2021年04月26日

夜明け前からの作業

4月1日から始まっている増毛港のホタテ稚貝の出荷作業。
この日で9回目という作業を見学。
午前2時45分、ホタテ漁船が一斉に沖合のホタテ養殖場に向けて出港。
1時間ほどでホタテ稚貝を積み込み港に戻ります。
午前3時過ぎからは、アルバイトの主婦らが港に集まってきます。
DSC01028.jpg DSC01032.jpg
出荷作業が始まるのは、午前4時前。
クレーンでつるされたホタテ稚貝が入っているザブトンと呼ばれる網は、16枚連なっています。
DSC01036.jpg DSC01043.jpg
1枚ずつ稚貝を網から人の手で取り出していく作業。
皆さん忙しく働いています。
DSC01042.jpg DSC01046.jpg
20s入りのかごに入ったホタテ稚貝は、オホーツク海の漁協に出荷され、その日のうちに海にまかれます。
この日は、紋別に向かいました。
DSC01050.jpg DSC01057.jpg
今年のホタテの稚貝は、不漁と聞いています。計画通り出荷されることを願っています。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。