2016年12月31日

大晦日

今年一年、ましけコラムをご覧いただきありがとうございました。
5月からは、毎日更新を目標にしました。
今年は、鉄道の記事が多かったと思います。
さよなら増毛線もしつこいぐらい出しました。
鉄道ファンですのでご容赦願います。
年末年始の天候は、穏やかなようです。
今年一年に感謝をし、来年はいい年でありますよう願っております。(堀)
DSC02730.jpg
 
posted by mashikejin at 14:07| Comment(0) | 日記

さよなら増毛線(鉄)

写真は、大みそかの増毛駅。
 
今年の漢字は「金」でした。
リオ五輪の金、政治と金、トランプの金髪、ピコ太郎の金衣装など。
さて、増毛の今年の漢字は「鉄」と勝手に決定。
増毛ー留萌間の鉄道の廃止が今年最大の増毛のニュース。
鉄道ファンの撮り鉄、乗り鉄がたくさん来町しました。
全国ニュースで増毛線の鉄道廃止が報道されました。
鉄道廃線の町、増毛の知名度が上がったと思います。
この機を利用して、自然、歴史、食の豊かさなど増毛の良さを宣伝しなければなりません。
「鉄は、熱いうちに打て」です。(堀)
DSC02738.jpg
 
 
 
posted by mashikejin at 13:51| Comment(0) | 日記

2016年12月30日

蔵と蔵ばしり

純米吟醸「最北の蔵」。
毎回買い求めていたのですが、売り切れていました。
返品があったという連絡がありゲット。
一升瓶で5000円と少し。
高価な家飲みのお酒ですが、純米吟醸ですから安いくらい。
正月用です。
一方、新酒「蔵ばしり」は、本醸造原酒。
原酒ですからアルコール度は20度。
正月のお酒は、国稀をどうぞ。(堀)
DSC02533.jpg DSC02646.jpg
 
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2016年12月29日

正月用

正月用にすが宗と北日本水産物(株)で買い物。
お昼休みを使って店舗に行ってきました。
すが宗では、たこやわらか煮、しめ鯖、かじかの子、おはぎを購入。
P1100316.jpg
年末売り出し中の北日本では、オクラかずのこ、マグロ、かまぼこ、本わさび。
他に増毛町の水産加工品の店舗は、港の前の遠藤水産。増毛駅に店舗を構えるぐるめ食品。
冷凍品が主なので、そのまま解凍してカットするだけ。
正月のごちそうは、増毛の店舗でどうぞ。(堀)
P1100305.jpg
posted by mashikejin at 06:41| Comment(0) | 日記

2016年12月28日

さよなら増毛線(増毛港)

増毛駅手前は、港湾を右手に見ながらゆっくり走ります。
雪崩で脱線事故があってから慎重になりました。
16.7.21 (2).jpg DSC00285.jpg
中歌地区の崖の下に線路が走っており、春から秋にかけては緑が港に映えます。
11月からは2輌編成になりましたが、その前は1輌。
今年、にわか撮り鉄になったんですが、もっと写真を撮っておけばよかったと後悔しています。(堀)
DSC_0001.jpg DSC_0006.jpg
16.11.23 (1).jpg 16.11.30 (12).jpg
 
 
 
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2016年12月27日

寄せ豆腐の湯豆腐

増毛の関山さんの寄せ豆腐。
市販していませんが、カミさんがタッパーでもらってきました。
まず、そのまま醤油をかけていただきます。
これは、寿司処「福よし」さんのメニューにあります。
関山さんから教わったのは、寄せ豆腐の湯豆腐。
浮き上がってきたら食べて。と聞いてきました。
昆布も入れないで、お湯だけなんですが、ふわふわで甘いんです。
とってもおすすめです。
寄せ豆腐を是非、商品にしてほしいと思っています。(堀)
DSC02625.jpg DSC02641.jpg
 
 
 
 
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2016年12月26日

ハタハタ飯寿し

ハタハタと鮭の飯寿しをいただきました。
どちらもとても味がいいんです。
25年前、亡くなった漁師の父がハタハタを獲っていたので、その頃は、飯寿しはハタハタ。
今は、ハタハタが高価なのでわが家は鮭。
先日、近くの小平町の地域おこし協力隊が飯寿しを作る記事を見ました。
飯寿しを作る家が少なくなっています。
正月に合わせて作る郷土の味覚を守っていかなければなりません。(堀)
DSC02643.jpg
 
