2018年06月18日

山開き登山

暑寒別岳へ2週連続の山行。
午前5時少し前に山小屋「暑寒荘」を出発。
天気予報は、曇り。
DSC03524.jpg DSC03529.jpg
この1週間、気温の低い日が続きましたので、登山道の雪渓の雪もあまり融けていませんでした。
登山道や山頂付近の高山植物も変わっていません。
DSC03536.jpg
5時間前後で山頂へ到着。
7合目の滝見台では、ガスが晴れ、西尾根の雪渓が見えましたが一瞬。
山頂では、風が強く、ガスがかかり、寒かったです。
この日は、暑寒ルートから約50名が登山。
毎年、増毛山岳会では、山頂のお宮に増毛厳島神社のお札を山開きの時に納めています。
登山の安全をお祈りしました。(堀)
DSC03540.jpg DSC03542.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年06月17日

ホタテ一年貝

一年目のホタテを漁業者がカゴ一杯、持って来てくれました。
4月にオホーツク海に出荷した時より、だいぶ大きくなっており、6センチほど。
この小さなホタテのすくい取りが、増毛春の味まつりで大人気でした。
DSC03240.jpg
家では、まず何回かに分けて蒸します。蒸すと貝柱が小さくなりません。
蒸したホタテの貝柱を貝から離し、うろを取り除きます。
それを料理用に小分けにして、とっておくのと、あとは、佃煮に。
味噌汁は、生のまま。
この一年貝は流通していません。
利用、活用したいですね。(堀)
DSC03249.jpg DSC03339.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2018年06月16日

増毛駅に丸型ポスト

この1週間、増毛町は気温の低い日が続いていました。
ストーブをまだつけています。
昨日あたりから少し暖かくなってきました。
増毛駅の前に昔懐かしい丸型ポストが設置されました。
以前のポストは、四角だったのですが、留萌郵便局が北海道内から探してくれたそうです。
朱色の昔の色を再現。
DSC03245.jpg
嬉しいですね。
歴史のある増毛に似合います。
郵便ポストも入れて写真をどうぞ。(堀)
DSC02958.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年06月15日

登山道の花と高山植物

山開きの頃の楽しみは、登山道沿いに咲いている花と高山植物。
登山口すぐに見つけたのは、ヒトリシズカ。
DSC03466.jpg
つつじが丘から3合目にかけては、ムラサキヤシオツツジ。
DSC03456.jpg
マイヅルソウは、2合目にありましたが、これから高度を上げていきます。
DSC03457.jpg
5合目付近に多いのは、シラネアオイ。
DSC03454.jpg
ツバメオモトやサンカヨウ、エゾイチゲの白い花も目立ちます。
DSC03449.jpg DSC03458.jpg
山頂台地では、ハクサンイチゲが多く、可憐なイワウメや黄色のミヤマキンポウゲ。
マシケゲンゲも一株だけ確認。
山頂付近の高山植物は、これから種類が多くなります。
暑寒別岳の登山道の花と高山植物をお楽しみ下さい。(堀)
DSC03415.jpg DSC03430.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年06月14日

地酒國稀の新聞記事

6月10日の北海道新聞朝刊に國稀がフランスパリでの日本酒コンクールで金賞の記事。
國稀酒造は、純米吟風國稀。
酒米吟風の増毛町産の割合は、約87%。他は、道内産。
ほとんど増毛町産の吟風といってもいいと思う割合。
ヨーロッパに照準とあります。世界に飛びだしてほしいです。
DSC03467.jpg DSC03473.jpg
もう一つの記事が同じ日の道新で「朝の食卓」というコラム。
10年前に留萌振興局で立ち上げた國稀倶楽部の話。
会員は、700人に迫っているといいます。
今では、留萌振興局以外にも様々な会員がいて、札幌支部もあるといいます。
國稀と増毛町を盛り上げてくれる國稀倶楽部に感謝です。(堀)
DSC03469.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2018年06月13日

暑寒別岳情報

10日の暑寒別岳山行は、素晴らしい天気でした。
気温が低く、いつも悩まされる蚊やブヨがいませんでした。
暑寒ルートには、雪渓が5合目から上に4か所ほど。
箸別ルートには4合目と7合目に大雪渓があるそうです。
印がついていますので、雪渓から登山道を見失うことはないと思います。
雪渓の上からの景色が最高。
DSC03388.jpg DSC03404.jpg
DSC03389.jpg DSC03395.jpg
この日は、日本海に浮かぶ天売・焼尻の向こうに利尻山もかすかに見えました。
7合目の滝見台や8合目の扇風岩からは、西尾根の残雪や雪渓から落ちる滝。
山頂西側には、奥徳富岳、群別岳、浜益岳、雄冬山。南には、南暑寒岳、雨竜沼湿原。
大雪山の山並みも望めました。
DSC03416.jpg DSC03425.jpg
17日(日)の暑寒別岳山開きが天気に恵まれ、沢山の登山客が来ることを願っています。
暑寒別岳の虫よけ対策をしっかりお願いします。(堀)
DSC03427.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2018年06月12日

