2021年08月04日

ホタテ採苗

7月末から始まっている増毛港のホタテの採苗。
DSC02417.jpg DSC02400.jpg
5月の連休明けに投入したネトロンというホタテの採苗網。
この時期に付着したホタテの稚貝を取り出す作業を仮分散といいます。
DSC02402.jpg DSC02397.jpg
ホタテの稚貝の大きさは、5ミリほど。
例年より小さめですが、もうホタテの形をしています。
小さなカップでザブトンという網に入れていきます。
この網が沖合のホタテ養殖施設につるされます。
DSC02415.jpg
午前2時に作業が始まり、午前5時ころに終了。
2,3ヶ月でもう一度すべての稚貝を入れ替え。これを本分散。
ホタテ稚貝生産は、非常に手間のかかる作業。
昨年は、原因不明の生育不良でした。
海水温や海の環境が変わり、影響しているかもしれません。
今年は、稚貝が順調に生産されることを祈っています。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記