2020年11月29日

白いカボチャ

雪化粧というカボチャの品種。
DSC08440.jpg
毎年、栗カボチャとこの雪化粧を種から育てていますが、栗カボチャは不作。
しかし、雪化粧はとても美味しく出来ました。
カボチャの煮付けで美味しさがわかります。
DSC09125.jpg
ホクホクです。
DSC09126.jpg
天ぷらも作ってもらいました。
カボチャのスープやサラダもいいですね。
日持ちのするカボチャで、寒くなってきて、ますます美味しくなっています。
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2020年11月28日

サイン

今年は、3月から主に夜、ウオーキングをしていたので、オーベルジュましけの運動施設「ら・さんて」をあまり利用していませんでした。
DSC09075.jpg
先日、雨で歩けなかったため、久しぶりの「ら・さんて」でラン。
壁に掛けられた額を見るとプロアドベンチャーレーサー田中陽希さんのサイン。
2015年の200名山の時の暑寒別岳は、夏だったと思います。
DSC09072.jpg
300名山グレートトラバース3では、11月の暑寒別岳。
積雪状態で、季節風も強く、一番天候が安定しない厳しい季節。
一週間以上オーベルジュましけで足止めとなったようです。
この「ら・さんて」も利用していただいたそうです。
NHKのBSの放送がいつになるかわかりませんが楽しみです。
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2020年11月27日

商品券でテイクアウト

4月にも一度利用しました。
福よしの夕食弁当のテイクアウト。
新聞にチラシが入っていたので注文。
DSC09097.jpg DSC09098.jpg
フライ弁当、チキンカツ弁当、鯖味噌煮弁当、天丼は550円。
DSC09099.jpg
海鮮太巻きは1,000円。
単ピンメニューは、厚焼き玉子、ハタハタの唐揚げとエビマヨは2人前。
DSC09100.jpg
5人分で5,500円でしたが、40lプレミアムの商品券を使ったのでかなりお得。
すべて違うメニューで申し訳なく思いましたが、全部が美味しい。
福よしのテイクアウトをどうぞ。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2020年11月26日

にしん漬け食べ始めてます

11月上旬に漬け込んだにしん漬け。
3週間経過したので食べ始めています。
まだ、漬かり方が浅いと感じますが、まずまずの出来。
かみさんは、少しナンバン効き過ぎたみたいといいます。
大根とキャベツは、私が作ったもので、今年のにしん漬けの大根が特に美味しい。
今までは、身欠き鰊の皮をむいてもらっていたのですが、今回からそのまま。
口の中にたまに残るうろこがいやだったんです。
慣れるしかありませんね。
それとも、私が数時間かけて皮をむくか。
にしん漬けは、これからなくなるまで、毎食食べ続けます。
味が変わっていくのも楽しみ。
DSC09077.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2020年11月25日

新穀感謝祭

増毛厳島神社の新穀感謝祭と勤労感謝祭にお参り。
DSC09119.jpg
DSC09106.jpg
 神社内では、今年の新米や野菜、りんごが奉納されています。
DSC09109.jpg DSC09114.jpg
一方のお酒は、すべてが國稀。
今年の農業は、災害もなく米も果樹も豊作でした。
しかし、コロナ禍で外食産業が不振で、米余りが懸念されており、米価の下落も心配。
美味しい増毛米をたくさん食べてほしいです。
このところ増毛厳島神社にお参りする観光客が多くなっていると聞いています。
DSC09116.jpg
境内に絵馬掛けが設置されました。
絵馬に願いを書き掛けて下さい。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(3) | 日記

2020年11月24日

堤防のウニ

車で走っていて気になっていた堤防のウニ。
夏に写真を撮っていました。
数個並んでおり、中はカラになっています。
DSC07922.jpg DSC07923.jpg
カラスがウニ食べているのを見たことがあります。
散歩の途中で写真を撮ることが出来ました。
DSC08946.jpg DSC08947.jpg
干潮になったときや打ち上げられたウニを食べると思います。
増毛のカラスは、グルメです。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2020年11月23日