清掃登山

暑寒別岳山開きを前に増毛山岳会が主催して実施している清掃登山会。
増毛山岳会のほか留萌南部森林管理署、留萌振興局森林室、増毛町等が参加。
暑寒ルートと箸別ルートに分かれて実施。
私は、暑寒ルートに参加。
登山道をふさいでいる木や枝の除去。雪渓で登山道を見失わないように印をつけること。
スコップで登山道上から水を抜く作業。
9合目のロープを支えるピンをハンマーで打ち込む作業などを行いました。
5s以上あるハンマーをもって登山した若手に感謝です。
6月17日(日)の山開きは、快適に登山ができると思います。(堀)
DSC03377.jpg DSC03385.jpg
DSC03399.jpg DSC03407.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年06月11日

潤澄寺の藤

昨年は、6月4日に紹介していますから、1週間遅れ。
毎年、潤澄寺の藤の花が咲くころに紹介しいています。
見ごろと言っても今年は、そろそろ終わりごろ。
戦争で供出した鐘が数年前に取り付けられました。
白い砂利も敷かれ、増毛で一番、境内が整備されているお寺。
境内には、秋田藩蝦夷地総大将、家老小瀬源四郎の墓もあります。
自由に入って、境内を見てほしいとご住職から言われています。
お寺には、季節の花が似合います。(堀)
DSC03350.jpg DSC03349.jpg
DSC03351.jpg DSC03352.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2018年06月10日

旭りんごジュース

ましけマルシェですすめられて購入。
増毛シードルを作っている増毛フルーツワイナリーの新製品。
旭りんごのジュースです。
透明と濁りの2種類。
DSC03326.jpg
飲み比べてみましたが、味はほとんど一緒です。
透明なほうが酸味を強く感じ、濁りのほうは少しまろやか。
旭りんご酸味が生きています。
瓶もなかなかおしゃれ。
DSC03319.jpg DSC03318.jpg
洋梨やバファローぶどうジュースなどラベルも高級感があります。
100%果汁のりんご、洋梨、りんごと人参の瓶やラベルも高級感のあるものにしてほしいです。(堀)
DSC03320.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年06月09日

ましけ町民スクール

30年度増毛町民スクールの第1弾は、プロ野球解説者の森本稀哲さん。
1981年生まれ。1999年、ドラフトで日本ハムに。
2006年日本ハム優勝に貢献。
その後、横浜、西武に移籍し、2014年に引退。
小さな時から引退までの1時間少しの講演会。
感心したのは、話が上手なこと。
DSC03343.jpg
日ハム時代のハッスルプレーやパフォーマンスは、目に焼き付いていますが、こんなに話し上手だったとは。
増毛の少年野球教室の後の講演会。
何事にも全力疾走。行動でメッセージが伝わる。
自分の長所を伸ばしていこうということに共感しました。
著書「気にしない」もたくさん売れていました。
稀哲氏は、日本酒が大好きのようです。
増毛の地酒「國稀」の一字がついています。國稀を愛飲してほしいですね。(堀)
DSC03345.jpg DSC03348.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年06月08日

スズメ

NHKの朝のドラマのヒロインは、鈴愛(すずめ)。
毎朝、ドラマを見てから出勤しています。
朝ドラではなく、本物のスズメの話。
スズメの巣がわが家の軒先にあり、親が盛んにえさを運んでいました。
一週間前のことです。玄関の前にスズメの死がい。
子育て中の親スズメのようです。
巣からは、えさをねだる子スズメの大きな鳴き声。
巣の中を覗いてみると5羽いるようです。
さて、どうしたらいいのか。
DSC03294.jpg DSC03295.jpg
とりあえず、鳥のえさを買って与えてみました。食欲旺盛です。
朝から夕方まで1日5回ほど石油タンクの上に上がり給餌。
DSC03291.jpg
一週間後、巣の中が静かになりました。空です。無事に巣立ったのだと思います。
親スズメに子育てを託されたのでしょうか。(堀)
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2018年06月07日

ゆでタケノコ

ましけマルシェでカミさんが購入したゆでたタケノコ。
タケノコは、根まがりだけ。
増毛では、タケノコと言ったらこれ。
フキもゆでてあったものを購入。
タケノコの皮をむき、フキはそのままカット。
天ぷらかまぼこと油でいためるわが家の定番。
下処理してあるので簡単にできるようです。
たくさん作って、数日食べるという常備菜。
あと、数回、食卓にのりそうです。(堀)
DSC03310.jpg DSC03329.jpg
DSC03332.jpg DSC03337.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年06月06日

ゆうゆうマーシー

ゆうゆうマーシーは、地域通貨も活用するボランティア団体。
メモリアルパークで開催されたゆうゆうマーシー市。
毎回、ホタテご飯、焼き鳥、おでんを購入。
DSC03307.jpg DSC03304.jpg
初夏のこの時期には、山菜や花の苗もあります。
私は、50円の芝桜を1000円分購入。
今年は、ましけマルシェの前でもテント。
町民がお昼ご飯を食べています。
ましけマルシェで、このような催しをいろいろ企画してほしいと思っています。(堀)
DSC03301.jpg DSC03302.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2018年06月05日

