2019年11月14日

増毛の果物ジャム

10年ほど前、あさひリンゴのジャムを作ってからが始まり。
増毛の果物でジャムを作るのが趣味となりました。
毎朝、プレーンヨーグルトに入れ、家族全員で食べています。
親戚、知人にもお裾分けをして、喜んで?もらっています。
DSC03840.jpg
小さめの140cのジャム瓶は、箱買い。
今まで増毛の果物で作ったジャムは、イチゴ、さくらんぼ、ラズベリー、桃、プラム、ブルーベリー、洋梨、ぶどう、プルーン、リンゴ。
特にリンゴは、味が違うので、あさひ、ブラムリー、紅玉、ハックナインなど種類ごとに作っています。
最近は、大きめのフライパンで作ることが多くなりました。
煮沸した瓶にジャムを入れ、もう一度煮沸して、蓋をきっちり閉めれば、密封完了。
DSC03066.jpg DSC03069.jpg
一年以上常温で保存できます。
プラムやブラムリーリンゴは、砂糖が果物の重さの30lほど。その他は、15l〜20l。
甘さは、控えめにしています。下の写真は、プラムで、色がとてもきれい。
DSC03109.JPG DSC03113.JPG
さくらんぼや桃、洋梨など酸味が少ない果物はレモン汁を入れ、味を調整。
増毛の果物でジャム作りをどうぞ。
今年の私のジャム作りは、ほぼ終了です。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
絶品のジャムを頂きありがとうございます。毎朝パンにのせて、美味しく頂いております。
素材の味が濃くて甘さも絶妙なため、「幻の増毛ジャムフルセット」として商品化して欲しいでーす🎵
Posted by 酢谷哲雄 at 2019年11月14日 20:38
コメントありがとうございます。増毛の美味しい果物がもっとメジャーになるよう後押しが出来ればと思っています。
Posted by Hori at 2019年11月15日 14:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。