 
 
 
posted by mashikejin at 07:39| Comment(0) | 日記

2016年12月25日

初滑り

増毛スキー場の今シーズンの初滑り。
新雪が30センチ以上あったのではないでしょうか。
圧雪をしていない斜面を探して滑るのが楽しみ。
最高の雪質です。
おまけにこの青空。
日本海と第二リフトからは、暑寒別岳が見えました。
12月、1月は雪の日が多く、このような天気は、あまり出現しません。
スキー場の30日券を購入。時間を作って滑ります。(堀)
DSC02650.jpg DSC02660.jpg
DSC02662.jpg DSC02665.jpg
posted by mashikejin at 08:49| Comment(0) | 日記

2016年12月24日

クリスマス会

札幌は50年ぶりの大雪。
増毛町も降り始めから30センチ以上は増えたでしょうか。
しかし、今日はこの時期には珍しく、快晴。
 
増毛サッカー少年団のクリスマス会。
文化センター大ホールで開催。
このような催しだと会場使用料がかかりません。有難いです。
指導者として一線を退いたのですが、このような行事や大会には参加しています。
少年団員は、1年生から6年生まで女子13人を含む45名。
団員の考えたテーブル対抗のゲーム、サッカーグッズの抽選会など。
最後は、全員ステージに上がって、挨拶。
このクリスマス会は、少年団発足以来30年以上続いています。(堀)
DSC02632.jpg DSC02636.jpg
posted by mashikejin at 10:52| Comment(0) | 日記

2016年12月23日

さよなら増毛線(増毛灯台)

増毛駅や列車の写真に入ってくるのが増毛灯台。
灯台を入れて写真を撮ることが多くなります。
DSC_0063.jpg 16.6.6 (1).jpg
増毛駅は増毛港に近く、40年前の貨物廃止まで引き込み線がたくさんありました。
大正10年開業当初から昭和30年までの増毛は、鰊の千石場所と呼ばれ、ほぼ全国一の水揚げを誇っておりました。
そのころの鉄道は、人も貨物の輸送も重要な交通手段。
増毛灯台は、増毛港と増毛駅を見続けてきました。(堀)
11.7.3 (3).jpg 16.7.21 (3).jpg
16.11.23 (21).jpg 2013.2 (8) - コピー.jpg
posted by mashikejin at 07:34| Comment(0) | 日記

2016年12月22日

かぼちゃ

ここ数日は、降雪もなく穏やかでした。
21日は、冬至。
今年収穫した雪化粧というかぼちゃ。3個。
かぼちゃもち、煮付け、サラダにお汁粉。
かぼちゃづくしです。
煮てつぶしたペーストは、サラダとスープ用に冷凍保存。
カミさんと娘が一日がかり。
この雪化粧は、保存が出来、雪が降るころに美味しくなるといいます。
冬期間の貴重な野菜です。(堀)
DSC02587.jpg DSC02603.jpg
DSC02605.jpg DSC02606.jpg
DSC02610.jpg DSC02614.jpg
 
 
posted by mashikejin at 07:42| Comment(0) | 日記

2016年12月21日

パンとリンゴ

休日に國稀酒造に出店しているスカンピンと千果園。
スカンピンは、畠中町3丁目のパン屋さん。
DSC02520.jpg DSC02516.jpg
留萌産小麦ルルロッソを使用した酒粕本食とこの日はマーシーのアンパンも販売。
国稀の酒粕を練り混ぜてあり、とても柔らか弾力があり風味豊か。
この日、千果園は無人でした。
小ぶりなリンゴが一袋300円。
王林、ハックナイン、ジョナゴールドを購入。
地酒国稀と一緒にパンとリンゴもどうぞ。(堀)
DSC02524.jpg DSC02528.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2016年12月20日

創作コース料理

オーベルジュましけの萬年料理長のおまかせコース。
いつもより贅沢をしました。
メニューはこちら。
DSC02567.jpg DSC02549.jpg
料理をすべて紹介します。
豪華で美しくすべてが美味しかったです。
女性もいましたが、全員完食。
大切な人と記念日などにお勧めです。(堀)
DSC02550.jpg DSC02553.jpg
DSC02555.jpg DSC02558.jpg
DSC02562.jpg DSC02565.jpg
posted by mashikejin at 06:10| Comment(0) | 日記

2016年12月19日

さよなら増毛線(最後の改札)

