2013年08月26日

暑寒別岳山頂の標柱

暑寒別岳の山頂にある標柱がバラバラになっていました。
この標柱は、25年前、暑寒別岳が国定公園になる前に設置されたもの。
長さは1.8メートル、重さは40キロほどだと思います。
当時はヘリコプターで運び上げました。
この写真は、8月23日の増毛中学の登山のときのもの。
9合目の標柱も削られています。これは、新しい傷で、ヒグマによるものだと思います。
山頂の標柱は、雷かもという推測もありましたが、焦げた跡がありませんので、ヒグマによるものだと考えます。
7月15日に登った時はどちらも大丈夫でした。
P1000300.jpg P1000284.jpg
ここ数年、箸別ルート、暑寒ルートとも標柱がヒグマに削られる被害が出ています。
個体数が増えているのでしょう。
山頂や登山道の標柱をどうするか検討しなければなりません。(堀)
P1000311.jpg

posted by mashikejin at 22:34| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。