2019年07月31日

夏祭りとラジオ体操

重要文化財「旧商家丸一本間家」の歴史の広場で開催された夏祭り。
一年に一度、ファミリー向けに縁日が行われます。
DSC_0213.jpg DSC_0206.jpg
スマートボールすくい、射的、輪投げ、ガチャガチャなどが一回50円。
ラムネやお茶も50円。
町内や観光の子供連れに人気でした。
また、この日は、旧商家丸一本間家も入場無料。
DSC_0268.jpg
無料となると多くの観光客が入ります。
一方、7月25日から8月3日までの10日間、この会場では、朝6時30分からラジオ体操会が行われています。
DSC_0188.jpg
子どもの数より大人の方が多いの特徴。
DSC_0191.jpg
私も毎朝、ラジオ体操に行っています。
8月3日までがんばります。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2019年07月30日

さくらんぼPR試食会

日曜日に増毛駅前で行われたさくらんぼPR試食会。
さくらんぼの種類は、佐藤錦、南陽、サミット、紅てまり。
DSC_0197.jpg DSC_0245.jpg
リンゴジュースとぶどうジュースの試飲コーナーも。
DSC_0237.jpg DSC_0239.jpg
販売は、していないため果樹園に入ってもらおうというのが狙い。
先日、佐藤健一果樹園から本州の友人に送ってもらったのは、シートに入ったさくらんぼ。
きれいに並べる必要がなく、サクランボも重ならないためいい状態で届くと思います。
DSC_0288.jpg
一方、「みつ」というさくらんぼ。
DSC_0291.jpg DSC_0292.jpg
日持ちがしないためにあまり流通していません。
小ぶりですが、ものすごい甘いさくらんぼ。
増毛のさくらんぼは、終盤。
美味しい増毛のさくらんぼをどうぞ。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2019年07月29日

大漁ビアパーティー

花火大会の会場で16時30分から開催されている大漁ビアパーティー。
増毛漁協青年部が主催。
DSC_0051.jpg DSC_0034.jpg
会券は、飲み物3枚分と抽選権がついて1000円。
ホタテ焼き、イカ焼き、つぶ焼きや海鮮焼きそば、枝豆などが販売されます。
雨が心配されましたが、午後から天気になり絶好のコンデション。
会場では、北海道日本ハムファイターズ増毛後援会のコーナー。
DSC_0065.jpg
ステージでは、ファイターズガールが盛り上げてくれました。
DSC_0028.jpg DSC_0041.jpg
無事に花火大会、大漁ビアパーティーが開催でき有難く思っています。
posted by mashikejin at 18:00| Comment(0) | 日記

花火大会

第62回の増毛観光港まつり。
納涼花火大会。
DSC_0085.jpg DSC_0095.jpg
会場は、増毛港中央ふ頭。
ビールを飲みながらの撮影で2回に1回失敗していますが、うまく撮れました。
DSC_0100.jpg DSC_0128.jpg
ここ数年は、自宅前から花火大会を見学していましたが、会場で見る花火は、迫力満点。
DSC_0129.jpg DSC_0140.jpg
是非、会場で見学してほしい増毛の花火大会です。
今年の花火の写真を見てください。
DSC_0169.jpg DSC_0186.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(2) | 日記

2019年07月28日

漁師の力酒

増毛の漁船にお酒を40日間乗せた船積み酒。
漁師の力酒(ちからみず)。
DSC02160.jpg
留萌地区漁協青年部連絡協議会が企画し、販売してもう10年。
主に増毛漁協青年部が協力しており、甲谷商店には、初代と2代目のポスターが飾られています。
DSC02502.jpg DSC02503.jpg
製造元は、國稀酒造。
冷暗な船底で眠る酒は、船に揺られ、熟成がすすみまろやかな美酒になるといいます。
船積み酒の種類は、国稀佳撰が旨口。北海鬼殺しが超辛口。
千石場所が青い瓶で昨年から出ています。
もとのお酒と飲み比べると、違いがわかります。
DSC02500.jpg
セット販売、発送も行っています。
増毛町畠中町5(有)甲谷商店(0164-53-1063)へお問い合わせください。
DSC02496.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2019年07月27日

