2017年07月12日

麺屋田中商店

國稀酒造の真向い「麺屋田中商店」。
倉庫を改修しています。
前の倉庫がどんなものだったのかわからないほどうまく再利用。
梁や柱をそのまま使い、外観は見事に歴史ある増毛町にマッチしています。
DSC05664.jpg DSC05669.jpg
この日は、甘海老ラーメンの味噌を注文。
甘エビのだしが効いたスープが絶品。
國稀の酒粕を使用した酒蔵ラーメンと甘海老ラーメンが人気。
沼田夜高あんどん祭りや旭川食べマルシェなどのイベントにも参加しています。
増毛は、ラーメンも美味しい町なんです。(堀)
DSC05666.jpg DSC05665.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2017年07月11日

花の名山「暑寒別岳」

1995年、田中澄江が発表したエッセイ集「新・花の百名山」に暑寒別岳が選定されています。
7月の暑寒別岳は、その名に恥じない高山植物の群落です。
7月7日の登山でも多くの高山植物を確認。
登山道上では、フギレオオバキスミレ、ゴゼンタチバナ、コケモモ、サマニヨモギ。
DSC05694.jpg DSC05750.jpg
山頂台地では、黄色のミヤマオグルマ、アオノツガザクラ、シナノキンバイ、ミヤマダイコンソウなど。
DSC05709.jpg DSC05727.jpg
白色は、チングルマ、ハクサンイチゲ、イワイチョウなど。
赤紫系では、ハクサンチドリ、マシケゲンゲ、チシマフウロなど。
DSC05724.jpg DSC05716.jpg
山頂から100bほど雨竜側の地点では、お花畑が広がっています。
7月の箸別ルートでは7合目から高山植物のお花畑が現れます。
暑寒ルートから箸別9合目ぐらいまで降りて花の観察も可能です。
花の百名山「暑寒別岳」にどうぞ。(堀)
DSC05729.jpg DSC05715.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2017年07月10日

ひぐまに注意

増毛中学校の登山会で暑寒ルートの3合目から9合目までの間に9か所のひぐまの糞を確認。
2〜3か所ぐらいなら今までもありましたが、これだけ多くは初めて。
糞の中身が同じものなので、個体は一頭かもしれませんが注意が必要です。
私たちがひぐまの生息域に入って行っているので仕方ありません。
鈴や笛で人間のいる場所を知らせて、ひぐまに出会わないようにするのが一番です。(堀)
DSC05685.jpg DSC05686.jpg
posted by mashikejin at 19:00| Comment(0) | 日記

マシケゲンゲ

増毛中学校2年生の学年登山の楽しみは、高山植物。
マシケゲンゲがちょうどいい頃だと思っていました。
暑寒ルートの9合目のロープの厳しい登りを過ぎて台地に出た瞬間にマシケゲンゲが迎えてくれます。
箸別ルートでは、9合目を過ぎてからマシケゲンゲが現れます。
DSC05739.jpg DSC05741.jpg
濃い紫が登りの疲れを癒してくれます。
私が見たかったもう一つの花は、エゾツツジ。
濃いピンクの可憐な花。
DSC05713.jpg DSC05711.jpg
エゾツツジは、マシケゲンゲより期間が短いので、なかなか出会うことができませんがきれいでしたね。
暑寒別岳の固有種マシケゲンゲは、暑寒、箸別ルートの増毛側でなければ見ることができません。(堀)
DSC05706.jpg
 
 
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2017年07月09日

ましけマルシェ

土曜日のましけマルシェ。
外では、テントで増毛漁協青年部による海祭り。
ホタテ、つぶ貝、ひらめ、煮だこ販売。
ホタテやつぶを焼いて食べられるところがうれしいです。
DSC05770.jpg DSC05783.jpg
町民も多数来場。
中では、丹保旅館のギョウジャニンニク入りの餃子の実演販売。
この実演販売は賑やかしでいいと思います。
DSC05773.jpg DSC05775.jpg
私たちは、ケーキといちごのスムージーなどいただいてきました。
土日には、何かこのような催しがあればいいですね。(堀)
DSC05778.jpg DSC05779.jpg
 
 
 
 
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2017年07月08日

中学生登山

増毛中学校2年生の学年登山に同行。
アメダスの最高気温は23度ほどだったのですが、非常に暑く感じました。
流れ落ちる汗に体調が悪いのかと思ったほどです。
今まで、低い気温が続いたので体が慣れていないのでしょう。
DSC05679.jpg DSC05682.jpg
天気が良く眺望にも恵まれました。
高山植物のお花畑も見事でした。
増毛中学校の学年登山は、1984年から続いている伝統行事。
体育系の部活に入っている男子は元気ですが、運動をしていない女子には片道10キロの道のりの登山は厳しかったようです。
暑寒別岳のすばらしさを感じてもらえたでしょうか。(堀)
DSC05691.jpg DSC05696.jpg
DSC05719.jpg DSC05736.jpg
 
 
 
