2018年12月13日

国稀倶楽部定例会

国稀倶楽部は、今から10年ほど前、留萌振興局の農務課の職員が、留萌管内唯一の酒造会社「国稀酒造」を応援しようと発足。
会員数は、800人を超えました。
私が、4年前に加入した時の会員番号が406番ですから、4年で2倍。
留萌振興局、留萌開発建設部、留萌自衛隊などの会員が多く、転勤により道内外に国稀ファンが拡散。
国稀倶楽部札幌支部もあります。
国稀酒造の林社長もこのような会を大切にしたいといいます。
この日は、第33回目の国稀倶楽部定例会。74名が参加。
DSC08226.jpg DSC08228.jpg
毎回、オーベルジュましけで開催。
12月の定例会は、原酒が多く、昨年の私は、正体をなくしています。
上撰生原酒は、19.8度、北海鬼ころし生原酒は、21.2度。
DSC08230.jpg DSC08229.jpg
北海にごり酒も蔵ばしりも20度とアルコール度が高いものばかり。
ことしは、和らぎ水をしっかり飲み、何とか正気を維持しました。
原酒を普通のお酒と同じように飲むのは、あぶないと思います。
DSC08233.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年12月12日

月のチーズと

札幌駅のどさんこプラザで購入してきた月のチーズ。
プレーンが久しぶりにありました。
DSC07821.jpg
正式には、フレッシュチーズプレーン。
毎年、1回は、このブログで紹介しています。
アイスクリームのような柔らかさでしっとり。
お召し上がり方を見るとパンやクラッカーに塗って、これは一般的。
ジャムやハチミツと好相性。
DSC07930.jpg DSC07822.jpg
旭りんごのジャムも合いますが、ハチミツのほうがいいと思います。
いくらとスモークサーモンとも合うといいますので、クラッカーの上に乗せ試してみました。
どちらもいいですが、スモークサーモンのほうが私は、好きです。
増毛のその他の食材とも試してみようと思っています。
DSC08216.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年12月11日

郷土の味覚を楽しむ会

町が主催して文化センターで初めて開催した郷土の味覚を楽しむ会。
IMG_7506.jpg IMG_7447.jpg
1000円の会券は、100円ずつ使用される仕組み。
増毛ならではの地元の食材を生かした料理を楽しみ、新たなメニューや特産品の開発につなげるのが狙い。
18団体が出展。
パエリア、タコ飯、甘エビ塩辛、身欠き鰊味噌和え、スープカレー、アップルケーキなど30品目以上。
利益を度外視で100円から300円で提供されます。
生ビールは、300円。国稀一合が200円。ご飯は、無料。
IMG_7537.jpg IMG_7480.jpg
大雪で天候が悪かったにもかかわらず、大勢の町民であふれました。
ほとんどの料理が40分ほどで売り切れ。
料理が足りず、ご迷惑をかけました。初めての開催ですからいろいろ反省点があります。
増毛の美味しさを発信してほしいと思っています。
posted by mashikejin at 07:45| Comment(0) | 日記

2018年12月10日

カフェと手打ちそば

カフェと手打ちそばの店「café de SOBA 凛」。
DSC08178.jpg
増毛町永寿町1丁目。
国稀酒造並びの古民家を改修したお店です。
DSC08193.jpg DSC08188.jpg
私と娘は、鰊そば。この店の自家製の甘辛鰊が立派。
カミさんは、とろつゆとじそば。とろけるチーズをトッピング。
DSC08194.jpg DSC08196.jpg
孫は、ミックスピザ。
食後のコーヒーの後、しめは店主のご褒美パフェ。
みんなで食べ分けます。
DSC08185.jpg DSC08199.jpg
もっちもっちーのパフェは、1110円。
このパフェは、盛り付けがハンパないので、時間がかかります。
あらかじめ注文しておきました。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年12月09日

ランチョンマット

ランチョンマットは、食事の際に料理等を置く小さな敷物。
オーベルジュましけで使用されているものを写真に撮りました。
ふるさと納税PR用に増毛町が製作。
紙製で増毛の特産品が写真で紹介されています。
札幌の増毛町居酒屋推奨店の、二三一、増毛町魚鮮水産、海だよりなどで使用されています。
「海の恵みと山の恵み。増毛は、美味しい。増毛の美味しさは、ふるさと納税でもお楽しみいただけます。」という説明。
美味しい増毛をよろしくお願いします。
DSC07848.jpg
posted by mashikejin at 08:29| Comment(0) | 日記

2018年12月08日

忘年会

増毛町文化センターで開催の団体の忘年会。
私が参加したことし初めての忘年会です。
DSC08158.jpg DSC08157.jpg
料理は、寿司のまつくら。
握りずし、刺身など豪華な料理が並びます。
乾杯は、増毛町乾杯条例により地酒国稀。
余興は、ビンゴと抽選会。
ビンゴは当たりませんでしたが、抽選会で当たりました。
全員に当たるのですが、何が当たるかわかりません。
私に当たったのは、ぐるめ食品の詰め合わせ。
DSC08160.jpg DSC08162.jpg
中身は、たらこ、タコの柔らか煮、鮭トバ、いくらのぐるめ食品の代表的な商品。
豪華で嬉しい品物が当たりました。
これから忘年会や総会が続きます。飲みすぎに注意します。
posted by mashikejin at 08:52| Comment(0) | 日記

