2013年09月04日

さくらんぼ木箸

  増毛町は北海道北限の果樹産地としての知名度も定着し、近年は多くの観光客が
樹園地を訪れます。
  このたび、さくらんぼの剪定された枝を使った木箸が製作され、街の話題となってお
ります。
 果樹栽培には収穫に適した枝ぶりにするため、早春時期に果樹木剪定作業が行われ、
剪定された樹木の多くは、冬期間の薪ストーブの燃料として活用され、最後の使命を終
えられます。
 そんな薪となる以外は畑の隅でくちはてるのが定めのようです。
 たくさんの実をつけ、果樹農家の糧となり続けた樹々を活用し、真心をこめて、手作り箸が
300膳限定で製作されました。
  新しい増毛のお土産にいかがでしょうか   お求め先は、オーベルジュ増毛・国稀酒造・
増毛商工会で1膳1,000円で販売しております。(papaジー)

 DSC02087.jpg
 


posted by mashikejin at 10:06| Comment(0) | papaジー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。