2020年10月31日

増毛町植樹祭

春に増毛町の子どもたちも参加してもらい植樹祭が行われる予定でした。
コロナ禍により、秋に延期となり、子どもたちの参加も見送られました。
DSC08817.jpg DSC08826.jpg
場所は、増毛駅構内でこの日は、30本が植えられました。
廃線になった線路沿いやホームに植樹。
DSC08823.jpg DSC08827.jpg
参加したのは、留萌南部森林管理署、留萌振興局森林室、増毛ライオンズクラブ、いきがい活動事業団のかたがた。
ましけさくら花の会の協力もいただいています。
DSC08829.jpg DSC08832.jpg
増毛駅には、3年連続で合計約100本植樹されています。
増毛は、歴史的な建造物が多くありますので、桜が似合う町だと思っています。
毎年、町内に桜を植えていきましょう。
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2020年10月30日

いただきもの

ましけコラムのブログで頂き物が多いと思っています。
海産物、農産品、手作り品などありがたいです。
この日は、果樹農家のお母さんがリンゴとプルーン、ぶどうを持ってきてくれました。
恐縮しています。
DSC08779.jpg
リンゴは、つがるだと思います。
プルーンは、ベイラーという紙が入っていました。
ぶどうは、ポートランドでしょうか。
もう一品あります。栗ですが、とげのない栗なんです。
DSC08772.jpg
立派な栗で、美味しかったです。
増毛の果樹園には、栗の木があるところもあるので、もっと栗を秋の味覚として売り込んでもいいと思っています。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2020年10月29日

ダイコンの収穫

先週の日曜日は、雨の中のダイコンの収穫となりました。
毎年、10月の最終日曜日と決めています。
8月のお盆に種まきをした漬け物用のダイコン。
本数は、約80本。4軒分。
DSC08800.jpg DSC08799.jpg
天候にも恵まれ、一度、追肥をしたので、太く成長しています。
大きくなりすぎたかもしれません。
DSC08810.jpg
カブとキャベツも収穫。
5月の連休から始まった今年の畑作業は終了。
コロナ禍でほとんど町外に出ていませんので、休日は、畑作業でした。
今度の日曜日ににしん漬けなどを漬け込みます。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2020年10月28日

燻製づくり

中学高校時代からの友人がスモークウッドとチップを持ってきてくれました。
DSC08196.jpg
私が燻製を作っているというので、以前買い求めていたもののようです。
札幌市内で燻煙は難しいといいます。
増毛では、問題ないですね。
今年2回目の燻製づくりです。
DSC08200.jpg
冷凍庫の中の煮ダコを整理。
タコの皮をある程度取り除き、魚干し網に1日。
それから燻煙。スモークウッドが手がかからず便利。
DSC08218.JPG
今回は、ベーコンブロックとちくわ、チーズも燻煙してみました。
ベーコンは、食べるときにカットして、トースターなどで焼くとより美味しくなります。
DSC08656.JPG
ビール・お酒のつまみに最高。
様々な食材を燻煙してみようと思います。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2020年10月27日

リンゴのシール

國稀酒造で休日に出張販売している千果園。
千果園にお願いするとリンゴの種類のシールを貼ってくれます。
増毛では、リンゴの種類が多いので、自分の好みのリンゴの種類がわかるのは嬉しいこと。
この日は、2個入り10袋をお願いしました。
リンゴは、ひめかみと紅将軍。
ひめかみは、蜜が入り、甘みと酸味のバランスがとれたリンゴ。
紅将軍は、ふじ系で酸味が優しく甘みのあるリンゴ。
5キロ入りや10キロ入りの箱に3種類ぐらいのリンゴの詰め合わせもいいと思います。
DSC08727.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2020年10月26日