ベンチの色

増毛町商工青年部が周年記念で製作し、町内各地に設置した木製ベンチ。
観光のお客様や町民が利用。
街中にベンチがあるといいですね。
重要文化財「旧商家丸一本間家」の中庭に3脚。
DSC03242.jpg DSC03243.jpg
しかし、ベンチの色がカーキ色でした。
駅前にも同じものが置かれています。
旧商家丸一本間家の雰囲気と合いませんでしたので黒っぽく塗り直しされました。
これでしっくりいきます。
このカーキ色のベンチは、公園には合います。
設置場所の雰囲気と調和を考える必要もありますね。(堀)
DSC03241.jpg DSC03246.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2018年06月04日

テルミヌスへの願い

駅は、出会いと別れ、喜びと悲しみ、地域の人たちをはじめ、多くの人々の人生の断片と様々な記憶が刻まれてきた場所。
駅を守る神様「テルミヌス」に思いを託し、製作した「テルミヌスへの願い」。
DSC03287.jpg  
札幌駅南口の星の大時計をデザインした著名な彫刻家五十嵐威暢氏の作。
氏は、今後このような彫刻をシリーズで手掛けたいと話しておられましたので今後の展開が楽しみ。
DSC03284.jpg
過去、現在、未来を繋ぐ「テルミヌスへの願い」。
増毛町の財産になりました。
駅とともにホームでご覧ください。(堀)
DSC03282.jpg DSC03279.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年06月03日

エゾシカ

増毛市街地区から留萌側の湯の沢地区。自家用車で5分程。
田んぼの奥で動くものを発見。
エゾシカです。若い鹿のようです。
車を止めて写真を撮っていたのですが、警戒してこちらを見ています。
距離は、70〜80メートルぐらいでしょうか。
しかし、鹿よけ電柵の中にいます、
電柵のない道路側から侵入したのでしょう。
田んぼの中に入ってきました。
田植えをしたばかりの稲が踏まれます。
増毛町でもエゾシカが確実に増えています。(堀)
DSC03254.jpg DSC03251.jpg
DSC03250.jpg DSC03253.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2018年06月02日

ひなぎく

増毛厳島神社のひなぎくが見ごろ。
数年前まで毎年写真に納めていましたが、ここ数年咲きませんでした。
境内のひなぎくと神社。狛犬の下にも。
DSC03260.jpg DSC03262.jpg
ひなぎくの花の首飾り〜という歌を口ずさんでしまいました。
神社の一角には、スズラン。
ひなぎくの原産地は、ヨーロッパ。
夏の暑い本州では、夏越できず、冷涼な北海道を中心に定着しているそうです。
スズランとともにひなぎくも北海道らしい花なんですね。(堀)
DSC03264.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(2) | 日記

2018年06月01日

増毛パークゴルフ場

増毛町のパークゴルフ場。
暑寒別川河川敷にあり、川の流れの音を聞きながら、暑寒別岳や日本海を望む気持ちの良いコース。
リバーサイドパークへ架かる赤いつり橋「清流橋」も絵になります。
平成28年度に9ホールを増設。全部で27ホールとなりました。
私は、職場のレクでしかしませんが、毎日楽しんでいる町民も多くいます。
元の18ホールも今年と来年で手直しされるようです。
27ホールで1時間弱。
芝生の上を歩くわけですから、ひざにも腰にも優しいです。
健康づくりにパークゴルフをどうぞ。(堀)
DSC02977.jpg DSC02982.jpg
DSC02980.jpg DSC02984.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年05月31日

国道に花の植栽

増毛町花いっぱい運動。
国道231号の増毛市街地区にことしも花の植栽。
花は、オレンジと黄色のマリーゴールド。
植え込んでいるのは、増毛町生きがい活動事業団。
植え込みも3年目なので手際よく作業が進みます。
昨年も一昨年も花が見事でした。
1か月後が楽しみ。
車で通ると私も気分がいいのですから、実際に植え込んだ人の思いは格別だと思います。
街中を花いっぱいにしたいですね。(堀)
DSC02987.jpg DSC02988.jpg
posted by mashikejin at 07:17| Comment(0) | 日記

2018年05月30日

けんたろう

けんたろうは、苺の銘柄。
増毛秋香園のいちごです。
増毛春の味まつりの秋香園直営店で購入。
今年初めて食べた増毛のいちごです。
DSC03094.jpg DSC03136.jpg
出始めで、高価ですが、これは食べなくてはなりません。本当に美味しいんです。
今は、ハウス栽培ものですが、路地ものも出てくると少しは、値段が下がると思います。
6月下旬まで出回ると思います。
店内には、増毛の果物のジャムとリンゴとぶどうのジュースも販売。
増毛のけんたろう苺おすすめです。(堀)
DSC03137.jpg DSC03138.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記