2019年10月31日

漬け物用ダイコン

漬け物用のダイコンの収穫は、10月最終日曜日と決めています。
増毛町民もこの時期にダイコンを干している家庭を良く見ます。
しかし、この日曜日に用事があり、平日早朝に実施。
DSC03820.jpg
8月のお盆に種を蒔き、ちょうど2ヶ月半。
ダイコンとカブは、まずますの出来。キャベツは虫食いが多いですが、量的には確保。
今年は、ダイコンを90本、カブは40個。昨年よりダイコンを減らしました。
DSC03836.jpg DSC03823.jpg
この量で4軒分。
ダイコンとキャベツは、鰊漬け。カブはカボチャ漬け。
DSC03826.jpg
一週間干してつけ込みます。
我が家の秋の一大行事です。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2019年10月30日

オーベルジュましけのラ・サンテ

昨年度までは、水曜日と日、祝日がお休みでしたが、今年の4月から水曜日と祝日をオープン。
そのため、閉館時間が1時間早まり午後8時までとなりました。
しかし、平日の仕事の後にゆっくりラ・サンテを利用したいという希望があるため、10月から火曜日と水曜日のみ午後9時まで開館しています。
夕食後、一休みしていたら、運動する時間がなくなってしまいますね。
試験的に実施しています。利用が多くなると継続となります。
これから寒くなり、運動不足になります。
健康のため、ラ・サンテで運動をしましょう。
DSC03639.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2019年10月29日

タコ焼き

休日のお昼。
電気のタコ焼き器を使用したタコ焼きパーティ。
タコは、増毛産のミズダコ。
冷凍していたタコの足が一本。
大きめにカットしたタコを2個ずつ入れてもらいました。
タコが多い方がいいです。
口に入れたときのタコの存在感が違います。
増毛のタコは、5歳の孫の大好物。タコ焼きも同様。
増毛産のタコでタコ焼きいかがです。
DSC02415.jpg DSC02418.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2019年10月28日

一万歩

万歩計を活用しています。
増毛町が健康づくりのために町民に配布しているもの。
一週間一万歩を続けたいと考えています。
4年ほど使っていますがクリアできていません。
飲み会があるとストップしてしまいます。
この日まで連続5日間一万歩越え。
オーベルジュましけのランニングマシンで走ったり、夜、町内を歩いています。
普段の生活では一万歩は超えません。
田舎の人より都会の人の方が歩いていますね。
100メートルでも田舎の人は車を使ってしまいます。
健康のためもっと歩きましょう。
DSC03168.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2019年10月27日

洋梨ブランデーワイン

増毛の洋梨で私が一番好きなブランデーワイン。
あまり大きくなりませんが、その中でもこれは、小ぶりのブランデーワイン。
1個150cほど。
洋梨は、追熟が必要で、ブランデーワインは、食べごろが難しい梨。
DSC03686.jpg DSC03687.jpg
写真では、左側。黄色っぽくなり、上を押して柔らかければOK。
きめ細やかでなめらかな食感。
この時期に毎年、食べている果物です。
DSC03771.jpg
一気に食べごろになった場合は、コンポートかジャムに加工して保存しています。
増毛の洋梨ブランデーワインをどうぞ。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2019年10月26日

豆腐2丁

寒くなってきました。
夕飯に鍋が多くなります。
増毛関山さんの豆腐2丁とつきこんにゃく。
DSC03679.jpg
鍋には、必ず関山さんの豆腐が入ります。
この日は、寄せ鍋。
DSC03700.jpg
中身は、マイタケ、つみれ、鶏肉、タラ、うどん、白菜、つきこんにゃくなど。
主役は、関山さんの豆腐です。
DSC03702.jpg
関山さんの湯豆腐が最高です。
今夜は、関山さんの豆腐で国稀熱燗いかがです。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2019年10月25日

ナナカマドの紅葉

町内ウォーキングを約1時間。
増毛港マリーナから増毛駅を通り、駅の坂を上がり忠魂碑へ。
DSC03791.jpg DSC03172.jpg
旧増毛小学校をぐるっと一周。
雪虫がたくさん飛んでいて、衣服にまとわりつきます。
DSC03176.jpg
ナナカマドが赤く色づきました。
増毛小学校の裏手や明和園の道路沿いのナナカマドがきれい。
DSC03182.jpg DSC03183.jpg
ナナカマドは、増毛町の木。
もっとこの木を植えたいですね。
今年は、実がたくさんついています。
DSC03180.jpg
増毛駅前通りを歩き戻りました。
DSC03185.jpg
増毛の秋が深まってきました。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2019年10月24日

あさひリンゴ10キロ

毎年、千果園仙北剛久果樹園に予約して買い求めているあさひリンゴ。
10キロ箱買いをしています。
DSC03597.jpg
1個150cほどの小さなあさひをお願いしています。
10キロですから70個ほど。
果肉が柔らかく、パシューと丸かじり。
DSC03599.jpg
さわやかな酸味、香りが非常にいいのも特徴。
私の趣味である増毛の果物のジャム作りの原点でもあります。
皮は後から取り除きますが、ピンクの美しいジャムになります。
DSC03166.jpg
今は、幻のリンゴといわれています。
増毛の果樹園であさひリンゴをどうぞ。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2019年10月23日