リンゴの詰め合わせ

岩手県から届いたリンゴの詰め合わせ。
DSC09064.jpg
紫波町赤沢名産りんごとあります。
開けると赤いリンゴと黄色いリンゴ。
彩りも良く、開けたときに驚きがあります。
DSC09062.jpg
赤いリンゴは、サンふじ。
黄色は、シナノゴールド、ぐんま名月、金星、王林。
小さなリンゴは、アルプス乙女だと思います。
リンゴにはシール。金星は、食べたことはありませんが、他は増毛にあります。
この中にリンゴの種類や特徴、食べごろの情報もあればいいですね。
増毛には、多くの種類のリンゴがあるので、贈答用にこのような詰め合わせがほしいです。
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2020年11月22日

増毛の甘エビ

1年間に数回、このブログで増毛の甘エビを紹介しています。
ナンバンエビと地元では呼ばれていますが、正式にはホッコクアカエビ。
DSC08836.jpg
蓋を開けるときれいな赤い色。
鮮度が落ちるていくと白っぽくなっていきます。
増毛の甘エビは、昨年と比較して漁獲量が落ちこんでいるのが心配。
DSC08845.jpg DSC08847.jpg
いつも甘エビの食べ方は、まず刺身。頭は、味噌汁に。
酒蒸しは、鍋に甘エビを入れ、増毛の國稀佳撰をひたひたに入れ、塩をふり、一煮立ちしたらOK。
簡単なので刺身とともに是非食べてみてほしいと思います。
DSC08834.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2020年11月21日

國稀の梅酒

國稀酒造から販売されている梅酒。
北海鬼ころしがベース。
和歌山の南高梅を使用。アルコール度は、10度。
DSC08933.jpg
3月に限定700本販売したときは、すぐに売り切れました。
今回は、3500本。500㎖1320円。
まとめて購入する方も多いようです。
辛口の鬼ころしがベースですが、すっきりとした甘さがあります。
日本酒を感じません。日本酒が苦手な方でもOK。
私が10年以上増毛の青梅でつくっている梅酒は、1.8リットル35度の焼酎に1キロの梅と300cの氷砂糖。
DSC09054.jpg
飲み比べると私のは超辛。どちらもオンザロックで。
それぞれに美味しさがあります。
國稀の梅酒おすすめです。
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2020年11月20日

増毛を贈ろう

増毛町農産物、特産品販売促進事業が実施されています。
果樹や米、水産加工品、地酒國稀など登録店でギフトを購入した場合、送料を上限1000円まで割り引く事業。
新型コロナウイルス感染症対応地方創生交付金事業を活用。
コロナ禍での増毛町の特産品の販売促進を目指すもの。
私のこの制度を活用して、釧路の親戚に米とりんごを送りました。
米の登録業者からななつぼし5キロを購入。
果樹農家から米とりんごを送ってもらいました。
りんごは、サンふじ、デリシャスなど3種類。
送料は、1020円で1000円引かれて20円のみ。
増毛の特産品をこの制度で贈りませんか。
DSC09056.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(2) | 日記

2020年11月19日

りんご湯

先週末、実施された岩尾温泉あったま〜るのりんご湯。
岩尾温泉は、増毛から札幌に向かい約20キロ、国道231号沿い。
露天風呂の中には、真っ赤なりんご。
DSC09033.jpg
品種は、デリシャスと聞きました。
数えてみると80個ぐらいあるようです。
思わずかじりつきたくなるようなきれいなりんご。
DSC09037.jpg
香りも良かったですね。孫も満面の笑み。
午後4時過ぎには、日の入り。夕陽も楽しめました。
DSC09050.jpg DSC09051.jpg
家に着くまでポカポカと温まるお湯です。
りんご湯は、11月21日22日の土日にも実施。
増毛町岩尾温泉でりんご湯をお楽しみ下さい。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(2) | 日記

