2018年07月31日

トマトソースパスタ

ふるふるトマトでお昼。
古村農園の完熟トマトを使用したトマトソースのパスタ。
ルルロッソ小麦を使用しており、もちもちのパスタにトマトソースがからみます。
DSC04231.jpg
DSC04232.jpg
手作りパンは、パスタを食べ終わった後のソースをつけて。
これも美味しい。
サラダがついて700円。
古村農園のフルーツトマトといろいろトマトパックも購入。
トマトが美味しいふるふるトマトへどうぞ。
国稀酒造の向かいです。(堀)
DSC04227.jpg DSC04228.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年07月30日

夏休みラジオ体操

重要文化財「旧商家丸一本間家」の歴史の広場で開催されているラジオ体操会。
7月26日から8月4日までの10日間実施。
この会場は、留萌地区保護司会増毛支部が担当。
初日から天候に恵まれています。
朝6時30分から15分程。
ここでは、子どもの数より大人のほうが多いのが特徴。
この日も4歳から92歳まで。
帰省中の方も観光のお客様もどうぞ。(堀)
DSC04235.jpg DSC04237.jpg
DSC04239.jpg DSC04240.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年07月29日

花火大会

増毛港中央ふ頭で開催された花火大会。
天候に恵まれました。
DSC_0007.jpg DSC_0029.jpg
風も適当にあり、花火の煙が流れ絶好の花火日和。
港で見る花火は、迫力満点。
会場から少し離れた岸壁からの写真。
会場の中央ふ頭からでは、近すぎるかもしれません。
今年の花火も良かったですね。
増毛港での花火大会の写真ご覧ください。(堀)
DSC_0030.jpg DSC_0034.jpg
DSC_0042.jpg DSC_0046.jpg
DSC_0050.jpg DSC_0062.jpg
posted by mashikejin at 08:35| Comment(0) | 日記

2018年07月28日

増毛町観光港まつり

28日29日は、増毛町の港まつり。
写真は、昨年のものです。
今日は、午後5時30分から増毛漁協青年部によるビアパーティ。
DSC06105.jpg
午後7時45分から花火大会。
中央ふ頭から見る花火は、迫力満点。
DSC_0089.jpg
29日の日曜日は、旧増毛小学校では、午前10時から正午頃までぞうきん掛け選手権。
小学校とぞうきん掛け選手権の見学をどうぞ。
DSC06092.jpg DSC06085.jpg
重要文化財「旧商家丸一本間家」は、午前10時から午後8時まで無料開放。
午後1時から歴史の広場で「縁日」も開催。
DSC06142.jpg DSC06161.jpg
普段見ることのできない夜の本間家も見学できます。
土日は、増毛へどうぞ。(堀)
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年07月27日

ウニ漁

3週間ぶりのウニ漁です。
7月3日の大雨で大量の泥水が川から流れ出て、海が濁り出漁できませんでした。
1週間ほど雨が降っていませんので、海の濁りがなくなりました。
大雨の後、漁業者が3週間は、出れないと言っていたことが思い出されます。
朝、5時30分から3時間の漁。海も穏やかです。
DSC04222.jpg DSC04226.jpg
磯船をコントロールしながら、箱めがねでウニを狙います。
昨年のウニ漁は、好調でした。今日で3日連続の出漁。
今後のウニ漁に期待です。(堀)
DSC04224.jpg
posted by mashikejin at 06:03| Comment(0) | 日記

2018年07月26日

ふる里の想いをのせて95年

北海道映像コンテスト2018で留萌市在住の有沢準一さん(81歳)がアマチュア部門の最優秀賞と北海道総合通信局長賞を受賞。北海道新聞の地方版でも紹介されました。
DSC04065.jpg
平成28年12月廃線の増毛ー留萌間の鉄道の記録。
最終列車の映像や開業当時の写真、増毛町内の映像やイラストを使用し、多く町民のインタビューを交え、ナレーションは、教え子の母。
廃線というマイナスイメージより、町の息吹を感じさせる作品にしたと語ります。
有沢さんが増毛中学校校長の時、生徒の暑寒別岳登山や部活動のビデオを作り生徒に配布。
撮影は、有沢さんの生きがい。
DSC04064.jpg
これからも活躍されることを期待しております。
「ふる里の想いをのせて95年」は、ユーチューブで配信されています。(堀)
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2018年07月25日

