2022年08月13日

甘酒ラテ

増毛駅前に出店しているキッチンカー「バルバタベルナ」。
DSC07052.jpg
甘酒ラテは、カフェラテに國稀の甘酒が入っています。
DSC07053.jpg
甘酒のこくとコーヒーの香り。
優しい甘さです。
DSC07050.jpg
他のドリンクメニューは、カフェラテ、りんご、洋なし、ぶどうの100lジュース。
DSC07051.jpg
フードメニューは、たこ焼き風春巻き、増毛産ホタテのグラタン春巻き、りんごの春巻き。
バルバタベルナのキッチンカーが増毛駅前に出ていたら、是非お立ち寄り下さい。
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2022年08月12日

じゃがいもの収穫

先週末、収穫したじゃがいも。
5月の連休に植え付けし、8月上旬に収穫。
8月中旬から雨が多くなるので、ここ数年は、植え付け、収穫時期を早めています。
今年は、男爵ときたあかり。
今年の増毛は、適度に雨があり、天候にも恵まれたので、最近では、一番の豊作。
腐ったり、悪くなったじゃがいももほとんどありません。
しかし、掘ったばかりのじゃがいもは、味がのっていません。
少し置くと美味しくなると思います。
昨年、畑に穴を掘って入れ、雪の下で冬を越したじゃがいもが美味しかったので、秋に越冬用に保存します。
DSC07499.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2022年08月11日

2022梅酒の仕込み

千果園から毎年購入している増毛の青梅。
DSC07461.jpg
例年は、3sですが、今年は1s多くしました。
中ぐらいの青梅を注文。
DSC07466.jpg
洗って、軸を取り除き、専用の瓶に1sずつ青梅を入れ、氷砂糖とホワイトリカー35度1.8g。
ネットで検索すると氷砂糖は、青梅と同じ重さの1s入ることもあるようですが、私は、300c。
DSC07463.jpg
超辛口の梅酒です。10年以上毎年、作っています。
半年ほどで梅を取り出し、飲み始めるのは、1年後。
DSC07451.jpg
同時に購入してきたのは、ご主人のお母さんが作るしそ巻き味噌。
DSC07464.jpg
ご飯のおかず。國稀のおつまみにもなります。
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2022年08月10日

果物のパン

毎週、土曜日だけ営業の暑寒沢果樹園の中にある果凜。
DSC07278.jpg
山口果樹園の経営なので、果物のパンが美味しい。
DSC07273.jpg
この日は、ごろっとりんごパン、ブルーベリーパン、ベーグルを購入。
DSC07308.jpg
りんごパンの中には、文字通りごろっとりんごが入っています。
ブルーベリーパンは、甘く、スイーツのよう。
DSC07275.jpg
ベーグルも安価でおすすめ。
これから秋の果物が収穫されますので、いろいろな果物を使ったパンを期待しています。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2022年08月09日

3年ぶりの大会

第33回増毛リトルカップサッカー大会。
DSC07473.jpg
増毛リバーサイドサッカー場で開催。
コロナ禍で3年ぶりの開催となりました。
DSC07471.jpg
例年は、12チームで開催していますが、規模を縮小。
感染防止のため、開会式、閉会式も実施しませんでした。
DSC07483.jpg DSC07486.jpg
2日間で開催されましたが、両日とも最高気温は、25度ほど。風も適度にありさわやか。
リトルカップサッカー大会は、男子が4年生まで、女子は、6年生まで参加できる大会。
DSC07488.jpg
35年前から開催。私は、第1回からの実施メンバーでした。
長く続いたことうれしく思います。
DSC07494.jpg
今では、各カテゴリーごとに大会がありますが、当時は、4年生以下や女子の大会があまりありませんでした。
日本女子代表の熊谷紗希選手は、真駒内南サッカー少年団で4年から6年までリトルカップに出場。
この大会に出場した選手が、将来、増毛町に来てくれることを期待しています。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2022年08月08日

増毛港ノールマリーナ

私の散歩コースのノールマリーナ。
DSC07017.jpg
増毛港沿いの道路を海を眺めながら歩き、マリーナの中をウォーキング。
この季節、ヨットやボートで海に出たら気持ちがいいでしょうね。
DSC07439.jpg
マリーナのクラブハウスの横に大きないかりと灯台のモニュメント。
昨年、ペンキが塗られきれいになりました。
DSC07441.jpg
灯台は、大正15年、今から96年前北防波堤に設置されたもの。
平成5年に使命が終わり、ここのモニュメントになっています。
DSC07023.jpg
遊歩道からは、魚が泳いでいる姿も確認できます。
増毛港は、気持ちの良い散歩コースです。
DSC07021.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2022年08月07日

ひる貝

バーベキューの準備をしていたところ漁業者が持ってきてくれたのは、ひる貝。
DSC07423.jpg
正式には、エゾイガイ。ひる貝という呼び名もイメージが良くありませんね。
北海ムール貝など名称を変えることともっと一般的に食されることが必要だと思っています。
DSC07430.jpg
4個は、炭火で焼いて食べました。久しぶりのひる貝の味は格別。
残りは、カレーにすると私が宣言。
まず、貝から身を取り出すのが大変。
ひげのあるところから薄刃の包丁を入れ、先の方にある貝柱をカットすると貝があきます。
何個か包丁を入れるとコツがわかってきました。
DSC07434.jpg
ひる貝は、身を取りだし、洗い、適当にカットして、フライパンで炒めます。
身から汁が出てきますが、多く入れると、風味が強くなるので、汁は少しだけにしました。
ひる貝カレーは、子どもの頃親しんだ味ですが、最近では、なかなかこの貝が手に入りません。
DSC07436.jpg
資源としては、十分あります。
増毛ムールカレーが御当地グルメになる素質はあると思います。
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2022年08月06日