増毛のキャンプ場

増毛町のキャンプ場の紹介です。
リバーサイドパークには、2カ所のキャンプサイト。ニューオートキャンプ場は、コテージ、キャンピングカーサイト、スタンダードカーサイトがあり、電源付き。
DSC02267.jpg
リバーサイドパークの上流部にあります。
下流側には、ノーマルカーサイト。料金が2000円と安くなっています。
DSC02273.jpg
リバーサイドパークキャンプ場の予約は、センターハウス(0164−53−1385)まで。
無料のキャンプ場は、暑寒別川河口の暑寒海浜キャンプ場と国道231号沿いの雄冬野営場。
DSC02275.jpg DSC02484.jpg
どちらも海辺ですが、海水浴はできません。
水場とトイレがあります。
無料テントサイトなので、必ずごみの持ち帰りを願います。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2019年07月26日

梅酒漬け込みました

2019年産の青梅で梅酒をつけ込みました。
例年より、10日ほど早いようです。
DSC02510.jpg
増毛町暑寒沢の千果園に毎年、青梅を予約。
今年は、豊作と聞きました。
1.8リットル35度の焼酎を3本購入。
DSC02504.jpg 
焼酎パックの裏面の作り方には、梅1キロ、焼酎1.8g、氷砂糖が500cとあります。
私は、いろいろ試しましたが、氷砂糖は300グラムと少なめ。
10年近く、同じ方法で梅酒を作っています。
DSC02508.jpg
半年後には、梅を取り出し、瓶詰めにします。
年を追うごとに熟成し、味が変わっていきます。
現在、飲んでいるのは2017年産。
増毛の青梅で梅酒を作ってみてください。
DSC02511.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2019年07月25日

海岸に咲く花

別苅の海岸でシーカヤックやゴムボートでの海遊びを見学。
この日は、乗りませんでしたが、私もシーカヤックを楽しみます。
将来、夏の体験観光にできればと思っています。
DSC02314.jpg
海岸近くには野の花が3種類。
黄色の花は、エゾオグルマだと思います。
DSC02307.jpg
暑寒別岳山頂付近のミヤマオグルマに似ています。
DSC02309.jpg DSC02310.jpg
後の二つは、ハマヒルガオとハマエンドウ。
高山植物が好きですが、海辺の花もいいですね。
しかし、海岸には流木やプラスチックのごみが目立ちます。
DSC02312.jpg
花のある風景が台無し。
海岸清掃事業を実施しなければなりません。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2019年07月24日

黄色いサクランボ

先週の日曜日、増毛の果樹園を数件回ったのですが、黄色いサクランボは、ありませんでした。
この黄色いサクランボの品種は、月山錦。
留萌市のJA南るもい「ルピナス」に1パックだけあったのをカミさんが購入。
ほとんどのサクランボは、豊作と聞いていますが、この月山錦は、なりが良くないと聞きました。
なかなか手に入らないサクランボです。
DSC02517.jpg DSC02520.jpg
posted by mashikejin at 22:27| Comment(0) | 日記

雄冬神社祭典

増毛町の神社祭典の最後は、雄冬。
この神社の階段数を数えながら上ったところ67段ありました。
DSC02483.jpg
途中で休むことなく、一気に上れました。
雄冬神社は、雄冬地区の高いところにあり、この日も日本海をきれいに望むことができました。
雄冬神社の境内は、1981年、映画「駅・STATION」の撮影が行われたところ。
結婚式のシーンだったと思います。
DSC02478.jpg DSC02481.jpg
阿分神社とともに立夏、立秋に神社と鳥居の先一直線に夕陽が見える神社です。
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2019年07月23日

