2019年02月08日

暑寒別川沿いを歩く

暑寒荘の雪降ろしの後、歩くスキーで帰ってきました。
目的は、暑寒別川沿いを歩くこと。
DSC_0076.jpg DSC_0078.jpg
雪が、締まっていないため、10センチ以上スキーが沈みます。
川の中の石の上に雪が積もっている現象を雪帽子と呼ぶのですが、大きくなりつながっています。
DSC_0081.jpg DSC_0083.jpg
雪帽子というよりなんと表現すればいいでしょうか。
川の水は、静かに流れています。
雪の上には、キタキツネの足跡。
1年に2〜3回この場所を歩いていますが、こころが洗われるような気がします。
私が大事にしている景色です。
DSC_0084.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記