2022年01月31日

暑寒別川冬景色

暑寒別川上流の冬景色が好きです。
30年以上、歩くスキーで楽しんでいます。
数年前から暑寒別川の砂防工事が行われていて、冬期閉鎖中のゲートから1.5キロほどは、歩けません。
工事終了後、川の形状がどのようになっているのか気がかり。
DSC04967.jpg
川の中の石の上にのっている雪を「雪ぼうし」と呼ぶそうです。
DSC04966.jpg
雪ぼうしが連なると川が雪で覆われていきます。
DSC04940.jpg
雪の上には、キタキツネが歩いた足跡。
カラスより二回りほど小さなカワガラスが飛び立ちました。
DSC04962.jpg
静かな川の流れだけが聞こえています。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。