2016年11月17日

鮭の飯寿し作り

毎年、カミさんが漬けている鮭の飯寿し。
ピンコと呼ばれる2キロほどの鮭が10本。
30年以上使用している飯寿し専用の容器。
一晩、酢につけた鮭の切り身と固く炊いたご飯、ダイコン、ニンジン、生姜、国稀、麹などを混ぜた材料を交互に層にしていきます。
私が手伝ったのは、トウガラシの輪切りのみ。
一週間で20キロの重しを乗せ、もう一週間でまた20キロ重し。
この重しを乗せるのが私の仕事。
これで固く締まった飯寿しができます。
漬けること40日。クリスマスのころに出来上がり。
正月の料理です。
昨年、札幌の料理家に褒められたので張り切っているようです。(堀)
DSC02089.jpg DSC02092.jpg
DSC02083.jpg DSC02082.jpg
 
 
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。