2022年08月01日

青つぶの柔らか煮

青つぶの正式名称は、ヒメエゾボラ。
一般的ではありませんね。海の家のつぶ焼きがこれ。
ザラメ砂糖と醤油で味付け、弱火でコトコト1時間以上。
父が、生前ツブカゴ漁をしていたため、亡くなった母が大鍋で大量に作っていたのを思い出しています。
DSC07122.jpg
柔らかく味がしみて國稀がすすみます。
小さなつぶなので、2,3個は、大丈夫だと思いますが、身の背中の部分のアブラと呼ばれる黄色の唾液腺を取り除いて食べて下さい。
DSC07126.jpg
食べるとめまいやお酒に酔ったような症状になることがあります。
増毛の夏の味覚。青つぶの柔らか煮、おすすめです。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記