2018年11月17日

飯寿司

わが家の鮭の飯寿司の漬け込み。
今年は、鮭が小さく8本。切り身にしたら7キロほど。
昨年は、切り身で10キロあったといいますから少なめです。
ハラスは、使用しません。
カミさんに漬け方を確認。
塩をしておいた冷凍鮭を融かし、切り身にして塩抜き。
その鮭を一晩、酢につけ、網に入れ、鮭の水分を重し乗せ、取り除く。
これで鮭のほうは、準備OK。
ご飯のほうは、麹、ご飯、ダイコン、ニンジン、生姜、ナンバン、砂糖、塩、日本酒は、国稀佳撰。
DSC07866.jpg
鮭とご飯を交互に重ねて専用の容器に漬け込んでいきます。
昨年から娘も手伝うようになり飯寿司の漬け方が伝わりそう。
DSC07885.jpg DSC07892.jpg
私の仕事は漬け込んでから1週間後に20キロの重し、2週間後にまた20キロ乗せること。
家の飯寿司の特徴は、固く締まっているところ。
40日後のクリスマスの頃に食べごろとなります。
DSC07867.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。