin at 11:10| Comment(0) | 日記

2017年04月01日

健康づくりはラ・サンテではじめる

増毛町では、増毛で生活している方の健康寿命を延ばすことで、生涯現役の町の実現を目指しています。
国の地方創生推進事業を活用。
健康づくり教室は、「体引き締め体操」「関節痛予防体操」「ストレッチヨガ」「しっかりウォーキング」。
4月3日には、オーベルジュましけに健康器具を備えた「運動一番 La・sante(ラ・サンテ)」がオープン。
無料で利用できます。
La・santeは、フランス語で健康を意味するそうです。
私も週1〜2回を目標に通います。
オーベルジュましけでお風呂とともにご利用ください。(堀)
DSC04093.jpg DSC04097.jpg
posted by mashikejin at 08:01| Comment(0) | 日記

2017年03月31日

送別会の料理

オーベルジュましけでの送別会。
料理の評判がとても良かったです。
刺身は各自に付きましたが、テーブルには大皿の料理。
刺身は、増毛の蛸、甘えびのほかサーモンなど。
特に、甘えびが透き通っていて新鮮。
DSC04069.jpg DSC04073.jpg
和洋折衷なんですが、天ぷらの盛り合わせや他の料理も美味しかったです。
最後のデザートも格調高くグット。
オーベルジュましけで宴会をどうぞ。
DSC04070.jpg DSC04071.jpg
DSC04072.jpg DSC04076.jpg
 
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2017年03月30日

分け魚

カミさんが早朝から頼まれ、網はずし作業でもらってきた魚。
その魚のことを増毛では、分け魚といいます。
DSC04002.jpg souhati (3).jpg
カジカと宗八カレイが食卓にのっています。
カジカは、みそ仕立てのかじか汁。
宗八は、一夜干しで焼き魚。
カレイの中では焼き魚の王様でしょう。
他には、以前、漁師からもらったタコ。
この日の食卓は、すべてもらいもの。
お金がかかっていませんが、新鮮で地物を食べることが幸せです。
感謝しながらいただいております。(堀)
DSC04005.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2017年03月29日

増毛線を歩く

早朝、鉄道の跡地を歩いてみました。
天気が良い日が続き、雪が固く締まっています。
歩いてみて比較的高い位置にあると感じました。
雪が50cmほどあるからかもしれません。
増毛駅を留萌方面から写した写真。このアングルであまり獲っていません。
港では、カレイの網外しが行われています。
マリーナの写真は、電線が邪魔をしています。
穏やかな日が続いており、海も凪ています。
DSC04064.jpg DSC04066.jpg
DSC04061.jpg DSC04068.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2017年03月28日

甘酒サービス

國稀酒造にも春のお客様が増えてきました。
道路が乾いているので増毛まで走りやすいと思います。
覗いてみただけなのですが、甘酒をすすめられました。
DSC03851.jpg DSC03852.jpg
隣も腰を掛けてほっこりしています。
甘酒が今、はやりのようです。
國稀の酒粕で作ってみてください。
私は、甘酒に牛乳や豆乳を混ぜて飲んでいます。
おすすめです。(堀)
DSC_0173.jpg DSC03896.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2017年03月27日

海鮮天丼

寿司処「福よし」で昼食。
娘たちは、海鮮天丼と握り。
自分が注文したのは、海鮮生ちらし。
海鮮天丼が美味しそう。
甘エビと大きなエビ、白身さかな、イカ、ホタテ、タコ。
自分以外のものが美味しそうに見えます。
長女は昼からビールを注文。
私は運転手なのでノンアルコールビール。
通しは、稚貝の和え物。
観光のお客様も多くなってきました。(堀)
DSC03894.jpg DSC03888.jpg
DSC03891.jpg DSC03886.jpg
 
