2018年02月17日

歩くスキーで暑寒別川上流へ

1年に数回、歩くスキーで暑寒別川上流部を散策しています。
道道暑寒別公園線の冬季閉鎖しているゲートの近くに車を止め、暑寒別川沿いを歩きます。
川の中の石の上に雪が積もった現象が雪帽子と呼ばれていますが、雪が多いので雪まんじゅうか雪きのこというほうがいいかもしれません。
今年は、増毛町でも例年の1.5倍の積雪で、厳しい寒さが続いています。
川の流れの音は聞こえませんが、静かな流れです。
歩くスキーを運ぶ音だけが聞こえてきます。
適度な運動とともに心もリフレッシュ。
ストレス解消なっているかもしれません。(堀)
DSC_0067.jpg DSC_0089.jpg
DSC_0091.jpg DSC_0096.jpg
posted by mashikejin at 09:00| Comment(0) | 日記