2016年12月12日

鰊そばとそばプリン

蕎麦処「凛」で昼食。
私は、ぶっかけ鰊と悩みましたが温かい鰊そばに。
カミさんは蕎麦よりうどん派。かしわうどんに。
鰊そば、手打ちそばと甘辛の鰊が柔らかく絶品。
つゆも美味しかったです。
DSC02481.jpg DSC02477.jpg
壁に貼っていたのは、土日限定のそばプリン。
迷わず注文。書いてある通り、とろぷる。
美味しいお蕎麦と古民家再生の店舗が好きです。(堀)
DSC02474.jpg DSC02479.jpg
 
 
 
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2016年12月11日

さよなら増毛線(ぐるめ食品)

廃線後1週間経過しました。
増毛駅は、廃線報道の2年前の静けさに戻りました。
増毛駅舎内に店舗を構える「ぐるめ食品」。
DSC02484.jpg DSC02494.jpg
先週は、超、忙しかったそうです。
8日から冬の大感謝祭を開催。
DSC02428.jpg DSC02490.jpg
たらこ、たこ柔らか煮、鮭トバ、カズノコ、いくらなど年末年始用にどうぞ。
廃線になっても増毛駅になかに店舗があるということが有難いです。
DSC02489.jpg DSC02488.jpg
posted by mashikejin at 09:37| Comment(0) | 日記

2016年12月10日

さよなら増毛線(鉄道クラブ)

増毛小学校6年生の鉄道クラブ。
左から仲川くん、田谷くん、部長の深味くんの3人。
DSC_0017.jpg DSC02496.jpg
鉄道が好きなんですね。
6年生の修学旅行で札幌の苗穂にあるショップで帽子や制服を購入。
中には、こずかいすべてを投入した部員も。
テレビでも新聞でもひっぱりだこ。
フリーパスが出てからは、増毛ー留萌間を5往復したこともあったそうです。
増毛線の廃線で君たちが一番注目を浴びていました。
町内の写真コンテストにも全員が入選。
最終日には、JR北海道社長、留萌駅長と写真。
鉄路はなくなりましたが、3人の心の中にはしっかりと増毛線が走っていることと思います。(堀)
DSC01965 - コピー.jpg 16.12.4. (67).jpg 
 
 
 
posted by mashikejin at 07:34| Comment(0) | 日記

2016年12月09日

今年の鰊漬け

毎年、11月末に鰊漬け食べ始めましたとブログで紹介しているのですが、今年は、味がのりません。
食べ始めは、塩が足りなかったのかコクがないんです。
ダイコンが大きく、乾きも足りなかったような気がします。
いつも鰊漬けを食べ始めたころから私の血圧が上がります。
私の血圧のために減塩はいいのですが、物足りません。
最近やっと美味しくなってきました。
鰊漬けは、味が変わっていくのが楽しみ。
増毛の冬の伝統食。
しょっぱいよりも健康のためには良いですか。(堀)
DSC02337.jpg
posted by mashikejin at 06:14| Comment(0) | 日記

2016年12月08日

さよなら増毛線(おもてなし)

増毛駅前広場にはテントが張られ、国稀甘酒やえび汁もふるまわれました。
商工青年部や駅前商店会、ライオンズクラブの方々が出店。鉄道グッツも販売。
16.12.4. (50).jpg 16.12.4. (48).jpg
この日は、沿岸バスにも鉄道ファンが移動で乗り込み。
増毛駅さん95年間ありがとうの電光板。
16.12.4. (78).jpg 16.12.4. (77).jpg
観光案内所では、増毛駅の入場券が飛ぶように売れていました。
駅ステーションの映画の顔出し看板も人気。
たくさんの人にこれからも来てもらえるよう、駅のスペースを上手に活用しなければなりません。(堀)
16.12.4. (74).jpg 16.12.4. (70).jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

さよなら増毛線(セレモニー)

列車の到着が遅れ、出発のセレモニーが始まったのは、予定の時間から30分が経過。
増毛町のマスコットキャラクター「かもめのマーシー」から留萌の駅長さんと運転手さんに花束の贈呈。
マーシーが黒い帽子をかぶり、黒い服を着ています。
初めて見ました。このために特注なんでしょうか。
制服、似合いませんでしたね。
マーシーが右手を上げ、出発の合図。
30分以上遅れたため、日没ギリギリ。
セレモニーも何とか無事終了です。(堀)
16.12.4. (63).jpg IMGP7695.jpg
 
 
 
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2016年12月07日

ホタテ貝南三陸へ

昨年の5月に生まれたホタテ。
1年半経過したものを半成貝と呼んでいます。
直径は、10センチほど。クレーンで引き揚げられた丸カゴは20段。
1段に15枚ほどのホタテ貝が入っています。
DSC02411.jpg DSC02399.jpg
選別してカゴ入れ。重量は25キロ。
麻の厚い布をかぶせ、上には氷。
DSC02417.jpg DSC02415.jpg
翌朝に南三陸に到着。
これで、生きているのですから生命力は強いですね。
南三陸では、1年間ほど海で養殖され、出荷となるそうです。
増毛のホタテも間接的ですが、復興を支えていると感じました。(堀)
DSC02418.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2016年12月06日

