2021年02月28日

エビ籠漁出漁準備

増毛に春を告げるエビ籠漁。
DSC00409.jpg
増毛港には、6隻のエビ籠船。
先日、除雪されて広くなった岸壁に赤いエビ籠が積まれています。
乗組員らが漁船の後方にエビ籠を積み込みでいきます。
DSC00415.jpg DSC00414.jpg
エビ籠は、一船当たり、2050籠。
6本のロープに分けられ、漁場に投入。
エビ籠の中には、スケソウダラやニシンのえさが入っており、甘エビやボタンエビが入ります。
DSC00410.jpg
昨年は、コロナ禍でエビの値も下がり、不漁も重なりました。
今年は、豊漁と安全操業を祈念しています。
3月1日午前0時出港です。
DSC00416.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2021年02月27日

カブのカボチャ漬け

11月の初旬に漬けるのは、にしん漬けとカブのカボチャ漬け。
にしん漬けが食べ終わってからカボチャ漬けを食べ始めます。
カボチャを煮て、つぶし、糠などと混ぜ、カブを漬け込むもの。
カブは、私が毎年作っている自家製。
黄色い色は、カボチャの色かとかみさんに聞いたところ、たくあんの素の色のようです。
今年は、漬かりすぎているように感じます。
塩分が少し多かったのかもしれません。
しかし、札幌の長女に送ったところ美味しいとの感想。
血圧を考え、食べ過ぎないようにしています。
DSC00370.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2021年02月26日

最北の蔵

1月に國稀酒造で買い求めていたとっておきのお酒。
純米吟醸最北の蔵。
昨年の10月に発売されています。
DSC00376.jpg
今回からラベルのデザインが変わりました。
毎年、6月と10月に発売されていますが、今年から10月だけになると聞きました。
精米歩合は、50l。米は、山田錦100l。
毎回、私が購入している一押しの國稀。
一升瓶5500円と高価なお酒なので、飲むのはいつも1合の半分ほど。
それから國稀佳撰に変えています。
DSC00390.jpg
香りもいいのでワイングラスでどうぞ。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2021年02月25日

増毛港の除排雪

2月23日から24日、暴風雪警報が出ていましたが、増毛は、暴風もなく、雪もそれほどでもありませんでした。
しかし、24日にかけて石狩、南空知で大雪。
岩見沢では、新たに50センチの積雪。
石狩湾沿いに雪雲が入り続けて、交通傷害も発生しました。
毎年、3月1日エビかご漁の解禁の前に増毛港で行われる除排雪。
今年は雪の少なかった昨年より多い積雪量。
ショベルローダーが雪を集め、ロータリー除雪車で雪を飛ばしていきます。
この除雪が終わると、広くなった岸壁には、エビかごが積まれ出漁の準備となります。
増毛に春を感じさせる作業です。
DSC00398.jpg DSC00397.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2021年02月24日

毛ガニ

増毛産の毛ガニが手に入りました。
生きています。
DSC00335.jpg
かみさんがゆで上げました。
身をむいてもらって、食べるのが一番なんですが、自分でどうぞとかみさん。
DSC00337.jpg
30年以上前、漁師だった父が生存中は、よく毛ガニやズワイガニを食べていました。
今は、なかなかありつけません。
國稀の佳撰を飲みながらカニをむいては食べ、むいては食べ。
うま〜い。
細い足の身は、以前は食べませんでした。
今は、歯でかじって身を取り出します。
DSC00341.jpg
甲羅の中のミソに國稀を入れ、カニの身を混ぜて食べるんです。
これがまた最高。
DSC00343.jpg
國稀がすすみすぎ、翌朝は二日酔い。
毛ガニのせいです。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2021年02月23日

今が旬 ぎんなん草

増毛のスーパーに並んでいたぎんなん草。
今が旬です。
DSC00344.jpg
増毛では、ほとけのみみ、みみこと呼ばれています。
ぎんなん草は、いちょうの葉に似ているところから名付けられたとも。
80c589円と高価になりました。
このぎんなん草は、隣の隣の町小平町の特産。
DSC00352.jpg
増毛の海にもありますが、出回りません。
火を止める寸前に、味噌汁の中に入れます。
長く入れると、とろとろにとけてしまいます。
DSC00357.jpg
コリコリの食感と風味がいいのが特徴。
毎年、今の時期に食べたい旬の味覚です。
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2021年02月22日

まつくらの握り寿司

寿しのまつくらの握り寿司。
テイクアウトで二人分。
DSC00085.jpg
いつもの年なら新年会が続き、まつくらの握り寿しは、食べ慣れているころですが、今年は、コロナ禍で新年会や宴会はほとんど中止。
DSC00083.jpg
ウニ、アワビ、ボタンエビなどが入り特上。
久しぶりのまつくらの握りは、美味しかったですね。
コロナ禍で宴会がありません。
テイクアウトや出前でまつくらのお寿司をどうぞ。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2021年02月21日