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2017年03月26日

サッカー少年団の卒団式

増毛サッカー少年団の卒団式。
6年生13人。男子が8人、女子が5人。女子が多いのが特徴。
この子たちが4年生の時、Uー10のカテゴリーで全道大会出場。
増毛リトルカップサッカー大会でも15年ぶり2回目の優勝の子供たち。
サッカーだけでなく、運動能力が高かった学年。
それまでは、指導者と大会の監督をしていましたが今は、一線を退いています。
最近は、このような行事の時しか顔を出せません。
卒団者は、各指導者からの言葉に真剣に耳を傾けていました。
これだけ多くの団員が減ると寂しくなります。
中学校では、勉強と部活をしっかり両立させてほしいと思います。(堀)
DSC04021.jpg DSC04023.jpg
DSC04027.jpg DSC04029.jpg
posted by mashikejin at 09:06| Comment(0) | 日記

2017年03月25日

ケーキとおはぎ

山崎菓子店の誕生日のケーキ。
18cm。シュークリームがアクセント。
スポンジとクリームの美味しさが格別。
ケーキの周りに家族のだんらんがあるという取材での言葉を思い出しました。
DSC03951.jpg
一方のおはぎは、知人からの頂き物。
小豆から餡を作るという本格派です。
甘さも控えめで上品な味。
甘党ではないのですが、ケーキもおはぎもいけます。(堀)
DSC03974.jpg DSC03977.jpg
posted by mashikejin at 10:19| Comment(0) | 日記

2017年03月24日

雪です

昨日今日の増毛は雪模様です。
5cmほどですが、道路も真っ白くなっています。
昨日は、久しぶりに除雪をしましたが、今朝はしません。
融けるでしょう。
昨日も道路の雪はすぐに解けました。
札幌もこの時期では季節外れの大雪のようです。
しかし、週末は、気温が上がる予報。
気持ちは春にむかっています。(堀)
DSC04000.jpg
 
posted by mashikejin at 07:28| Comment(0) | 日記

2017年03月23日

2016梅酒

2016年8月の初めに仕込んだ梅酒の梅を取り出しました。
昨年より1か月以上早いようです。
梅酒を試飲してみたら、なかなかいい味です。
DSC03987.jpg
1.8g3本分。
ガーゼでこしてウイスキーの瓶に入れて保存。
毎年、同じ方法で10年近く作っていますが、微妙に味が違います。
ラベルをつけて、それぞれの年の分を味わうのが楽しみ。
取り出した梅をジャムにしたことがありましたが、いまいちでした。
今は、廃棄しています。
梅酒を入れる瓶の確保のため、ウイスキーもたくさん飲まなければなりません。(堀)
DSC03994.jpg DSC03993.jpg
 
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2017年03月22日

暑寒別川上流

連休の最終日、暑寒別川上流を歩くスキーです。
道道暑寒別公園線の除雪終点で車を止め、暑寒別川沿いを歩きます。
市街地から車で10分ほどで到着。
山スキーの車でしょうか7台止まっています。
DSC03973.jpg DSC03956.jpg
雄冬山がきれいでしたね。
毎年、数回歩いていますが、今年は時間が取れず、今回が初めて。
いい天気が続いているので、雪が締まり、スキーが滑ります。
雪解けが進んでいるとはいえ、川の中には雪帽子と呼ばれる景色をまだ楽しむことができます。
川面すれすれに飛ぶのはカワガラス。
1時間ほど気持ちの良い汗を流しました。
DSC03971.jpg DSC03957.jpg
DSC03964.jpg DSC03967.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2017年03月21日

白いおはぎ

増毛中村屋のおはぎ。
お彼岸なのでカミさんが購入してきました。
小豆の餡が白なんです。
店の奥様にお聞きすると、小豆の皮を取り除いて餡を作っているから。
このような餡の作り方をしているところはあまりないといいます。
人気の中花まんじゅうは、中にこの餡を使っているので、目立ちません。
おはぎだとはっきりわかります。
ゴールデンウィークの頃の草餅が楽しみです。
DSC03946.jpg DSC03948.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2017年03月20日

