2018年10月19日

浜が蘇る

増毛町藻場づくり20周年を記念した講演会。
増毛町文化センターには、100名を超える聴衆。
若い漁業者の姿もありました。
DSC07340.jpg DSC07347.jpg
磯焼けが日本海沿岸で顕著となっており、浅海漁業への影響は深刻。
増毛漁協では平成10年から前浜のホソメコンブの再生に取り組んでおり、平成17年からは、新日鉄住金と大学関係者による研究事業が行われています。
内容は、鉄鋼スラグと腐葉土を沿岸に施肥。
これにより、ホソメコンブの群落が形成され、成果が上がっています。
この日は、本村泰三北大教授、山本光夫東大准教授ら4名が講演。
DSC07334.jpg DSC07331.jpg
鉄分や栄養塩がコンブの成熟、成長に不可欠。
増毛の取り組みが今では、全国40か所ほどで実証試験事業が実施されているといいます。
漁業者自らも浜の環境を守り、資源の保護増殖に努めなければなりません。
前浜の藻場が蘇り、資源が増えることを期待しています。(堀)
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年10月18日

ブリづくし

サケの定置網の漁業者が持って来てくれたのはブリ。
内臓を処理してくれており、カミさんは大助かり。
ところで、増毛の鮭漁は不漁なんです。
鮭の来遊予想は、昨年より良かったのですが、今年は、型も小さく、水揚げも大幅に落ち込んでいます。
ブリですが、まず刺身でいただきました。私が刺身包丁で切りましたが、難しいです。
buri (3).jpg buri (6).jpg
次は、定番のブリ大根。大根に味がしみ込んでいます。
ブリの焼き漬けは、焼いたブリを生姜醤油に漬けて味をしみこませます。
buri (5).jpg buri (4).jpg
最後は、ブリの唐揚げ。これもいけます。
昨年の増毛の鮭漁は、いままで最高の水揚げだったのですが、残念です。(堀)
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2018年10月17日

初冠雪

ここ2.3日、毎朝、山を見に行っていました。
天気予報は、上空に寒気が入り、標高の高い峠には、雪が積もる恐れ。
今朝の旧増毛小学校の裏グランドからの写真。
標高1492メートルの暑寒別岳には、山頂付近がうっすら雪をかぶっています。
例年より1週間ほど遅い初冠雪です。
18.10.17 (3).jpg
posted by mashikejin at 07:37| Comment(0) | 日記

2018ホクレン大収穫祭

札幌三越で10月16日から21日の日曜日まで開催のホクレン大収穫祭。
昭和47年から始まり、今年が47回目。
JA南るもいの増毛果物は、毎年、同じ場所のエレベーターを降りてすぐ。
DSC07420.jpg DSC07423.jpg
初日は、買い物客でごった返していました。歩くのもままならないほど。
増毛の珍しいリンゴを2点紹介します。
まず、旭リンゴ。作付面積が減少しており、さわやかな酸味と香りのいいのが特徴。
昔からあるリンゴです。
もう1点は、ブラムリー。調理用に人気が出ています。
肉と相性がいいと言われています。
DSC07417.jpg DSC07416.jpg
旭もブラムリーもジャムに最適。
洋梨、プルーンもありました。
増毛の果物をどうぞ。(堀)
DSC07414.jpg
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年10月16日

国稀純米ひやおろし

9月に発売された国稀純米ひやおろし。毎年、購入。
酒造好適米「きたしずく」のを使用している酒蔵限定品。
家飲み用に購入だったので、クリヤケースは、必要なかったのですが、使い物にするかもしれないので、ケースに入れてもらいました。
「きたしずく」使用の辛口純米をひと夏寝かせ、旨味たっぷりに熟成した円熟の酒という説明。
結局、2本とも飲んでしまったので、先日、國稀酒造に行ったところ完売。
今年の分は、売り切れ。
来年まで楽しみに待つことにします。(堀)
DSC_0029.jpg
posted by mashikejin at 04:00| Comment(0) | 日記

