2020年12月31日

大晦日の増毛港

今年は、コロナ禍の一年でした。
北海道は、感染者が減少傾向ですが、首都圏は、感染拡大が続いています。
一日も早く終息することを願っております。
DSC09571.jpg 
昨日、30日の増毛港です。この時期には珍しい天気、
暑寒別岳も見えています。 
DSC09597.jpg
大晦日の朝は、しばれました。増毛の最低気温は−16度。
−10度以下になるのは珍しいと思います。
増毛港から留萌方面にけあらしが見えています。
DSC09593.jpg DSC09595.jpg
漁船に大漁旗が飾られています。
日本列島に数年に一度の大寒波。
午後から元旦にかけて大荒れの予報です。
今年一年、増毛観光情報局「ましけコラム」をご覧いただきありがとうございました。
何とか、毎日更新できましたこと嬉しく思っています。
posted by mashikejin at 08:00| Comment(4) | 日記
この記事へのコメント
毎日心の温まる日記をありがとうございました。コロナが収まったらここで紹介されていた、あちこちに行ってみようと楽しみにしております。また来年も待っております。良いお年をお迎えください。
Posted by Boojum at 2020年12月31日 13:17
ありがとうございます。
毎日更新を目指しています。
よろしくお願いします。
Posted by Hori at 2021年01月01日 16:48
明けましておめでとうございます❗増毛港といえば高校時代に友人達と、港で漁師の方から伝馬船で櫓を漕ぐのを教えて貰った事を懐かしく思い出しました。
Posted by 佐藤 義 at 2021年01月02日 09:28
コメントありがとうございます。
この50年で増毛港は、大きく変貌しました。
中歌海水浴場は、岸壁となり、マリーナ、防風施設やホタテ専用岸壁が整備され、現在は、屋根付き岸壁が建設されています。
中央埠頭では、港まつり、秋の味まつりが開催されます。
春から秋は、中歌地区の緑が映える美しい港です。
Posted by Hori at 2021年01月02日 14:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。