2016年02月29日

エビ籠漁

3月1日解禁のエビかご漁。
増毛港では、エビ籠の積み込み作業が行われていました。
船の後ろ側に積み込まれる赤色のエビ籠。
岸壁にも積まれています。
午前0時に出港し、1回目の籠を入れ、また港に戻って籠を積み込み出港します。
しかし、天気予報は、良くありません。
昨年のエビ籠漁は、好調でした。
今年も豊漁で、安全操業をお祈りしています。(堀)
P1090114.jpg P1090117.jpg
P1090111.jpg P1090105.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2016年02月28日

閉校式

増毛町立舎熊小学校の閉校記念式が27日行われました。
昭和23年には、在校児童が468名いましたが、現在は8名。。
残念ですが、この人数では、致し方ありません。
平成20年に移転した旧増毛第二中学校の体育館が広く感じました。
4000人を超える卒業生。
その中には、偉大な先輩フランス料理家三國清三氏も。
子どもたちのお別れの言葉は、感動的でした。
ありがとう さよなら の歌では涙が出そうになりました。
今年の3月末で132年の歴史に幕を閉じます。(堀)
P1090103.jpg
 
posted by mashikejin at 17:27| Comment(0) | 日記

2016年02月27日

宝引き大会

増毛地区連合の新春旗開きの余興。
宝引き(ほうびき)は、増毛など日本海側の冬の遊び。
10本以上の縄の先に1本、ドッピという当りをつけ、引き合うゲーム。
このたびの当りの商品は、増毛町商工会の商品券。
85歳を超えた母から以前、聞いたことがあります。
宝引きは、昔、浜の女たちの娯楽。
寝るのも惜しんで遊んだといい、参加者を楽しませながら縄を操る名人がたくさんいたようです。
観光客の方々に楽しんでもらうことができそう。(堀)
P1090097.jpg P1090098.jpg
 
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2016年02月26日

鰊そば

60年以上たっている古民家を改修したそば処「凛」。
先週の土曜日のお昼です。
2回ほどぶっかけ鰊を食べていたので、今回は、温かい鰊そば。
P1080994.jpg
まず、鰊のボリュームと味がいいんです。
そばは、幌加内そば9割と小麦1割のブレンド。
手打そばがとても美味しかったですね。
蕎麦つゆといいますか、だしが効いてこれも二重丸。
つゆは、あまり飲まないようにしているのですが、いつもより飲んでしまいました。
寒い日が続いていますが、寒さが緩んだら、増毛で鰊そばをどうぞ。(堀)
P1080997.jpg P1080991.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2016年02月25日

就業体験

地域へ飛び込め大学生の就業体験ツアー。
1週間、増毛町の酒造会社と水産加工場で体験。
男性は、札幌国際大学の2名が國稀酒造で。
女性は、酪農学園の2名が北日本水産物(株)で体験。
4名とも増毛町に来たのは初めて。
女性陣は、鰊から数の子を出す作業も行ったそうです。
國稀組は、全種類を試飲。
記念写真を撮らせていただきました。
これを機に、増毛町のファンになってほしいと思っています。(堀)
P1090091.jpg
 
 
 
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2016年02月24日

三國シェフの味覚の授業

この3月で閉校となる増毛町立舎熊小学校。
舎熊小学校の偉大な卒業生のフランス料理家三國清三氏が味覚の授業を行いました。
ホヤを食べて味覚を磨いたという三國シェフ。
しかし、舎熊小学校の8名の子供たちは、シェフが言う海のパイナップルというホヤを食べたことがありません。
甘味、酸味、塩味、苦味、うま味をしっかり教えていただきました。
12歳までに味覚が形成されるので、小学生の食生活が大切。
保護者の方に理解してほしいと力説。
三國シェフは、手弁当で母校の子供たちのために授業をしてくださいました。
ありがたいです。(堀)
P1090075 - コピー.jpg P1090086.jpg
 
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2016年02月23日

八角

今朝は、大雪です。20センチほどあると思います。
日曜から3日連続。愛車の軽自動車が雪に埋もれています。
P1090066.jpg
増毛産八角。正確には、トクビレというそうです。
北日本水産物(株)直営店で1本150円。
高級品になりましたが、型が小さいため値段が安いのでしょう。
迷わず4本購入。
これ以上大きければガスグリルに入りません。
開いて、背中を先に焼き入れ。
ひっくり返して、國稀、ねぎ、砂糖で作った味噌を塗り、焼きます。
私が作ったようにブログでは見えますが、すべてカミさん。
身が少ないハッカク。
もっと食べたいと思うところがいいのでしょう。(堀)
P1080987.jpg P1090025.jpg
 
