2017年11月07日

2017鰊漬け

毎年、11月の第一日曜日がわが家の鰊漬けの日。
増毛の町民は、この時期に鰊漬けをつける家庭が多いようです。
わが家での鰊漬けの作り方は独特。
ブルーシートの上にビニールシート。
そこに材料のすべてを投入。全員で混ぜ合わすんです。
DSC00159.jpg DSC00169.jpg
身欠き鰊の皮はむいており、ザラメ砂糖を使うのが家での特徴。
この方法でいつも美味しくできています。
DSC00196.jpg DSC00197.jpg
3軒分なんですが、作りすぎて余ってしまうので、来年からは減らさなければなりません。
約3週間後に食べ始めます。
今年の出来が楽しみです。(堀)
DSC00209.jpg DSC00210.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(3) | 日記
この記事へのコメント
おいしそう!キャベツが入るんですか?
レシピをぜひ知りたいです。
みがきにしんは青菜やセロリと和えるか、煮物にいれるかしか作ったことがないので、食べてみたいです。
Posted by おちょろぎしろう at 2017年11月13日 19:34
おいしそう!キャベツが入るんですか?
レシピをぜひ知りたいです。
Posted by おちょろぎしろう at 2017年11月13日 19:34
コメントありがとうございます。
北海道日本海側で鰊漬けを漬ける家庭が多いようです。カミさんに聞いたら家では、大量に漬けるためレシピは難しいといいます。1回に6樽分。他の家庭は、一樽分で漬けます。
来年からわが家でも一樽分で漬けてみて、レシピを作ってみたいと思います。
機会があれば、鰊漬けを是非食べていただきたいです。
Posted by Hori at 2017年11月14日 21:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。