2018年03月06日

紅サケといくらのちらし寿司

米は、増毛産のゆめぴりか。
チラシ寿司のもとを入れてカミさんがつくります。
これが一番簡単で美味しいようです。
紅サケを焼きほぐし、卵と大葉と刻みのり。
増毛産の炊きたてのゆめぴりかが美味しさを引き立てます。
自家製の醤油いくらは、小瓶で冷凍していたもの。
小分けにしてから自分でスプーンで盛り付け。
いくらを最初から盛り付けないので、翌朝食べても美味しいんです。
昨年は、鮭の値段が高く、自家製いくらも例年より少なめ。
わが家のいくら、これが最後です。(堀)
DSC01830.jpg DSC01832.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。