2019年03月11日

北海道日本ハムファイターズ激励会

このほど札幌市で開催された北海道日本ハムファイターズ激励会。
会場のホテルは、800人を超えるファンや関係者。
コーチから選手まで一人ずつステージに登場。
DSC09698.jpg DSC09693.jpg
その前に開催された、道内18市町村の応援大使の決起集会。
WE♡LOVE HOKKIDOシリーズで5月9日、10日に増毛町のヘルメット掲出が決まり嬉しく思っています。
IMG_6431 - コピー.jpg
増毛町の応援大使は、西川選手と杉浦投手。
増毛町のお土産に持って行ったのは、国稀「北のきらめき」。
北のきらめき.jpg
ぶどうジュースに洋梨ジュース。りんごシードルも紹介しました。
二人ともお酒を召し上がるというので安心しました。
IMG_6446.jpg IMG_6449.jpg
「北のきらめき」は、増毛町内で販売される国稀限定酒。
リーグ優勝、日本一目指し、きらめいてほしいと思っています。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(2) | 日記

2019年03月10日

カズノコがおすすめ

札幌アスティ地下の「二三一」(ふみいち)。
増毛町の居酒屋推奨店。
DSC09729.jpg
増毛町の北日本水産物(株)の製品であるカズノコが美味しい店。
お通しにはカズノコ。
天ぷら、オクラ数の子、切込み、数の子の巻物等を注文。
DSC09715.jpg DSC09711.jpg
DSC09713.jpg DSC09733.jpg
鰊バッテラは、売り切れていました。
カズノコには、日本酒。
国稀三種飲み比べがおすすめ。
DSC09728.jpg DSC09720.jpg
味の違いを確かめながらちびちびとやります。
旨い肴と旨い酒。二三一でどうぞ。
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2019年03月09日

鮭チップとホッケ

すが宗を覗いたところ鮭チップ。
大将に聞いてみたところ、鮭トバをスライスして焼きを入れているとのこと。
風味が増し、噛めば噛むほどうま味が出てきます。
酒の肴にいいと思います。
DSC09485.jpg DSC09488.jpg
ホッケの開きは、小ぶりなんですが、一人分としてはちょうどよい大きさ。
増毛産です。
なんと1枚100円とリーズナブル。
家族5人分5枚購入。
すぐに売り切れたでしょうね。
国稀酒造の斜め向かい「すが宗」へどうぞ。
DSC09571.jpg DSC09511.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2019年03月08日

宝引き大会

駅☆祭のゲームで行われた宝引き大会。
宝引きとは、縄の先に当たりをつけて、その当たりを引きあうゲーム。
今は、増毛町の新年会等の余興で行われることがあります。
この日は、15本の縄に5本のあたりを付けましたが、本来は、5円玉を重ねた「ドッピ」と呼ばれる当たりを1個。
半世紀前には、増毛町の各地で盛んにおこなわれ、冬の遊びとして主に女性が興じたといいます。
縄使いの名人がいたそうです。
観光のお客さんにも宝引き体験がいいのではと思っています。
DSC09814.jpg DSC09819.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2019年03月07日

松山さんの蜂蜜

Aコープるもい「ルピナス」で購入した増毛松山さんの蜂蜜。
蜂蜜の種類は、菩提樹とそばのシールが貼っていました。
DSC09764.jpg
購入した時は、白く結晶していました。
湯せんをしてくださいとありましたので、ストーブの上に鍋の中へ。
混合物や加工をしていないから白く結晶するそうです。
他の棚にある蜂蜜は、結晶していないので中身がどうなのでしょう。
湯せんをするとすっかり戻りました。
DSC09767.jpg DSC09772.jpg
内容量は、500c。使いやすい容器入りを購入。
松山さんの純粋蜂蜜。留萌市「ルピナス」でお求めください。
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2019年03月06日