アワビの水貝

増毛のアワビ漁が10月1日に解禁。
増毛漁業協同組合の前にある遠藤水産の水槽の活アワビ。
DSC03676.jpg
100c950円と800円。
950円の方を2個購入したら1個900円ほど。
立派なエゾアワビ。
DSC03697.jpg
かみさんに水貝をリクエスト。
塩水を作り、増毛の細目昆布を敷き、その上にカットしたアワビをのせるだけ。
今度は、自分で出来そうです。
DSC03704.jpg
アワビ本来の旨さが感じられる食べ方です。
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2019年10月22日

ダム貯蔵酒

320本限定販売のダム貯蔵酒。
留萌ダムの地下に5ヶ月間貯蔵されていた國稀純米酒。
ダムの地下は、夏でも8度から10度と温度が一定。
北海道産酒造好適米「吟風」使用ですので、フランスで金賞を受賞した純米吟風と同じだと思うのですが、何か違います。
酸味が抑えられて、まろやかになっているような気がします。
一定の温度と湿度がお酒に良いのでしょう。
お酒のラベルは、留萌ダム貯蔵酒。
留萌ダム貯蔵をアピールするという意図だと思います。
船積み酒の「漁師の力酒」のように良いお酒の名前を付けていただきたいですね。
DSC03695.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2019年10月21日

暑寒の秋

日曜日の増毛町は、気持ちの良い天気。
数日前に雪をかぶった暑寒別岳。雪が解けました。
暑寒荘に向かう道路は、10月18日から来年の4月10日まで冬期通行止め。
DSC03758.jpg
ゲートの前で車を止め、暑寒別川の川沿いを歩き、写真を撮りました。
紅葉がとてもきれいです。
暑寒別川の奥に雄冬山も見えています。
DSC03768.jpg DSC03759.jpg
赤は少なく、黄色が多いのですが、青空をバックに輝いています。
短い増毛の秋、低気圧が発達すると強風により葉が落ちてしまいます。
穏やかに秋が深まっていってほしいと思っています。
DSC03766.jpg DSC03770.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2019年10月20日

お昼はスカンピンのパン

土曜日のお昼。
スカンピンのパンを買って、お昼にすることが良くあります。
この日は、酒粕本食、ソーセージパン、シナモンロール、数の子パンなど。
シナモンロールは、カミさんが好きなパン。
写真の一番手前は、数の子パン。
数の子の形をしていて、中に数の子を使用した美味しいパン。
増毛の特産品を活用したパンをこれからもお願いしたいです。
酒粕本食は、ルルロッソ小麦を使用。
休日、國稀酒造の中で販売されています。
是非、食べていただきたいパンです。
DSC03102.jpg
posted by mashikejin at 07:27| Comment(0) | 日記

2019年10月19日

2019ホクレン大収穫祭

札幌三越10階催事場で行われている2019ホクレン大収穫祭。
10月16日から10月21日まで開催。
DSC03653.jpg DSC03647.jpg
増毛町果物売り場は、エレベーターを降りてすぐ。
リンゴは、つがる、紅将軍、あさひ、レットゴールド、ブラムリー。
DSC03659.jpg DSC03657.jpg
梨は、マーガレット・マリラと千両。
プルーンは、くらしまとシュガー。蜂蜜とジュースも置いています。
あさひは、幻のリンゴといわれていますが、増毛町では比較的多く栽培されています。
ジャム用のクッキングアップルのブラムリーもファンが増えてきました。
洋なしのマーガレット・マリラも人気。
DSC03656.jpg DSC03665.jpg
屋上には、発送分のリンゴや梨の箱が所狭しと置かれています。
今年の増毛の果物は、特に美味しくできあがりました。
ホクレン収穫祭で増毛の果物をどうぞ。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2019年10月18日

たこザンギとドーナッツ

すが宗のたこザンギの売り場が変わりました。
以前は、中に入った場所でしたが、通りに面したところに変更。
DSC03552.jpg
店名も「いち福」とあります。
人気のたこザンギは、650円でとても柔らか。
ドーナッツは、5個で200円。もちもちです。
DSC03564.jpg DSC03555.jpg
表のカウンターの上には、夕顔。
重さをピタリ当てたらたこザンギプレゼントと書いてあります。
DSC03554.jpg
私は、5キロ250cで惜しくも外れ。
鯛焼き近日発売のおしらせ。
すが宗の大将の鯛焼き楽しみです。
DSC03553.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2019年10月17日

