2021年08月11日

久しぶりの雨

今年ほど増毛町では、極端に雨の少ない年は記憶にありません。
6月20日に8ミリ、7月6日に0.5ミリ降っただけ。
7月6日から8月8日まで1ヶ月以上雨がありませんでした。
6月20日から数えると50日ほど。
畑は、カラカラ。リバーサイドパークの芝生もむしろ状態。
8月9から10日に久しぶりにまとまった雨です。
降り始めから50ミリほど。
畑には、恵みの雨ですが、収穫が終わったものもあり、せめて1週間おきに10ミリ降ってくれてたらと思います。
DSC02573.jpg
増毛駅前通は、雨にかすんでいます。
7月23日から続いていた猛暑も収まり、10日の最高気温は17度。
地球の温暖化で極端な気候が現れることが多くなってきていると感じています。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2021年08月10日

ソイのポアレ

釣りものの、ソイを友人からいただくことが多くあります。
DSC02016.jpg
ほとんど刺身や鍋でしたが、かみさんが3枚におろして、軽く塩をふり、オリーブオイルで焼き上げました。
ソイを焼いて食べることがなかったのですが、美味しいんです。
「ポアレ」は、フライパンで油を多めにして表面をかりっと香ばしく焼く調理法。「ポアレ」はフランス語でフライパンを語源としているそうです。
焼きながらスプーンなどで油を肉などにかける方法を「アロゼ」。
この方法でソイを焼いています。
DSC02039.jpg
レモン汁とバターでレモンバターソースを作ってみました。
ソイが新鮮なので、身がしっかりして、弾力があります。
夏野菜の付け合わせなどがあればいいですね。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2021年08月09日

パークゴルフと焼き肉定食

小学2年生の孫が、パークゴルフをやってみたいというので、親子3世代で増毛のパークゴルフ場でプレー。
リバーサイドセンターハウスで一式をレンタル。
一人分が400円。
この日は、赤い吊り橋を渡り、暑寒別川沿いのコース27ホール。
DSC02451.jpg
2時間ほどプレーしました。
孫は、初めてですが、とても楽しいといいます。
DSC02454.jpg
小学低学年でもパークゴルフは、楽しめますね。
私もだいぶ歩いたので運動になりました。
今年は、雨が極端に少なく、コースが乾ききっているのが残念なところ。
DSC02455.jpg DSC02457.jpg
終了後は、センターハウスで焼き肉定食。
パークゴルフと焼き肉をリバーサイドパークでどうぞ。
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2021年08月08日

増毛町温水プール

今年は、7月から増毛でも暑い日が続いています。
孫と婿と3人で、プールに行ってきました。
増毛町温水プールは、リニューアルされてきれいになっています。
DSC02325.jpg
昨年、顔をプールの水に付けることができなかった小2の孫は、ビート板で泳げるようになり上達。
私は、海育ちのため、プールでは上手に泳げません。
25メートルプールの20メートルを水中歩行。
あとの5メートルを平泳ぎとクロールで泳ぎます。
この日は、40分間続けました。いい運動になります。
DSC02326.jpg
プールの料金は、大人が300円。増毛の小中学生は、50円。
留萌管内の海水浴場は、コロナ感染防止対策のため、すべてが閉鎖。
プールで泳ぎましょう。
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2021年08月07日

じゃがいも収穫

7月は、ほとんど増毛町に雨がありませんでした。
5月の連休に植え込んだじゃがいも。
茎が枯れてきたので掘り出しました。
畑は、水分がほとんどなく、掘り起こしたところカラカラに乾いた状態でじゃがいもが出てきます。
じゃがいもの種類は、左から男爵、きたあかり、インカのめざめの3種類。
雨が少なかった生か、小ぶりなじゃがいもが多いもののまずまずの収穫量。
国道沿いの畑は、粘土が多い土なので男爵が適していると聞いています。
これからこの畑では、とうもろこし、カボチャ、枝豆の収穫となります。
今年は、水やりに苦労しました。
DSC02382.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2021年08月06日