鮭といくらのちらし寿司

春の節句の頃にカミさんが作るちらし寿司。
鮭もいくらも冷凍保存しておいたもの。
鮭は、生だったので解凍後、焼いてほぐして味付け。
DSC09830.jpg DSC09474.jpg
醤油と国稀佳撰だけで作った自家製のいくら。
いくらは、白いごはんの上にもかけて食べます。
DSC09475.jpg
ちらし寿司は、鮭の焼きほぐし、カニ蒲鉾、卵、大葉、刻み海苔。
大きな桶で作りますが、いくらは、小分けにしてからスプーンですくってのせます。
DSC09833.jpg
孫がものすごい勢いでちらしずしを食べています。
鮭といくらが美味しさの決め手です。
DSC09850.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2019年03月05日

ぎんなん草

南るもい農協のスーパー「ルピナス」で、ぎんなん草を購入。
隣の町は、留萌市、その隣町小平町の特産。
2月から出回っており、そろそろ終盤。
「ほとけのみみ」や「みみこ」とこの辺では、呼ばれています。
今シーズン初めて味噌汁でいただきました。
今の時期にどうしても食べたい季節の味。
増毛の前浜にもぎんなん草はあるのですが、量的に少ないため出回りません。
季節の旬の味覚を大事にしたいです。
DSC09762.jpg DSC09836.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2019年03月04日

増毛町商工会主催

増毛町商工会が主催し、増毛駅を舞台に初めて開催された駅☆祭。
この日は、プラスの気温。一週間前から製作された雪の滑り台は融け気味。
DSC09776.jpg DSC09822.jpg
DSC09789.jpg DSC09798.jpg
それでも子供たちは元気。チューブや知りに乗り歓声があがります。
雪の上のパークゴルフは、全部入ったら1万円の賞金。
宝引き大会は、大人の部と子供の部。15人中5人が当たり。
駅の中では、暑寒ウインドアンサンブルのコンサート。
豚汁、焼きそば、タコ焼き、お汁粉、クレープ等も販売。
DSC09811.jpg DSC09800.jpg
増毛町のマスコットキャラクター「マーシーまんじゅう」も登場。
もっともっとたくさんの町民の皆さんの参加してもらい、増毛町を盛り上げてほしいと思っています。
これからのイベント、行事を盛り上げましょう。
増毛町商工会の皆様、お疲れ様でした。
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2019年03月03日

桜餅

2月の中旬から荒れる日がありません。
雪もほとんど降らず、気温も比較的高く推移しています
最近、増毛町もかすんでいます。大気汚染物質PM2.5の影響。
旭川市では、3月2日、一日の目安の環境基準が3倍を観測しました。
DSC09741.jpg
増毛中村屋さんの桜餅とうぐいす餅。
買いに行ったところ、売り切れて、次の日の予約をして購入。
どちらも中の餡が小豆の皮を取り除いているため、餡が白っぽいのが特徴。
手間のかかる丁寧な仕事です。
予約の注文も多いと聞きました。
お菓子で季節を感じることがいいと思っています。
DSC09743.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2019年03月02日

国稀酒造まで

自宅から国稀酒造まで歩きました。
歩いて20分弱なのですが、なかなか歩きません。
途中、すが宗で買い物をし、国稀酒造へ。
日曜日の午後でしたが、まだお客様は少ないです。
DSC09575.jpg DSC09577.jpg
出てきたのは、特製の甘酒。
なめらかでクリーミー、とても温まります。
お客さんが、利き酒をするというので、私もお願いしました。
DSC09580.jpg
歩いてきた甲斐がありました。北のきらめきなど吟醸酒を中心に試飲。
ひな祭りセットも販売されています。
DSC09574.jpg
道路もアスファルトが出ています。
増毛国稀酒造までどうぞ。
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2019年03月01日

エビ篭船出漁

増毛港のエビ籠船。
DSC09649.jpg
3月1日から11月30日までが漁期。
増毛港では、先日、除雪が終わり、乗組員らがエビ籠を船に積み、出漁準備が行われていました。
岸壁にもエビ籠が積まれており、1回目のカゴ入れの後、帰港し、すぐに2回目のカゴ入れにむかいます。
DSC09668.jpg
エビ籠漁では、ホッコクアカエビ(甘エビ)トヤマエビ(ボタンエビ)などが水揚げされます。
甘エビは、しばらく羽幌町が日本一の水揚げでしたが、29年、30年は、増毛が日本一となりました。
今年も大漁で安全操業をお祈りしています。
3月1日午前0時出港です。
DSC09665.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(2) | 日記