2018年07月26日

ふる里の想いをのせて95年

北海道映像コンテスト2018で留萌市在住の有沢準一さん(81歳)がアマチュア部門の最優秀賞と北海道総合通信局長賞を受賞。北海道新聞の地方版でも紹介されました。
DSC04065.jpg
平成28年12月廃線の増毛ー留萌間の鉄道の記録。
最終列車の映像や開業当時の写真、増毛町内の映像やイラストを使用し、多く町民のインタビューを交え、ナレーションは、教え子の母。
廃線というマイナスイメージより、町の息吹を感じさせる作品にしたと語ります。
有沢さんが増毛中学校校長の時、生徒の暑寒別岳登山や部活動のビデオを作り生徒に配布。
撮影は、有沢さんの生きがい。
DSC04064.jpg
これからも活躍されることを期待しております。
「ふる里の想いをのせて95年」は、ユーチューブで配信されています。(堀)
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。