さくらんぼ「サミット」

アメリカンチェリーのような濃い赤のさくらんぼ。
サミットという品種です。
だいぶ前にアメリカンチェリーを食べたことがありますが、美味しいとは思いませんでした。
増毛町のさくらんぼの中でも後半に出てくる品種で、中もご覧の通りの赤色。
DSC02425.jpg DSC02426.jpg
さわやかな甘さを感じます。
紅秀峰と一緒に冷凍庫で凍らせて見ました。
冷凍のさくらんぼを食べてみると、少し堅いですが歯でさくっといけます。
凍っているので、甘さが抑えられていますが、自然の甘さがいいと思います。
DSC02465.jpg
さくらんぼは終盤。
冷凍でも味わって見てください。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2019年07月22日

増毛のはちみつ

増毛町暑寒沢地区果樹園の中にあるはちみつ屋さん松山養蜂園。
DSC02402.jpg DSC02403.jpg
そろそろ今年のはちみつが出るころだと思い、覗いてみました。
狙いは、アカシアはちみつ。
ありました。
今年は、アカシアの花の時期に天気が良く期待していました。
DSC02404.jpg DSC02405.jpg
1.2キロ瓶が、5200円。透き通ったはちみつ。
もう一本は、百花にしました。アカシアが多く入り美味しいといいます。
私のアカシアはちみつの楽しみ方は、朝のコーヒー。
くせがなとても合います。
はちみつの自給率は、7%といいます。
中国産が多いと聞いていますが、増毛産の純粋はちみつは、貴重だと思います。
DSC02407.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2019年07月21日

消防ポンプ操法大会

増毛町消防団が江別で開催された全道ポンプ操法大会に出場。
この大会に向けて、各団員は、仕事が終わってからの夕方43日間、150回以上の訓練をして臨みました。
DSC02369.jpg DSC02367.jpg
大会では、直前に雨が降り、最悪のコンディション。
DSC02392.jpg DSC02394.jpg
入賞を惜しくも逃しましたが、出場後はさわやかな笑顔です。
DSC02398.jpg
増毛町消防団の2番員が大会唯一の女性。
大きな注目を浴びたと思います。
お疲れさまでした。
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2019年07月20日

中村屋の中花まん

増毛町南永寿町1丁目。中村屋菓子舗。
増毛町内の親戚に夕飯のおかずを持って行ったところ、中村屋の中花まんを一ついただいてきました。
朝、コーヒーを飲みながらいただきます。
特徴は、あん。
白っぽいあんは、小豆の皮を丁寧に取り除いているから。
中村屋のあんのほとんどはこれ。
上品な味の中村屋の中花まんじゅうをどうぞ。
DSC01802.jpg
DSC01803.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2019年07月19日

増毛の甘エビ

正式名所はホッコクアカエビ。
増毛の漁師はナンバンエビといいます。
発泡スチロールのふたを開けると甘エビが跳ねました。
DSC_0006.jpg
活の甘エビです。
まず、甘エビのお刺身。新鮮なので殻をむくのに苦労します。
甘エビの身が透き通っています。ぷりぷり。
DSC_0014.jpg DSC_0022.jpg
刺身で取り除いた頭は、関山さんの豆腐を入れて味噌汁。
おすすめは、国稀佳撰だけを入れ、塩を少し振っての酒蒸し。
この時のお酒の量は180CCほど。
DSC_0006.jpg
エビに火が通ったらOK。
DSC_0015.jpg
漁師が船上で作ったといいます。
頭の部分は、味噌と酒が混ざり、味噌を吸うと絶妙な味。
身もしっかり。簡単ですので是非お試しください。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2019年07月18日