ふるふるトマト

7月中旬から増毛は、暑い日が続いています。
DSC02236.jpg DSC02238.jpg
ソフトクリームが人気のふるふるトマト。
軽食も出しています。
DSC02244.jpg DSC02356.jpg
ポークカレーは、夏野菜のズッキーニ、なすが添えられ、夏野菜のピザも一人分にはちょうどよい大きさ。
飲み物は、いつもトマトジュース。450円。
DSC02240.jpg
トマトジュースが苦手な人でも大丈夫だと思います。
フルーツトマトも店頭に並び始めました。
DSC02459.jpg DSC02483.jpg
冷やしトマトでビールのつまみです。
ふるふるトマトでどうぞ。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2021年08月05日

2021年梅酒づくり

毎年、この時期に仕込んでいる梅酒。
もう10年近く作っています。
増毛の果樹園千果園から青梅を購入。
DSC02441.jpg
年々、収穫時期が早まっているような気がします。
青梅は、3s。35度の焼酎は1.8gが3本。
氷砂糖は、青梅1キロ、リカー1.8gに対し、300cほど。
ネットでの梅酒の作り方と比較すると氷砂糖は3分の1。
辛口の梅酒になります。
DSC02447.jpg
半年経過すると梅を取りだし、瓶詰め。
1年以上寝かせると熟成してまろやかになっていきます。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2021年08月04日

ホタテ採苗

7月末から始まっている増毛港のホタテの採苗。
DSC02417.jpg DSC02400.jpg
5月の連休明けに投入したネトロンというホタテの採苗網。
この時期に付着したホタテの稚貝を取り出す作業を仮分散といいます。
DSC02402.jpg DSC02397.jpg
ホタテの稚貝の大きさは、5ミリほど。
例年より小さめですが、もうホタテの形をしています。
小さなカップでザブトンという網に入れていきます。
この網が沖合のホタテ養殖施設につるされます。
DSC02415.jpg
午前2時に作業が始まり、午前5時ころに終了。
2,3ヶ月でもう一度すべての稚貝を入れ替え。これを本分散。
ホタテ稚貝生産は、非常に手間のかかる作業。
昨年は、原因不明の生育不良でした。
海水温や海の環境が変わり、影響しているかもしれません。
今年は、稚貝が順調に生産されることを祈っています。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2021年08月03日

花火大会

増毛港中央埠頭を会場に開催された花火大会。
昨年は、中止だったため、2年ぶりに開催。
DSC_0015.jpg DSC_0042.jpg
会場では、飲食の禁止、ソーシャルディスタンスの徹底などコロナ感染防止対策がとられました。
天候に恵まれ、微風と絶好の花火大会日和。
DSC_0025.jpg DSC_0046.jpg
会場警備、交通整理、岸壁警備など増毛町職員が担当。
増毛の花火大会は、こじんまりしていますが、会場でみる花火は、迫力満点。
私も会場で2年ぶりに花火の写真撮影。
DSC_0071.jpg DSC_0083.jpg
今年は、コロナ禍の中で医療関係者への感謝とコロナ収束を願って打ち上げられました。
今年の花火の写真をご覧下さい。
DSC_0084.jpg DSC_0108.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(2) | 日記

2021年08月02日

ましけCとば

増毛駅のぐるめ食品の店舗で購入してきたCとば。
DSC02189.jpg
ぐるめ食品のCとばは、たらこ、たこの柔らか煮とともにこの店の3大売れ筋商品。
DSC01246.jpg DSC02080.jpg
堅そうに見えますが、とても柔らか。
DSC01248.jpg
くさみもなく、とても美味しいCとばです。
食べ歩きCとばも販売しています。
DSC02288.jpg
常温で販売していますので、お土産にも最適。
美味しいましけCとばを増毛駅のぐるめ食品でどうぞ。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2021年08月01日

青ツブの柔らか煮

遠藤水産で購入した青ツブ。正式名称は、ヒメエゾボラ。
なじみがなく、覚えられません。
小ぶりのツブが多かったので、柔らか煮にしてもらいました。
今年5月に亡くなった母がよく作っていた青ツブの料理。
DSC02372.jpg
まず、水から煮ていきますが、アクを丁寧に取ってからザラメ砂糖、醤油、國稀、しょうがで味付け。
それから1時間ほど弱火でコトコト。
味がしみて柔らかくなり、とても美味しくなります。
背の中の黄色い塊が唾液腺のあぶら。
DSC02373.jpg
これを取り除かないと船酔いに似た症状がでます。
大きな青ツブより、小さな青ツブが美味しいと思っています。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記