マリーナの朝焼け

午前4時過ぎの増毛港ノールマリーナ。
朝焼けがきれいなので、写真に納めました。
増毛港のホタテ岸壁では、作業が始まっています。
この日の朝の気温は、20度ありません。
このところ増毛の最高気温は、25度ほど。
猛暑の本州と10度以上違います。さわやかな夏です。
東の空に無数の雲。夜明け前の朝日を下から受け、雲が輝いています。
海面もオレンジ。美しい光景です。
DSC07345.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2022年08月05日

さくらんぼ3種

梅酒用の青梅は、毎年、千果園(仙北剛久果樹園)から購入。
DSC07450.jpg
今年の青梅を買いに行ったところ、そろそろ終わりなので、食べてといただいたさくらんぼ。
なんと紅秀峰、紅てまり、南陽の高級種。恐縮しています。
千果園では、さくらんぼやりんごの種類のシールを貼ってくれます。
品種ごとに味を楽しめ、うれしいサービスです。
さっそく食べ比べてみました。
DSC07455.jpg
紅秀峰は、甘みと酸味のバランスが良く、果肉もしっかりして私の好きな品種。
紅てまりは、紅秀峰に似ていますが、よりジューシーに感じます。色が赤いのが特徴。
南陽は、優しい甘さ。ピンクの色がきれい。
どの品種も大きく、食べ応えがあります。
DSC07458.jpg
先日、川崎から来たお客様が、増毛のさくらんぼをお土産に買っていったところ、山形のよりも美味しいので、また、発送してもらったと聞きました。
昨年は、記録的な不作でしたが、今年は、豊作。
これから秋の果物が出てきます。
美味しい増毛のくだものを買いに来て下さい。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2022年08月04日

山田錦國稀味比べ

國稀北海山田錦純米吟醸の酒米は、北海道芦別市の加藤農場産。
兵庫県で主に生産される酒米山田錦は、低温に弱く、北海道内での栽培は、難しいとされていました。
國稀純米吟醸「北のきらめき」の酒米は、兵庫県産山田錦。
私の好きな國稀。
名前もいいので、増毛町の当時のファイターズ応援大使の西川選手と杉浦投手にも飲んでもらった國稀。
飲み比べてみました。
北のきらめきの方が辛口に仕上がっています。
北海山田錦は、中口で、香りも良く、とてもおいしく感じます。
地球温暖化で気温が高くなってきていますので、将来、増毛町内でも山田錦の酒米が生産できるかもしれません。
DSC07342.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2022年08月03日

北海道中学校サッカー大会

留萌市、増毛町を会場に行われた今年の全道中体連サッカー大会。
DSC07400.jpg
増毛会場は、リバーサイドパークサッカー場。
リバーサイドパークサッカー場では、1日目の3試合が行われました。
DSC07398.jpg
実は、このサッカー場の正式名称は、いきいき広場。
30年以上前からサッカー場にするために関係者が整備してきました。
DSC07391.jpg
私も高校の時からサッカーを始めましたが、当時は、土のグランド。
芝の上でのサッカーが夢でした。
この日は、天候に恵まれ、芝の状態も上々。
DSC07389.jpg
増毛中学校は、開催支庁代表として出場。
石狩代表のチームに大善戦。惜しくもPK戦の末に敗戦。
全道大会が開催できるサッカー場になったことうれしく思っています。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2022年08月02日

増毛の花火大会

昨年と同様に増毛港まつりは、花火大会のみとなりました。
例年だと増毛漁協青年部主催の大漁ビアパーティが、花火の会場で行われるのですが、3年連続で飲食は中止。
2022 (4).jpg 2022 (7).jpg
花火大会の会場は、増毛港中央埠頭。
会場で見る花火は、迫力満点。
2022 (10).jpg 2022 (11).jpg
留萌市のイベントが延期になったため、留萌からも多くの観覧者。
私は、マリーナから写真を撮り、花火見学。
2022 (13).jpg 2022 (2).jpg
増毛港は、湾になっているので、いろいろなところから花火が楽しめます。
無事に今年の花火大会が終了しました。
ご寄付をいただいた皆様に感謝申し上げます。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2022年08月01日

青つぶの柔らか煮

青つぶの正式名称は、ヒメエゾボラ。
一般的ではありませんね。海の家のつぶ焼きがこれ。
ザラメ砂糖と醤油で味付け、弱火でコトコト1時間以上。
父が、生前ツブカゴ漁をしていたため、亡くなった母が大鍋で大量に作っていたのを思い出しています。
DSC07122.jpg
柔らかく味がしみて國稀がすすみます。
小さなつぶなので、2,3個は、大丈夫だと思いますが、身の背中の部分のアブラと呼ばれる黄色の唾液腺を取り除いて食べて下さい。
DSC07126.jpg
食べるとめまいやお酒に酔ったような症状になることがあります。
増毛の夏の味覚。青つぶの柔らか煮、おすすめです。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記