2018年12月31日

大みそかの増毛

今年一年、増毛観光情報局ましけコラムをご覧いただきありがとうございました。
増毛の良いところを紹介するように心がけており、一年間、毎日更新できました。
大みそかの増毛は、風もなく穏やか。
雪がぱらつく程度で、果樹園入り口の温度計は、0度。
積雪量も昨年よりは少なく、30センチほどでしょうか。
DSC_0214.jpg DSC_0218.jpg
DSC_0219.jpg DSC_0234.jpg
友人が持って来てくれた手打ちそば。腕は、プロ級。
いつもは、夜遅く食べるのですが、お昼にいただきました。
打ちたての味は格別。
DSC_0239.jpg DSC_0241.jpg
平成30年の増毛町は、6,7月の天候不順でサクランボ、米が不作。9月の台風で果物が落下するなど農業にとっては、厳しい年でした。
漁業も昨年の水揚げに及ばず、先行きも不透明で心配しております。
しかし、観光のお客様は、駅前通りを中心にたくさん来てくれました。
自然災害が多い年でありましたが、2018年感謝して、2019年は、豊漁豊作で交流人口が増えることを願っています。
posted by mashikejin at 12:58| Comment(0) | 日記

2018年12月30日

飯寿し

11月中旬に漬け込んだ鮭の飯寿し。
12月末に約40日で食べ始めます。
正月に欠かせないわが家の伝統の保存食。
今年は、鮭が小さかったため量的にも少なめ。
少し、酢が効きすぎたかなとカミさん。
私も食べてみましたが、まずまずの出来。
ハタハタの飯寿しは、友人からの頂きもの。
飯寿しは、このほかにもニシンやホッケで漬ける家庭もあるようです。
わが家では、ずっと増毛産の鮭で作っています。
これからも伝承しなければならない郷土の味覚です。
DSC08581.jpg DSC08421.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年12月29日

オジロワシとカモ

今年は、雪が少ないです。
2日前から冬型の気圧配置となり吹雪いていますが、大雪になっていません。
DSC08553.jpg
増毛港の小型船の入るところから見えるがけの木にことしもオジロワシが止まっています。
2羽いますが、コンパクトカメラなのでよく写りません。
観察を続けようと思います。
DSC08544.jpg DSC08549.jpg
港の中には、シノリガモ。
北海道の鳥という図鑑で調べました。
数羽が固まっていることが多いようです。
鳥に詳しくなりたいと思っています。
DSC08437.jpg DSC08439.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年12月28日

甘えびのかき揚げと酒蒸し

昨日に続いて甘えび。
私が甘えびの料理で一番好きなのがかき揚げ。
カミさんにリクエスト。
DSC08445.jpg DSC08446.jpg
甘えびの皮をむき、みじん切りにした玉ねぎとあわせて揚げるだけ。
特別な塩をかけて食べるんですが、つい食べ過ぎてしまいます。
DSC08460.jpg DSC08461.jpg
ついでに増毛の昆布も揚げてもらいました。
一方の酒蒸しは、国稀佳撰を入れ、塩を振り、ひと煮たち。
酒がしみたえびの頭の味噌が美味しく、身もしっかりしています。
甘えび酒蒸しは、簡単なので新鮮な甘えびが手に入ったら、国稀でどうぞ。
DSC08428.jpg DSC08432.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2018年12月27日

甘えび唐揚げとタコザンギ

職場のサッカー部の忘年会は、寿司の福よし。
30数年前に結成したメンバーの一人です。
まだ、籍だけ置いています。
若い人と思いを同じくして酒を酌み交わすのは、嬉しいものです。
福よしでは食べたいものを注文するのですが、若い人は、うらやましいぐらいよく食べます。
甘えびの唐揚げとタコザンギを注文。
甘えびの唐揚げは、二度揚げしていると聞いており、サクサク。
タコザンギは、増毛町のご当地グルメ。
増毛町内の飲食店でタコザンギを提供していますが、どの店でも味が違っているのが売り。
甘えびの唐揚げとタコザンギおすすめです。
DSC08399.jpg DSC08392.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年12月26日