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2016年02月22日

餅と漬物

ゆうゆうマーシーの会でもらってきた餅と漬物。
私は、お昼にいませんでしたが、マーシーの会の昼食は、きな粉餅といそべ餅だったそうです。
漬物は、会員の皆さんが持ちよったもの。
漬物の盛り合わせの写真だけ取らせてもらいました。
P1080966.jpg
余った餅なども、もらってきたようです。
漬物は、おいしかったですね。
餅は、翌朝に雑煮で。
月一ぐらいで食べるのがいいです。(堀)
P1090006.jpg P1090029.jpg
posted by mashikejin at 08:00| Comment(0) | 日記

2016年02月21日

新雪スキー

朝、起きたら15センチぐらい雪が積もっています。
除雪終了後、増毛のスキー場へ。
P1090019.jpg P1090014.jpg
昨日の土曜日もサッカー少年団の子供に誘われていたので二日続けて。
日曜日は、9時30分から。一番乗りの目的は、チャレンジコースの新雪。
P1090040.jpg P1090043.jpg
他のコースは、圧雪車できれいに圧雪されていますが、もう少し新雪部分を残してほしいところ。
東京と大阪から3名の男性が無料のレンタルスキーで滑っています。
昼食のラーメンとカレーまんを食べてから帰ってきましたが、午前中だけでリフトに12回。
自分にとっては、少しオーバーワークのようです。(堀)
P1090049.jpg P1090045.jpg
 
 
 
posted by mashikejin at 13:40| Comment(0) | 日記

2016年02月20日

ゆうゆうマーシー

20日、増毛町保健センターで開催されたゆうゆうマーシーフェスティバル。
ゆうゆうマーシーは、地域通貨マーシーを使用できる互いに助け合うボランティア団体。
会員は、現在163名で、私も会員の一人。
天候にも恵まれ、多くの会員が参加。
カミさんは、毎回、コーヒーを出すボランティア。もう10年ぐらい続けています。
茶道体験は、200円、コーヒーは100円。りんごケーキは50円。
P1080967.jpg P1080976.jpg
P1080960.jpg P1080964.jpg 
昼食は、つきたてのお餅と秋味鍋。会員は無料。
フリーマーケット、自由出店コーナー、午後からはゲーム大会も。
外出機会が多くなるこのような催し、いいと思っています。(堀)
P1080973.jpg P1080980.jpg
 
 
posted by mashikejin at 17:34| Comment(0) | 日記

2016年02月17日

海栄ラーメン

1年以上、ここのラーメン食べていませんでした。
海栄ラーメンは、増毛駅から歩いて2.3分。
P1080889.jpg
注文したのは醤油ラーメンと野菜醤油ラーメン。
一段と美味しくなっていました。
私は、どちらも味見しながら、ホルモンと豚サガリの焼き肉。
カウンターでは、旅行者が一人、一杯やっています。
JRは、雪崩の恐れのため、運休。
この時期が一番、旅行者が少なくなります。(堀)
P1080892.jpg P1080890.jpg
posted by mashikejin at 20:27| Comment(2) | 日記

2016年02月15日

鱈の子和え

金、土、日とプラスの気温でした。
日曜日は、一日中雨。
この3日間で、雪も20センチ以上解けたのではないかと思います。
今日は、真冬日の予報。増毛町に暴風雪警報が発令。
 
北日本水産物(株)でカミさんが買ってきたのは、増毛産生たらこ。
800cぐらいあったそう。
それを全部子和えに。
他に入れるのは、関山豆腐店のつきこんにゃくと自家製タマネギ。
作りたては、特に美味。作った量は、1キロ以上。
年に数回、カミさんが作ります。(堀)
P1080882.jpg P1080884.jpg
 
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2016年02月14日

オーベルジュましけの出前

昨年の暮れから始めているオーベルジュましけの出前を取ってみました。
和風ハンバーグ、知床産豚のロースカツ、石焼ステーキビビンバと魚介のドリア、シェフのおすすめ弁当。
P1080900.jpg P1080902.jpg
P1080908.jpg P1080904.jpg
P1080910.jpg P1080916.jpg
から揚げとポテトの盛り合わせも。
全部違うものを注文して申し訳ないと思っています。
家でみんなで味を確かめ、シェアして食べるのもいいと思って。
発泡、スチロールの箱で配達。
P1080913.jpg P1080917.jpg
石焼は、アツアツ。ハンバーグとロースカツも柔らかくとても美味しい。
おすすめ弁当は豪華。
ホームパーティ用にもいいです。
入れ物は、買い物に行くついでに返してきました。
今度は、オーベルジュましけに行って食べます。(堀)
 
posted by mashikejin at 15:52| Comment(0) | 日記

2016年02月13日

鰊漬け終了

新聞で、昨日の増毛の最高気温が7.7度。
暖かい朝です。
 
昨年の11月末から食べ始めた鰊漬け。
最後です。今年は、気温が低かったため、酸っぱくなりませんでした。
しかし、食べ始めたころから、血圧が上がり、大好きな鰊漬けを控えなければなりませんでした。
バクバク食べていたのをほんの少しに。
2ヶ月半、食べ続けたのですが、飽きが来ないのが不思議です。(堀)
P1080840.jpg
 