ホタテ採苗作業

5月上旬に二重になった採苗網を日本海に入れ、浮遊しているホタテの幼生を付着させ、7月中旬からホタテの稚貝を取り出す作業を見学。
DSC04203.jpg DSC04213.jpg
DSC04212.jpg DSC04208.jpg
午前3時から始まっています。
ホタテ稚貝の大きさは、この時点で7〜10ミリほど。
今年は、例年より大きく成長。
採苗の網には、例年の5倍から10倍付着しているといいます。
少ないよりはいいのですが、多すぎて数倍手間がかかるようです。
取り出した稚貝を連なった一辺40センチほどカゴに入れていくまでの作業を仮分散といいます。
カゴ一段当たり800粒入り、9月下旬に全部取り出して100粒に入れ直す作業を経て、来年の4月にオホーツク海の海に投入される工程。
ホタテ稚貝の生産作業は、非常に手間がかかります。
ホタテが順調に生育することを願っています。(堀)
DSC04209.jpg DSC04218.jpg
続きを読む
posted by mashikejin at 06:12| Comment(0) | 日記

2018年07月24日

さくらんぼジャム

埼玉県熊谷で最高気温が観測史上一番の41.4度を記録。
気象庁では、災害と認定の記事。
お見舞い申し上げます。
増毛町の昨日の最高気温は、20.4度。21度違います。
今年度、さくらんぼ佐藤錦で初めてのジャム作り。
このところの日照で美味しくなってきました。
訳ありのさくらんぼですが、500cパック700円。
DSC04040.jpg DSC04047.jpg
4パック2キロの佐藤錦からできたジャムは、140c入りの瓶に8個。
原価が高いジャムです。
色は、きれいなルビー色。
このジャムは、パンよりもヨーグルトに合うと思います。(堀)
DSC04049.jpg DSC04057.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2018年07月23日

暑寒別岳高山植物情報

増毛中学校学年登山の時の暑寒別岳の高山植物。
私が山に行きたい一番の理由が、高山植物を見ること。
6月の下旬から咲いている紫のマシケゲンゲと黄色のマシケオトギリは、固有種。
DSC04140.jpg DSC04147.jpg
山頂台地でこの時期一番多かったのは、黄色のミヤマオグルマと水色のチシマフウロ。
DSC04126.jpg DSC04131.jpg
チシマギキョウとミヤマリンドウの青も目立ちます。
DSC04097.jpg DSC04139.jpg
山頂から南暑寒岳側に少し降りたところは、雪解けが遅く、まだチングルマが咲いていて、赤いヨツバシオガマの群落も。
DSC04102.jpg DSC04099.jpg
箸別ルートの9合目近くまで行ってみました。
シナノキンバイなどのお花畑が広がっており、写真を撮りながら登ってくる登山者の姿。
DSC04145.jpg DSC04133.jpg
山頂台地でお会いした埼玉県幸手市からの登山者。
暑寒別岳の登山バッチが欲しいといいます。
登山バッチが静かなブームになっているようですので、製作を検討しなければなりません。(堀)
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年07月22日

中学生登山

増毛中学校2年生の暑寒別岳登山。
大雨で、2週間延期され実施。
25年以上続いている伝統行事。
DSC04082.jpg
生徒は、36名、保護者と教員が15名、増毛山岳会会員らが10名でサポート。
曇りの予報だったのですが、晴れました。
4年ぶりに生徒のトップに立って歩きました。
サッカー部など部活の子供たちは、元気です。
DSC04090.jpg
勝手に歩かせると、どんどん先に行ってしまいますので隊列を組んで登山。
8合目の扇風岩と山頂では、さわやかな風。
DSC04093.jpg DSC04121.jpg
この日の増毛の最高気温は、26度。暑かったですね。
登りに5時間以上、下りも3時間半を要しました。
水分も3リットルほど持参。
暑寒別岳の夏は、多めに水分を持っていくことをお勧めします。(堀)
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年07月21日