2018年10月15日

天気に恵まれた週末

この土日は、天気に恵まれました。
天気が良いと増毛にたくさんの観光客が来てくれます。
今年は、増毛駅が増築再生されましたので、お客様の流れが変わったような気がします。
増毛駅に車を止めて、駅前通りを国稀酒造まで往復。
DSC07401.jpg DSC07397.jpg
国稀やアップルパイの箱を手にぶら下げて歩いている方をよく見かけます。
駅前の観光案内所にも多くのお客様。
DSC07400.jpg DSC07390.jpg
また、観光ガイドボランティアの皆さんにお話を聞くと今年がガイドの希望が一番多いそうです。
特に、観光バスや自治体のバスが多いと感じています。
天気が悪くても観光客が来てくれる町にならなければなりません。
そのためには、歴史を大切にして町の雰囲気を良くし、豊かな食を生かしたまちづくり観光地づくりが必要だと思っています。(堀)
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年10月14日

あっぷる発表会

増毛町文化センターで行われたあっぷる発表会。
見学してきました。
DSC07365.jpg
来年から増毛幼稚園と保育所が一緒になり認定こども園となるため保育所としては最後の発表会。
15年以上前、保育所の担当の時には、生活発表会と呼んでいました。
DSC07361.jpg DSC07355.jpg
増毛保育所は、通称あっぷる保育所と言われているところからこの名称に変更。
3年ほど前から文化センターで開催したため、多くの人が見学できるようになりました。
幼児は、71名。
保育所のクラスの名称は、小さいほうからいちご組、さくらんぼ組、りんご組、もも組、ぶどう組と増毛の果物。
年長のぶどう組の発表は、素晴らしかったです。
DSC07358.jpg DSC07367.jpg
子どもの成長の過程がわかりまね。(堀)
posted by mashikejin at 06:00| Comment(0) | 日記

2018年10月13日

コンポートがおすすめ

洋梨は、追熟が必要。
たくさん購入すると食べごろが一気にやってきます。
DSC07321.jpg
おすすめなのがコンポート。
大きな洋梨は、さっぱり系のマルゲリットマリーラ。
小さな洋梨は、私が大好きなブランデーワイン。
コンポートにするとブランデーワインは黄色っぽくなります。
DSC07324.jpg
砂糖を入れて、白ワインと水で煮つめるだけ。
冷凍パックで保存すると、いつでも食べられるのがいいところ。
いつもプレーンヨーグルトと一緒に食べています。
増毛の洋梨でコンポートをどうぞ。(堀)
DSC07326.jpg
posted by mashikejin at 08:46| Comment(0) | 日記

2018年10月12日

2018金賞受賞

オーベルジュましけで開催された国稀倶楽部。
テーブルの上には、この日のお酒、ファーストムーン、暑寒美人、純米ひやおろし、純米吟風国稀。
DSC07221.jpg
純米吟風には、瓶にkura Masterのタグ。
タグに書かれた説明を読むと、kura Master は、2017年からフランスで始まり、フランス人によるフランス人のための日本酒コンクール。
DSC07226.jpg
第2回の2018年コンクールにおいて国稀純米吟風が金賞受賞。
おめでとうございます。
国稀酒造で使用する酒造好適米「吟風」の増毛町産の割合は、87%ほど。
あと10%ほどですべて増毛産となります。
美味しい増毛の米と水で醸造される国稀をどうぞ。(堀)
DSC07230.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記

2018年10月11日

ぶどうジャム

北海道特産というバッファローぶどう。
種なしぶどうで増毛産。100cが100円ほど。
DSC07308.jpg
2キロcをジャム用に購入。
今年も増毛の果物で、時間があればジャム作りをしています。
ジャムにするなんてもったいないと言われるバファローぶどう。
きれいに洗って、房からぶどうを外します。
それを軽くミキサーにかけてから砂糖を入れて煮詰めていきます。
DSC07309.jpg
歩留まりも良くありませんし、材料のぶどうも高価で、コストパフォーマンスが高いジャム。
このぶどうのジャムは、市販ではあまり見たことがありませんが、私の好きなジャム。
皮もそのままジャムにしていますので、ぶどうの甘さとほんの少しの渋みが感じられる大人のジャムと言ったところでしょうか。(堀)
DSC07323.jpg
posted by mashikejin at 07:00| Comment(0) | 日記