2017年10月07日

波のスクリーンの鮭

暑寒別川河口に大量の鮭が戻ってきています。
DSC_0011.jpg DSC_0018.jpg
早朝、天気が良かったので久しぶりに川に行ってみると、川の中に数千尾の鮭が遡上しているようです。
鮭の見学ポイントは、ウライ周辺、国道の暑寒別橋から下の川をのぞくのが普通。
条件が合うと、河口の海側で波のスクリーンに写る鮭を見ることができます。
海から川に入る鮭が海水から真水に入るため体を慣らしているのでしょう。
白波になる少し前、波が盛り上がったときに朝陽が鮭の姿を映し出すのです。
天気が良く、海に濁りもなく、適度な波がなければ見ることのできない現象。
増毛町暑寒別川の鮭を見に来てください。(堀)
DSC_0022.jpg DSC_0025.jpg
 
 
posted by mashikejin at 10:12| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
増毛へは車で2度行きました。一度は観光で一度は暑寒別川のサケを見にでした。
札幌から近い所でサケの群れを見ることが出来て大満足でした。波を透かしてサケが見られることは知りませんでした。
溯上の時期でも、幾つかの条件が揃わなければ見られないようですが、時間もタイミングも地元の人ならではの迫力ある画像を有難うございました。波の向こうに磯舟のタイミングも・・という妄想も楽しませて戴きました。
Posted by 足立英治 at 2017年10月16日 19:11
コメントありがとうございます。
私も数年ぶりで波のスクリーンの鮭の写真をとることができました。別苅漁港に戻る鮭の漁船が入ればいいですね。
今年の暑寒別川への鮭の遡上は例年より多いようです。
Posted by Hori at 2017年10月16日 19:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。