2018年12月07日

ホタテ半成貝

直径8センチほどのホタテをカゴ一杯にいただきました。
4月には、4センチぐらいだったものが倍になっています。
半成貝と呼んでいます。
カミさんがホタテを大鍋で蒸して貝柱を取り除きます。
DSC08130.jpg DSC08128.jpg
ボールを蓋の代わりにしているのですが、蒸すこと4回。
貝柱は、バター焼きや佃煮にしますが、その他は、小袋に分けて冷凍保存。
炒め物、クラムチャウダー、カレーにも使用。
そのままでも美味しく食べることが出来ます。
ベビーホタテとして、これを加工販売できないかと思っています。
DSC08134.jpg DSC08137.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年12月06日

二つの北海道遺産

増毛町には、二つの北海道遺産があります。
1回目は、2001年に指定された増毛駅前歴史建造物群と増毛小学校。
もう一つは、2018年、今年11月に選定された増毛山道と濃昼山道。
濃昼山道は増毛町内ではありませんが、隣の石狩市と連携が深くなると思っております。
増毛町では、2001年に北海道遺産に選定されてから、駅前を散策する観光客の方々が多くなりました。
今年3月、増毛駅の古い駅舎を残して、開業当時の元の駅舎に再生しております。
また、同じ3月に増毛厳島神社も北海道文化財に指定されております。
そして増毛山道です。
古い歴史を大切にしたまちづくりを進めてほしいと思っています。
DSC07781.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2018年12月05日

りんご3種類

12月4日の増毛の最高気温は、15.2度。
12月にこれだけ気温が上がったのは記憶にありません。
お祝いのお返しにいただいたのは、増毛のりんご。
右からハックナイン、王林、昂林(こうりん)の3種類。
どれも5キロずつ15キロ。
ハックナインは、ふじと津軽の交配種。形は、丸長。
王林は、酸味が少なく甘い青りんご。
昂林は、ふじの一種で酸味と甘みのバランスがいいりんごです。
どれも美味しいりんごで、池田果樹園のものだと聞きました。
りんごは、医者いらずと言って栄養価が高い果物。
毎朝、家族で1〜2個食べています。
もらって嬉しいお返しです。
美味しい増毛のりんごをどうぞ。
DSC08115.jpg DSC08140.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年12月04日

ものづくり体験

増毛町技能士会がふれあい広場で行っていたものづくり体験。
文化センター2階が会場。
DSC08080.jpg DSC08071.jpg
床を傷つけないようブルーシートが敷かれています。
子どもたちに人気がありました。
5歳の孫が挑戦したのは、物入れ。
材料をあらかじめカットしてあるので、くぎを打ち付け、電動ドライバーでねじを入れるだけ。
初めての体験なので真剣そのもの。
DSC08076.jpg DSC08122.jpg
立派な物入れをもらってきました。
将来は、大工さんになるとこの日は、言っていました。
小さな時から体験することが大事ですね。
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2018年12月03日

ふれあい広場

増毛町文化センターで開催されたふれあい広場2018ましけ。
毎年、足を運んでいます。
DSC08090.jpg DSC08014.jpg
オープニングセレモニーは、あっぷる保育所の遊戯。
まず、体験の広場を見て歩きます。
もちつき体験、ヨーヨー釣り、絵手紙、リースづくり、バルーンアート、射的、こま回しなど。
DSC08018.jpg DSC08008.jpg 
ステージでは、ライオンズクラブと暑寒大学の皆さんが、もちまき大会用のもちつき。
私もついてみましたが次の日に体が痛くなりそう。
DSC08042.jpg
お昼は、くいだおれ横丁。
おでん、タコ焼き、豚汁、焼きそば、おにぎりなどどれも100円ほど。
DSC08088.jpg DSC08005.jpg
増毛中学校の生徒も活躍。
私のお昼は、豚汁とおでんと焼きそば。
DSC08084.jpg
茶道体験では、お茶もお菓子も美味しかったです。
世代を超えた心と心の交流、人と人とのふれあいを目指しています。
このような催しにもっとたくさん参加してほしいです。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年12月02日

2019ファイターズ応援大使

日本ハムファイターズ応援大使事業は、北海道内の179の市町村を応援するため2013年度から始まっています。
毎年、18の市町村に選手を応援大使として派遣。
2019年度の応援大使事業に増毛町が選定されました。
待望していました。嬉しいです。
応援大使の2名の選手は、今年、盗塁王でゴールデングラブ賞の西川遙輝(にしかわはるき)外野手と帯広大谷高校出身の杉浦稔大(すぎうらとしひろ)投手。
2名の選手は、増毛町を応援してくれることになりますが、増毛町も全力で日本ハムファイターズを応援しましょう。
DSC08092.jpg DSC08091.jpg
posted by mashikejin at 07:46| Comment(0) | 日記

2018年12月01日

ムール貝

漁業者が採ってきた大きなひる貝を炭火で焼くパーティ。
増毛町の畠中町の「ろばた」でいただきました。今年初めてのひる貝美味しかったです。
ひる貝は、ムール貝の種類。
DSC07956.jpg
このほど余市ムールという新聞報道。
増毛と同じ日本海側の余市町でムール貝養殖研究協議会を設立して、養殖試験を開始とあります。
余市では、5センチほどの小さな貝を売り出すようです。
増毛町では、ひる貝と呼ばれていますが、大きな貝を漁獲して出荷。
ムール貝のほうが聞こえがいいですね。
増毛には、このムール貝の資源が相当量ありますがあまり漁獲されていません。
余市ムールに続いて、増毛も呼び方を変えて「増毛ムール」で売り出せないでしょうか。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記