ブラムリーリンゴ

ヤマセン仙北果樹園のブラムリーリンゴ。
1個300円と200円のものがあります。
DSC08569.jpg DSC08567.jpg
200円のブラムリーリンゴ。
大きめのものをチョイス。1個が350グラムほど。
目的は、ブラムリーリンゴジャム。
DSC08596.jpg
なんといっても簡単にジャムになるところがいいと思っています。
140グラムのジャム瓶で10個ほど出来ました。
DSC08716.jpg
密封しているので常温で一年以上保存が出来ます。
砂糖は、カットしたブラムリーの重さの30lほど。
増毛のブラムリーリンゴでジャムづくりをどうぞ。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2020年10月25日

ガサエビ

先日、暗くなってから、エビこぎ網漁の船頭さんが持ってきてくれた分け魚。
増毛で分け魚とは、乗組員の家庭用に持ち帰る魚のこと。
透明のビニール袋の中には、ホッケ、鰊、ナメタガレイ、毛ガニ、ズワイガニも入っています。
DSC08745.jpg
別の袋に入っていた甘エビとガサエビは、ボールに入れました。
DSC08748.jpg
このガサエビですが、日本海でしか水揚げされないという幻のエビで、希少価値があります。
ほとんど店頭には並びません。
ネットで検索すると、正式にはクロザコエビ。
地域によっては、シャコのことをガサエビと呼んでいますが、ここでは違います。
DSC08750.jpg
塩ゆでにすると、とても美味しいエビです。
しっかりとした歯ごたえ、噛めば噛むほど旨み。
塩ゆでは、ボタンエビより旨いと思います。唐揚げも美味しいようです。
DSC08758.jpg
この日は、酒休日にしようと思っていましたが、これは國稀佳撰を飲まなければなりません。
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2020年10月24日

旧富田屋旅館

昭和8年(1933年)築87年の木造3階建ての建物。
古い木造3階建ては、北海道内には珍しいといわれています。
増毛駅前にありますので、戦前戦後と鉄道の利用が多かったときは、利用客もたくさんいたと思います。
昭和55年頃、今から40年ほど前に旅館の営業を辞めています。
2年ほど前に増毛町に建物が寄付され、昨年は、町で雨漏りしていた屋根の修繕。
DSC08733.jpg  DSC08769.jpg
今年は、1階部分の車庫やアルミサッシの窓を取り替える修繕工事を実施。
ふるさと納税の使い途で整備がすすめられています。
内部の一般公開は、難しいと思いますが、増毛駅前の顔となる建物ですから大切にしなければなりません。
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2020年10月23日

たこ親爺

増毛駅の中のぐるめ食品の主力商品たこの柔らか煮の商品名が「たこ親爺」。
DSC08578.jpg DSC08583.jpg
いつも解凍して、カットしてそのまま食べていますが、この日は、カレーライスに肉の代わりに入れてもらいました。
DSC08587.jpg
たこ親爺を入れるタイミングは、カレールーを入れたときとしました。
500グラム入り1400円で、この日は、大量に400グラムをカットして投入。
DSC08592.jpg
たこの歯ごたえが良く、美味しい。
たこの柔らか煮は、炊き込みご飯や唐揚げにもおすすめ。
袋に書いてあるとおり、お墨つきです。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2020年10月22日

甘エビコロッケ入りタルティーヌ

10月11日と25日開催のオーベルジュましけのデザートバイキング。
11日に家族で行ってきました。
DSC08658.jpg
デザートバイキングは、1800円。
昼食をとったらバイキングは、1000円。
私は、甘エビコロッケ入りタルティーヌ。
DSC08664.jpg
フランス式のオープンサンド。昼食では、これが一番安価で1000円。
DSC08668.jpg DSC08670.jpg
あとは、海鮮生パスタ、ビーフシチューなどを注文。
デザートを食べながらの昼食は、きついですね。
私は孫の残した海鮮生パスタも食べたので、この日は食べ過ぎ。
このタルティーヌは、見た目も味もおすすめ。
25日にもデザートバイキングがあります。
オーベルジュましけへどうぞ。
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記