2018年04月26日

ホタテ稚貝出荷

増毛港でのホタテ稚貝の出荷作業が佳境。
4月1日から始まり、すでに12回ほど実施。
DSC02551.jpg DSC02543.jpg
出荷作業は、早朝4時前から始まり、1時間30分ほどで終了。
ザブトンと呼ばれる青いカゴが17〜18連、20本ほどがクレーンでつるされ、カゴの中に入っている稚貝を手作業で取り出していきます。
1枚のザブトンには、100枚ほどの稚貝。大きさは、3.5cm〜4cmほど。昨年の5月に採苗したもの。
20キロ入りのカゴがパレットでトラックに積み込まれます。
増毛港のホタテ船は、12隻。1隻当たり25名ほど。
総勢300人を超えて働く姿は壮観。
この日は、オホーツク海の猿払漁協にトラック12台が出発。
その日のうちに海に投入されます。
稚貝出荷作業もあと6回ほど。順調です。(堀)
 
DSC02568.jpg DSC02539.jpg
DSC02555.jpg DSC02561.jpg 
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記