2018年03月11日

大別苅金毘羅山祭典

毎年、3月10日に開催されている大別苅金毘羅山祭典祈願祭。
漁業の大漁と海上安全を祈願するお祭り。
大別苅自治会館で開催。
DSC01889.jpg DSC01901.jpg
会館内では、大漁旗が飾られ、華やかな雰囲気。
祈願祭の後の祝賀会では、増毛の民話影絵紙芝居が上演されました。
祝賀会を盛り上げたのは、今春、増毛中学校を卒業し、小樽水産高校に進学する漁業者4代目。
演歌3曲を披露。
DSC01917.jpg DSC01916.jpg
彼は、水産高校を卒業してすぐ船に乗るか、大学に進学してから漁業者になるかはまだ決めていないといいます。
将来の増毛の水産業を背負う人材になることを期待しています。
大別苅金毘羅山祭典が終わると増毛の春漁が始まります。(堀)
posted by mashikejin at 09:23| Comment(0) | 日記

2018年03月10日

オオワシ

増毛ー留萌間の国道沿いでオオワシです。
消波堤の上に止まっています。
オジロワシは、いつも家の近くの大きな木の枝に止まっているのを見ていますが、オオワシは初めて。
一眼レフではないので写りは、良くありませんが、見慣れているオジロワシとの違いはハッキリ。
オジロワシは、全体的に茶色っぽく見えますが、オオワシは、白と黒。
足とくちばしの黄色が際立っています。
大きさは、どちらもカラスより一回り以上大きいので確認しやすいと思います。
3月に入りましたので、そろそろ北に帰るころ。
姿が見えたら、車を止めて観察してみてください。(堀)
DSC01643.jpg
posted by mashikejin at 09:29| Comment(0) | 日記

2018年03月09日

増毛シードル

増毛フルーツワイナリーの増毛シードル。
この日は、JA南るもい「ルピナス」で購入。
DSC01807.jpg
誕生日やお祝いの時に購入しています。
黒のシードルの瓶は、0059の番号。
アルコール分が4.5%中口とあり、7種類のリンゴのブレンド。
緑の瓶は、0057の番号。
アルコール分が6.5%と辛口。5種類のリンゴのブレンド。
増毛産のリンゴの果汁をゆっくり時間をかけて発酵させたリンゴのスパークリングワイン。
330ミリg入り。
カップル、家族の記念日にいかがです。(堀)
DSC01841.jpg DSC01843.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年03月08日

増中壁新聞

増毛町文化センターのロビーに展示している増毛中学校3年生の壁新聞。
3年生が5〜6人のグループに分かれて、増毛町内を取材。
私たちを支える増毛町、あっぷる保育所大取材、地元の活性化のために、リバーサイドパークの話題、残食を減らすためになどの見出し。
増毛町内の中学生の人気の店や給食についてのアンケートなど興味深いものも。
毎年のことで楽しみにしています。
増毛町の子育て支援、福祉政策、基幹産業など様々な角度からこれからも興味を持って記事にしてほしいです。
増毛町への思いを強くし、わが町に誇りをもってほしいと思っています。(堀)
DSC01852.jpg DSC01853.jpg
DSC01855.jpg DSC01856.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年03月07日

蛸のトンビ

増毛では、以前からトンビコと呼ばれていたと思っています。
蛸の口のこと。
DSC01760.jpg DSC01761.jpg
小学生の頃、漁協市場で並んでいた煮だこからトンビだけをいただいて食べたことがあります。
口の周りがかゆくなった記憶。
トンビの黒い殻を取り除くのが以外と大変。
私は、小さくカットして刺身醤油で食べています。
DSC01764.jpg DSC01766.jpg
カミさんがつくるのは、母から受け継いだ、蛸のトンビと玉ねぎのオリーブオイル炒め。
地酒国稀と醤油、砂糖で味付け。
トンビの歯ごたえが良く、私の好物。
蛸のトンビが手に入ったらどうぞ。(堀)
DSC01787.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2018年03月06日