ジャンボ果物

千果園仙北剛久果樹園で毎年、あさひリンゴを箱買い。
店先にあった大きなひめかみと紅将軍も購入。
DSC03546.jpg DSC03570.jpg
ひめかみは、600c越え。
ご主人が、持っていってと出してきたのは、大きなマーガレット・マリラ。
増毛の洋なしでは、一番大きなマーガレット・マリラ。
350c〜500cのものが一般的。
なんと量ったら約900c。
DSC03569.jpg
今年、千果園で一番大きな梨といいます。
大きなリンゴも梨も大家族でなければ食べきれませんね。
マーガレット・マリラは、大通りビッセの増毛町フェアでも人気でした。
札幌三越で開催中のホクレン収穫祭でも販売されています。
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2019年10月16日

暑寒別岳に雪

10月15日の朝の暑寒別岳です。
前日の夕方から雨が降り、朝は、気温が下がっていましたので、山を見るため車を走らせました。
初冠雪は、10月10日にうっすら山頂付近が白くなったという情報。
昨日は、暑寒別岳5合目から上が白くなっています。
DSC03607.jpg
沢筋に雪が切れ込み、厳しい山の姿が見てとれます。
暑寒沢地区の果樹園からの写真です。
果樹園では、地面に銀色のシートを敷き、リンゴの色づけを行っています。
DSC03614.jpg DSC03620.jpg
今年のリンゴは豊作で、味が良いと評判。
あと、2週間もすると平地でも雪がちらつくようになります。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2019年10月15日

接待の手土産

日本経済新聞出版社から発売の「接待の手土産」というカタログ本。
DSC03044.jpg
2019〜2020版。「こちら秘書室公認」とあります。
現役の秘書が選りすぐった心遣いが伝わる贈り物をお取り寄せできます。
のべ1000人以上の秘書が目利き。
事前審査、品評会、最終審査会を経て「特選」「入選」を選出。
増毛町の北日本水産物株式会社(0164-53-3333)の「北海道日本海産生造り味付け数の子」が入選。
250グラム、4320円。
DSC03046.jpg DSC03048.jpg
生の数の子を昔ながらの製法で加工。
数の子本来の風味、美味しさを閉じ込めて冷凍保存でお届け。
おすすめコメントでは、歯ごたえが良く、味付けも上品。
12月に贈ると、正月用に喜ばれそうです。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2019年10月14日

ブラムリーリンゴ

ヤマセン仙北果樹園でブラムリーリンゴを購入。
DSC03056.jpg DSC03050.jpg
ここのご主人は、ブラムリー発祥のイギリスまで行くほどの熱の入れよう。
昨年、ブラムリーの苗木を20数本植え、増やしています。
1個、300円と400円。
300円のブラムリーを5個買ってきました。目的はジャム作り。
DSC03061.jpg
1個の重さが400グラムから450グラム。
他のリンゴと比較して大まかにカット。果肉が柔らかくすぐにジャムになるのが特徴。
酸味が強いので砂糖は、ブラムリーの重さの30パーセント弱。他の果物の約2倍です。
DSC03065.jpg DSC03068.jpg
出来たのは、140グラムジャム瓶12個。
ブラムリーリンゴは、10月16日から札幌三越で開催のホクレン収穫祭にて販売されます。
増毛のブラムリーリンゴでジャムをどうぞ。
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2019年10月13日

大通りビッセへどうぞ

9月21日〜10月14日まで開催の大通りビッセの増毛町フェア。
私は、12日に手伝いに行きましたが、次から次にお客様が来てくれています。
DSC03504.jpg DSC03496.jpg
レジは、休みなしでした。
たくさんのご来場、誠にありがとうございます。
リンゴ、ナシ、プルーン、國稀、水産加工品、果物のジュース、ジャム、新米など美味しい増毛産いっぱい。
DSC03499.jpg DSC03521.jpg
DSC03515.jpg DSC03506.jpg
4階のレストラン街では、増毛の食材を使用した色とりどりのメニュー。
増毛フルーツフェアも人気です。
DSC03508.jpg DSC03516.jpg
10月14日、明日が最終日です。
大通りビッセの増毛町フェアにどうぞお越しください。
posted by mashikejin at 23:16| Comment(2) | 日記

小屋仕舞い

暑寒荘の薪入れの後は、小屋仕舞いの宴。
DSC03094.jpg
ごちそうは、キノコがたくさん入った石狩鍋とキノコの天ぷら。
キノコの種類は、タマゴタケ、ナラタケ、ハタケシメジ、ヌメリスギタケモドキ、ラクヨウと聞きました。
キノコと一緒に揚げられたのは、甘エビの天ぷら。
DSC03083.jpg DSC03099.jpg
ダイコンおろしが入ったラクヨウの酢の物も美味しかったですね。
DSC03097.jpg DSC03087.jpg
この日は、翌日暑寒別岳に登る旭川からの3人も同席。
客人がいるのも楽しいものです。
シュラフを持ち込んで泊まりたかったのですが、別の用事があり断念。
宿泊した増毛山岳会の会員は、國稀をたくさん飲んだようです。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記