コテージ「ミンズ」

一棟貸しのコテージ。ミンズ。
DSC02349.jpg DSC02246.jpg
増毛中学校の山側にありますが、わかりづらい場所にあります。
目印は、暑寒公園という看板。手前の細い道に入り、50メートル。
左手にあるログハウスです。
ツインルームが2つ、ダブルルームが2つ。LDK、バストイレ、バーベキューテラス.
DSC03805.jpg DSC03808.jpg 
家族連れ、友人同士など複数での利用がおすすめ。
人数が多いときは、布団で対応できます。
DSC03806.jpg DSC02251.jpg
バーベキューテラスが広く使い勝手がいいんです。
周辺には、リバーサイドパーク、パークゴルフ場、果樹園等があります。
一日、35,000円。
電話予約のみ。0164−53−2400
夕方以降がつながりやすいです。
posted by mashikejin at 07:00| Comment(2) | 日記

2019年07月17日

紅秀峰と南陽

写真右が紅秀峰、左が南陽です。
紅秀峰の方がより赤くなります。
サクランボの味は、同じように感じますが、食べ比べると違いがわかります。
増毛町の佐藤錦は、終盤。
佐藤錦の後に出てくるのが紅秀峰と南陽。
紅秀峰は、果肉が堅くしっかりしていて、かみ応えがあり、酸味と甘みのバランスがよい、私の一押しのサクランボ。
一方の南陽。
今年は、南陽が豊作で、いつもは、玉がもっと大きいのですが、これでも小ぶり。
このサクランボも高級品種。
今年の増毛のサクランボとても美味しいです。
DSC02346.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2019年07月16日

連休の増毛

連休の天気予報は、くもり時々雨でしたが、13日土曜日は、10時前に雨は上がりました。
14日の日曜日、曇り空でしたが、雨は降りませんでした。
増毛駅の駐車場は満杯。3連休の真ん中はいつも込み合います。
DSC02296.jpg DSC02301.jpg
増毛駅に車を止めて国稀酒造まで歩く観光のお客様が多くなりました。
駅の中にも人がたくさん。観光施設ですね。
アップルパイのフルーツラボ、ふるふるトマト。
DSC02283.jpg DSC02295.jpg
ラーメンの田中商店。鈴木かまぼこ。多くのお客様です。
DSC02286.jpg DSC02282.jpg
増毛に来る観光客の目当ては、なんなのでしょうか。
食べ歩きではないかと思っています。
DSC02284.jpg DSC02287.jpg
春の味まつりでは、いろいろな増毛の美味しいものを食べることが出来ます。
イベントの時のようにホタテ焼き、甘えびから揚げ、焼きダコなど土日に食べ歩きができる通りになればと思っています。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2019年07月15日

増毛厳島神社の梅

増毛厳島神社祭典で神社参拝。
いつも神聖な気持ちになります。
DSC02262.jpg
子供たちが担ぐ樽神輿は、国稀酒造の樽を使用。
DSC02260.jpg
13日の本祭は、雨模様でしたが、午前10時ころには上がりました。
行列も神輿も雨に当たらずに済みました。
DSC02259.jpg
神社の境内にある梅の木に梅がなっています。
DSC02257.jpg
今年は、果樹が10日から2週間く、梅がこの時期になっていて、気づいたのでしょう。
いつも梅酒を作るために梅を購入している千果園のご主人からは、青梅が豊作との情報。
神社の梅でも梅酒が作れますね。
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2019年07月14日

海鮮丼

国稀酒造の斜め向かいのすが宗。
土曜日、かみさんを誘ってお昼。
いつも早く売り切れてしまうので午前11時30分にお店へ。
カウンターは、5席。テーブル席は11人が座れます。
DSC_0031.jpg DSC_0027.jpg
この日もほぼ満席。
海鮮丼を頼む人が多いようです。ほとんど町外のお客様。
甘エビ丼と7月からウニ丼も始めました。
私は、いつも海鮮丼。いろいろな味を楽しみたいから。
数の子、たこの柔らか煮、いくら、しめさば、ヒラメなど大将が手を入れています。
DSC_0037.jpg
米は、南るもい米のゆめぴりかとななつぼしのブレンド。
ご飯もとても美味しいんです。
今年、この海鮮丼は2回目の紹介。
土日の営業で、12時過ぎに売り切れてしまうことがあります。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(2) | 日記