2016年10月14日

ブラムリーりんご

クッキングアップルと呼ばれ、英国では不動の位置を占めているそうです。
とても酸味が強く、生食には向きません。
加熱すると直ぐに融け、ジャムに最適なりんご。
前増毛町果樹協会長の仙北さんの一押し。
彼は、今年の3月、イギリスに、ブラムリーのルーツを訪ねて旅行をするほどの熱の入れよう。
1個250円のブラムリーを4個購入。
もちろんジャムにしました。
フライパンで15分ほどでジャムになります。
さわやかな酸味が特徴のジャムです。(堀)
DSC01629.jpg DSC01627.jpg
DSC01701.jpg DSC01679.jpg
 
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記