2020年11月18日

町制施行120年

明治33年(西暦1900年) 増毛町は、江差町、釧路町、室蘭町、稚内村など北海道内16町村などとともに一級町村制が施行されました。
今年で120周年を迎えます。
増毛停車場通り(其一).jpg
1900年当時の増毛町の人口は、10134人と1万人を超えています。
増毛は、ニシン漁など漁業で栄えていました。
支庁や国の出先機関が増毛に設置され、増毛は、留萌管内の中心地でした。
その後、鉄道が深川ー留萌間で開通。
港湾も留萌と決定され、大正年間に入ると支庁や国の出先機関が留萌に移転。
留萌管内の中心は、留萌へと移っていきます。
増毛停車場通り(其二).jpg
写真は、増毛駅前通りで大正年間の写真だと思います。
増毛町が一番輝いていたのは、明治時代だったかもしれません。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2020年11月17日

毛ガニ

小さな毛ガニが手に入りました。
一人分ではちょうど良い大きさ。
本当は、身をむいてもらって、身だけを食べるのが一番なのですが。
かみさんは、自分でどうぞといいます。
まず、裏側半分縦にに包丁を入れ、甲羅から足を外します。
その後は、足1本1本に包丁を入れ、食べやすくして準備完了。
カニ味噌と赤い内子が入っており、どちらも美味。
甲羅に酒を入れ、カニ味噌と身を合わせて食べるのが好きです。
DSC08905.jpg
この日は、國稀佳撰300㎖。
しかし、これでは足りませんでした。
スポーツ中継をみながら、カニを食べましたが、カニのほうに集中してしまいます。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2020年11月16日

リモート講演会

今年度2回目の増毛町民スクール。
旭川医大の中川講師と長谷部教授がリモートで講演。
DSC08993.jpg
お二人とも日本高血圧学会のアドバイザー。
DSC08995.jpg
講演テーマは、「目指せ!高血圧ゼロのまち」。
中川先生は、「健康長寿のための検尿のすすめ」と題し15分の講演。
長谷部先生は、「延ばそう!健康寿命〜生活習慣予防の大切さ〜」で約1時間の講演。
会場では、検温、手指消毒、予約により120人と人数制限し、間隔もとられ、換気などコロナ対策がしっかりとられました。
DSC08997.jpg
文化センター大ホールに大画面で映し出されましたが、初めてのリモートでの講演会は聞きやすかったですね。
日本高血圧学会「高血圧ゼロのまち」モデルタウン認定は、全国で増毛町が第1号。
血圧測定・減塩・運動などを通じて「高血圧ゼロのまち」を目指しましょう。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2020年11月15日

鮭の飯寿しの漬け込み

鮭の飯寿しの漬け込み。
年末から正月にかけてのこの地域の伝統の保存食。
父の存命中の30年前までは、鮭でなくハタハタでした。
父が漁師でハタハタが手に入ったからです。
小さな鮭10本、切り身にして10キロ分。塩をして冷凍で保存していました。
DSC09008.jpg
鮭は、塩抜きして、切り身にし、酢漬け。
DSC09012.jpg
合わせるは、ご飯にダイコン、ニンジン、生姜、赤トウガラシ、麹、日本酒(国稀)、塩、砂糖を混ぜたもの。
DSC09015.jpg DSC09019.jpg
鮭とご飯を交互に専用の容器に重ねていきます。
DSC09020.jpg
一番上には、抗菌作用のある笹の葉を敷きました。
一週間後に20キロの重し、二週間後にさらに20キロを乗せます。
この重さが重要のようです。重しを乗せるのが私の仕事。
食べること出来るのは、40日後。クリスマスの頃。
今年の飯寿しの出来が楽しみです。
posted by mashikejin at 07:00| Comment(2) | 日記

