2019年08月23日

小笠原丸殉難者慰霊祭

昭和20年8月22日未明、増毛町別苅沖で、樺太からの引き揚げ者を乗せた逓信省の海底ケーブル敷設船「小笠原丸」がソ連の潜水艦の魚雷攻撃により沈没。
乗員、乗客638名が死亡。生き残ったのはわずか62名。
小笠原丸殉難者慰霊祭が、増毛町の暑寒沢にある慰霊碑の前で執り行われました。
DSC03011.jpg
この慰霊祭は毎年8月22日に行われています。
終戦の8月15日から1週間経っているにもかかわらず、多くの婦女子が犠牲になった悲しい記憶。
戦後74年。私も含めて戦争を知らない世代が多くなりました。
戦争の悲劇を忘れることのないよう、この殉難者慰霊祭を続け、語り継いでいかなければなりません。
DSC03009.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。