紅サケといくらのちらし寿司

米は、増毛産のゆめぴりか。
チラシ寿司のもとを入れてカミさんがつくります。
これが一番簡単で美味しいようです。
紅サケを焼きほぐし、卵と大葉と刻みのり。
増毛産の炊きたてのゆめぴりかが美味しさを引き立てます。
自家製の醤油いくらは、小瓶で冷凍していたもの。
小分けにしてから自分でスプーンで盛り付け。
いくらを最初から盛り付けないので、翌朝食べても美味しいんです。
昨年は、鮭の値段が高く、自家製いくらも例年より少なめ。
わが家のいくら、これが最後です。(堀)
DSC01830.jpg DSC01832.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年03月05日

ナイタースキー

4歳の孫が初めてのナイタースキー。
ゲレンデは、10センチの積雪。
市街地では、雨だったので、雪が重くて滑ることができないかなと思ったのですが、新雪が楽しかったです。
DSC01813.jpg DSC01818.jpg
増毛のスキー場は、3月11日(日)が最終営業日。
3月の平日は、午後1時から午後9時までの営業時間。
毎日がナイター営業。
平日プランがお得。食事付き1日券もあります。
今週は、仕事が終わってからのナイタースキーをどうぞ。(堀)
DSC01823.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2018年03月04日

うぐいす餅とさくら餅

増毛町南永寿町1丁目の中村屋菓子舗のうぐいす餅とさくら餅。
春の色がきれいです。
DSC01751.jpg DSC01788.jpg
施設に入所している母は、山形県遊佐町で生まれ、3月3日が誕生日。
桃の節句なのに大雪だったのがユキ子の名前の由来。
このお菓子でささやかな誕生祝。
「うめがった」と大喜び。
89歳なりましたが、自分では、84歳のまま。
最近のことは、あまり覚えていないので、子供の頃や結婚する前の話を毎回聞くようにしています。
昔の話は、すらすら出てきますし、顔も輝いてきます。
習字もなかなかの腕前です。(堀)
DSC01793.jpg DSC01805.jpg
posted by mashikejin at 08:22| Comment(0) | 日記

2018年03月03日

予約ランチ

北海道に被害があったこの度の暴風雪。
増毛町は48時間で雪が10cmほど。ほとんど被害がなかったようです。
café de  SOBA凛の予約ランチ。
カゴに入ってきた10種類以上の料理。おしゃれです。
DSC01741.jpg DSC01742.jpg
ご飯にそば、デザートとコーヒー。
小鉢にイクラがついていましたのでイクラ丼に。
そばも温かいものと冷たいものを選べます。
DSC01743.jpg DSC01746.jpg
ちょっと多いかなと思いましたが完食。
これで2000円。店主に聞くと、利益はないといいます。
リーズナブルですが豪華。
2日前の予約でどうぞ。(堀)
DSC01739.jpg
posted by mashikejin at 07:30| Comment(0) | 日記

2018年03月02日

暴風雪警報

数年に一度の暴風雪。不要不急の外出を控えてくださいとの報道。
昨日は、道南、道東で大荒れ。
車の立ち往生、通行止めで孤立などの情報。JRも運休が相次いでいます。
平成25年3月2日の9名の犠牲者が出た暴風雪に匹敵するといいます。
DSC01758.jpg
北海道の日本海側すべてに暴風雪警報発令中。
増毛の小学校中学校も臨時休校。
午前7時、増毛港では、漁船が大しけに備えています。
今のところまだ雪も風もそれほどでもありません。
これからの天候の急変に注意が必要です。(堀)
DSC01755.jpg
posted by mashikejin at 07:16| Comment(0) | 日記

2018年03月01日

煮ダコ

漁師が煮てくれたタコ。頭の部分。
足よりも値段が安いそうですが私は足よりもこの部分が好き。
その日に漁獲され、生きているうちに漁師が煮たタコの味が一番。
家に帰ったらそのタコです。
この日は、お酒を休もうと思っていたのですが、これは休めません。
ちびちびと大事に飲んでいた最北の「蔵」を開けてしまいました。
夏と冬に年2回発売される純米吟醸の一升瓶。
増毛には旨い肴があるので、旨い地酒「国稀」が引き立つと思っています。
DSC01753.jpg DSC01720.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記