2017年07月11日

花の名山「暑寒別岳」

1995年、田中澄江が発表したエッセイ集「新・花の百名山」に暑寒別岳が選定されています。
7月の暑寒別岳は、その名に恥じない高山植物の群落です。
7月7日の登山でも多くの高山植物を確認。
登山道上では、フギレオオバキスミレ、ゴゼンタチバナ、コケモモ、サマニヨモギ。
DSC05694.jpg DSC05750.jpg
山頂台地では、黄色のミヤマオグルマ、アオノツガザクラ、シナノキンバイ、ミヤマダイコンソウなど。
DSC05709.jpg DSC05727.jpg
白色は、チングルマ、ハクサンイチゲ、イワイチョウなど。
赤紫系では、ハクサンチドリ、マシケゲンゲ、チシマフウロなど。
DSC05724.jpg DSC05716.jpg
山頂から100bほど雨竜側の地点では、お花畑が広がっています。
7月の箸別ルートでは7合目から高山植物のお花畑が現れます。
暑寒ルートから箸別9合目ぐらいまで降りて花の観察も可能です。
花の百名山「暑寒別岳」にどうぞ。(堀)
DSC05729.jpg DSC05715.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。