御神酒国稀純米酒

ラベルは、増毛郡総鎮守。増毛厳島神社の御朱印。
御神酒です。
増毛厳島神社が北海道文化財に指定されたのを記念して作られたもの。
純米吟風国稀で招福一年安鯛のおみくじ付き。
国稀としては、珍しい焼酎泰蔵と同じビン。
残りわずかとなりましたが、国稀酒造にはまだあります。
正月用にどうぞ。
DSC08476.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年12月25日

初スキー

連休最終日、増毛のスキー場へ。
この連休初日に1週間遅れでオープンしたのですが、まだ雪が少なく、滑走できるのは第1リフトのみ。
DSC08464.jpg
5歳になったばかりの孫は、昨年、プルークで滑ることが出来るようになっていたので、忘れていませんでした。
しかし、風雪が強く、2回で終了。
ロッジでラーメンを食べて帰ってきました。
おすすめの美味しいラーメンです。
DSC08470.jpg DSC08468.jpg
コップは、国稀ワンカップ。りんごとサクランボの模様がかわいく、瓶が厚く丈夫。
無料のレンタルスキーもあります。
雪質が良く、空いている増毛のスキー場へどうぞ。
DSC08463.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年12月24日

クリスマス会

増毛サッカー少年団のクリスマス会。
DSC08413.jpg
少年団員が楽しみにしている行事。30年以上続いています。
高学年が考えたゲームやクイズをテーブルごとに得点を競います。
サッカーグッツが当たる抽選会が子供たちの一番の楽しみ。
DSC08415.jpg DSC08416.jpg
この日の参加は、団員が44名。少なくなりました。
14名の女子が入っているのも特徴。
4年前までは、指導をしていたのですが、今は行事に参加するだけ。
月に2,3回は、少年団で子供たちとサッカーをしたいと思っています。
DSC08419.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年12月23日

カジカ汁

カジカが旬。冬の魚です。
網でかかったカジカを漁業者が持って来てくれました。
いつももらってばかりの魚。有難いです。
購入するよりは、断然いただくほうが多いようです。
DSC08376.jpg DSC08374.jpg
カジカ汁は、頭は、カミさん。
私は、身のほう。頭やハラスのほうが美味しいのにといいます。
卵が入っており、カミさんが久しぶりに醤油漬けにしました。
イクラのときより醤油を多めにするそうです。
DSC08383.jpg
増毛の遠藤水産では、このカジカの醤油漬けが売れています。
ご飯のお供、酒の肴どちらもいけます。
posted by mashikejin at 06:57| Comment(0) | 日記

2018年12月22日

宴会の帰り道

忘年会の二次会からの帰り道。
自宅まで、歩いて20分程。
雪道ですので、転ばないように慎重に歩きます。
駅前通りの建物が雪灯りできれいなので、コンパクトカメラで写真を撮りました。
DSC08256.jpg DSC08257.jpg
国稀酒造から駅に向かい、重要文化財旧商家本間家。
DSC08262.jpg DSC08263.jpg
駅前には、3階建ての旧富田屋旅館と観光案内所の風待食堂。
増毛駅も増築されてきれいになりました。
駅前からの通りの景色が特に好きです。
DSC08269.jpg
posted by mashikejin at 09:19| Comment(0) | 日記

2018年12月21日

まつくらのすき焼き

団体の忘年会。少人数でこじんまりの宴会。
この日は、寿司のまつくら。
お任せだったのですが、すき焼きにしてくれました。
DSC08350.jpg DSC08348.jpg
最近、家では、ほとんど食べていなかったので嬉しいです。
肉は、知床牛と聞きました。
刺身は、甘海老とヒラメ、鯖、マグロ。
八角、ナメタガレイ、カニ甲羅揚げなどのプレート。
DSC08341.jpg DSC08343.jpg
握りは、ウニ、アワビ、ホタテなど5貫。
DSC08345.jpg
日本酒は、1本だけ、増毛の国稀で一番高価な山田錦純米大吟醸原酒。
男性4人で1合ずつ。ちょうどよかったと思います。
お酒も料理も美味しく話に花が咲きました。
宴会での食べすぎ、飲みすぎに注意しなければなりません。
DSC08320.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2018年12月20日