 
 
 
posted by mashikejin at 07:02| Comment(0) | 日記

2016年02月11日

ぎんなん草

新星マリン漁協のぎんなん草。
隣の留萌市の農協ルピナスでカミさんが購入。
小さなころから私が「みみこ」と呼ぶ海藻。
みみこの味噌汁は、香り、味とも最高。
この地域に春を告げる旬の味。
増毛町でもあると思うのですが、増毛産を採取する漁業者はいません。
岩のりとともにみみこが増毛の市場に出てきてほしいです。(堀)
P1080871.jpg P1080869.jpg
 
posted by mashikejin at 09:45| Comment(0) | 日記

2016年02月10日

雪ぼうし

暑寒別川本流。
暑寒荘の雪下ろしに行く途中、右側に折れ、川に出てみました。
DSC_0007.jpg
歩くスキーですが、10センチほど埋まります。
今年は、これまで暖気がなく、ずっと真冬日が続いていたため雪がしまっていません。
川の中の石に積もった雪が帽子のようです。
雪が多くなると帽子が川の中でつながっていきます。
「雪ぼうし」私の好きな光景です。(堀)
DSC_0002.jpg DSC_0004.jpg
 
 
 
 
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2016年02月09日

ナメタガレイの煮付け

増毛町永寿町2丁目のダイニングバー「オーシャン」。
ランチもやっています。
月に1,2度、お昼で食べるのは、小平牛のハンバーグランチ。
850円で食後のコーヒーは、200円。
この日サービスで出てきたのは、ナメタガレイの煮付け。
ぷりぷりの食感で、味がしみて、おいしかったです。
このカレイは、小さなものは、唐揚げや焼き魚。大きいのは煮つけ。
今が旬でしょう。(堀)
 
P1080831.jpg P1080829.jpg
 
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2016年02月08日

雪下ろしの後

雪下ろし作業は、1時間30分で終了。
暑寒荘の中には、大きな特製の薪ストーブ。
外側が赤くなるほど薪がくべられています。
終了後の楽しみは、暑寒荘のごちそう。
豚汁、おでん、オードブル、鱈の子和え、イナダの漬け、焼きカレイ、甘エビがテーブルの上に所狭しと並びます。
用意をしていただいたDさんに心から感謝です。
私は、日曜日の午前中から用事があったので、後ろ髪をひかれる思いで、歩いて帰ってきました。
この次は、暑寒荘に泊まってお酒を飲みます。(堀)
P1080861.jpg P1080856.jpg
P1080855.jpg P1080858.jpg
 
 
posted by mashikejin at 07:00| Comment(2) | 日記

2016年02月07日

「暑寒荘」雪下ろし

増毛山岳会の恒例の事業。山小屋「暑寒荘」の雪下ろし。
参加者は、15名。毎年、留萌山岳会の応援も受けています。
除雪されていない5キロの区間は、スノーモービルを手配。
荷物とともにロープで引っ張ってもらいます。
私は、運動不足だったため、1時間15分かけて歩くスキー。
DSC_0021.jpg DSC_0029.jpg
周辺は、例年より少なめですが2メートルほどの積雪。
まず、暑寒荘の玄関を掘り出します。
しかし、屋根には、雪が30センチほどしかありません。
DSC_0025.jpg DSC_0030.jpg
数組の宿泊者がストーブを炊いていたため、滑り落ちたようです。
逆に、トイレ棟は、雪にすっぽり。苦労しました。
DSC_0048.jpg DSC_0049.jpg
最後は、有刺鉄線で切り落とし。これがうまくいき、歓声が上がりました。
建設されてから50年の山小屋。
大切に使用しています。(堀)
 
 
posted by mashikejin at 08:59| Comment(0) | 日記

2016年02月06日

タコ箱弁当

カミさんがすが宗に買い物に行ったら、大将に呼び止められ、食べてみてと言われたのが、試作した弁当。
弁当を包む紙には、ましけ郷土の味処すが宗とあります。
すが宗の大将が試作した弁当は、増毛タコ箱弁当。
以外とボリュームがあります。何といっても炊き込みご飯が美味い。
うすめですが、しっかりとした味付け。
タコは、大将の味付けの柔らか煮の頭と足の部分を使用。
ゆず風味の鰊と小さくカットした漬物が添えられています。
ここにはもう少し大将の手作りの料理がほしいところ。
あれこれ考えつく大将に脱帽です。
増毛の駅弁にいかがでしょう。(堀)
P1080835.jpg P1080837.jpg
 
posted by mashikejin at 08:00| Comment(0) | 日記