国稀倶楽部

今年度初めての国稀倶楽部。
10年ほど前、当時の留萌支庁職員が、留萌管内唯一の国稀酒造を応援しようと立ち上げたもの。
オーベルジュましけで開催されたこの日の参加者は、130名弱。
過去最高の参加者。留萌市からバス3台で。
この日の国稀は、酒米吟風を使用した「えんむすび」「純米吟風」「上撰」と酒米きたしずくの「暮れ六つ」。
えんむすびと暮れ六つは、限定酒。
会員は、753名となりました。
留萌振興局や留萌開発建設部などの職員が多く、転勤で全道全国に國稀ファンが増殖していきます。
国稀倶楽部に感謝です。(堀)
DSC04073.jpg DSC04076.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2018年07月20日

たこのみ焼き

國稀酒造の並びにある「たこのみ焼き」。
商品名につられて注文。
DSC04032.jpg
註文してから焼きますので、すこしだけ時間がかかります。
タコの食感がとてもいいです。
DSC04033.jpg DSC04038.jpg
直径12cmほど。300円。
この小さなサイズがいいと思っています。
これでおなかが一杯になると困ります。
増毛には、タコザンギなど食べたいものがまだありますから。
店名は、「ぷ」。どんな意味なのかわかりません。
食べ歩きができるものがもっと多くなってほしいです。(堀)
DSC04034.jpg DSC04039.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年07月19日

洞窟と滝

先週のシーカヤックの続きです。
ローソク岩とカムイエト岬の間にあるのが義経洞窟。
DSC03911.jpg DSC03905.jpg
小舟で入ることができますので、シーカヤックでも、もちろんOK。
奥行きは、80メートルほど、岩の切れ目から入っていく感じ。
中でカヤックをまわすことができる広さがあります。
フラッシュをつけて撮影しましたが、コウモリが飛び交います。
DSC03915.jpg DSC03922.jpg
岩礁の上にとまっていたのは、オジロワシ。
冬の時期だけやってくると思いましたが、ここでは通年いるのでしょう。
カムイエト岬の岩礁を抜けると、滝が現れます。
この滝、名前がついていません。
DSC03925.jpg DSC03926.jpg
15年以上前、ここでキャンプしたことがあります。
贅沢な時間を過ごしました。
所用時間は2時間ほどだったのですが、時間をかけて上陸し、楽しい時を過ごすことが出来そうです。
増毛町には、海も山も豊かな自然を楽しむことができるフィールドがあります。(堀)
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年07月18日

雨が多い7月

車で5分の国道沿いの自家菜園。ぐるっと鹿よけのネットをまわしています。
7月2日からの大雨で、しばらく畑に入ることができませんでした。
DSC03994.jpg
ワールドカップ決勝の時間にも屋根をたたきつけるような強い雨。
24時間雨量も70ミリ。
これで7月に入ってからの増毛の雨量は、昨年7月総雨量の4倍以上の300ミリを超えました。
困るのは、畑に入れないこと。
傾斜がある下のほうに水が溜まっています。
DSC03988.jpg
DSC03991.jpg
とうもろこし、枝豆、カボチャは、まだいいほうですが、ジャガイモがよくありません。
8月中旬には、水がたまったところに大根を植え付ける予定。
増毛町の農作物全体でも、特に日照がほしいです。(堀)
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年07月17日