酒蔵ラーメンと甘海老らーめん

酒蔵ラーメンと甘海老らーめんが人気の麺屋田中商店。
国稀酒造の真向いにあります。
DSC08297.jpg DSC08316.jpg
古い倉庫を改修した建物で、梁や柱は、趣があります。
国稀の酒粕を使用した酒蔵ラーメンで最初は売り出したのですが、最近は、甘海老らーめんも人気です。
私は、酒蔵みそラーメン。酒粕の風味がよく温まります。
DSC08306.jpg
カミさんは、甘海老醤油らーめん。
DSC08304.jpg
甘えびの香りと味が売りです。
娘と孫は、醤油ラーメン大盛とミニチャーシュー丼。
DSC08311.jpg DSC08308.jpg
寒い冬は、温かいラーメンでしょう。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年12月19日

北海道日本ハムファイターズ増毛町応援大使

2019年度の北海道日本ハムファイターズ増毛町応援大使に決まった西川遥輝選手と杉浦稔大投手の等身大パネル、ポスター、記念ユニホームが届きました。
記念撮影です。
等身大のパネルですが、プロ野球選手は、大きいです。
二人のサイン入りユニホームは、立派な額に入っています。
襟元には、金色と銀色の星。
リーグ優勝と日本一になった数だと思いますが、見えないところにあるのですね。
昨年、北海道日本ハムファイターズの増毛町後援会が結成。
その翌年に応援大使が決まり、嬉しく、有難い気持ちでいっぱいです。
私も後援会の一員ですので、一生懸命ファイターズを応援します。
増毛町でも応援大使の力を借りて、大いに盛り上がりたいです。
DSC08359.jpg DSC08364.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年12月18日

浜益小劇場

第2回目の増毛公演の浜益小劇場。
増毛山道物語「駅逓の守り人」。
お芝居を観る機会は、あまりないので楽しく見ることが出来ました。
DSC08323.jpg DSC08326.jpg
ステージの上を増毛山道の中の武好駅逓、会場の中に通路を作り、山道に見立てて、そこから劇団員が登場する設定。
増毛町文化センター大ホールには、250人の観客が駆け付けました。
増毛町民のほか隣町の浜益、留萌からも。
最後のシーンが感動的。
DSC08331.jpg DSC08336.jpg
「人にはそれぞれ生きる場所がある」という言葉にいろいろ考えさせられました。
増毛山道と濃昼山道が北海道遺産に選定された今年の記念すべき公演となりました。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年12月17日

真鱈2本

漁業者が持って来てくれたのは、真鱈が2本。
11月30日でエビ籠漁が休漁になってから鱈網漁に切り替わります。
その鱈網で漁獲された真鱈。
DSC08250.jpg DSC08280.jpg
腹の中は、「たち」ではなく「たらこ」でした。
魚の中では、珍しくオスのほうが高価のようです。
頭とハラスは、鱈汁に。
たらこは、増毛関山さんのつきこんにゃくと玉ねぎを合わせて子和えに。
私の大好物。
DSC08277.jpg DSC08285.jpg
身は、みぞ漬けや粕漬けにして焼き用にします。
捨てるところがないのが鱈。
いつも新鮮な魚をいただいて、有難いです。
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2018年12月16日

