2021年09月25日

暑寒別岳箸別ルートの標柱

暑寒別岳(標高1492b)は、暑寒と箸別の二つの登山ルートがあります。
箸別ルートの標柱は、標高が100bごとに設置されています。
国定公園に昇格した平成2年と平成22年に立て替えられています。
ヒグマの被害や風雪によりかなり痛んできたので、新しく立て替え。
DSC03020.jpg
増毛町役場商工観光課職員の他町若手職員ら総勢10名で標柱を担ぎ上げて設置。
DSC03024.jpg
私は、唯一の高齢者ですが、平成22年に続き、5合目の標柱を担ぎました。
DSC03050.jpg DSC03056.jpg
4合目から5合目までがつらかったですね。
DSC03060.jpg
標柱は、今まで木製でしたが、今回は、初めて木目調の硬質プラスチック製。
10センチ角、長さは、130センチ、重さは、6.2s。
DSC03132.jpg
食料や水もあるので、重く感じました。
天候にも恵まれ、無事に設置完了。
役場の若い力に感謝です。
DSC03113.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2021年09月24日

中村屋のおはぎ

2日続けておはぎの話題です。
23日のお彼岸に予約していた中村屋のおはぎ。
DSC03280.jpg
4個入りのパックが二つ。
店内には、予約の袋が積まれていました。
増毛町外のお客様も多いと聞いています。
中村屋のおはぎの特徴は、小豆の皮を取り除いているので白っぽい餡。
小さめで食べやすく、いくつでもいけそう。
DSC03282.jpg
3色のおはぎは、白あんと、抹茶、粒あん。かみさんが珍しいので購入してきました。
DSC03272.jpg
写真は、十五夜の時に購入した饅頭と中村屋からもらってきたススキ。
DSC03251.jpg
どら焼きなど焼き菓子も購入。
季節のお菓子は、予約でどうぞ。
posted by mashikejin at 18:00| Comment(0) | 日記

暑寒別川Cそ上

増毛港でのCの水揚げは、まだ本格的ではありませんが、暑寒別川にCが戻ってきています。
DSC03241.jpg
国道231号にかかる暑寒別橋から下の川を覗くと数百尾のサケの姿。
DSC03248.jpg
川の中では、Cの黒い大群が上流に向かって泳いでいます。
DSC03246.jpg
雨が少なく、暑寒別川の水量が少ないため、深いところで待機しているのでしょう。
DSC03250.jpg
川の水量が増えると上流を目指します。
増毛市街のすぐ近くの国道沿いでご覧になれます。
増毛の秋の風物詩です。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2021年09月23日

おはぎ

春と秋のお彼岸に増毛の知人が手作りおはぎを持ってきてくれます。
このおはぎの作り方を聞くと、餡も自分で小豆から作っているという本格派。
甘さが控えめで上品な味なんです。
普段あまりおはぎを食べませんが、このおはぎだけは別。
何個も食べることができそう。
レンジで温めて食べると美味しさが際立ちます。
いつも思うのですが、増毛では、頂き物が非常に多いと感じています。
ありがたいですね。
増毛の良いところでしょうか。
DSC03254.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(2) | 日記

2021年09月22日

9月の3連休

シルバーウイークと呼ばれる3連休。
天候に恵まれました。
DSC03193.jpg DSC03191.jpg
増毛駅の駐車場には、多くの車が駐車。
特に日曜日は、駐車場からはみ出し、草地まで車が止まっています。
DSC03190.jpg DSC03182.jpg
寿しのまつくらやアップルパイの店は、行列。
DSC03184.jpg
國稀酒造にも多くの観光客です。
DSC03188.jpg
緊急事態宣言が発出中で、重要文化財旧商家丸一本間家は、30日まで閉館。
しかし、増毛駅前通を散策する観光客が3連休は目立ちました。
DSC03195.jpg
北海道内のコロナウイルス感染者が減少傾向なので、観光客は、ご自分の判断で出て来ていると思っています。
コロナ禍が早く収束し、多くの観光客が来町してくれることを願っています。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2021年09月21日

赤飯

北海道の赤飯は、小豆の代わりに甘納豆が入っていることがあります。
私の家では、小豆の甘納豆が赤飯の中に入ります。
母からかみさんにその味が受け継がれました。
増毛町内では、甘納豆入りの赤飯を作る家庭が、普通の小豆の赤飯より多いと感じています。
町内信砂地区の農家の知人が毎年、この時期に持ってきてくれる赤飯。
大きな甘納豆入りの赤飯です。
餅米は、自家製と聞きました。
この大きな甘納豆入りの赤飯が好きです。
DSC02906.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2021年09月20日

稲刈り

例年より1週間から2週間早く9月初旬から増毛町内で稲刈りが始まっています。
DSC02943.jpg
今年の増毛町は、極端に雨が少なく、他の地域では、稲作に影響があったところもありましたが、増毛は、暑寒別岳があるおかげで稲作の水不足にはなりませんでした。
7月8月と天候に恵まれ、作柄も良さそうです。
DSC02982.jpg
町内では、ゆめぴりかとななつぼしの他にも吟風など酒米も栽培されています。
増毛米は、道内でも美味しいと評判の米。
私は、30年ほど前より増毛の農家から直接購入。
今年の新米が楽しみです。
posted by mashikejin at 07:00| Comment(2) | 日記

2021年09月19日

志満川のラーメン

土曜日の午後1時前です。今週は、志満川のラーメン。
DSC02954.jpg
6つある椅子のテーブル席は、すべて埋まっていました。
小上がりにしました。
DSC02952.jpg
結構、お客様が入ってきます。
おかみさんが一人でラーメンを作っており、土日は、ホールを手伝う人が来ています。
この店の昔風ラーメンは、久しぶり。
DSC02951.jpg
親子3世代で孫と婿は、大盛り。私は普通盛り。
DSC02948.jpg
いつもよりラーメンのスープを多く飲んでしまいました。
昔から味は変わっていません。
志満川のラーメン食べに来て下さい。
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2021年09月18日

パンと果物

土日に國稀酒造内で出張販売のスカンピンパンと千果園。
パン屋さんは、自作でアクリル板を設置しています。
DSC02963.jpg
増毛町民の希望者は、コロナワクチンの接種を終了。
少し安心できますが、感染防止対策を続けなければならないと思っています。
DSC02966.jpg
スカンピンでは、かずのこパンとルルロッソのバケットを購入。
DSC02964.jpg  DSC02968.jpg
千果園では、訳ありのパートレットを購入しました。
國稀は、吟醸原酒「蔵出し」。
DSC02931.jpg
道産酒造好適米「吟風」を使用した吟醸原酒。
旨い酒です。
國稀酒造で限定酒とパン、果物もどうぞ。
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2021年09月17日

再利用

昭和51年から52年に建設された増毛町文化センターの屋上防水工事が行われています。
DSC02940.jpg DSC02937.jpg
屋上に敷き詰められていた大量の小さな玉砂利。
現在では、このような防水工事はないと思いますが、45年近く経過しているので、効果があったと考えます。
DSC02938.jpg
その玉砂利を増毛駅の駐車場を区別する枕木と線路の間とホームに敷き詰めました。
本来であれば捨てられるものですが、再利用です。
DSC02983.jpg DSC02986.jpg
見かけも良く、雑草も生えにくいと思います。
DSC02987.jpg
枕木は、駐車線の代わりに活用。
増毛駅に駐車して、ふるさと歴史通りの散策をどうぞ。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記