隣町石狩市の浜益小劇場の公演。
増毛町文化センターで開催。
DSC02546.jpg
会場には300人を超える町民。
昭和50年から59年までの国鉄時代の増毛駅が舞台。
昭和53年10月1日、貨物取り扱いが廃止。
昭和59年1月31日、無人化。
その間、増毛駅は、映画「駅・STATION」の撮影。
増毛駅入場券の人気などにより脚光を浴びましたが、乗客増にはつながりませんでした。
無人化から32年後、12月4日の増毛線のラストランを思い出したのは、自分だけでないと思います。
私の記憶の中で、増毛線が走り続けています。(堀)
DSC02542.jpg DSC02544.jpg
 
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2016年12月18日

増毛スキー場オープン

17日、増毛スキー場がオープン。
積雪は、70センチ。
全コース滑走可能。ここ数年は、雪不足でオープンが遅れるということがなくなりました。
ロッジ内では、国稀酒造提供の甘酒のふるまい。
甘酒と牛乳半々の甘酒ミルクも人気。
昨年は、延べ10日間スキーを楽しみました。
今年は、それ以上を目指します。
市街地から車で10分、雪質最高のスキー場です。(堀)
DSC02511.jpg DSC02507.jpg
posted by mashikejin at 08:35| Comment(0) | 日記

2016年12月17日

さよなら増毛線(増毛湾)

箸別の駅を出て、増毛にむかって300メートル。
国道のかかる跨線橋をくぐると増毛港湾が広がります。
16.11.26 (6).jpg 16.11.26 (10).jpg
港は、天然の湾を利用しています。
湾に沿うように急傾斜の崖の下に線路があり、列車がゆっくりと進みます。
夏から秋にかけて増毛港に沈む夕日。
車窓から見える私の好きな景色でした。(堀)
DSC02447.jpg P1040183.jpg
 
posted by mashikejin at 10:31| Comment(0) | 日記

2016年12月16日

ホタテフライ

夏に貝付きのホタテを貝柱だけにして冷凍。
冷凍庫から発掘。30個ぐらいあるでしょうか。
すべてをフライにしました。
と言っても私でなくカミさん。
このへんをきちんと書かないと後からクレームが来ます。
小ぶりのホタテですが、この大きさが一番美味しいと思っています。
タルタルソースが合うといいますが、面倒なので醤油。
ホタテはフライが一番好きかも。
一人で10個近く食べてしまいます。
小ぶりなホタテでフライをどうぞ。(堀)
DSC01753.jpg DSC01755.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2016年12月15日

さよなら増毛線(遭難の碑)

1946年3月14日、留萌発増毛行きの列車の4両目が信砂鉄橋から脱線転落。
18人死亡の大惨事となりました。
70年前の終戦直後のことです。
DSC_0094.jpg DSC02503.jpg
遭難の碑が現場から300メートルほどのところにあります。
大勢の鉄道ファンが増毛に訪れましたが、この碑は知られていません。
廃線の前日に北海道新聞で紹介されました。
増毛線の廃線とともに後世に語り継がなくてはなりません。(堀)
DSC_0121.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(1) | 日記

2016年12月14日

波の花

留萌市の浜中の海岸で波の花を撮影。
DSC_0060.jpg DSC_0057.jpg
大時化の時の現れる自然現象。
日本海側で11月から冬によく見られるといいます。
海中の植物性のプランクトンの粘液とネットで検索。
増毛町内の元阿分の国道沿いの駐車帯。
駐車スペースに雪だと思いましたが波の花。
波打ち際に大量の波の花があり、海からの強風で舞い上がっています。
大時化ですから天気が悪い時に出現するのですが、青空で波の花が撮影できるのが珍しいと思います。(堀)
DSC_0167.jpg DSC_0153.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2016年12月13日

さよなら増毛線(舎熊駅)

汽車通だった高校生の頃、舎熊の駅が好きでした。
駅は、国鉄からJRになったとき取り壊され、貨車になってしまいました。
床のコンクリートがその名残り。
残しておいてほしかったです。
増毛方面も留萌方面も200メートルほど直線。
小さかったですが、駅らしい駅。
山側は、田んぼで、田植えから稲刈りまでの移り変わりが楽しみでした。
冬は、一面雪原になります。
昔の駅の写真もありません。遠い記憶です。(堀)
DSC_0022.jpg DSC_0029.jpg
DSC_0026.jpg DSC_0115.jpg
 
 
posted by mashikejin at 06:11| Comment(0) | 日記