冬の暑寒別川

冬期間、数回ですが暑寒別川上流をスキーで歩いています。
ここ数年は、砂防工事が入っており、一部しか歩くことができません。
この日もゲート付近に車を止め、暑寒別川沿いを散策。
DSC00038.jpg DSC00040.jpg
川の石の上に雪がのっている景色がいいと思っています。
雪帽子、雪まんじゅうとも言われています。
DSC00041.jpg DSC00045.jpg
厳冬期には、雪まんじゅうが連なっています。
DSC00060 - コピー.jpg
雪の中から飛び出してきたのは、エゾヤチネズミ。
私に気づき、すぐに潜ってしまいました。
川面すれすれに飛んでいるのは、カワガラス。
冬の暑寒別川が好きです。
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2021年02月20日

二日連続の湯豆腐

増毛関山さんの豆腐を買ってきてもらい二日連続の湯豆腐。
一日一丁ずつ。飽きが来ません。
DSC00031.jpg
私専用一人分の土鍋。
今までは、鱈が入ることが多かったのですが、今年は、白菜のみ。
DSC00068.jpg
増毛の細目昆布で出汁をとっています。
白菜の甘さと豆腐の旨さ。
他に入らない方が湯豆腐の美味しさが際立ちます。
小学一年の孫が私が食べている豆腐をねだってきます。
孫も関山さんの豆腐の美味しさがわかっているようです。
DSC00028.jpg
ガンモも焼いてもらいました。
地酒國稀がすすみます。
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2021年02月19日

ソイとガヤ

釣り物のソイとガヤを漁業者が持って来てくれました。
すでに調理されていましたので、魚の写真はありません。
ソイは、まだ生きていたそうです。
ソイは、一部を刺身。コリコリの食感です。
DSC00304.jpg
醤油をつけて、一応、蛍光灯に透かしてアニサキスがいないか確かめました。
生きていたので大丈夫とカミさん。
DSC00320.jpg
残りのソイは、三平汁に。
娘が超美味しいといいます。
DSC00313.jpg
ガヤは、煮付けに。小ぶりですが、一人一尾がちょうどよい大きさ。
煮付けも新鮮なので、身が締まりとてもいい味。
ありがたくいただきました。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2021年02月18日

暴風雪警報

16日から18日にかけて数年に一度の暴風雪。
特に留萌地方と石狩北部に記録的な猛吹雪というテロップ。
16日午前9時の低気圧は、946ヘクトパスカル。
DSC00318.jpg
前日15時の予報通り。正確な予報です。
16日、増毛町では、最大瞬間風速が32.8メートルを記録。
しかし、暴風は吹き荒れましたが、大雪にはなりませんでした。
DSC00326.jpg DSC00327.jpg
17日の帰宅途中の写真です。窓は、雪で真っ白。
吹き溜まりは、30センチ以上の雪があります。
北海道内では、局地的に大雪だったところはありますが、増毛の積雪量は、降り始めから20センチ程。
今回も北陸、新潟で大雪のようです。
雪国の大変さがわかります。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(2) | 日記

2021年02月17日

かずの子製品

北日本水産物(株)直営店のかずの子の製品。
DSC00228.jpg DSC00229.jpg
徳用の味付けかずの子は、さかなのこばこという製品。
燻製にする予定。
DSC00242.jpg
他は、かずの子フレーク、にしん親子漬け、オクラかずの子。
DSC00277.jpg
かずの子フレークは、日本酒のあてには最高。
箸で小さなかずの子フレークをつまみ、口の中では、プチプチという食感を楽しみ、國稀をぐびり。
このフレークは、いろいろな料理に使えそうです。
DSC00309.jpg
にしん親子漬けは、120グラム入りで、鰊の切り身とかずの子の甘酢漬け。
優しい甘さです。
オクラかずの子は、私の一押し製品。
かずの子は、増毛北日本水産物(株)の製品がおすすめです。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2021年02月16日

パラレルの鐘

1986.12.25の設置年月日。
DSC00087.jpg
増毛スキー場の第1リフト頂上のトドマツの2本の木の間に設置されているパラレルの鐘。
DSC00103.jpg
35年前になります。
私がスキー場に勤務していた時、廃車になった消防車の鐘を利用し、当時の消防長に文字を書いてもらい、休み時間に職員で彫刻刀で文字を削った記憶があります。
DSC00094.jpg DSC00101.jpg
たびたびの暴風でこの看板が壊れました。
よく見るとだいぶくたびれています。
DSC00104.jpg
子どもたちがこの鐘を鳴らすのを楽しみにしています。
この鐘を利用し、インスタ映えするような新しいモミュメントを作ってほしいと思っています。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2021年02月15日

バレンタインケーキ

14日、日曜日の増毛は、3月下旬の陽気。
最高気温が6.4度。
道路の雪も融け、アスファルトが見えています。
DSC00270.jpg DSC00271.jpg
親戚の女性から孫にバレンタインケーキ。
増毛中村屋のケーキです。
DSC00283.jpg DSC00280.jpg
大きさがわかるよう単3電池を置きました。
男は、私と婿。女性から少しだけ分けてあげてくださいと言われています。
心遣いがうれしいですね。
私たちも少しごちそうになりました。
このお一人様用ケーキいいと思います。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(2) | 日記