國稀利き酒大会

國稀新酒まつりで行われた利き酒大会。
各テーブルごとに味わい当てるのですが、私は、国稀通を自称していますが当たったことがありません。
このたびは、隣の方にお任せしました。
今回は、本醸造、純米酒、純米吟醸の3種類。
簡単そうですが、15以上のテーブルで当たったのは2テーブルのみ。
代表の二人が決勝です。
優勝テーブルには、全員に賞品の國稀。
美味しいというのはわかるのですが、まだまだです。
飲み方が足りないのかもしれません。
DSC03908.jpg DSC03921.jpg
DSC03931.jpg DSC03944.jpg
 
 
 
posted by mashikejin at 13:33| Comment(0) | 日記

國稀大抽選会

國稀新酒まつりの大抽選会は、2回。
特賞は、國稀大吟醸の一升瓶。
チケットの番号が抽選の数字。
DSC03898.jpg DSC03935.jpg
私が当たったのは、純米酒の300mlの小瓶。
それでもうれしかったです。
DSC03924.jpg
私たちのテーブルからは、國稀上撰と純米吟風の2升。
隣のテーブルでは木箱入り大吟醸大当たり。
皆さんいい笑顔です。
DSC03937.jpg DSC03927.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2017年03月19日

國稀一杯やろう会

オーベルジュましけで開催された第13回國稀新酒祭り。
200名を超える出席者。半分は、留萌市から。
遠別町や札幌、静内など全道各地。京都からの参加者も。
DSC03941.jpg DSC03911.jpg
増毛町民は、2割ほどでしょうか。
一番の魅力は。新酒の原酒。
大吟醸原酒と純米大吟醸が美味しかったです。
DSC03900.jpg DSC03915.jpg
料理も豪華でした。
和らぎ水をたくさん飲んだのですが、二日酔いです。
posted by mashikejin at 11:48| Comment(0) | 日記

旧増毛小学校

朝、歩くスキーで旧増毛小学校周辺を散策。
雪は締まって、スキーは沈みません。
道路側は歩けませんが、正面までスキーでまわれます。
DSC03874.jpg
今年、増毛小学校を卒業した6年生が、最後の入学生で、1年間この校舎で学びました。
卒業生の記憶の中にしっかり残っていると思います。
昭和11年11月建築。80年と4か月ほど経過。
体育館の屋根は、ご覧の通り。
DSC03875.jpg DSC03881.jpg
さびさびですが、今年度、ふるさと納税を活用させていただき、修繕することができそうです。
旧増毛小学校を愛するものとして感謝です。
私の歩くスキーコースに加えたいと思います。(堀)
DSC03876.jpg DSC03885.jpg
 
 
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2017年03月18日

マーシーのプラバン

娘たちが小学生の頃流行したプラバン。
また、静かにブームのようです。
増毛町のマスコットキャラクター「かもめのマーシー」。
マーシーの型を取り、アルミ箔をくしゃくしゃにして裏返し、その上に1分ほど。
型は、留萌南部衛生組合のごみ分別ハンドブックから。
出来上がってから色づけ。
DSC03744.jpg
娘が作ったのですが、型の取り方で縦と横の比率が違ってきます
太めのほうがかわいいです。
手作りキーホルダーができました。
DSC03582.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2017年03月17日

干し甘えび

サクサク干し甘えびというぐるめ食品の製品。
増毛産の甘えびを使用。
無添加で乾燥させただけ。
フライパンで乾煎りをするともっと香ばしくなります。
P1020690.jpg DSC03599.jpg
一方、コンビニからカミさんが購入した焼きえび。
見た目も食べ比べても増毛産干し甘えびですね。
新鮮な甘えびを乾燥させているので、この色が出るのでしょう。
干し甘えびは、遠藤水産にもあります。(堀)
DSC03624.jpg
 
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記