2020年11月14日

新造船

増毛町のホタテ漁業の新造船。
DSC08985.jpg
ここ5年で、増毛の漁船の新造は4隻目。
DSC08960.jpg
長い孟宗竹がたてられ、漁業者などから贈られた大漁旗が飾られています。
孟宗竹は、北海道にないため、船が作られた岩手県大船渡から船に積んできたもの。
DSC08977.jpg DSC08981.jpg
増毛港の岸壁につながれた船上で神事が行われたあと、船上から餅まきが行われました。
集まった町民らは、100名以上。
60キロの紅白の餅がまかれたといいます。
餅まきには、いつも大勢集まります。
海上安全と大漁をご祈念しています。
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2020年11月13日

積雪状態

湿った雪ですが、10センチ弱の積雪。
今シーズン初めて積雪状態となりました。
DSC08942.jpg
家の横の畑や車の上には雪が積もっています。
道路は、アスファルトが出ていますが、歩道は雪。
DSC08944.jpg
朝と夜、増毛港の近くを30分ほどウオーキングしていますが、この日は初めて長靴。
DSC08958.jpg
雪に残った足跡をみていつも思うのですが、だいぶ外股。
意識して内股で歩いてやっと足跡はまっすぐ。
この雪は、一度融けて、積もっては融けるという繰り返し。
DSC08952.jpg
増毛町で根雪になるのは、例年12月上旬です。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2020年11月12日

応援券で

増毛町元気回復応援券。
DSC08740.jpg
飲食店限定券は、40%のプレミア率。
一冊5000円が7000円分となります。
この応援券で予約したのは、鮨IZAKAYA忠のオードブル。
DSC08738.jpg
この店のオードブルは、今年2回目。
7000円でオードブルを注文。それが応援券を使用すると5000円でOK。
今回のオードブルは、特にアワビとズワイガニが美味しかったです。
タコザンギ、ホタテフライ、焼き鳥、シュウマイなど山盛り。
誕生祝やお祝いごとにテイクアウトオードブルいかがです。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2020年11月11日

冬支度

家の近くのましけノールマリーナのヨットやクルーザーにブルーシートがかけられ、冬への備え。
DSC08885.jpg
国道沿いの大きい畑も大根・キャベツの収穫後、鹿よけネットを外し、終了。
自宅横の家庭菜園の冬支度。
ブルーベリーの木9本の冬囲い。
昨シーズン、雪が少なく、芽が凍り、あまり実が付きませんでした。
今年は、しっかり雪囲いしました。
DSC08883.jpg
ラズベリーの鉢もホームセンターから材料を購入し、手作りの雪囲い。
来春用のいちごとニンニクも植え込み完了。
5月の連休から始まった半年間の畑仕事は、これで終了。
初雪も降りました。
これから長い冬ごもりとなります。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2020年11月10日

増毛珍味五点盛り

久しぶりの札幌。
駅近くのホテルから歩いて行ける海鮮酒蔵「二三一」(ふみいち)。
札幌駅前アスティ地下にあります。
必ず注文するのは、増毛珍味五点盛りと國稀佳撰の飲み比べ。
KIMG0973.jpg KIMG0968.jpg
松前漬け、イカの塩辛、オクラかずのこ、鰊切り込み、甘エビ塩辛の五点。
佳撰飲み比べは、佳撰の原酒「北酔」船積み酒の「漁師の力酒」。
KIMG0965.jpg
増毛の銘酒國稀との相性がとてもいいんです。二三一では、日本酒は國稀のみ。
増毛町フェアも開催中。この中からカスベの煮付け。
KIMG0969.jpg 
初めて注文したのは、かずのこ入りのポテトサラダ。
KIMG0981.jpg
カウンターでは、感染対策がとられています。
この日は、國稀純米酒の飲み比べも飲んだので効きました。
お一人でもカウンターで落ち着く店です。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記