2021年02月14日

のぼりが目印

土日の営業しているフルーツ工房「凜」。
山口果樹園が経営しています。
DSC00108.jpg
のぼりが立っていたので、スキー場の帰りに寄ってみました。
DSC00109.jpg DSC00110.jpg
りんご、ジュース、手作りジャム、焼きたてパンなどを販売しています。
この日、私が購入したのは、りんごとジュースとパン。
りんごは、王林、シナノゴールド、紅将軍、ふじの4種類。
ジュースは、300CCのりんごと洋梨の3本セット。
パンは、りんごを使用したもの。
DSC00117.jpg
りんごやパンが安く、美味しい。
暑寒別公園線沿いで、のぼりが目印。
増毛のスキーの帰りに寄ってみて下さい。
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2021年02月13日

福よしの小鉢

先週、家族で福よしを予約。
午後6時までは、持ち帰りの弁当の注文があるのでそれ以降ならと。
DSC00121.jpg DSC00136.jpg
家族で福よしは、久しぶり。
テーブルの上には、大きなアクリル板。
家族での利用ならいらないと思うのですが、知人と向かい合っての食事の時は、必要ですね。
DSC00126.jpg DSC00130.jpg
家族では、いつものポテトフライや枝豆、タコザンギ、鳥串など。
私は、この店で必ず注文するのは小鉢。
DSC00122.jpg DSC00132.jpg
増毛の関山豆腐店の寄せ豆腐、刺身こんにゃくとイカの三升漬け和え。
DSC00134.jpg
生ビール一杯のあとに國稀佳撰の熱燗。
小鉢は安価でおすすめです。
家族で福よしへどうぞ。
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2021年02月12日

スキーバッチテスト

増毛のスキー場で行われたジュニアスキーバッチテスト。
小学1年生の孫の付き添い。
DSC00091.jpg
ジュニアスキーバッチテストは、6級から1級まで。
旗門が設定され、制限時間内で滑ることが求められます。
孫は、5級を受験。初めてでとても緊張したようです。
DSC00098.jpg
見事合格。来年は、4級と3級を目指すと言います。
向上心が生まれました。たくさんスキーをしてほしいです。
DSC00116.jpg
帰りに寄ったのは、ラーメン「壱弐壱弐」。
住宅を改修して店を始めてから36年経過したそうです。
店名と電話番号が同じ。
出前もすぐにかかります。
DSC00114.jpg
壱弐壱弐のラーメンをどうぞ。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2021年02月11日

明太子

増毛駅の孝子屋ぐるめ食品の明太子。
500グラム入り徳用袋。冷凍品です。
DSC00016.jpg
家で食べるのはこれで十分。
半解凍して小さなタッパーで小分けにして、また冷凍。
ぐるめ食品のたらこは、増毛町のふるさと納税の返礼品の一番人気。
明太子もぐるめ食品のものが好きです。
DSC00022.jpg
辛さと旨みのバランスがとても良い明太子。
ポリ袋入りは、たらこと明太子の2種類。
ポリ袋に入ったこの商品は、なかなか購入できないと思いますが、おすすめです。
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2021年02月10日

グレートトラバース3暑寒別岳

300名山のグレートトラバース3。このたびのBS放送。
暑寒別岳が2020年の最後の山。
余市岳から増毛に入り、天候回復で待って、10日間以上の足止め。
オーベルジュましけに宿泊。
DSC00147.jpg
グルメコーナーでは、鮨・居酒屋忠の海鮮生チラシが紹介されていました。
200名山での暑寒別岳は、夏の暑寒ルート。
DSC00163.jpg
今回は、箸別ルートが使用されました。
オーベルジュましけから箸別ルート登山口の箸別避難小屋まで17キロ。
箸別小屋から山頂までは、約10キロ。
DSC00172.jpg
山頂付近のホワイトアウトは怖いですね。GPSは必需品。
私は、11月から3月までは、暑寒別岳に登ったことがありません。
冬は、特に人を寄せ付けない山となります。
11月中旬の暑寒別岳の厳しさがこの放送で理解できました。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(2) | 日記

2021年02月09日

オードブルとシードル

職場の干支の会。
年1回の懇親会を楽しみにしていましたが、コロナ禍で中止。
各会員の家に届けられたのは福よしのオードブルとシードル。
DSC00070.jpg
オードブルは、エビチリ、海鮮サラダ、ホタテ、ボタンエビ、鴨肉など家族分が入っていました。
同時に配られたのは、増毛フルーツワイナリーのシードルとポワール。
DSC00075.jpg
シードルの原料は、りんごですが、ポワールは洋梨。
どちらも330ミリリットル。
アルコール度は、3.0と3.5と低め。
アルコールが苦手な方でもいけると思います。
いつもの年なら飲食店で私一人だけが楽しんでいますが、家族が喜びました。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記