さよなら増毛線(最終列車)

たくさんの鉄道ファンが1時間以上ホームで待っています。
蛍の光が演奏される中、発車の汽笛。
悲しい響きです。
16.12.4. (102).jpg
午後8時10分,20分遅れで増毛線最後の列車が発車。
ペンライトが光ります。
最後の列車の見送りが一番多かったような気がします。
増毛町民もたくさん見送りました。
95年の運行ありがとう。さよなら増毛線。(堀)
DSC_0002.jpg DSC_0023.jpg
 
 
posted by mashikejin at 07:04| Comment(0) | 日記

2016年12月05日

さよなら増毛線(運行最終日)

12月4日、増毛線(留萌ー増毛間)の運行最終日。
天気を心配しました。
12月2日、暴風雪警報が出て終日運休したばかり。
16.12.4. (42).jpg
大勢の鉄道ファンがホームで次の列車に乗るために辛抱強く待っていました。
吹雪模様だと長い間、待っていられません。
これほどたくさんの人が来るとは思いませんでした。
これから何回かに分けてこのブログで「さよなら増毛線」を取り上げたいと思います。(堀)
16.12.4. (3).jpg 16.12.4. (13).jpg
16.12.4. (20).jpg 16.12.4. (37).jpg
 
 
 
 
posted by mashikejin at 06:58| Comment(2) | 日記

2016年12月04日

廃線前日

廃線前日の増毛駅の様子です。
臨時列車も定時運行列車も満員。
特に、お昼前後の便は200パーセントの列車もあったのではないでしょうか。
ホームには、列車の乗る人の行列。あまり見たことがありません。
駅前観光案内所では、増毛駅の入場券が飛ぶように売れています。
しかし、混んでいるのは駅周辺のみ。
乗車して写真を撮ることだけが目的のようです。
4日は、朝から増毛線の各駅を回ってみようと思います。(堀)
DSC_0010.jpg DSC_0054.jpg
DSC_0057.jpg DSC_0064.jpg
DSC_0097.jpg DSC_0105.jpg
 
posted by mashikejin at 05:00| Comment(2) | 日記

2016年12月03日

終着駅増毛弁当

12月3日と4日のみ販売の弁当。
オーベルジュましけ製造。1000円です。
増毛駅前観光案内所で、4日は10時30分過ぎから販売。
包み紙は、増毛のマスコットキャラクターマーシーのイラスト。
開業当時の駅舎の写真。
今日の中身はこんな感じです。
包み紙は、きれいにはがしてとっておこうと思います。(堀)
DSC02390.jpg DSC02392.jpg
 
 
 
posted by mashikejin at 15:42| Comment(2) | 日記

さよなら増毛線2本セット

國稀倶楽部オリジナル第6弾。
95年の鉄道の歴史に終止符をうつ増毛線を記念して製作。
ラベルは増毛町内の撮影者。
冬編は「深雪の増毛駅」夏編は「増毛目指してラストスパート」という題。
純米吟風國稀300mlが2本セット。
国稀倶楽部会員限定品。
プレミアが付きそうです。(堀)
DSC02365.jpg
 
 
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2016年12月02日

國稀倶楽部

暴風雪の予報で増毛線の列車が運行しておりません。
今のところはまだ暴風ではなく雪も降っていません。
午後からは荒れそうです。
本日を入れてあと3日なのですが。
 
昨日のオーベルジュましけの国稀倶楽部。
70名を超える参加者。
留萌からの参加者が大半。
DSC02363.jpg
この日の國稀は、蔵と山廃が一升瓶。
純米吟風と上撰。
国稀上撰の酒米が吟風とは気が付きませんでした。
蔵は、一升瓶しかなく、価格も5000円を少し超えます。
私の大好きなお酒でお中元とお歳暮用に販売。
高いお酒ですが、1合に換算すると500円。
おすすめです。(堀)
DSC02339.jpg DSC02342.jpg
 
 
 
posted by mashikejin at 07:36| Comment(0) | 日記

2016年12月01日

ましけジャム

今年の私のジャム作りがほぼ終了。
最後は、ブラムリーりんご。
仙北清孝果樹園に問い合わせたところまだあるという返答。
3キロを注文しましたが、悪いところは除いてということで家で量ったら倍以上。
他の果樹園からは、売り物にならないプレジデントというプルーン。
これもブラムリーの前にジャムにしました。
今年は、サクランボ、ブルーベリー、プラム、洋ナシ、プルーン、リンゴのジャムづくり。
増毛にはジャムを作る町民がたくさんいますので、販売ができるといいですね。
ジャムは、美味しい増毛の果物で作れば美味しいんです。
「mashikeジャム」売れると思っています。(堀)
DSC02171.jpg DSC02186.jpg
DSC02285.jpg DSC02294.jpg
 
 
posted by mashikejin at 06:46| Comment(2) | 日記