ラ・サンテで運動を

オーベルジュましけ2Fのラ・サンテ。
ウォーキングマシンや、バイクなどの運動器具を置いています。
増毛町民が無料で使用できる施設。
DSC08241.jpg DSC08248.jpg
週に二回ぐらい行きたいと思っていますが、週一がやっと。
この日は、活動量計を忘れて4千歩ほど損をした気分。
DSC08287.jpg
夏と冬とでは、冬のほうが3〜4s体重が多いんです。
冬は、飲み会も多く、体を動かすことが少ないからなのでしょう。
何とか時間を作って行こうと思っています。
ラ・サンテに貼っていた「健康な身体があれば人生を最大限に楽しむ事ができます」。
増毛町民の皆さん、冬は、ラ・サンテで運動しましょう。
DSC08246.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年12月15日

増毛山道物語

12月16日日曜日14時開演。
増毛町文化センターで開催される浜益小劇場。
増毛山道物語「駅逓の守り人」。
ことし11月2日に新たに北海道遺産に選定された増毛山道の物語。
前回公演は、2016年12月18日の「最後の改札」。
DSC02544.jpg
増毛ー留萌間が12月4日に廃線になったばかりだったので、多くの町民がかけつけました。
前売り券は、大人1000円、高校生以下500円。
5人までは入れる家族券は、2000円とお得。
当日券もありますので、ぜひご来場ください。
DSC08254.jpg
posted by mashikejin at 10:50| Comment(0) | 日記

2018年12月14日

ベビーホタテ

冷凍しておいたベビーホタテ。
作ってもらったのは、クラムチャウダー。
じゃがいも、ニンジン、玉ねぎを細かくカット。
DSC08220.jpg DSC08218.jpg
このベビーホタテの大きさがクラムチャウダーには一番合うと思います。
また、毎回作っている佃煮もいい感じ。
寿司居酒屋忠での宴会では、海鮮パスタ。
ベビーホタテ、甘エビ、イカとホッキ貝。
DSC08221.jpg DSC08224.jpg
ホッキだけ増毛のものでありませんが、とても美味しくいただきました。
ベビーホタテをもっと増毛の名物として売り出せるのではないかと思っています。
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2018年12月13日

国稀倶楽部定例会

国稀倶楽部は、今から10年ほど前、留萌振興局の農務課の職員が、留萌管内唯一の酒造会社「国稀酒造」を応援しようと発足。
会員数は、800人を超えました。
私が、4年前に加入した時の会員番号が406番ですから、4年で2倍。
留萌振興局、留萌開発建設部、留萌自衛隊などの会員が多く、転勤により道内外に国稀ファンが拡散。
国稀倶楽部札幌支部もあります。
国稀酒造の林社長もこのような会を大切にしたいといいます。
この日は、第33回目の国稀倶楽部定例会。74名が参加。
DSC08226.jpg DSC08228.jpg
毎回、オーベルジュましけで開催。
12月の定例会は、原酒が多く、昨年の私は、正体をなくしています。
上撰生原酒は、19.8度、北海鬼ころし生原酒は、21.2度。
DSC08230.jpg DSC08229.jpg
北海にごり酒も蔵ばしりも20度とアルコール度が高いものばかり。
ことしは、和らぎ水をしっかり飲み、何とか正気を維持しました。
原酒を普通のお酒と同じように飲むのは、あぶないと思います。
DSC08233.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年12月12日

月のチーズと

札幌駅のどさんこプラザで購入してきた月のチーズ。
プレーンが久しぶりにありました。
DSC07821.jpg
正式には、フレッシュチーズプレーン。
毎年、1回は、このブログで紹介しています。
アイスクリームのような柔らかさでしっとり。
お召し上がり方を見るとパンやクラッカーに塗って、これは一般的。
ジャムやハチミツと好相性。
DSC07930.jpg DSC07822.jpg
旭りんごのジャムも合いますが、ハチミツのほうがいいと思います。
いくらとスモークサーモンとも合うといいますので、クラッカーの上に乗せ試してみました。
どちらもいいですが、スモークサーモンのほうが私は、好きです。
増毛のその他の食材とも試してみようと思っています。
DSC08216.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記