2021年08月27日

ニシンのつのかくし鮨

すが宗の大将がのぼりを立て増毛駅前通りを歩いています。
のぼりには、ニシンのつのかくし鮨。
DSC02756.jpg DSC02758.jpg
こののぼりが気になっていました。
ニシンの握り鮨の上に酢で締めた大根の薄切りをのせています。
花嫁衣装の「角かくし」に似ているところからつのかくし鮨と名付けたといいます。
DSC02771.jpg
包装もおしゃれ。小さなおり鶴が添えられています。
このニシンは、春ニシンではなく、秋に増毛の底引きで水揚げされる脂がのったニシンを酢で締めていると聞きました。
DSC02773.jpg
魚のくさみは、全くなく、大根の食感がよく、にしんの旨みを感じ、あっさりと食べることができるのが特徴。
廃線駅の駅弁として販売。
のぼりが立っていたら是非お買い求めを。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(3) | 日記
この記事へのコメント
早速食べてみました。
脂ののった秋鰊の〆具合と大根の食感が抜群です。美味しく頂きましたm(_ _)m。
Posted by 増毛クォーター at 2021年08月28日 13:28
先日、買って食べました。
脂ののった鰊の甘味と、大根のしゃきしゃきが相性良く、美味しく頂きました。
古(いにしえ)の増毛を味わえたような気もしました。ありがとうございます。
Posted by 増毛クォーター at 2021年08月30日 16:05
すが宗の大将はさすがです。
これからもすが宗から目が離せません。
Posted by Hori at 2021年08月31日 10:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。