2017年12月09日

ホタテ半成貝出荷

1年6か月ほどのホタテを半成貝と呼んでいます。
直径10センチ程。1キログラム当たり11枚〜13枚。
南三陸へ陸送されます。
午前6時過ぎに船に就業灯が点けられ、6時30分から一斉に作業開始です。
DSC00644.jpg DSC00663.jpg
DSC00649.jpg DSC00669.jpg
20連つながった丸篭が数本、束ねられてクレーンで船の横の海中から引き揚げられます。
丸篭1枚には、16〜18枚ほどのホタテが入っており、選別され、賞味18sが黄色の籠の中へ。
ホタテの上には厚い麻の布と氷。
DSC00656.jpg DSC00667.jpg
生命力が強く、これで生きたまま運ばれます。
午前8時30分過ぎには、保冷車で南三陸へ出発。翌朝には、到着するそうです。
南三陸では、耳釣りにされ養殖されます。
中間育成された増毛産ホタテは、南三陸のホタテ産業に貢献しています。(堀)
DSC00675.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記