2017年06月23日

ホタテ稚貝の佃煮

4月にオホーツク海の漁協に出荷したころからだいぶ大きくなり、殻の直径は6cm以上となった稚貝。
カゴに一杯、ホタテ漁業者が持ってきてくれました。
家では、恒例の佃煮づくり。まず、貝ごと蒸しホタテにします。
大きな鍋で、4回。
DSC05283.jpg DSC05286.jpg
蒸すことで貝柱がそのままの大きさを保ちます。貝柱は、1.5cmほど。
その後、貝からはがし、うろを取り除いてから佃煮づくりです。
その前にクラムチャウダーも。
DSC05292.jpg DSC05293.jpg
佃煮は、味を薄くしてもらいました。
そのまま食べるのと、カレーやパスタ、サラダにも入れています。
小分けにして冷凍保存。
市販されていませんが、このホタテの稚貝を活用したいです。(堀)
 
 
 
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。