2019年06月21日

津軽藩士の墓

文化4年(1807)幕府は、津軽藩に宗谷、斜里までの護衛を命じました。
ロシアの南下に対するもの。
宗谷での越冬は、極度の気候と野菜不足で150名中70名あまりが亡くなったといいます。
文化7年、温暖な増毛で越冬することとなります。
増毛町の稲葉町1丁目の現在の志満川食堂あたりに陣屋がおかれました。
大筒方の横岡五郎作光喜は、文化7年増毛で越冬、水腫病で没しています。
光喜の墓碑は、弁天町2丁目にありましたが、昭和52年、忠魂碑の横に移されています。
増毛町にも江戸時代の陣屋があった歴史があります。
DSC01777.jpg DSC01776.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記