 
 
posted by mashikejin at 23:19| Comment(0) | 日記

ぶどうとりんごのジュース

佐藤果樹園のぶどうジュースは、バッファローぶどうを使用。
美味しいぶどうをそのままジュースに絞った感じ。
濃厚な味です。値段も1640円と高価ですが、味わってみる価値は十分あります。
DSC05203.jpg
今年、新発売されたのは、りんごジュース。
酸味と甘みのバランスが良く、美味しいジュースに仕上がっています。
ラベルもおしゃれ。2本セットもおすすめ。
贈答用にいいと思います。
ましけマルシェで取り扱っています。(堀)
DSC05204.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2017年07月07日

オーシャンのランチ

夜は、スナック「ダイニングバー オーシャン」。
増毛町永寿町2丁目。
DSC05599.jpg
月1回ぐらいの割合で、お昼を食べています。
いつも小平牛のハンバーグランチ。
この日の付け合わせは、ナマコの酢の物、イカの足のからしみそ和え。
どちらも増毛産。いい味です。
後からサービスで出てきたのは、タコの刺身。
食後のコーヒーがついて1050円。
おすすめです。(堀)
DSC05601.jpg DSC05604.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2017年07月06日

夕陽荘

増毛町市街地から札幌方面へ20キロほど。
岩老地区にある夕陽荘(せきようそう)。
岩尾温泉あったま〜るの奥にあります。
岩盤浴と宿泊、日帰り入浴もできます。
温泉の浴槽は小さいのですが、景色がよく、家族には十分。
宿泊者の夕食は、炭火での海鮮バーベキューが人気。
私たち家族は、入浴と夕食を兼ねています。醤油ラーメンがなかなか美味。
休日前の宿泊は、予約でいっぱいのようです。
日本海の景色と夕陽がいいと思います。(堀)
DSC05571.jpg DSC05557.jpg
DSC05569.jpg DSC05566.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2017年07月05日

子育ては屋根の上

増毛市街から北へ5キロほどの箸別地区。
国道231号の海側、倉庫の屋根の上。
カモメが子育て中です。
屋根の上の巣作りは初めて見ました。
屋根の勾配が緩やかで落ちることはないと思いますが、強風で飛ばされる恐れも。
カメラで覗くと羽毛のひなが一羽。
カラスの襲撃が心配ですが、親がしっかり守るのでしょう。
カモメは、増毛町の鳥。
巣立ちはまだまだ先のようです。(堀)
DSC05637.jpg DSC05635.jpg
 
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2017年07月04日

タコザンギと甘エビの唐揚げ

この土日に開催されたサッポロビール道産子感謝デイ。
増毛町は、タコザンギと甘エビの唐揚げ。
なんとビールが200円。5杯飲んでも1000円。
カミさんと娘はビールをぐいぐい飲んでいます。
がっつり飲みたかったのですが、運転手なのでノンアルコールビールでガマン。
北海道内の美味しいものが味わえるというので、ものすごい人。
会場に着いたのが日曜日のお昼ごろになったので、増毛のタコザンギは売り切れていました。
甘エビの唐揚げも午後2時ころに完売。
増毛のブースは人気でした。(堀)
DSC05639.jpg DSC05641.jpg
DSC05644.jpg DSC05643.jpg
 
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2017年07月03日

シェフのおまかせコースが人気

オーベルジュましけの宿泊者に人気なのが萬年料理長のおまかせコース料理。
このメニュー表からもれていますが洋風寿司を入れて7品。
DSC05586.jpg DSC05575.jpg
私たちは、料理だけですが、宿泊者と同じコースを注文。
コース料理を写真で紹介します。
DSC05573.jpg
すべてを美味しくいただきました。特に冷製トウモロコシのスープとデザートは絶品。
箸でいただけるところもうれしいところ。
スタッフにお聞きするとお客様に喜んでもらうのが何よりもうれしいとのこと。
一泊二食12,500円でこの料理がいただけます。
オーベルジュましけならではの料理をご堪能ください。(堀)
 DSC05576.jpg DSC05579.jpg
 DSC05588.jpg DSC05589.jpg
 DSC05592.jpg DSC05594.jpg
  
   
 
 
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2017年07月02日

トマトソースパスタ

ふるふるトマトは、国稀酒造の道路を挟んで向かい側。
自家製のトマトソースパスタ。サラダ付き。
平たいルルロッソ麺は、JA南るもい産の小麦を使用。
もちもち麺とトマトソースが絡み、いい味です。
店名の通り、古村農園のトマトを使用したソースは、味に深みがあります。
テーブルの上には、いちごスペシャルクレープの写真。
甘いものはあまりいただきませんが美味しそうです。
店の外には、チョークでさくらんぼソフトクリーム。
これも気になります。(堀)
DSC05523.jpg DSC05524.jpg
DSC05521.jpg DSC05525.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2017年07月01日

増毛駅周辺

昨年12月4日に廃線となった留萌ー増毛間の増毛線。
増毛駅周辺には、土日、多くのお客様が訪れています。
ホームのベンチで休んだり、線路を歩いたり。
写真を撮る姿が目につきます。
私も線路の上を歩いてみましたが、歩きにくいです。
廃線路でなければ線路上に立ち入ることはできません。
今でも線路の向こうから列車が入ってくるような気がします。(堀)
DSC05357.jpg DSC05358.jpg
DSC05359.jpg DSC05475.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記