3連休

7月14日からの3連休の天気予報は、よくありませんでした。
15日の日曜日の天気が雨模様で、16日の海の日も曇り。
しかし、16日は、お昼少し前から、天気が良くなりました。
天気予報が、良いほうに外れ、有難いです。
DSC04001.jpg DSC04004.jpg
DSC04003.jpg DSC03997.jpg
増毛駅の駐車場も満杯。駅舎の中にも大勢の観光客。
駅前通りも観光のお客様がたくさん歩いています。
まつくら寿司も長い行列。國稀酒造にも観光バス。
お日様が出て、暖かくなったのでアイスの売れ行きも上々。
DSC04009.jpg DSC04014.jpg
DSC04030.jpg DSC04031.jpg
天気が良くなるとお客様が多くなります。
天候に左右されない観光地になればいいと思っています。(堀)
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2018年07月16日

シーカヤック

おそらく8年ぶりぐらいで乗ったシーカヤック。
自宅の車庫に吊り下げて使用していませんでした。
別苅に拠点を作り、カヤックを置いているため、楽しみやすくなりました。
この日は、午前7時にカムイエト岬に向けて出航。
しばらくぶりなので、ラダー(舵)の使い方をすぐに思い出しませんでした。
DSC03898.jpg
DSC03900.jpg
曇ってはいましたが風、波もなく絶好のコンディション。
100メートル以上の絶壁のすぐ下や岩礁の間を抜け、洞窟や滝、海鳥や岩ツバメの姿を追い、海岸線の絶景を満喫。
暑寒別天売焼尻国定公園に指定されている海岸線をシーカヤックで楽しんでみませんか。(堀)
DSC03923.jpg
DSC03928.jpg
DSC03937.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年07月15日

宮入り

神輿が渡御を終えて、神社境内に入ることを宮入りといいます。
増毛厳島神社に帰ってきました。
増毛神輿会「飛龍」が道内の神輿会、第26普通科連隊重迫中隊員らの協力をもらっています。
午後3時過ぎには、無事に宮入り。
勇壮な神輿。血が騒ぎます。
お祭りの華ですね。
増毛厳島神社例大祭も終了。
6月中旬から1か月間、天候不良が続いていますが、増毛町の暑い夏を期待しています。(堀)
DSC03863.jpg DSC03867.jpg
DSC03878.jpg DSC03880.jpg
posted by mashikejin at 07:27| Comment(0) | 日記

2018年07月14日

増毛厳島神社例大祭

7月13日は、増毛厳島神社例大祭の本祭。
午前8時30分、お参りしてきました。
DSC03844.jpg
行列の出発は、午前9時。今年の天候を象徴するような天気で小雨。
中歌、箸別地区は、トラックやマイクロバスで行列が移動。
DSC03849.jpg
午前10時過ぎには、雨は上がりました。
増毛港では、漁船に大漁旗が飾られています。
DSC03857.jpg
重要文化財「旧商家丸一本間家」の前の行列は絵になります。
天狗さんが数年ぶりに一本足の下駄で歩いています。
今年の豊漁豊作を祈念しておりますが、天候が心配です。(堀)
DSC03858.jpg DSC03860.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2018年07月13日

柴犬

國稀酒造の入り口で写した写真。
國稀酒造の玄関先につながれた2匹の柴犬。
ご主人が買い物をしている間、おとなしく待っています。
秋田犬ですかと聞かれ、柴犬ですと答えていました。
秋田犬はもっと大きいそうです。
いつも犬と一緒に行動して、柴犬もこのようなシチュエーションに慣れているのでしょう。
國稀酒造に入ろうとしている客も柴犬を見て笑顔です。
かわいかったですね。
私も温かい気持ちになりました。(堀)
DSC03792.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年07月12日

朝イカ

スルメイカが増毛港で水揚げされています。
カミさんが遠藤水産から4ハイ入りパックを購入。
私は、小さなスルメイカが好物。
朝イカは、朝ご飯で食べたいのですが、この日は、夕飯で。
今年初めてのイカ刺し、美味しいですね。
生姜醤油で毎日でもいいと思っています。
ホタテは、漁業者から朝にいただいたもの。
朝イカが2ハイ、ホタテは3個分。
私の分です。(堀)
DSC03815.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記