2017年08月29日

全道果樹生産者研修会

先週、増毛町で開催された全道果樹生産者研修会。
参加者は、七飯、仁木、余市、壮瞥、深川、滝川など果樹生産地から140名あまり。
毎年、持ち回りで開催されているそうですが、今年のテーマは「道産果実の加工」。
午前中にフルーツ工房「果凛」や増毛フルーツワイナリーを視察。
午後からは、増毛町文化センターで全体研修。
基調講演の「加工技術と事業化の可能性」では、ジャム作りが趣味なので参考になりました。
前増毛町果樹協会長の仙北清孝氏は、調理用りんごブラムリー原木を訪ねた英国旅行を報告。
毎年、ジャムを作っているブラムリーの木は、増毛で20本弱しかありません。
ブラムリーリンゴは、加工用として人気が出てきているようです。(堀)
DSC06532.jpg DSC06534.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。