2017年10月07日

波のスクリーンの鮭

暑寒別川河口に大量の鮭が戻ってきています。
DSC_0011.jpg DSC_0018.jpg
早朝、天気が良かったので久しぶりに川に行ってみると、川の中に数千尾の鮭が遡上しているようです。
鮭の見学ポイントは、ウライ周辺、国道の暑寒別橋から下の川をのぞくのが普通。
条件が合うと、河口の海側で波のスクリーンに写る鮭を見ることができます。
海から川に入る鮭が海水から真水に入るため体を慣らしているのでしょう。
白波になる少し前、波が盛り上がったときに朝陽が鮭の姿を映し出すのです。
天気が良く、海に濁りもなく、適度な波がなければ見ることのできない現象。
増毛町暑寒別川の鮭を見に来てください。(堀)
DSC_0022.jpg DSC_0025.jpg
 
 
posted by mashikejin at 10:12| Comment(2) | 日記

増毛の鮭漁

全道で秋鮭が不漁で、前年の6割ぐらいしか水揚げされていないそうです。
しかし、増毛港では昨年より水揚げが好調。
鮭の値段も高いまま推移していますので、漁業者はホクホクなのではないでしょうか。
増毛港は、半減している東太平洋やオホーツクと比べて、もともと漁獲量が少ないんですが、水揚げが多くなり、値段もいいとなると浜にとってはうれしい限りです。
昨日、増毛港に入ってきた船は大漁で船が沈んでいます。
DSC07201.jpg DSC06981.jpg
この船だけで6000尾と聞きました。
今現在で、昨年の水揚げを超えたようです。
これからの秋鮭漁に大いに期待したいです。(堀)
DSC07204.jpg DSC07205.jpg
 
 
 
 
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記